2015年06月09日

「あなたの子供が戦争で死ぬ」ついに女性週刊誌までが安倍政権と安保法を批判し始めた!

 ヤジに怒号、嘘とごまかしに言い切り、噛み合わない議論。茶番ともいうべき安保法案の国会審議が続いている。この国会中継を見て、安倍政権はやはり、国民を戦争に引きずりこもうとしてるんじゃないのか、と不安に思い始めた国民も多いはずだ。

 だが、マスコミの動きは相変わらず鈍い。テレビは官邸の圧力に怯えて一部の番組以外はほとんど報道自体を放棄しているし、読売や産経などは安倍政権に尻尾をふって逆に安保法案の宣伝役を買って出ている有様だ。男性週刊誌も部数につながらないからか、安保法制を本格的に批判しようというところはほとんどない。

 ところが、そんな中、意外なメディアが安保法案を俎上にあげ、戦争へと突き進む安倍政権に対して真っ向から“反対”の論陣を張り始めた。

 普段は芸能人のゴシップばかり追いかけている女性週刊誌、たとえば、「女性自身」(光文社)は6月2日号でこんなタイトルの記事を掲載した。

「あなたの子供が“アメリカの戦争”に命を捨てる!」

 この記事、タイトルだけでなく、内容もかなり踏み込んだものだ。政治評論家の森田実のコメントをメインに構成されているのだが、森田は安保法案の本質をこう指摘する。

「(11本の安全保障関連法案は)自衛隊が状況に応じて戦争ができる、あるいは戦争に加担できるように整備されています」

 安保法案は「戦争ができるための法」と言い切る森田。森田のスタンスは保守でありながら、護憲主義者でもある。その森田は、武力攻撃の判断基準が曖昧なのは、時の政権が勝手に解釈して自衛隊の武力行使を容認できようにするためだとして、法案成立に躍起になる安倍政権の“ウラの思惑”をこう指摘するのだ。

「日本はファッショ政治に向かって動きだしたと言えますね。その政治が目指しているのは米国への従属です。つまり、今回の法案は、日本国民のためではなく、すべては米国のための安保法制なのです」

 安保法案は日本国民を守るものではなく、“米国の戦争”に加担できるようにするための法。その証左として4月に安倍首相が行った米国議会での「安保法案を夏までに成立させます」という国際公約、さらにはアーミテージ元国務副長官の「日本の自衛隊が米国人のために命を掛けることを宣誓した」という発言を取り上げ、今回の法案の本質は、米国のために日本も戦争をする、命も投げ出すものだと、厳しく批判する。

 だが、森田の批判は安倍政権だけに止まらない。それがナショナリズムに対する警鐘と、その後に続く恐怖のシナリオだ。

「ひとたび戦争が始まり、戦地で自衛隊員が1人でも氏ねば、世間の空気は一気に変わってしまう。国民は敵国に対して“この野郎!”となるでしょう。そして大マスコミは敵国憎しで世論を煽る。ナショナリズムというのは一度感情に火がついたら抑えられなくなる。戦前もそうでしたから」

 そして、森田は安保法案が成立すれば将来的に徴兵制が施行され、子供たちが戦場に送られる可能性もある。それをさせないためには母親たちが反戦の意思表示をすべきだと主張するのだ。

「今からでも遅くはない。多くの女性が立ち上がれば、戦争法案も覆せる可能性があると思います」

 もっとも、女性向けのメディアがこういう報道をすると、保守系メディアや御用評論家たちから必ず返ってくるのが「女子供に向けた情緒的な誘導」「現実を見ない幼稚な意見」という反応だ。おそらく今回も連中はそういう論理で、この報道を軽視し、なきものにしてしまうのだろう。

 だが、こうした上から目線の詐術に騙されてはいけない。本サイトで何度も指摘しているように、情緒的で非現実的なのは、安倍政権のほうなのだ。集団的自衛権容認、そして安保法は、安倍首相の「日米同盟を“血の同盟”にする」「アメリカ人が血を流している以上、日本人も血を流さなければ対等な関係になれない」というきわめて個人的な思い込みから出発したものであり、日本にもたらされる現実的なメリットはなにもない。

 安倍首相は逆に、現実の国際政治においてさまざまなメリットをもたらしてきた「憲法の制約」を捨て、わざわざアメリカの戦争に巻き込まれ、テロの標的になるような状態をつくりだそうとしているのだ。しかも、その一方で、戦場に送り出すことになる自衛隊に対してなんの現実的なケアもしていない。

 連中と比べれば、安保法制が国民ひとりひとりに、そして自分たちの子供に将来、何をもたらすのか、という視点で警鐘を鳴らしているこの「女性自身」の記事の方がはるかに、冷静で現実的だ。

 実際、こうした安倍政権批判をしている女性週刊誌は今回の「女性自身」だけではない。

「戦争を知らない安倍首相へ――」(「週刊女性」主婦と生活社/2014年9月2日号)、「安倍政権V2で主婦のタダ働きの4年が始まる!」(「週刊女性」2014年12月9日号)、「イスラム国 安倍首相とネット愚民『2つの大罪』」(「女性セブン」小学館/2015年2月12日号)、「海外から見た『安倍政権の暴走』安倍さんは世界で“女性蔑視”だと思われている」(「女性自身」2015年4月21日号)……。

 しかも、各誌とも、こうした記事が読者アンケートで上位を占めるようになっているという。

「戦争に加担する」ことが「現実的な大人の選択だ」と信じるバカな連中がどんどん幅を利かせるようになったこの国で、もしかしたら、女性たちだけは少しずつその生活者の目線で何が「現実的」なのかを見極め始めているのではないか。

 安倍政権がいくら「日本国民の生命を守るため」「自衛隊のリスクは高まらない」といっても母親は騙せない。女性を、そして女性週刊誌を侮ってはいけない。
(伊勢崎馨)


安保法案答弁でも嘘とヤジ…安倍晋三は小学生時代から嘘つきだったという新証言が…

 問題の平気でウソがつける性格は、実は小学校時代からのものだったようだ。安倍には2歳年上の兄がいる。この兄弟の性格が対照的で、夏休みの最終日、兄は宿題の日記ができていないと涙顔になっていたが、安倍は「宿題みんな済んだね?」と聞かれると、まったく手をつけていないにもかかわらず、「うん、済んだ」と平然と答えたという。ウソがバレて、学校側から1週間でさらに別のノート1冊を埋めて提出するようにと罰が出ても、本人がやらず、安倍の養育係だった女性が代わりにやってあげていたというのだ。一般人の子どもはウソをついたら必ず代償があると教育されるのが普通だ。ところが、安倍にはその経験がなかった。罪悪感が皆無で、自分のウソに責任をとらないまま、大人になってしまったようなのだ。

 野上のリポートには、他にも興味深いエピソードが数多く出てくる。例えば、安倍の成蹊大学時代の恩師のこんな言葉だ。「安倍君は保守主義を主張している。思想史でも勉強してから言うならまだいいが、大学時代、そんな勉強はしていなかった。ましてや経済、財政、金融などは最初から受け付けなかった(後略)」。では、安倍の保守思想はどこから来たのか。
 よく言われるのが、幼い頃、祖父の岸信介邸に押しかけた安保反対デモの中で「おじいちゃんは正しい」との思いを心に刻んだという話だ。野上氏のリポートには、これに加えて、家庭教師だった平沢勝栄(現自民党代議士)に連れられて東大の駒場祭に連れて行かれた時の話が出ている。当時は佐藤(栄作)内閣で学生運動が盛んな時期だった。駒場のキャンパスも「反佐藤」の展示や看板で溢れていた。そんなムードに、安倍は学生運動=「反佐藤」「祖父の敵」を感じたという。
 このすりこまれた「左翼=身内の敵・おじいちゃんの敵」という生理的嫌悪感が、今も辻元らを相手にすると頭をもたげ、ついムキになってしまうということらしい。
 国会答弁も、保守的な政治スタンスも結局、ようは小学生の幼稚なメンタリティの延長……。こんな薄っぺらい男の薄っぺらい考えによって、日本は「戦争をする国」に引きずられていくのだろうか。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行列ができ、満杯になり

◆2015/06/03(水)  行列ができ、満杯になり…


舞台の上にまで聴衆が…
講演会
鷲の講演は、舞台の上を縦横に歩きながら語る!これが鷲が得意とする講演スタイルなのだが…、
昨日の講演会は…、大行列ができ、聴衆が舞台の上にも満杯!という窮屈な演台になってしまった。
そのため、舞台の上には鷲が歩きまわるスキがなくなり、鷲は立ちん坊のように立ったままで動けないので、なんとも窮屈な状態で演説をブッた。 (笑)
--------------------------------------------------------------------------------

鷲の講演、というより「演説」の内容は、フクイチの地下から噴出している大量の水蒸気の致命的な危険性についてであった。
あの水蒸気には中性子を発する核種が含まれているため、今後2〜3年の間に数千万人の日本人が死んでいく!と、鷲は断言した。

それでも、絶対に諦めないで生きていく!

状況がどんなに絶望的であっても、絶対に諦めない!

生きてさえいれば、必ず道が拓ける!

と、鷲はドラ声をボリュームアップして演説した。

http://grnba.com/iiyama/index.html

ひとりの老人が、
「中性子が出ている!というデータはあるのか?!」
と食い下がってきた。鷲は…、
「核燃料が地下に落ちた!そこから大量の水蒸気が発生している!中性子を発する核種が発見されている!この三つの事実から全貌を洞察せよ!」と迫ったら、聴衆から拍手が湧いた。

上のヤリトリは…、鷲の講演会が終了したあと、講演会場の建物の外で行われた質疑応答で、この屋外での集会は1時間以上も続き、山のような大勢の聴衆が鷲を取り囲んで行われた。

とにかく、大変な事態だ。

日本列島は、放射能まみれから 中性子線まみれの状態に変わった!

このことを鷲は、これから鹿児島市に行き、小泉純一郎に言おう!と思う。硫黄(黄色い粉)のことも。

あ、明日4日は、鹿児島市で小泉純一郎の講演会があり、鷲は「特別招待者」という立場で出席する。

小泉純一郎は、「“脱原発”を実現すれば日本は助かる!」と信じているが…、鷲は「呑気すぎる!」と言おうと思う。

さてと。昼頃までに鷲は福岡を立って鹿児島に向かい、今夜は小泉純一郎が投宿するホテルに鷲も泊まる。
小泉純一郎も、現在の致命的な危機状況を認識していないようだが…、彼が急遽、鹿児島に臨時政府を樹立して日本人救済活動を行えば…、日本は劇的に変わるのだが。


今後2〜3年の間に数千万人の日本人が死んでいく!と、鷲は断言


今後2〜3年の間に数千万人の日本人が死んでいく


3000千人として年間1000万人、月間約100万人 44都道府県平均4万人

一日1000人 これを処理できる火葬場があるのか?一か所で 1人お焼きになられて3時間として3人が限界  県内20か所として60人 まだその差が960人  
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蛭子能収、集団的自衛権について語る

蛭子能収、集団的自衛権について語る

「正直、難しいことはよく分かりませんが、報復されるだけなんじゃないですか。
『集団』っていう響きも嫌いですね。集団では個人の自由がなくなり、リーダーの
命令を聞かないとたたかれる。自分で正しい判断ができなくなるでしょ。(略)
手を出すと倍返しされ、互いにエスカレートして、ナイフを持ち出すことになりかねません。
歯止めがかからなくなり、最後には死を想像してしまう。漫画ならいいけど、
現実に起きてはいけない」


さいたまで集団的自衛権行使容認反対訴え「国を守るとか言って、戦争したいのではないか。」

 今国会で審議が続く安保法制をめぐり集団的自衛権の行使容認の閣議決定撤回を求める県民集会「オール埼玉総行動」(同実行委主催)が31日、さいたま市浦和区の北浦和公園で開かれ、1万200人(主催者発表)が集まった。参加者は集会後、同区内をパレード。「戦争させない。憲法壊すな」と声を上げた。

 弁護士で同実行委員長の小出重義さんは政府が提出した安保法制の問題点を挙げ、「要はいつでもどこでも日本が戦争できる法案。海外に派遣された多くの自衛隊員が自殺している。アメリカも同じ。これが戦争だ」と述べた。法案が憲法違反であることを強調し「政権の戦争法案がもし成立すると日本の憲法はあってなきがごとしだ。打ち破るためには国民の総行動しかない」と訴えた。

 集会では元自衛隊の泥憲和さんがスピーチし、国が危機にさらされているとする政府の姿勢を批判。安保法制について「愛国心、国際連帯と美しい言葉で戦争を飾り立てている。自民党は改憲草案を出している。彼らのゴールは憲法を改正し国防軍をつくること。戦争はペテンだ、憲法を守ろうと声を合わせたい」と力を込めた。

 参加を予定していたジャーナリストの鳥越俊太郎さんは体調不良のため欠席。「戦後70年、世界に誇るべき平和な国が空中分解させられようとしている。憲法9条を礎に与党の策謀を大衆の善意で打ち破ろう」とコメントを寄せた。

 若者の立場で登壇したさいたま市緑区の高校3年山森要さん(17)は「戦争法案には絶対反対。実際に戦争地域に行くのは私たち国民。戦争が起こった時のために準備するのではなく、戦争を起こさないために動くべきだと思う」と呼び掛けた。

 会場周辺の気温は午前中に30度近くまで上がった。参加者には高齢者や親子連れの姿も目立った。

 元看護師でさいたま市北区から集会に参加した田村光さん(87)は戦時中、東京都内の病院で空襲に遭った経験を持つ。「(首相の)安倍さんは戦争を経験してないから分からない。焼夷(しょうい)弾で病院が燃えたときのことが忘れられない。戦争は絶対駄目」と強調した。

 上尾市の水越那津美さん(35)は子ども4人と一緒に参加。「こういう集会に参加するのは初めて。同じ思いを持った人が集まっていると感じた」と額の汗を拭った。安保法制には「国を守るとか言って、戦争したいのではないか。ぜひ廃案にしてほしい」と語った。


自転車利用者「歩道で歩行者から怒鳴られ、車道で車からクラクションを鳴らされる。どこを走ればいいのか」


高校3年山森要さん(17)は「戦争法案には絶対反対。実際に戦争地域に行くのは私たち国民。

おいおい

筋金入りの丸出しで凄いが
君は凄いな いつから国民の代弁者になったんだ
間違っても君は戦地にいかないから 心配するな


南沙埋め立ても“利用”へ中国の脅威を喜ぶ安倍政権の危険度

「強硬中国止められず」「南沙埋め立て“軍事目的”」――。南沙諸島をめぐってエスカレートする「アメリカVS中国」の対立を日本のメディアが大きく取り上げている。軍事衝突を予測する声まで飛び出している。しかし、本当に一触即発なのか。強まる“中国脅威論”にニンマリしているのが安倍首相だ。

 アジア安全保障会議で、アメリカのカーター国防長官が「即時中止」を要求したことで、中国による南沙諸島の埋め立てが一気に国際問題化。批判された中国サイドは、「アメリカは絶対に勝つ自信があるのか」と、とうとう戦争まで口にしはじめている。

 会議に出席していた日本の中谷防衛相も、「力による一方的な現状変更に反対する」と中国を強く批判し、安倍首相は来週開かれるG7で埋め立てへの懸念を表明する予定だ。

 しかし、安倍政権は内心、中国の強硬姿勢を歓迎しているのが実態だ。

「この通常国会で“安保法制”を成立させたい安倍首相にとって中国の脅威が高まるのは、願ったりかなったりです。世論調査では、反対の声が強いが、中国の脅威を突きつけられれば、安保法制への賛成が増えると計算しているのです。もともと、安倍応援団からは“北朝鮮にミサイルをぶっ放して欲しいくらいだ”という声が上がっていた。安倍官邸は意図的に中国の脅威を煽っていくはずです」(官邸事情通)

■アメリカの要望通りに進める安倍首相

 アメリカにとっても、このタイミングで中国脅威論が高まるのは悪い話じゃないらしい。アメリカの本音は、2012年11月、「ヘリテージ財団」の北東アジア上席研究員だったクリングナー氏が書いたリポートだとみられている。

「アメリカは日本の政治的変化を利用して同盟を深化させるべきである」とタイトルのつけられたリポートには、こう記されている。

〈日本国民のあいだに中国への懸念が広がりつつあるという状況は、アメリカ政府にとって、政策目標を達成する絶好の機会である〉〈日本が防衛費支出を増大させ、集団的自衛権を可能にし、沖縄の基地代替施設の建設を推進することになれば、アメリカにとって有益なことである〉

 要するに中国脅威論が強まれば、日本は集団的自衛権の行使を認めるようになり、辺野古基地も造るだろうということだ。いま安倍首相が進めていることは、3年前にアメリカが要望していたことでもあるのだ。

 しかし、日本政府が中国の脅威論をいたずらに煽っていたら、最悪の事態になりかねない。元外務省国際情報局長の孫崎享氏がこう言う。

「南沙諸島について日本は、直接のステークホルダーではない。第三者の立場です。しかも、いま日本と中国は決して良好な関係ではない。その日本が声高に批判したら、中国は引くに引けなくなり、行動をエスカレートさせかねない。逆効果です。もともと、アメリカも中国も戦争をする気はないのだから、日本は余計なことをしない方がいい。しかも、南沙諸島の埋め立ては、ベトナムも行っている。中国からしたら、なぜ中国ばかり批判するのか、となるでしょう」

 外交のイロハを知らない安倍首相は、中東を訪問した時「イスラム国」を怒らせ、結果的に2人の日本人が犠牲になっている。「地球儀俯瞰外交」などと、もっともらしいことを口にしているが、この男のために日本の危険は高まるばかりだ。


やはり
安倍のせいで
日本の危険は高まるばかり
なのか
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ