2015年06月17日

日本 食糧自給率は?原油は?人口は?

日本
食糧自給率は?原油は?人口は?
原油はほぼ100%輸入に頼っています。
そして世界に誇る技術、製品は今や殆どありません。

日本円が1ドル200円を超える暴落を見せましても何ら不思議ではありませんし、ドルベースで見れば先進国で日本国民が最も貧乏な国民になるかも知れません。

一ドル200円では月収30万円のサラリーマンは以下のようになります。

一ドル80円時    ドルベース $3,750
一ドル125円時   ドルベース $2,400 *現在
一ドル200円時   ドルベース $1,500

今でもピークに比べ$1,350少なくなっている中、一ドル200円ではピークの時に比べ$2,250も少なく、
月額$1,500では先進国どころか中国のサラリーマンより低くなります。
そして今日本にいる中国人やアジア人、そして先進国から来ている欧米人は大挙して去っていくでしょう。
円ベースではとてもではないが、やってられないとして。

一ドル200円という≪ドル高・円安≫でインフレは確かに高まるでしょうが、日本は戻ることが出来ない領域に入ることになり、一歩間違えば輸入物価高騰で狂乱物価になることになります。


ロシアの日本漁船締め出し

ロシアはロシア排他的経済水域内で日本漁船(今年は38隻)を締め出す法案を下院で可決しており、今後上院で可決後にプーチン大統領の署名を受けて来年1月から発効する、対日制裁案を発表しています。


安倍総理がウクライナを支持・支援することに対しての対抗策ですが、今後¨かに漁¨に対しても禁止を含む策を打ち出してくるはずであり、日本はロシアから海産物が入らなくなる恐れが出てきています。

更にそば粉の問題があります。
日本にロシア産そば粉が大量に輸入されているとされていますが、対日禁輸となれば日本は大打撃を受ける恐れがありますし、さけ・ますがロシアEEZ内で禁漁となれば、さけ・ますの価格は急騰することになります。

ウクライナ問題(ロシア制裁)は今や西側の方が打撃を受けており、西側の国の中には自国経済の打撃をみて制裁をやめようとする国も出てきており、今後西側が分断されるのは避けられません。


日本はウクライナ制裁はする、ロシアとの関係も維持すると2兎を追っていますが、ロシアの強かな外交の前に、一兎も獲ることができない状態になるかも知れません。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本は白旗をあげた

2015/06/12(金)  ウエスタン・インパクト


日本は白旗をあげた

下に時事通信の12日の記事を載せるが…、
今年度に開始する予定だったプールの燃料取り出しを最大で3年遅らせる、という内容だ。
なぜ、予定していた作業が開始できないのか?
それは…、
放射能が強すぎて人間が近づけないからだ。
日本は、お手上げなのだ。手も足も出ないのだ。
国際社会は…、
「日本が白旗を上げ、降参した!」
と、解釈するだろう。

jiji

プール燃料取り出し遅れ=最大3年
福島第1−廃炉工程を見直し・政府

『時事ドッドコム』 2015/06/12-08:22


http://grnba.com/iiyama/index.html


日本政府が「フクイチの燃料プールから核燃料棒を取り出す作業を延期!」と決定した理由はミエミエだ。
フクイチの地下から中性子線を発する水蒸気の爆発的な噴出現象が4月以降から特に激しくなって、フクイチの現場には人間が近寄れない!という最悪の状態になってしまっているからだ。

「3年延期」というのは、永遠に延期!と言ったも同じだ。

本日もフクイチでは中性子線を発する水蒸気がモクモクだった。太平洋沿岸の各地では、湿度100%の状態が続いている。

この放射性水蒸気内の中性子線を発する核種は、朝鮮半島を飛び越えて中国の天津市でも観測された。

天津市・共産党のトップだった張高麗(中国政府・第一副首相)は、今月5日に訪中した麻生太郎に中性子線水蒸気のことを伝えている。

中国による日本の直接統治は反発が大きいので、中国は麻生太郎を代理人にして日本を統治し、「フクシマ・ウェンティ(問題)」を解決する!という流れが、これで見えてきた。

しかし、中国だけでは「フクシマ問題」は解決できない。

チェルノブイリを経験し、原発の激甚災害に対処する技術とノウハウを積み重ねてきたロシアが、最終的には全面に出てくるだろう。

“天皇の密使”がクレムリン宮殿に入った!という情報もある。

この国のあり方が劇的に変化する!
そのためのインパクトは、西の方角から来る。
ウエスタン・インパクト。これが日本を救助するだろう。
そして日本民族は…、西方浄土(さいほうじょうど)を目指す!
その時の幟(のぼり)には、「厭離穢土・欣求浄土(おんりえど・ごんぐじょうど)」と、墨痕あざやかに書こう!


BSで火野正平見てる
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「韓国、棚からぼた餅でできた国」乱暴なフジTV

「韓国、棚からぼた餅でできた国」乱暴なフジTV

 「韓国という国は、韓国人が戦って独立を勝ち取った国ではない。日本が戦争して朝鮮半島を捨てた後、韓国ができた。すなわち韓国は、棚からぼた餅式に国ができちゃった。」日本の最大の民営放送局であるフジTVが、最近、韓国を卑下したり、嫌悪の内容でつづった特集番組を送り出して波紋が広がっています。これまでKポップやドラマなどでは韓国に友好的な立場を見せていたフジTVが、産経新聞報道の事態を経験した後、嫌韓に急旋回したのではないかという分析が出てきています。

 問題の放送は去る5日「池上彰緊急スペシャル〜知っているようでよく知らない韓国のナゾ」というタイトルで電波に乗りました。放送はゴールデンタイムの金曜日の夜9時から2時間の間進行されました。放送は韓国内の反日感情に照明をあてた後、保守ジャーナリストの司会者池上彰とパネリストが語り合う形で構成されました。放送は2時間に渡って様々な政治・文化・社会問題を説明しました。

 放送は2012年の日本安倍政権に続いて、2013年に韓国の朴槿恵政権が発足して以来両国関係が冷たく冷めたとして、これは韓国のごり押し要求のせいだと批判しました。産経ソウル支局長の「朴槿恵大統領、セウォル号沈没当日に行方不明、誰と会っていたのか」の記事についての議論はもちろん、教科書への独島表記問題、安倍首相の米国議会演説などと関連して、韓国がことごとく言いがかりをつけてきたということです。

 例えば安倍首相は4月29日の米国議会演説で、「第2次大戦への反省とアジア諸国に与えた苦痛を忘れてはならない」と述べて、米国の議員から好評を得たが、朴槿恵大統領が「心からの謝罪をしなかった」と批判したといいました。説明のあと池上彰が続けました。「米国議会演説でアジア諸国へ謝罪すれば良いが、韓国に謝罪する必要があるのか​​」としました。
池上彰は過去の謝罪と関連して、ドイツと日本が比較されるという一部の指摘に対して不合理な主張を繰り広げました。

 ドイツの侵略を受けた周辺国はドイツの謝罪を受けいれたが、韓国は良識がないので謝罪を受ける心がないということです。彼は「ドイツ周辺国は良識のある国だから、謝罪を受け入れるのではないかと言う人もいる」と述べました。何より韓国が日本を嫌う理由は、韓国の建国精神にあるという分析を出しました。池上「韓国憲法に大韓民国は3・1運動で始まった上海臨時政府の法統を受けて建設されたという表現がある」とし「反日が建国の基本精神」と紹介しました。

 それとともに韓国は自ら独立を勝ち取ることができず、日本が敗北した後、独立を漁夫の利で得たので、その劣等感のため、日本への反感を大事にすることになってといいました。池上は「韓国という国は韓国人が自ら戦って国を作ったのではない。日本が戦争して朝鮮半島を捨てた後、韓国ができた。棚からぼた餅式で国ができちゃった」とし「自分たちが戦って国を作ったことがないので、劣等感を持つようになった」と言いました。

 パネリストとして出てきた柴田理恵は「つまり建国の動機づけをするため、『日本が嫌い』だというの?」と尋ねると池上彰は「そうだ。反日感情をすべての国の基準にしている」と答えました。その後も▲高校で人気のサークル「独島部」の気絶する実態▲韓国人も嫌いな財閥、韓流ドラマのびっくりライフなどをタイトルに掲げて、韓国の反日の実態を暴いて叩きました。

 私たちのネチズンたちは、放送を見て驚愕しました。日本の最大放送局でゴールデンタイムにあんなふうに悪意に支えられた放送をするのが信じられないということです。

「近隣諸国にあんな狂ったことをするなんて、これは一種の宣戦布告ではないですか?戦争の準備をするために韓国を敵対国にしようとして、国民世論を糊塗してるんです。」
「嫌韓がお金になるからあらゆることをやりまくるね。」
「衝撃です。自分たちが作り出した話を回し見してまぬけなパネリストが怒ってるレベルですね。」
「日本に住む韓国人たちが、チャンネルを回してその放送を見て驚いたという文が、様々なコミュニティに上がっていますね。」
「あれが日本という国のレベルです。」
風変わりで力任せな内容ですが、フジTVが放送のために緻密に準備したという点に着目したネチズンもいます。
「毎回感じるが、日本のまめさと緻密さは学ばなければならない。プログラムの質と量がとても豊かで緻密です。韓国もこのような点で学ぶことが多いと思います。」
「単純な嫌韓放送ではないと思います。非常に緻密。」
「日本の悪口を言う前に、この程度の深さと量を持つ日本特集番組をやったことがあるのかを聞きたいと思います。ほとんどBBCレベルに近づいたといっても過言ではないくらいです。」
首の後ろを捕まえるような放送の映像は、インターネットでも見ることができます。
このような内容をむやみに放送するなんて本当にぞっとします。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ