2015年07月31日

「便乗商法えげつない」嵐ファンの聖地・大野神社、メンバー柄バウムクーヘン販売で批判

 嵐・大野智の名字と同じということでファンに知られる滋賀県栗東市の「大野神社」が、7月31日に喫茶コーナー兼売店「大野cafeアプリ」をオープンさせることが明らかになった。参拝者数が減少したため「何か新しいことを」として実現した試みというが、嵐ファンを取り込もうとする同所の“便乗商法”には「えげつない」といった批判が噴出している。

 大野神社は神社名に加え、禰宜(ねぎ)を務める大宮聡さんの名前からも大野と二宮和也のユニット名「大宮SK」が感じられると、嵐ファンにその存在が浸透。全国からファンが訪れる“聖地”として、2013年頃からメディアに登場する機会が増えていった。

「13年3月には、大野神社で嵐メンバーのイメージカラーに合わせた5色のお守りを用意していることを一部メディアが取り上げ、嵐ファンの“神社めぐり”に火がつきました。ほかにも嵐メンバーの名前が入った大阪府堺市南の桜井神社、兵庫県神戸市の二宮神社、京都府城陽市の松本神社には、コンサートの当選祈願などで各所にファンが詰め掛けていると話題になりました」(ジャニーズに詳しい記者)

 そんな大野神社は、今月31日から神社の境内に喫茶スペースをオープン。栗東芸術文化会館SAKIRA内のカフェ「アプリ」と共同開発した「大野バウム」と呼ばれるバウムクーヘンなどを販売するそうで、境内に喫茶店を設置するのは県内の神社でも珍しい例という。26日付の京都新聞によれば、嵐ファンに注目されたことで昨年度は約20万人もの人が同所を訪れたものの、参拝者が減少し始めたため、喫茶コーナーの開店を計画。禰宜の大宮さんは「ブームはきっかけ。このチャンスを生かしていきたい」と意気込んでいるという。

 しかし、今回のカフェオープンにあたって一部の嵐ファンからは「とうとう大野カフェまで作った」などと呆れた声が上がるとともに、以前から発売されていた大野バウムについても問題視されている。大野バウムのパッケージは全5種類で、青で模様が描かれた「大野神社ご神紋柄」をはじめ、黄色の「宮柄」、「桜柄」(赤)、「松柄」(紫)、「葉柄」(緑)と、他4種類も嵐の名前とメンバーカラーを彷彿とさせるものになっている


「恐らく相葉雅紀のイメージで作られた葉柄の緑は妥当ですが、松の柄で紫だったり、鳥居の模様(宮柄)で黄色なのは『苦しい』『不自然』という指摘も。ファンが勝手に参拝する分には仕方ないにしても、神社側が乗っかることに否定的なファンも多く、『大野神社、商魂たくましい』『滋賀の大野神社さん、どんどん嵐のこと利用してる感じ。バウムクーヘン売ったり、境内にカフェとかどうかと思う』『便乗商法やりすぎじゃない?』と、ブーイングが起こっています。昨年12月の京都新聞では、嵐ファンでもあるカフェ『アプリ』のオーナーが大野神社の大宮さんに『一緒に栗東を盛り上げよう』と話を持ち掛けてバウムクーヘン作りが実現したと紹介されており、嵐に掛けた商品を展開していることは明白でしょう」(同)

 今回の一件でファンからは「バウムクーヘン、カフェと来たら次は何をしてお金稼ぐのかな」との皮肉も出てしまっている「大野神社」。本来は神聖な場所だけに、多くの人の反感を買うような事態は避けてほしいものだが……。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリンピック返上しろ

オリンピック返上しろ
野次馬 (2015年7月28日 14:23) | コメント(11)

オリンピックのボート会場が揉めているというんだが、当初69億だった予算が自民党政権になったらいきなり1038億になり、それが見直しで491億と、こちらも新国立競技場みたいに七転八倒してるんだが、もう面倒臭いので「伊豆半島一周」とかにしておきゃいいよ。一銭もかからないしw つうか、日本財団が全額私費で作れw


戸田ボートコース監督会(大学など約30団体、鈴木崇司会長)は28日までに、2020年東京五輪のボート会場について「東京湾・海の森公園」に決定した日本ボート協会に見直しを求める意見書をまとめた。
意見書では東京湾会場は巨大コスト、強風、潮流、航空機騒音など難題が多いとして「自然環境が良好な戸田市の彩湖を代替会場として推薦する」としている。
 東京都が東京湾会場の建設費を491億円と試算しているのに対し、監督会は独自の試算を行い、彩湖なら47億円で済むとしている。

オリンピックとかいうと、途中でカネを抜きたい亡者がワラワラと寄ってくる。税金使い放題、贅沢三昧w 戦争と同じです。批判を許さない挙国一致体制なので、誰にも文句は言わせない。文句を言うヤツは非国民w
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テロ活動活発化の欧州で日本人が狙われやすい理由

テロ活動活発化の欧州で日本人が狙われやすい理由

イスラム国シンパによるテロ活動が活発化
「ヨーロッパでは現在、イスラム国シンパによるテロ活動が活発化しています。最もシンパが多いのがフランスで、地元治安当局が把握しているだけで数千人規模。次いでイギリス、ドイツ、スウェーデンが続きます。いずれも移民が多い国で、アラブ系移民の2世が“イスラム国ブーム”に乗ってテロ活動を行っています」

 こう言うのは、イスラム事情に詳しいジャーナリストの黒井文太郎氏。テロで狙われるのは、地下鉄や空港、高速鉄道、繁華街やキリスト教会などだ。

「彼らの狙いは非イスラム教徒です。そのため、欧米人だけではなく、一見して非イスラム教徒であることがわかる日本人や中国人もターゲットになりやすい」

 ただし、現地で起こっている実際のテロ事件の多くが小規模な通り魔的犯行だ。欧州全体に重大な脅威が広まっているわけではないらしい。

「彼らはアルカイダのように何年もかけて大規模なテロを周到に準備することはせず、数人ですぐにできるレベルのテロしかしません。また、多くのテロリストは自分たちの地元でテロを行うため、事件は広範囲の地域で散発的に起こります。たとえばパリの中心街など特定のエリアの治安が極端に悪化するということはありません」

 中東諸国やトルコなどでは、非イスラム教徒である外国人は観光地や繁華街に集中するため、テロ事件も狭いエリアで集中する。そのため観光業はガタガタだ。

 しかし欧州の場合、もともと非イスラム教徒だらけのため、テロ発生地点が狭い範囲に集中せず、観光への影響もほとんどない。

「欧州のテロや未遂事件の数は増加傾向にありますが、もともと欧州は米国よりテロが多く、昔から約10年ごとにテロが“ブーム”になる。地元の人々はそれに慣れているので、いまも観光を自粛するなどの動きは見られません。治安当局が町に軍隊を配し、ネットの監視も強化していることもあって、治安や経済を揺るがすほどのテロ事件が起こる可能性は低いでしょう」

 フランスやドイツといえば、かつてはネオナチが台頭し、外国人に対する暴力事件も多かった。ネオナチはいまもいるが、彼らによる暴力事件も減少しているという。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

熟成肉なぜうまい「腐りかけの肉」と何が違う?

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0700H_X00C14A4000000/

 しばらく寝かせてうまみを増した「熟成肉」がブームだ。この肉を使った料理を専門に扱う飲食店が相次ぎ登場しているほか、吉野家が4月中旬から牛丼の肉を熟成肉に変える。昔から「肉は腐りかけがうまい」ともいわれるように、肉には寝かせて生まれる価値がある。「熟成肉」はただの「腐った肉」とは何が違うのか。

■黒ずんだ肉の表面 漂うまろやかな香り

40日熟成した牛肉。カビの生えた表面を削るため歩留まりは悪くなり卸値は4〜5割高くなる
画像の拡大
40日熟成した牛肉。カビの生えた表面を削るため歩留まりは悪くなり卸値は4〜5割高くなる
 東京・食肉市場で仲買業務を手がける小川畜産興業(東京・港)の冷蔵庫。セ氏1〜4℃、湿度60〜80%に調節された室内にはいくつもの扇風機が回り、棚に並んだ肉に風を送る。

 「これが40日間熟成した牛ロースですね」。高木聡取締役が指さした肉の塊。表面は黒ずみ、ふさふさした綿毛状のカビが風に揺れている。「食欲をそそる」とか「おいしそう」というイメージではない。むしろグロテスクである。熟成肉だと知らされずに見たら、ほとんどの人は単なる「腐った肉」だと思うだろう。

 ところが室内にかび臭さはなく、漂うのはナッツのようなまろやかな香り。東京・芝浦などの食肉市場で覚えのある生肉の臭いとも違う。

■うまみ成分のアミノ酸 微生物の力で5〜6倍に


ただし熟成肉の先にあるものは

死 あるのみ


米のとぎ汁乳酸菌で放射能を減らせるとも言ってたので


東京湾で海水浴をして
放射能で頭がハゲだらどうするのか


江戸前の魚とかいって
カドミウムや重金属たっぷりの
寿司ネタを喜んで食べて
ハゲてしまった皆さん
おはよう


シャープのプラズマクラスターで放射能が減るような事を飯山一郎という人が言っていますがそうですか?


無知のアホが飯山一郎を
デマで攻撃してる


米のとぎ汁乳酸菌で放射能を減らせるとも言ってたので

>米のとぎ汁乳酸菌で放射能を減らせるとも言ってたので

腸内乳酸菌を増やして免疫力を高める
でしょ


吸い込んでしまった放射能(放射性物質)を乳酸菌で排出できることを、発明家・飯山一郎氏は主張されています。飯山氏の方法は「米のとぎ汁で発生する乳酸菌で放射性物質を除去する」といったものです。


霧吹きとして噴射し、肺に吸い込む
これは飯山氏の提唱している方法です。

霧吹きで室内に噴射し、それを吸込みます。噴射して吸い込んだら、翌日まで様子を見ましょう。肺内に入った発酵菌は放射性物質を摂取した後,痰となって出てくるはずです。

吸い込んだ放射性物質の量によって、痰の色が違うそうです。逆に痰が出てきたら、吸い込んだ放射性物質が無事に出てきた証拠とのことです。


多くの方が「調子がよくなった」と言われていることは事実ですが、飯山氏のサイトもご覧いただき、自己判断・自己責任の元に実践くださるようお願いします


乳酸菌は被爆対策として有効だよ

原爆・放射能と味噌

 長崎原爆の被爆者で、聖フランシスコ病院院長を務めた秋月辰一郎氏は昭和四十一年に「長崎原爆記」を出版した。秋月氏は、玄米飯に塩を付けて握り、濃い味噌汁を作り、毎食食べるという栄養論を述べ、食塩ミネラル治療法が原爆症に有効であると説いている。
 チェルノブイリ事故(昭和六十一年四月末)のあと、当社にヨーロッパからの注文が殺到、月平均二、三トンだった輸出量が同年六・七・八の三カ月には十四トンに達した。これは秋月氏の本の英語版が英国で以前に出版されていて、放射能被害を心配した人々が同書を求めて書店に押し掛け、そこから知識を得て味噌を買いに走ったためである。

 実験はこのような過酷な条件のもとで、「味噌を与えた場合」と「普通の餌の場合」の対照群とではマウスの生存日数にどのような違いを生ずるのか、そして、小腸の組織の再生にどのような影響を与えるのかを調べたものである。
 その結果、生存日数については、味噌投与群と、対照群の差はなく、味噌の効果はほとんど確認できてない。

 それでは、小腸の組織再生について効果があったのかどうか。実験では照射3日後のマウスを屠殺し、そこで小腸の腺窩という組織の数を調べている。この場合、味噌投与群では、対照群よりも小腸腺窩の組織生存率が高かった。また高線量のX線を照射されるほど、味噌投与群の組織生存率が対照群よりも高く、防御効果が顕著であったという。


米のとぎ汁乳酸菌が除染に効果があるとしている


「味噌や納豆に多くふくまれるジコピリン酸には
放射性物質の排出作用があるといわれている」
とこちらのサイトでも、渡辺教授による「大豆の機能性」
の解明の点に触れているようですが、

「1986年4月の旧ソ連チェルノブイリ原発事故では、
ドイツ、ベルギー、オランダ、フランスなど近隣諸国へ
大量の放射性物質が飛散した。
この時、味噌に含まれるジコピリン酸に放射性物質の排出効果が
あることから欧州の国々で味噌の輸入量を大幅に増やしている。」
とのことで、渡辺教授による研究は既に1980年代から
始められていたと考えて宜しいのでしょうか?
またチェルノブイリ原発事故を契機に始まったのでしょうか?
また味噌や納豆に多くふくまれる「ジコピリン酸」の研究を
最初に始められたのは誰なのか?
以上、分かる範囲でけっこうです。


効果は大きいだろうね
乳酸菌で室内のカビの発生を抑えることができる


被爆の仕組み

原発事故では放射性のヨウ素が周囲にばらまかれる

放射性ヨウ素は体内に取り込まれるとホルモンの材料として主に甲状腺に蓄えられる
このために体内から直接重要な組織に放射線が当たり続けることになり、
極めて甚大な放射線障害を引き起こす

カビの胞子は核種を運ぶ


4月あたりから東日本の各地に降っている黄色い粉…。
黄色い粉の原料が海水中の硫黄であることを指摘した。

そのとおりだ!と鷲も思う。

フクイチ原発から出ている大量の水蒸気は、海水によるものなのだ。だから、黄色い粉は放射性硫黄なのだ!


花粉に決まってるだろ
バカ


フクイチから飛んできた放射性水蒸気雲(プルーム)が原因だ! と誰でも分かることなのに、マスコミは論外として、日本の知識人たちは頬かむり。

日本人は(有識者も含めて)誰も彼も、み〜んな安倍晋三クラスなんだわ寝〜。

つ〜ことは、
日本人は(有識者も含めて)誰も彼も、7〜8年以内に、み〜んな死んじゃう!ってことだ。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投票年齢引き下げ、安保法制、マイナンバーのセットで若者を戦場へ

 永田町では恐ろしい噂が流れている。それは、「いずれ政府が『徴兵制』に手をつける」というものだ。

 現在、約22万人いる自衛隊員の主な活動は、レーダーなどによる周辺の監視と、災害時の救援・復旧である。PKO(国際連合平和維持活動)の一環としてカンボジアなどに派遣されたこともあるが、隊員たちに「実戦投入される」という意識は低く、近年は若者にも人気の職種だった。
 「特殊車両も含めた運転免許や土木などの各種資格がタダで取得できる上に、航空自衛隊ならパイロットの道も開ける。収入も安定した公務員とあって、不況に突入して以来、じわじわと人気が出てきたんです。近年は男性隊員に対する女性からの評価も高く、『婚活パーティーで隊員1人に10人の女性が集まる』と言われるほどでした」(自衛隊関係者)

 ところが、戦争法案が衆院を通過し、いよいよ自衛隊の実戦投入が現実味を帯びてきたため、“ある問題”が発生しているという。
 防衛省関係者が声を潜めこう語る。
 「安保関連法案には8割の国民が反対している以上、今後は入隊者志願者が増えるはずがない。それどころか、既存の隊員たちも、アベノミクスの影響で景気の良いうちに民間企業への転職などを考えている。この隊員激減の危機を乗り切るため、『徴兵制度』の導入が水面下で真剣に議論され始めた。安倍首相も、この危機は織り込み済みだと噂されています」

 にわかには信じがたい話だが、「安倍政権がこれまで推し進めてきた数々の政策を見れば、すべてが徴兵制の復活に結び付いている」と指摘する声まである。
 「まずは、来年の参院選から始まる『18歳への投票年齢の引き下げ』。お隣の韓国では、18歳から男性の身体検査を始め、20〜30歳の間に2年間兵役に就く徴兵制度を導入しています。そのため野党筋からは『投票年齢の引き下げも、韓国と同じ制度の導入が真の狙いではないか』との恐ろしい見方も出ているのです」(民放の政治部記者)

 また、来年1月から本格導入される「マイナンバー制度」も、戦争法案とセットで見ると、極めて怪しい制度となる。
 「この制度は、国民一人ひとりに番号を割り振り、個人の収入や支出、税金などを完全透明化するのが目的ですが、仮に『徴兵制』が導入された場合には“兵役逃れの検知システム”に様変わりする可能性もある。国民の詳細な個人情報を、国がコンピューターで一括管理するシステムですから、いかようにも運用できるというわけです」(同)

 さらに安倍首相は、安保関連法案成立の流れを作る前段階として、昨年4月に「武器輸出三原則」も事実上の撤廃に持ち込んでいる。
 もはや安倍政権の“暴走”は、後戻りできないところまできていそうだ。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ