2015年09月03日

無性にチキンラーメンが食いたくなったものの

無性にチキンラーメンが食いたくなったものの


昭和30年代の発売したころは
とてつもなく美味しく、とてつもなく満足いたしましたが
食の飽食時代を経て下がとてつもなく超えてきますと
通常の食としては受け入れられなくなっております

たまに、しかもとてつもなく空腹の時は大変美味しく頂けると確信しております

あくまでサブ食品といたしましては手軽でとてつもなく便利でございます
なくてはならない食品 それがカップ麺


>無性にチキンラーメンが食いたくなったものの
実際食ってみて
マズ―、と後悔した朝

金ちゃんラーメンも年二回ペースで
食べればめちゃうま!

玉子の溶き方、入れるタイミング堅さ調整が
美味さの鍵を握る

100円以下の食べ物に思えない


チキンラーメンなど残飯


チキンラーメンを食べ過ぎるとクローン病に

大腸及び小腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍をひきおこす原因不明の疾患の総称を炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease:IBD)といいます。

クローン病も、この炎症性腸疾患のひとつで、1932年にニューヨークのマウントサイナイ病院の内科医クローン先生らによって限局性回腸炎としてはじめて報告された病気です。

クローン病は主として若年者にみられ、口腔にはじまり肛門にいたるまでの消化管のどの部位にも炎症や潰瘍(粘膜が欠損すること)が起こりえますが、小腸と大腸を中心として特に小腸末端部が好発部位です。非連続性の病変(病変と病変の間に正常部分が存在すること)を特徴とします。それらの病変により腹痛や下痢、血便、体重減少などが生じます。

クローン病の原因として、遺伝的な要因が関与するという説、結核菌類似の細菌や麻疹ウイルスによる感染症説、食事の中の何らかの成分が腸管粘膜に異常な反応をひきおこしているという説、腸管の微小な血管の血流障害説などが報告されてきましたが、いずれもはっきりと証明されたものはありません。最近の研究では、なんらかの遺伝的な素因を背景として、食事や腸内細菌に対して腸に潜んでいるリンパ球などの免疫を担当する細胞が過剰に反応して病気の発症、増悪にいたると考えられています。


年中ではありませんが時たまカップ麺や即席麺類食しますると
その味の美味しさにとてつもなく感激しとてつもない満足感に浸り
過去のあけみちゃんを忘れ明日への活力が腹の底から湧いてくるのが
実感します  ヌードルとして世界中の食分野を席巻いたしました
とてつもないチキンラーメン 万歳チキンラーメン  注意:チキン オフ ザ シーを連想してはいけません、


油が劣化したままで
大量に摂取するなどしては
ならない


一回高温で揚げた麺が
超酸化物質→発がん性


クローン病は難治であり
患者の苦しみは目を覆うばかりです


まあ
できることならば
食べない方が良いでしょう


それにしてもJAに洗脳されたか農薬ビジネスでおまんま食い上げになるからか
農薬バカは本当に哀れ
そんなに農薬が好きならご飯と一緒にどうぞという感じですな


たまに即席麺たべると 
気分悪くなる
たまに吐く


即席めんは身体に悪い


人間が常食としてはいけない


モンサントは人類の敵
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■今ここにある2000万人の貧困

●今ここにある2000万人の貧困 〜10本の記事から読み解く●

→→こちらから→→ http://nkbp.jp/1U9U0mQ

01■「子供がいることを幸せと思えない」
ある一つの貧困を見つめて

02■「福祉行政は風俗産業に敗北している」
「元・難民女子高生」が語る支援の不備

03■脱・貧困、足立区で始まった挑戦
「置き去り教育」からの卒業

04■奨学金理事長「大学にさえ行けばいいなんて、イリュージョン」
“学生の借金1兆円”が映すこの国の歪み(上)

05■「今の公教育は異常。異常を拡大するな」
“学生の借金1兆円”が映すこの国の歪み(下)

06■“最強外資”ゴールドマン・サックスが貧困に投資する理由
「慈善じゃない。結果を出せ」

07■「無料低額宿泊所」を知っていますか
福祉はどこまで高められるか

08■映画「子宮に沈める」が示すもの
監督が語る「見えないものを見る」価値

09■「社会的インパクト投資」が問う公と私の新しい関係
カネはいかに使うべきか

10■「シングルマザー専用」のシェアハウスに住んでいます
子育てを負うのは両親だけか

■今ここにある2000万人の貧困

 今回の「厳選メール」のテーマは「貧困」です。
 なぜ今、「貧困」なのか。我々が脈々と築き上げてきたはずの「豊かな社会」に、
その闇はどのように生じ、光を飲み込んでいくのか。どうして止められないのか…。
 「貧困」に立ち向かうには、まず現状とその要因を知ること。10本の記事で多角的
に迫ります。ぜひご一読ください。
                  (日経ビジネスオンライン 坂巻 正伸)
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日のつぶやき








posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■自民党「新憲法草案」の危険な内容 ■

これが僕ちゃん自慢の憲法草案だよ
 造ったのは統一教会と日本会議だけどね
  徴兵制で戦争推進 愚民どもに人権なんて必要ありません
  戦争法案が成立したら次は改憲だからな
  楽しみにしてろよwwwww


■自民党「新憲法草案」の危険な内容 ■
(1) 前文改悪
自民草案前文に、戦争国家化と人権制限の2つの方向性が明瞭に示されています。
行憲法の前文に明記された「平和的生存権」=「われらは、全世界の国民が、
ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」という思想・精神は、
自民党草案にはすっぽり抜け落ちています。
(2) 9条改悪
戦争の出来る国つくり=軍国主義国家体制を作りあげようという狙いが詰め込まれています
・ 「戦争放棄」を否定:「戦争の放棄」を放棄しています。
・ 米国型の侵略・介入戦争を米国と一体となって行うことができる憲法
・ 軍事警察国家を目指す憲法:軍隊の銃口が国民に向けられることを意味します。
・「委任立法」の危険性:憲法による「委任」を名目にしてどんな法律でも可能となります。例えば徴兵制。
(3) 国家による人権制限・義務責務の強制
これは、9条改悪による軍国主義国家作りと一体の、国家が国民生活を「公益」の名の下に
容易に統制できる社会作り=国内治安体制作りを目指すものです。
一方、国に対する縛りである政教分離については緩和を盛り込んでいます。
日本国憲法の厳格な政教分離規定は、過去に、国家神道が侵略戦争に突き進み、
植民地支配を正当化したという事実に対する反省によるものです。
(4) 憲法改正要件の緩和
現行の「各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議」が、
「衆議院又は参議院の議員の発議に基づき各議院の総議員の過半数の賛成で国会が議決」に変更しています。
最初の改憲でやれないことでも、再度の改憲のハードルを低めておいて、
いつでも憲法改悪を実施できる体制を狙い目にしています。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ