2015年09月27日

転職で年収ダウン。友達も彼女も離れていった…“下流中年”の転落人生

転職で年収ダウン。友達も彼女も離れていった…“下流中年”の転落人生

 貧困を苦に新幹線焼身自殺を起こした高齢者がいたように、昨今では「下流老人」が話題である。が、その序章は35〜49歳の「中年時代」から始まっており、インフレなどで相対的な給与は減り続け、転職やリストラなどで非正規雇用への転落リスクも高まるこの世代が今、「下流中年」化するケースが増えているのだ。

 そして、彼らを下流化させる引き金となるのが「孤立化」である。ここでは、そんな下流中年の実例を紹介しよう。

◆年収ダウンで家賃滞納。郊外に引っ越したら、誰も遊びに来てくれない
〜西原俊和さん(仮名・38歳)/ウェブサービス/年収320万円〜

急増する「下流中年」の生活に密着

国道沿いにあるアパートの1Fに住んでいるため、人通りが多く部屋のシャッターは引越し後、2回しか開けたことがない
 35歳超の転職は難しいだけでなく、年収減を引き起こす。西原俊和さんもその一人だ。

「広告デザインを担当していたんですが、朝から晩まで働かされるブラックな職場環境が本当に嫌で、後先考えずに辞めました。転職先が決まらず、ようやく見つけたのが手取り24万円で在宅勤務のウェブサービス会社です」

 かつては恵比寿で家賃14万円のマンションに住んでいたが、当然払えずはずもなく、半年間も滞納。追い出され、今は千葉県松戸市の駅から徒歩20分、家賃5万円のアパートに住んでいる。

「引っ越した当初は友人も面白半分で遊びに来てくれましたが、今は誰も来ない。友達はみな結婚してしまいましたから。仕事もスカイプでのやり取りなので、今回の取材でリアルに人(記者)と話したのは10日ぶりですかね。滞納した家賃も返済しなければならないので、遊ぶお金もありません。こちらから遊びに誘うこともできず、“オゴるから遊ぼうよ”という言葉を待っている状況です」

 食費も切り詰めるしかなく、スーパーで買い溜めしたパスタと松屋でしのぐ日々。最近は「飽きてきたので、松屋からすき家に変えました」と得意げに話す。

 転職を機に、かつての仕事仲間も友人も疎遠になり、恋人とは破局。現在の下流生活から脱け出すきっかけすら見出せない西原さんは、半ば諦めの境地に達している。

「結婚はしたいですよ。でも、こんな状況で彼女をつくろうって気になると思います? もうすぐ40歳なのに、今さら新しい彼女も友人も作る気力がわきません」

 友人からはシェアハウスを推奨され、「孤独死するくらいなら」と本気で引っ越しを考えている。

 9/15発売の週刊SPA!に掲載されている特集『下流中年の危機』では、上記のような実例が続々登場。また「下流中年300人に聞いた『孤独の原因と対策』」や「下流中年が提言する孤独撃退法」なども掲載。我々を下流化させる「孤独」といかに向き合えばいいのか、その対処法はぜひ本誌でご確認を。
http://nikkan-spa.jp/937631
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ大コケ!前田敦子の演技力に疑問の声 

 「今後、彼女にヒロインをオファーするテレビマンはいないんじゃないですか…。主演に据えるなら、こちらがギャラをもらわないとつり合いが取れませんよ」
 と、吐き捨てるのは、日本テレビ関係者。

 今回も、悪い意味で期待を裏切らなかったのが、頑なまでに女優業にこだわり続ける前田敦子(24)だ。ヒロイン・京子ちゃん役を演じるドラマ『ど根性ガエル』(日本テレビ系)がやっぱり大コケした。7月11日放送の初回こそ視聴率13.1%を記録したものの、その後は右肩下がり…。
 「初回だけ2桁で残りは全てオールシングル。しかも、8月29日には最低視聴率の6.3%、続く翌週の9月5日も6.3%。最終回まで残り数話ですが、5%を切るのは確実だと見られている」(関係者)

 数字が上がらない理由の一つが、前田の演技力にあると関係者は口を揃える。
 「表現力がないのか、とにかく伝わってこない。セリフが棒読みなんです。どんな役を演じても変わらない。そのため『前田敦子は、しょせん前田敦子だ』との声も…。AKB48時代とは違うんだから、一から演技を勉強した方がいい」(ドラマプロデューサー)

 前田が持っていないのは演技力だけではない。芸能人に絶対必要とされるツキも持っていないのだとか。
 「視聴率が急落した第2話の翌日に、車を運転していてタクシーに追突してしまったんです。事務所から日テレに連絡が入り大騒ぎになった。幸い事故はたいしたことはなかった。話題になるのは事故だけと、女優にとって演技力の次に必要なツキがないことも判明しました。少なくとも日テレは、よほどのことがない限り使わないでしょう」(テレビ関係者)

 当然、出演料も見直しになったという。
 「以前、1話あたり120万円と言われていたが、現在は80万円。それでもオファーがあるかどうか」(同)

 本当の正念場はこれから。


(´;ω;`)ぴょん吉かわいそう‥


このドラマに限っては前田だけのせいじゃないだろ!
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日のつぶやき


posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【悲報】安倍ぴょん 存在自体が憲法違反だったwwwwwwwwww【ゲリサポ脱糞www】

【悲報】安倍ぴょん 存在自体が憲法違反だったwwwwwwwwww【ゲリサポ脱糞www】


安倍晋三の憲法論
https://youtu.be/5aYN0c9Mhus?t=18m

安倍
「こんなの(憲法)インチキなんですよ」
「こんないじましい文章をよく66年間も拝んできましたよね」
「もういいでしょう」



第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。


安倍は、不倫・離婚でもしない限り、この先ずっと人の親でもなければ、ましてや孫の爺にもなれない。子供・孫世代のことなど知ったこっちゃないと思ってるに違いない。
親の気持ちが身をもって理解できないままその一生を終えるだろう。

仄聞するところによると種無しカボチャとか。ならば実の子に恵まれるのは金輪際・・・


その脅威とやらの中国は日本の最大貿易国であり、

現地に5万以上の日本企業の事業所拠点があり、

13万人以上の日本人が住み、

年間何百万人もの中国人と日本人が互いの国を訪れ交流を重ねている。

幼稚なデマに引っかかる単純な馬鹿が多すぎる。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ