2016年03月30日

自民党政治の犠牲者

自民党政治の犠牲者

野次馬 (2016年3月26日 10:04) | コメント(1)



子育て貧困世帯が倍増、というんだが、この世帯は政府のカネを使って貰えない世代で、年寄りは年金とか病気とかで、色々と政府のカネを使うわけです。じゃあせめて、子どもには税金使えよ、というので民主党が子ども手当を出そうとしたら、自民党の猛烈な抵抗で潰された。結果として、年金を貰うに至らない世代は一方的に収奪されるだけ。しかも、彼らが年寄りになる頃には、年金や厚生関係は減額されて、踏んだり蹴ったりですw


生活保護基準以下の収入で暮らす子育て世帯の割合が2012年、全国で13.8%となり、過去20年間で倍増したとの調査結果を山形大人文学部の戸室健作准教授(社会政策論)がまとめた。都道府県別の貧困率も算出した。
 総務省の就業構造基本調査と、厚生労働省が生活保護費受給世帯を調べた被保護者調査を基にした。収入が生活保護費の受給対象となる最低生活費以下で、18歳未満の子どもがいる世帯を貧困状態と定義。1992年から2012年まで5年ごとのデータを用いて分析した。
 92年に5.4%だった貧困率は、12年には13.8%に上昇した。都道府県ごとの差は年々縮まる一方、全国で貧困率が上がり、状況は悪化しているという。

しかも、非正規雇用ばかりで収入そのものが少ない。特に幼児を連れたシングルママなんて悲惨なもんで、看護婦とか資格でも持ってない限り、パートの最低賃金仕事しかない。「子持ち使うくらいならビッコ使え」という言葉があるんだが、子どもが小さいとよく休むわけです。子どもが熱を出したとか、参観日だとかw 少なくともビッコはそんな理由で休まない、というw 今の世代ではその父親もまた非正規雇用が多くて、父親の稼ぎだけでは生活できないし、離婚しても養育費もアテにならない。詰んでます。少子化にならないわけがないw


ウーロン茶常飲してると
喉の脂がもっていかれて
やられるよ


返信


>貧乏人は子供作るなってことですよ

非正規化推進=少子化推進

>少子化を止めたいというのだったら、せめてどっちかヤレよ

そんなつもりはかけらもないですから。
日本民族浄化が自民党の方針です。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2年前に行方不明になった埼玉県朝霞市の女子中学生(15)が東京都中野区で保護された事件

2年前に行方不明になった埼玉県朝霞市の女子中学生(15)が東京都中野区で保護された事件で、女子生徒の父親が28日、埼玉県朝霞市内で記者会見し、女子生徒と27日夜に病院で再会した時の様子を話した。検査入院のため車椅子に乗っていた女子生徒は笑って手を振り、父親も手を振って「お帰り」と話しかけたという。

【容疑者の顔写真、発見された雑木林やマンションの写真】

 父親によると、女子生徒は、両親が情報提供のビラ配りをしていることをインターネットのニュースを見て知っていたと話したという。両親の頑張っている姿を見て、「チャンスがあれば(逃げたい)」という気持ちがあったことも明かしたという。

 父親は約2年ぶりに再会した娘の印象について「5センチくらい身長が伸びた」「しゃべっていて大人っぽくなったな(と思った)」などと語った。

 また、女子生徒は「千葉市の部屋は外から鍵がかけられて逃げたくても逃げられなかったが、中野区の部屋は決心すればいつでも出られる状態にあった」とも話したという。

 逃げようと思えば逃げられる状態にありながら、なかなか逃げ出せなかった状況について、父親は「パニックの状態だったのではないか」と話した。寺内樺風容疑者(23)の顔について「心当たりはない」とし、「容疑者に対して何も考えられる状態にない。それより娘のケア(に尽くしたい)」と語った


千葉大は16年3月28日夕、公式サイト上で「本学卒業生の未成年誘拐について」と題した謝罪文を発表した。徳久剛史学長のコメントとして、

  「事件の被害者の方・ご家族のみなさまはもとより、世間のみなさまに多大なご迷惑とご心配をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。大変に申し訳ございませんでした。今後、このようなことがないよう学生への指導に努めてまいります」

などと謝罪。さらに寺内容疑者に対しては、「卒業取り消し」を含めた処分を検討するとした。こうした対応に対し、ネット上では「既卒生の卒業取り消しって学則上できるの?」「どういう論理で取り消しができるんだ」との疑問が続出した。

 千葉大広報室によると、「今回の判断は、(寺内容疑者が)在籍していた期間に起きたという点を重視しました」という。寺内容疑者が逮捕された場合は学内に懲罰委員会を設置し、放校を含む処分を検討するという。卒業取り消しについては、

  「停学処分となった場合、犯行が行われた時点に処分の時期をさかのぼるため、卒業要件を満たすだけの在学期間が不足します。そのため、卒業が取り消されることになります」

と説明した。ただ、過去に既卒生の卒業を取り消した事例はないという。


警察は未成年者誘拐の疑いで東京・中野区の寺内樺風容疑者(23)の逮捕状を取って、28日、静岡県伊東市で身柄を確保し、けがの回復を待って逮捕する方針です。
警察の調べによりますと、女子中学生は連れ去られた際、車の中で目隠しをされ、寺内容疑者が通っていた千葉大学のすぐそばにある千葉市のマンションまで連れて来られたとみられています。このときの状況について、女子中学生が「マンションに着いた寺内容疑者が車の前と後ろに回り、ナンバープレートを2枚持って戻ってきた」と話していることが、警察への取材で分かりました。
警察は、寺内容疑者がナンバープレートを付け替えた可能性があり、車が特定されないよう別のナンバープレートを用意するなど、周到に準備していた疑いがあるとみて調べています。


取り消しは最初から無かったことにする遡及効がある
単位は取得しているわけだから、残るは事件性の重大さを鑑み取り消しせざるを(一刻も早く)

撤回はなじまないんだろうな  すかす犯行時に遡ってという考えもおかしな話だのう

「今後の警察の取り調べの進展を待ち対応を考えていきたい」
この程度にしておくのが「普通」


お父さんに
春休みは
ねえだろ


第三者にも容易に判る明白で重大な瑕疵がある素行不良に該当
「卒業」処分の取り消し  
二年間囲っていたその間、何も無かったと喜ぶのはまだ早い

犯人は猫や犬を飼う感覚だったのだろう  ぺっとだ
やはりおかしい


高尾とか八王子に人間が住めるかよ!?

子供に笑われるぞ


玄関の呼び鈴がピンポンと鳴ったが
出てやらない


女子中学生「1人でスーパーにも行った」と証言


事実上内縁の妻だったんだろう
連れ去られた事実と情交の狭間で
揺れ動いていたのも事実でしょう

少女を責めることはできません


「逃げられたときに身元証明に役立つと思い、捨てられないように隠し持っていた」と話していることが捜査関係者への取材でわかった。県警は、女子生徒が長期間にわたって逃げ出す機会をうかがっていたとみて調べている。


ただの同棲やん


痴情のもつれからの
脱走


新しい情報として、少女は、食事や衛生面で困ったことはなかったと、今のところ話しているという。

28日も、このマンションでは家宅捜索が行われ、少女のものとみられるブレザーなどが押収された。しかし、監禁のための道具などは、押収されなかったという。

さらに、このマンションの部屋の鍵は、特殊な細工などは施されておらず、外から鍵を閉めても、中から開けられるものだったという。


2年間まるまる学校行ってないのに
校長が卒業証書渡そうとしてたのが
納得いかない
それでいいのか、日本の教育


プチ家出だと思ってました 佐藤


女子高生アニメに熱中…寺内容疑者の素顔同級生語る

 2014年3月に行方不明となった埼玉県朝霞市の女子生徒(15)が東京都中野区で保護された事件で、埼玉県警は28日未明、指名手配していた寺内樺風(かぶ)容疑者(23)の身柄を静岡県伊東市内で確保した。

 寺内容疑者の実家は大阪府池田市にある。市立小を卒業後、大阪教育大付属池田中、同池田高に進んだ。高校時代の同級生によると、女子高生が主人公の人気学園アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」に熱中し、カバンには同アニメのキーホルダーを付けていたという。

 同級生は「アニメが大好きだった。パソコンなどの機械に強く、頭が良かった。昼休みは1人でパソコンをしていることが多かった」と話した。一方でプライベートはナゾに包まれていたようで、この同級生は「普通に会話はするけど、内面にまでは踏み込ませないような雰囲気があった」と証言した。

 実家近所の男性によると、寺内容疑者が小学生だった十数年前に家族と池田市の賃貸住宅の一軒家(家賃18万円)に転居してきたという。高校卒業まで両親と妹と暮らしていた。父親は自宅で防犯関連のネット通販をしていた。「母親はすごく教育熱心だった」(近所の男性)という。

 同級生によると、高校時代から、親元を離れて関東の大学への進学を希望し、千葉大が第1志望。小学6年のときは地域の子ども会でリーダーを務め、近所の男性は「ドッジボールでは年下の子どもの面倒をよくみていた」と話した。
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日のつぶやき




















posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「偽善で売名ですよ」杉良太郎の“男前”語録 ネット上で復興支援を再評価の声

●「偽善で売名ですよ」杉良太郎の“男前”語録 ネット上で復興支援を再評価の声

調べてみると、確かにインターネット上に、杉さんの被災地支援や、男前語録がいろいろとまとめられておりまして、考えさせられることもいっぱい。

とにかく、すごいんですよ。

例えば、震災直後の2011年に報じられた杉さんの被災地支援は、以下のとおり。


杉様は妻である歌手の伍代夏子(49)、そしてスタッフら総勢30人体制の軍団で1日早朝に東京を出発。何より驚きなのがその規模である。

用意した車両は、20トントラック2台、タンクローリー車1台、冷蔵・冷凍車2台、乗用車7台、のべ12台。

それら車両に水2トン、下着類は4000枚、歯みがき一式を1万セット、クレベリン業務用セット2000セット、入れ歯洗浄剤500個、だるまストーブ21台、石油ストーブ8台、そして灯油にガソリンなどの燃料……など、考えに考え抜かれた救援物資を大量に積み込み、宮城県石巻市雄勝町に向かったという。

現地では、カレーライス5000食、豚汁5000食、野菜サラダ3000食を提供。杉様らは車中で寝泊まりし、3日まで支援を続ける予定である。

ちなみに雄勝町は支援が遅れている場所でもあり、炊き出しが行われるのは初めてとなるそうだ。

〔ご参考〕●杉良太郎軍団の被災地支援が「ガチすぎる!」と大絶賛

この雄勝町での支援活動の最中に、冒頭の「偽善で売名ですよ…」発言が飛び出したそうです。

また、これとは別に、「寄付したくてもできない」という方々に向けられた以下のような杉さんからのメッセージも話題になっているようですね。

「福祉をやるには確かに時間とお金がかかる。特にお金がないと見栄えのいい福祉はできません。でも、お金がない人は時間を寄付すればいい。お金も時間もない人は、福祉に対する理解を示し、実際に活動をしている人に拍手を送るだけで十分。それでもう立派な福祉家なんです。福祉ってそういうもんです。」

〔ご参考〕●地球の名言
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

【アベノミクス】スティグリッツもクルーグマンもアベノミクスを完全否定

 政府は3月、「金融経済分析会合」という異例の会議を3回も開いた。そのうち第1回に呼ばれたのがジョセフ・スティグリッツ、第3回はポール・クルーグマンというノーベル賞受賞者で、彼らはともに「消費税の増税は延期すべきだ」と提言したと伝えられている。

 積極財政論者として知られる彼らを呼んだら、こういう提言が出ることは分かっていた。安倍首相はこれを根拠にして増税を延期し、それを争点にして衆議院の解散・総選挙に打って出るつもりだろう。しかし彼らは本当に政権の意に添うことを言ったのだろうか?

■アベノミクスへの死刑宣告

 首相官邸のホームページに和訳されているスティグリッツの資料を読むと奇異に感じるのは、「消費税」という言葉が一度も出てこないことだ。

 書かれているのは欧米の不況の話ばかりで、日本の話は出てこない。彼が強調するのは「深刻な停滞時において、金融政策が極めて有効だったことはこれまでにない。唯一の効果的な手段は財政政策」ということだ。

 そして具体的な政策として、彼は「緊縮財政をやめる」ことを提言しているが、そこで挙げている政策は、投資の促進や技術開発に政府支出を増やして生産性を上げるといった「構造改革」で、増税の延期ではない。

 クルーグマンも前回の増税のとき首相官邸まで招かれて延期を勧告したが、日銀のマイナス金利については「効果は限定的だ」とコメントした。彼らの一致しているのは、ゼロ金利では金融政策の効果はないので、財政政策を発動すべきだということだ。

 これはEU(ヨーロッパ連合)の不況をめぐる議論で、多くの経済学者が論じていることだ。彼らはドイツが極端な緊縮財政をとっているために南欧の債務国の金融危機が悪化していると批判するが、これは金融危機と無関係な日本には当てはまらない。増税の延期が「構造改革」になるはずもない。

 いずれにせよはっきりしたことは、かねてから金融政策に否定的なスティグリッツだけでなく、かつてアベノミクスを絶賛していたクルーグマンまで、金融政策には効果がないとはっきり認めたことだ。これはアベノミクスへの死刑宣告ともいえよう。


 むしろ問題は2015年の後半から成長率がマイナスになったことで、この最大の原因は個人消費の減退だ。アベノミクスはインフレ・円安で労働者から企業に所得を移転する政策なので、輸出企業の収益は上がったが、輸入物価の値上がりで実質賃金が下がり、労働者は貧困化した。

 第1回の会合で、黒田日銀総裁は「失業率が低いのに賃金が上がらないのはなぜか?」とスティグリッツに質問したが、彼は何も答えられなかった。雇用の「非正規化」で賃金が下がっている日本の労働市場を知らないからだ。

 こうした構造問題に手をつけないで財政支出を増やしても、バラマキが終わったら元の木阿弥だ。これは1930年代にケインズの提唱した政策と同じだが、経済学は80年前に戻ってしまったのだろうか?


アベノミクスには延髄切り
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ