2016年03月14日

ネオコン一派も瀬戸際なのだ。

 もし、米戦争屋ジャパンハンドラーのボスが事実上、キッシンジャーになったら、
これまで、日米関係を仕切ってきた日米安保マフィアは真っ青です。


 さて、米戦争屋配下のCIAは対外工作のための謀略実行部隊ですが、
ボスがキッシンジャーになれば、今度は彼の命令で動きます。
したがって、CIAの日本支部・東京地検特捜部もこれまでと違った行動を取ることになります。


 そう言えば、最近、安倍氏は逆境に陥れられています、まず、側近・甘利氏が失脚させられています
そして今度は安倍信者のネトウヨ(親米似非右翼)の尊敬する田母神氏が失脚工作のターゲットにされています(注8)。


 そして今日、長らく米戦争屋CIAエージェントを務めてきた読売・ナベツネ(安倍氏の相談役)が
野球賭博スキャンダルで辞任を余儀なくされています(注9)。
ちなみに、これらの動きはロッキード事件を含めてすべて、CIAとつながる文藝春秋・週刊文春が関係しています。

 読売の宿敵・朝日新聞がナベツネ辞任を2016年3月9日朝刊の一面トップで扱っています(注9)。
この扱いは実に異例です。


03/09 (Wed) 07:28:50
桜井ジャーナルによるとマイケル・フリンがトランプの外交政策アドバイザーだ。

ネオコンとはきわめて関係が悪い。

フリンは、昨年ISISを野放しにしたのはオバマだと批判した。もちろんオバマの指示で。

その後9月にロシアがシリア、アサドの要請を受けて参戦。一気に戦局を変えた。

問題は、なぜ、オバマがISISを野放しにしたのか?

単純に言えば、ネオコンの意向をくんでオバマは黙認した。と誰しも考えるが、

ロシアを手引きするため、野放しにしたと考えたほうがその後の展開も腑に落ちる。

アメリカでのネオコンと反ネオコンの「内戦」は絡み合い過ぎてよくほぐしてみないと

誰が味方で、誰が敵か分からなくなってしまう。

オバマは何もしないことで世界を変えようとする。という政治家。

実際、ロシアの参戦で一気に情勢が変わってしまった。

ということは、昨年の9月の参戦以来ロシア軍の実力を世界は知ったことになっているが、

オバマは、もっと前からロシア軍の実力を知っていたということも言える。

当然、スノーデンを放置(もしかしたら、指示)したとも考えられる。

トランプを、反ネオコンに誘導しているのもオバマ。(とプーチン)

で、本日の佐藤さんのニューヨークからの緊急報告によると、

「トランプに重大なことが起こる」と。アメリカの魔法だ。ズドン。

とっくの昔に暗殺対策は終わっているとは思うが。この世に絶対はない。

トランプは、仮に大統領になった場合、史上最も暗殺におびえる大統領になるだろう。

ネオコン一派も瀬戸際なのだ。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベッキー不倫騒動の川谷絵音が「週刊文春」に独占激白インタビュー掲載決定/妻との離婚にも言及

衝撃的な情報が入ってきた。美人タレントのベッキーと不倫関係にあった、人気バンド「ゲスの極み乙女」のボーカル川谷絵音。いままで週刊誌や新聞などに沈黙を守ってきた彼が、「週刊文春」にいまの心境を激白。なんと、独占インタビューが掲載されることが判明したのだ。

・妻との離婚にも言及
不倫騒動をスクープとして「週刊文春」に報じられた川谷絵音。クローンiPhoneから漏れたLINEメッセージも暴露され、大きな注目を集めた。その彼が「週刊文春」の取材に応え、独占インタビューをしたのだから驚きだ。しかもインタビュー内では、妻との離婚や「世間の騒ぎっぷり」に言及。開き直るかのように、心境のすべてを暴露しているという。以下は、マスコミ関係者のコメント。

・マスコミ関係者のコメント
「最新号の文春に川谷絵音の独占インタビューが掲載されるのは事実と聞いています。川谷絵音は今回の騒動で度胸と耐性がついたようで、何を言われても気にしない強い男になったようです。妻との離婚や心境など、事細かく掲載されるみたいですよ。実は、結婚に関する重大発表も掲載されているようなので、そのあたりにも注目ですね」

・インタビューに応える精神力
いまだに世間を騒がせているベッキーと川谷絵音の不倫騒動だが、川谷絵音の独占激白インタビューが「週刊文春」に掲載されることにより、大きな注目が集まりそうだ。それにしても、「週刊文春」のインタビューに応えるその精神力、なかなか凄いものがある? このインタビューが掲載される「週刊文春」は2016年3月10日に発売だ。

・ベッキーの独占インタビューも掲載か?
人気雑誌「週刊新潮」には、嘘つきとして掲載されていた川谷絵音だけに、今回のインタビューは非常に興味深い。ちなみにベッキーは現在も沈黙を守り続けているが、ユニセフに「学校の校舎が5舎も建つほどの募金」をしているのが判明している。もしかすると、今後、ベッキーの独占インタビューも「週刊文春」に載るかもしれない。


おらも、あるピザ屋に行くと必ずおなかこわした。オリーブオイルが悪いのかと
思っていたが、このごろ大丈夫になった。

おなかがなれたらしい。はは。


03/09 13:29
濃霧)
東京スカイツリーからの雲海写真追加。
高さ450mの天望回廊からはこのような雲海が360度広がっていました。(2016.3.8)
https://twitter.com/nonbe244/status/707053935425499136

#アカン


返信


取引先の担当者 スキルス胃癌で全摘 50代
取引先の担当者 膀胱癌 50代
取引先の担当者 心筋梗塞 40代
取引先の担当者 膵臓癌 30代
取引先の担当者 脳梗塞 30代
同僚 脳梗塞 40代
同僚 心筋梗塞 40代
部下 脳腫瘍 20代
部下 婦人系の癌 30代
部下 糖尿病 白内障 30代
同僚の家族 急性白血病 10代
同僚の家族 白内障 30代
同僚の家族 婦人系の癌 30代
部下の家族 口蓋裂 生後数ヶ月
部下の家族 肝臓癌 40代

存命なのがせめてもの救い

明日は我が身
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

センテンススプリング第二弾に期待しよう

264 :代打名無し@実況は野球ch板で:2016/03/11(金) 11:28:10.86 ID:yP1pg+7h
>>199
やっぱり沢村も臭いな
センテンススプリング第二弾に期待しよう

269 :代打名無し@実況は野球ch板で:2016/03/11(金) 11:43:49.24 ID:xUgWkOeV
>>265
ヤバイも何もB氏のツイッターで相互フォローしてた(今は外した)のを見ると交際があった1人だろ
コーチまで関係持っててヒアリング対象になってるってモラルもへったくれもなくなってるな
アナーキー球団だわ

278 :代打名無し@実況は野球ch板で:2016/03/11(金) 11:58:18.03 ID:kmrjFQ6V
今日のFRIDAYに阿部も高校野球の賭博やってたって出てるな
文春じゃないからデマかもしれないが

279 :代打名無し@実況は野球ch板で:2016/03/11(金) 11:58:57.72 ID:yP1pg+7h
沢村は文春が最後の切り札として取ってる感じだな
公式戦始まって沢村が投げた後にトドメとして出すんだろう
多分、>>199の関係者の一人がリークしてると思う


「がん離婚」なぜ夫ががんになったら、妻に見捨てられるのか

■夫婦仲が悪ければ、すぐに離婚の危機は訪れる?
「妻ががんになったことが原因で、離婚したがる夫はめずらしくない」ということを知ったとき、信じられませんでした。ただ次の瞬間、「夫ががんになったことが原因で、離婚したがる妻はもっと多いだろうな」と思いました。これは治療費にお金がかかるのはもちろん、将来、病状が悪化することで、いままでのように夫が働けなくなり、稼ぎが減る可能性があるからです。
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日のつぶやき










posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ新任女性教員は自殺した?

 東京都内の公立小の新任女性教員が2006年、自殺した。心を病んだ末の死だった。これが先月、東京地裁に「公務災害」と認められた。保護者対応や職場の支援不足などが女性を追い詰めたと、判決は断じた。しかし、心を病む教員は減っておらず、専門家は研修などの対策を促す。

「こんな気分になるために一生懸命教師目指したんやないんに…」。悲痛なメール

 「泣きそうになる毎日だけど。。。。でも私こんな気分になるために一生懸命教師を目指したんやないんに…おかしいね」。母親にこんなメールを送ってしばらく経ってから、25歳の女性教員は自殺を図った。06年10月のことだ。女性は同年12月に亡くなった。

 その後、うつ病を患っていた女性の自殺を公務災害としない処分を決めた地方公務員災害補償基金(本部・東京)に対し、両親が処分取り消しを求めて提訴。東京地裁は今年2月、「自殺は公務が原因」として処分を取り消す判決を言い渡した。

 判決によると、女性は06年4月、初めて赴任した学校で2年生を担任。5月、ある保護者に電話で「(児童が)万引きをした」との情報提供があったことを伝えると、「事実を示せ」と激しい抗議を受けた。最後は校長が謝罪する事態になった。

 「小テストの採点は子ども同士ではなく、先生がしてほしい」。連絡帳にこう記した保護者への返事が遅れた際は、電話で長時間釈明せざるを得なかった。授業での班分けについて、夜間や休日に携帯電話に繰り返し要望してくる親もいた。

 新人教員向けの研修に参加した際には、講師から「(新人は)いつでもクビにできる」「病休・欠勤は給料泥棒」と聞かされた。保護者とのトラブルについて、校長から全職員の前での説明を求められ、謝罪したこともあった。児童同士のトラブルもあり、心労を重ねた女性は7月、うつ病と診断されて病気休職した。だが9月に復帰した後も不調が続いた。それでも「新任だから休めない」などと話していたという。

 「毎日夜まで保護者から電話とか入ってきたり連絡帳でほんの些細(ささい)なことで苦情を受けたり…」。母親へのメールには、仕事の苦悩が記されていた。判決を受け、父親は「教育関係者には、子どもたちを育てる場に、決して過労死問題を持ち込まないでいただきたい」と話した。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ