2016年04月17日

日本に迫る脅威 地震列島 見えてきた新たなリスク

巨大災害 MEGA DISASTER U
日本に迫る脅威
地震列島 見えてきた新たなリスク

再放送です2016年4月6日(水)午前0時10分〜0時59分(5日深夜)

巨大地震から5年、膨大なデータによって、地震学の“常識”をくつがえすような新たな脅威の可能性が次々と浮かび上がっている。東北沿岸では、巨大地震で沈下していた陸地が数十センチも隆起する一方、沖合の海底ではプレートの複雑な動きが捉えられ始めた。こうした大地の“異変”に、地下深くに存在するマントルの動きが関わっている可能性があることが、最新の研究からみえてきた。マントルの動きによって日本列島の地盤が変形しており、新たな地震のリスクにつながる危険性も浮かび上がっている。さらに、GPSの詳細な分析からは、日本列島がのる巨大な岩盤・プレートが実はいくつものブロックに分かれている可能性も指摘され始めている。日本列島の真下に大地の巨大な裂け目が潜んでおり、そうした場所では大きな地震が発生しやすいことがわかってきている。いま、日本列島の地下で何が起きているのか、その予兆をつかむことはできるのか。加速する地震研究の最前線に迫る。(NHKより)


日本列島がのる巨大な岩盤・プレートが実はいくつものブロックに分かれている可能性も指摘され始めている。日本列島の真下に大地の巨大な裂け目が潜んでおり、そうした場所では大きな地震が発生しやすいことがわかってきている


それはまさに熊本県の真下を通過しているのであった!!!
これは一体何を意味するのか  


日本列島は逃げ場がないということか
欧州は地震があるなんて聞いたことないから
ドイツ移住するか  ハイル・ヒトラー!


なんか、おやじの回顧ぱーちーみたいになってきたけど、あと一言w。

しでんかいのたかの結末には泣かされた


九州には17もの活火山があるのに
平気で原発を造った
自民党のキチガイ


伊方原子力発電所の敷地の前面に、その日本最大の活断層、中央構造線が走っているのです。もし、それが動くようなことになれば、おそらく壊滅的な被害を受けるだろうと思います。

その上、伊方の場合にはそれだけでは済みませんで、「日本でこれから巨大な地震が起きる」と世界中の地震学者が言っていまして、東海地震、東南海地震、南海地震と呼ばれているような中部地方から関西、四国、九州に伸びてくような地域に、巨大なやはり地震の渦がありまして、そこで、近い将来必ず大きな地震が起きると世界中の地震学者が言ってるわけですから、伊方原子力発電所というのは中央構造線のおそれ、そして、南海地震のおそれというように、南北から挟まれた形で存在しています。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタンフォード西鋭夫の講演録

スタンフォード西鋭夫の講演録
"日本の兵士が
精強だった真の理由"
\2980のところ
送料だけでどうぞ!
2016-03-31 10:10:42  NIKOUMJ_bookcover.jpg
形式: CDブック 時間:1時間24分
今すぐ講演録をもらう
※送料手数料だけご負担ください
講演録目次
不思議に思ったことはありませんか?

260年も続いた戦争のない平和な江戸時代。武士たちは戦がないので、今の時代で言う政治家や公務員のような仕事をしていました。にも関わらず、日本人が明治維新からたった26年で中国との戦争に勝ち、なんとその10年後、巨大なロシアを打ち負かしたのです。これには世界中が驚きました。今でも驚かれています。

通説では明治維新による富国強兵、殖産興業が上手くいったことで、強兵になったとされていますが、果たしてそれは本当だったのでしょうか?日本人に、類まれなる素質があったからでしょうか?

確かに、鎖国中もオランダから輸入した学問をよく研究していましたし、識字率も武士で100%、庶民層でも男子の50%程だったという、当時高度すぎるくらいの教育国でした。だからといって、たったの26年で政治や軍事の仕組みを全て変えて、近代的な軍隊を整備し、強国になるには早すぎるのです。

今から26年前の日本を想像してみればわかると思いますが、国のシステムを変えるには通常、もっと長い時間が必要です。であれば、明治維新には隠された何かがあったに違いありません。

どうもこの10年20年、政治家もNHKもわれわれ日本人全員が、明治維新の成功物語に憧れています。「世界情勢についていけない古い幕府の政治に我慢できないヒーローたちが、改革を起こして、新しい日本を作った」という美化された物語です。

しかし、本当の明治維新とはどんなものだったのでしょうか?なぜ、日本はこれほどまで変化を起こすことができたのでしょうか?よく考察すると明治維新にはいくつか不思議なことがあるのです。


例えば、
維新のヒーロー坂本龍馬に誰がカネを出したのか?海援隊という5〜60人の働いてない男たち を養うカネはどこからでてきたのか?大量の武器(今の価値で50億円とも言われます※日本銀行高知支店のHPより)を買うカネはどこからでてきたのか?軍艦を買う金は?全国各地に出張しまくるカネは? 一体、誰が何の目的でそのカネをだしたのか?

100万人の幕府軍は簡単に圧勝できたのに、なぜ突然、戦闘を放棄したのか?

日本中の刺客から狙われていた坂本龍馬、一体だれが殺したのか?なぜ犯人が分からなかったのか?

中国にアヘンをばらまき中毒者だらけにすることで、巨大な中国を骨抜きにし、侵略した英国。なぜ、同じ手を次の標的の日本に使わなかったのか?

現在も世界最大手のイギリス系金融グループの銀行が、明治維新前に既に横浜に支店を開設していたのはなぜか?
ここまで見ても、誰かが裏でジワジワと手を回していたことに気づくでしょう。私たちの知らなかったところで何かが動いて、裏では何かが確実に進んでおり、そしてその後の日本は、数々の戦争に突入していったのです…

この講演録は、われわれが知っている美しい、憧れの明治維新とは全く違った、現実の姿を教えてくれます。聞き終わった後には、きっとあなたの「明治維新のイメージ」は全く変わっているでしょう。それだけでなく、その後の歴史の見方そのものが変わるかもしれません。その後の歴史も全く違った視点から見ることができるようになるでしょう。西鋭夫教授曰く、われわれが知っている明治維新はその時の御用学者が書いた歴史で、真実とは違うようです。ぜひこの講演録を聞いてあなた自身で判断してください。

 ではその「西鋭夫」とは何者か?


ベストアンサー以外の回答1〜1件/1件中


umiushiakaiさん
2015/9/2100:06:50

その人、フーバー研究所の研究員なのにスタンフォード大教授と詐称するような嘘つきですよ。
そんな嘘つきの言うことは聞かない方が賢明です。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿蘇山火山活動 「影響ないとは言いきれない」

阿蘇山火山活動 「影響ないとは言いきれない」

阿蘇山のある熊本県南阿蘇村で震度6強を観測するなど地震が相次いでいて、専門家は「火山活動に影響が無いとは言いきれない状況にある」と指摘しています。

阿蘇山のある熊本県南阿蘇村では、16日午前1時すぎのマグニチュード7.1の地震で震度6強を観測したほか、午前3時すぎには熊本県阿蘇地方の深さ20キロを震源をするマグニチュード5.8の地震があり、熊本県の阿蘇市と南阿蘇村で震度5強を観測しています。
火山噴火予知連絡会の副会長を務める九州大学の清水洋教授は、「震源の位置を詳しく解析しないとはっきりしたことは分からないが、きのうまでの地震活動と比べると、阿蘇山のかなり近い場所で規模の大きな地震が発生しているため、火山活動に影響がないとは言いきれない状況にある」と指摘しています。
そのうえで、「震度6強の地震のあと、阿蘇山の近くを震源とする地震が起きるなど、地震活動が阿蘇山の近くまで広がっていて、今後、注意深く監視する必要がある」と指摘しています。


専門家が警告 震源地至近の阿蘇山「破局噴火」の可能性も

 今回の地震は活断層の活動による横ずれ断層型。東日本大震災のようなプレートの境界で発生する海溝型地震とは異なる。震度7の巨大な揺れをもたらした地震の規模はM6.5。震源の深さは11キロと、比較的浅かったため、局所的に大きく揺れたとみられる。

「眠れる巨大断層がついに動きだしました」と、武蔵野学院大特任教授の島村英紀氏(地震学)はこう続けた。

「今回の震源地は日本最大にして最長の活断層『中央構造線』のライン上にあります。長野県伊那地方から鹿児島県の薩摩半島まで1000キロ以上を走る断層で、長野から愛知県豊川市をかすめ、紀伊半島から淡路島、四国を横断し、愛媛県の伊方原発付近から豊後水道を渡り、大分、熊本へと延びる。日本列島に私たちの祖先が住みだしてから、中央構造線上でこれだけ巨大な地震が発生したのは初めて。名古屋や大阪など巨大都市のすぐそばを走る活断層だけに、今後も注意が必要です」


舗殃渺舗殃渺 舗殃渺
舗殃渺舗殃渺舗ン 舗ン
(∩`・・」)舗殃渺舗殃渺
/ ミつ/ ̄ ̄\
 ../ ´・・」`  \


 甚大な被害を受けた益城町から阿蘇山までの距離は約20キロと極めて近い。昨年夏から噴火を繰り返しているだけに不安が募る。

「今回の地殻変動で刺激されたマグマだまりが地下から一気に上昇し、巨大噴火を起こすことは十分に考えられます。恐ろしいのはカルデラ破局噴火です。阿蘇山は30万年前から9万年前の間に、4度も破局噴火を起こしています。最後の噴火では東京ドームの10万倍分のマグマが噴き出し、火砕流が北九州全域をのみ込み、瀬戸内海を越えて中国地方に及んだとされます。日本列島で破局噴火は約6000年周期で起きていますが、最後の発生は約7300年前。いつ起きてもおかしくありません」(島村英紀氏)

 地震列島で生きていくにはそれなりの覚悟が必要だ。

           :・
        _ ∩∵
     ⊂/  ノ )
      /   /ノV
      し'⌒∪
     ||i.i┃i|i||i
     |i|||┃|i|i||
     i||i.┃i|i|i   ドカーン!
     i||i.i ッi|i||
    / ̄ ̄\
  / .`・ω・´  \


阿蘇山破局噴火して
日本破局して欲しいね
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日のつぶやき


































posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妹がスゴイ男性を連れて来ました!

妹がスゴイ男性を連れて来ました!
交際1年の結婚したい彼が居ると妹に言われ、先日、一緒に食事をしました。とにかく変な男性で、目が点になりました。
初対面で「お姉さん!」と呼ばれました。
彼は41歳で、私は27歳で妹は24歳です。
正直、妹とでは恋人というより親子にしか見えません。

その彼の話を色々と聞きましたが、

・デートは毎回、車中デート。
・カラオケやボーリングはお金が掛かるからダメ。
・通り過ぎる女性に点数を付ける。
・バツイチで子供が2人有(養育費5万円を支払い中)。
・車が12年落ちのワゴンR。
・結婚したら、生活費は全て割り勘。
・家事は女性の仕事なので、自分は片手間にゴミ捨て等の手伝いのみ。
・人生生きてきて、ご飯を炊くなどの炊事を1度もした事ない。
・現在は実家暮らし。
・今までの転職は7社前後。

こんな最底辺の思考の人と結婚して、幸せになれるとは思いません。
妹の目を覚ます方法はないでしょうか?
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ