2016年05月13日

英デイリー・テレグラフ紙が「イギリスは日本経済で失敗したシンゾー・アベのアドバイスに耳を傾ける価値なし」

5月5日付の英デイリー・テレグラフ紙が「イギリスは日本経済で失敗したシンゾー・アベのアドバイスに耳を傾ける価値なし」とアベノミクスを辛辣に批判したことがネット上で話題だ。アベノミクスの失敗は、海外の専門家たちにはもはや隠しようのない事実なのだ。

しかし、安倍官邸はこの失敗の事実を日本人に悟られないようにとの工作に必死だ。少なくとも、この夏の参院選が終わるまでは。ところが、にわかづくりの薄っぺらな詐術やペテンは化けの皮が剥がれるのも早い。今週発売の「週刊ポスト」(小学館)がその一端を見事に暴き出してくれた。題して〈安倍官邸が送り込んだ「日銀のショーンK」に重大「経歴詐称」疑惑〉だ。

いったいどういう話かというと、安倍官邸が日銀の政策を決定する日本銀行政策委員会メンバーに送り込んだ人物が、ショーンKばりの経歴詐称をしていたというのである。その人物とは櫻井眞氏(70)といって、今年4月に同委員会の審議委員に就任したばかりの人物だ。

日銀の金融政策は、黒田東彦総裁と2人の副総裁、そして櫻井氏を含む6人の審議委員の計9人が出席する政策決定会合で、合議制(多数決)によって決定される。金利を上げるも下げるも、この人たちの判断ひとつだ。その重い職責を担う審議委員には、〈経済又は金融に関して高い識見を有する者〉(日銀法23条2項)が選ばれ、国会の同意を得た上で内閣が任命する。年俸は大臣並みの2638万円だという(2015年度)。

そんな重要な役職にもかかわらず、櫻井氏は就任当初から経済記者の間でも「ほとんど無名といってもいい」と言われ、その経歴が訝られていた。審議委員になる直前まで「サクライ・アソシエイト国際金融研究センター代表」だったというが、そもそもこの「サクライ・アソシエイト国際金融研究センター」自体がインターネットで検索してもホームページすら出てこない“幽霊団体”だ。櫻井氏個人が投資家向けのリポートを出し、小銭稼ぎをしていたというのが実態らしい。

日銀のホームページによると、中央大学経済学部を卒業後、〈昭和51年3月/東京大学大学院経済研究科博士課程修了〉〈昭和59年4月/大蔵省財政金融研究室特別研究員〉などとある。ところが、「週刊ポスト」の取材によって、これらがみんなウソだったことがバレたのだ。


安倍官邸が送り込んだ日本銀行審議委員に「ショーンK氏」並みの経歴詐称と「小保方氏」ばりの杜撰論文が発覚
5月5日付の英デイリー・テレグラフ紙が「イギリスは日本経済で失敗したシンゾー・アベのアドバイスに耳を傾ける価値なし」とアベノミクスを辛辣に批判したことがネット上で話題だ。アベノミクスの失敗は、海外の専門家たちにはもはや隠しようのない事実なのだ。

しかし、安倍官邸はこの失敗の事実を日本人に悟られないようにとの工作に必死だ。少なくとも、この夏の参院選が終わるまでは。ところが、にわかづくりの薄っぺらな詐術やペテンは化けの皮が剥がれるのも早い。今週発売の「週刊ポスト」(小学館)がその一端を見事に暴き出してくれた。題して〈安倍官邸が送り込んだ「日銀のショーンK」に重大「経歴詐称」疑惑〉だ。

いったいどういう話かというと、安倍官邸が日銀の政策を決定する日本銀行政策委員会メンバーに送り込んだ人物が、ショーンKばりの経歴詐称をしていたというのである。その人物とは櫻井眞氏(70)といって、今年4月に同委員会の審議委員に就任したばかりの人物だ。

日銀の金融政策は、黒田東彦総裁と2人の副総裁、そして櫻井氏を含む6人の審議委員の計9人が出席する政策決定会合で、合議制(多数決)によって決定される。金利を上げるも下げるも、この人たちの判断ひとつだ。その重い職責を担う審議委員には、〈経済又は金融に関して高い識見を有する者〉(日銀法23条2項)が選ばれ、国会の同意を得た上で内閣が任命する。年俸は大臣並みの2638万円だという(2015年度)。

そんな重要な役職にもかかわらず、櫻井氏は就任当初から経済記者の間でも「ほとんど無名といってもいい」と言われ、その経歴が訝られていた。審議委員になる直前まで「サクライ・アソシエイト国際金融研究センター代表」だったというが、そもそもこの「サクライ・アソシエイト国際金融研究センター」自体がインターネットで検索してもホームページすら出てこない“幽霊団体”だ。櫻井氏個人が投資家向けのリポートを出し、小銭稼ぎをしていたというのが実態らしい。

日銀のホームページによると、中央大学経済学部を卒業後、〈昭和51年3月/東京大学大学院経済研究科博士課程修了〉〈昭和59年4月/大蔵省財政金融研究室特別研究員〉などとある。ところが、「週刊ポスト」の取材によって、これらがみんなウソだったことがバレたのだ。


まず、東大の博士課程修了について。東大経済学部当局によると「博士課程修了」とは博士論文が審査を通って博士号を取得していることを意味するという。博士論文は文部科学省令によって公表が義務づけられていて、博士号を授与した大学に行けば誰でも自由に閲覧できる。ところが、「週刊ポスト」記者が東大経済学部の資料室で閲覧申請をしたところ、「該当論文がない」「この方は博士号を持っていない」ということが分かってしまったというのである。

さらに、「週刊ポスト」記者は同大経済学図書館に収蔵されていた『ケインズ的経済成長の動学的性格』と題された修士論文を“発掘”した。これがなんと、目次を含めて400字詰め原稿用紙たったの「4枚」、文字数にしてわずか1258字というシロモノだった。「週刊ポスト」はこの論文を財務省出身の小黒一正・法政大学経済学部教授に見せ、

「本当に本物ですか? こんな修士論文、見たことがありません」
「内容は当時の経済学で示されていた課題を要約しているだけで、(中略)学部生が書いた簡単なレポートのレベルです。(中略)私が指導教官なら通さない。東大がこんな論文で修士号を与えたこと自体、不思議でなりません」

とのコメントを引き出している。まさに、ショーンK+小保方晴子事件のような話なのだ。

経歴にある「大蔵省財政金融研究室特別研究員」についても同様で、大蔵省(現・財務省)の1984年の職員録を調べてみても櫻井氏の名前は見当たらず、同省秘書課の説明でも保存されている30年分(86年以降)の行政文書の記録を調べても櫻井氏が(日銀のHPに記載されている時期に)財政金融研究所(85年に改称)に在籍している記録は確認できなかったという。そもそも「特別研究員」という役職自体が存在しなかったようなのだ。ただし、痕跡はあった。

「90〜96年に、同研究所で非常勤、原則無給の特別研究官をされていた記録はありました」(同省秘書課、「週刊ポスト」より)

これがなぜ、〈昭和59年4月/大蔵省財政金融研究室特別研究員〉という日銀HPの記載になるのか、はなはだ疑問だ。これは細かいことでも、単なるミスでも許されない。ことは、ショーンKのようないちタレントの経歴ではないのである。我が国の金融政策を左右するトップ9の一人が、真にその重責をまっとうする資格があるかどうかの問題なのだ。


だが、安倍首相にとってはそんなことハナからどうでもいいようなのだ。そもそもなぜ、この櫻井氏なる御仁が「日銀トップ9」に選ばれたのか。そこには、官邸の強い思惑があったという。

日銀の金融政策が9人の合議で決定するのは、政策の多様性が求められているからだ。総裁の独裁や暴走によって国民経済が破壊されることを防ぐため、政策委員会は常に絶妙なバランスで成り立っているはずだった。黒田総裁が今年2月の金融政策決定会合でマイナス金利を導入した際、9人のメンバーのうち4人が反対だった。結果は同じでも、「4人が反対」という事実が国民に伝わり、記録に残ることが重要なのだ。

実はこの時、反対に回った審議委員の一人、白井さゆり氏が3月末で任期を迎えた。なんのことはない。エコノミストとしてまったく無名の櫻井氏が反対派白井氏の後任に選ばれたのは、任命権を持つ安倍内閣が、安倍─黒田ラインの傀儡として送り込んだからなのだ。自らの経済政策・アベノミクスの失敗を糊塗するため、中央銀行の人事すら「私物化」しているということなのだ。

「週刊ポスト」の報道に対して、菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で「日銀のウェブサイト上の表現の正確性の事柄であり、日銀が適切に対応する」などと言い訳にならない言い訳をした。

そもそも安倍内閣は首相の安倍自身が、成蹊大学卒業後、南カリフォルニア大学の外国人向け語学コースに一時的に通っただけなのに、「南カリフォルニア大学政治学科に2年間留学」とウソの経歴を語って恬として恥じない人物だ。「公職に就く人物は経歴詐称をしてはならない」などという倫理感はハナから持ち合わせていないのだろう。

しかし、問題なのは、新聞やテレビの姿勢だ。官邸にこう開き直られた途端、追及の動きを一気に鈍らせてしまった。テレビは昼のワイドショーも夕方のニュース番組も一切、この「週刊ポスト」の報道に触れていない。ショーンK氏や小保方氏のことをあれだけ叩きまくった勇ましい姿勢はどこへいってしまったのか。

「新聞・テレビがこの件を大きく報じないのは、官邸を恐れて、というのもあるでしょうが、日銀ににらまれたら、金融政策にかんする情報をもらえなくなると心配しているから。各社とも経済部が待ったをかけているんじゃないでしょうか」(全国紙政治部記者)


ちょっともかたから、鯵刺しでやります・・・・・・・
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荘園は国を滅ぼす

荘園は国を滅ぼす

野次馬 (2016年5月10日 06:07) | コメント(9)



軍需産業から裏金貰って、それで票を買って、首相とか大統領とかになって、なったら今度はせっせとその会社に兵器を発注して、裏金分を返すという、まぁ、そういう行為に、租税回避地は使われるわけです。アベシンゾーの兄弟はどこでナニをやってるんでしょうかね(爆 相続税逃れ、所得税逃れに資産を海外に移して脱税しまくっているユニクロ柳井の会社の株をせっせと買っている政府日銀。国民のカネを泥棒に貢いでます。誰がどこで得をしてるんだ?


「租税回避地いらない」=ピケティ氏らが公開書簡
フランスの著名経済学者トマ・ピケティ氏ら350人を超す世界の経済学者が9日、脱税などに使われるタックスヘイブン(租税回避地)の根絶を求める公開書簡を発表した。「パナマ文書」の発覚で租税回避地に関心が集まる中、書簡は「(回避地は)一部の富裕層や多国籍企業を利するだけで、不平等を拡大させている」と批判。その存在は「世界全体の富や福祉の拡大に寄与せず、経済的な有益性はない」と断じている。

アベシンゾーがパナマ文書をマトモに解析するはずがない。やったら自分の脳天にブーメランが突き刺さる。タックス・ヘイブン問題は、単に「脱税」というだけじゃない、政治家をカネで買うにも、タックス・ヘイブン経由の裏金が使われるから問題なのだ。オバマはカシコイ。ユダ金に買われた政治家を潰すために、この問題に火を着けたw 結果、ブッシュは早々に大統領選から撤退したw そういう事だw
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舛添氏、収支報告書「イタ飯」11万円、「回転寿司」3万円…どんなお店?

11日発売の週刊文春が、東京都の舛添要一知事の新疑惑として報じた政治団体(解散)の収支報告書は、総務省のHPで公開されている。家族旅行代ではと疑惑視されている千葉県内の温泉ホテルでの正月の「会議費用」計約37万円のほかに、東京、横浜、湯河原などの料理店での「飲食代」も計上されている。

舛添氏はこの日「精査してコメントする」として、説明を先送りした。

◆本格イタリアン

2013年と14年の同政治団体の報告書では、自宅近くの東京・世田谷にある「本格イタリアン」店が13年に3回記載され、計11万3000円が「飲食代」として計上されている。世田谷グルメとしてもネットで紹介されている店で、「前菜盛り合わせ・1000円」、人気の「フィットチーネのポルチーニソース・(2人前)1680円」、ワインは5000円〜7000円で、コストパフォーマンスの高さが人気となっているという。

◆高級天ぷら

同じく世田谷の「天ぷら」店も、13〜14年に3回、計約5万2000円が計上。こちらは「おまかせコース・9000円」など、旬の食材が人気。

◆横浜中華

横浜の有名な中華料理店は2店舗が計4回、計約14万7000円を計上している。いずれも横浜中華街にも出店している有名店。


◆回転寿司

公用車問題で毎週末のように通っていた別荘がある神奈川県湯河原町の「回転寿司」も登場。13年に2件、計約3万円を計上している。店のHPでは、「やりいか・140円」「甘えび・240円」「本まぐろ大とろ・550円」とリーズナブルなメニューが並び、“庶民派”の一面もうかがえる。いずれにしても、政治活動での使用であれば大きな問題はないとされるが、回転寿司店をどう政治に活用したのかなど疑問が生じる部分もあり、説明が求められそうだ。

なお文春が疑惑視している記載は、2013年1月3日と翌14年1月2日、いずれも正月に、千葉県内の温泉ホテルで「会議費用」として計37万円が計上されている。
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日のつぶやき
















posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かわいそう

生活に困窮「温かいお湯ほしい」…事務所に侵入、ポットの湯2リットル盗む 長野県警、容疑の52歳男逮捕


2016年5月10日 12時35分 産経新聞
 長野県警機動捜査隊と佐久署は10日、建造物侵入と窃盗の疑いで、同県佐久市下越の無職、友野深志容疑者(52)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午前4時ごろ、佐久市入沢の建築会社事務所に合い鍵を使って侵入し、ポットに入っていたお湯約2リットルを窃取したとしている。

 佐久署によると、友野容疑者は「生活に困窮し、自宅のライフラインが止められた。温かいお湯がほしかった」などと供述しているという。同署は、余罪の有無や合い鍵の入手経緯などを調べている。


>前田明

大阪の半グレ格闘技集団強者の
殴り込みには逃げたくせに
笑わせよる


まあ殴り込みといっても
ショーじゃなくて
本気でぶち殺しに来たんだけどな


強者のサップ西成に逃げてたな強者のケツ持ちは極心連合会
一時期ミナミでのさばってたんだが兼一と揉めたんだわ
それを聞いた大阪ブロック長だった織田さんが激怒して
びびった半グレが極心の幹部と一緒に謝りに来て大阪の平和は戻った。

兼一もたいがい基地外揃ってるんだが殺人で服役してる名倉のお兄ちゃんが
居る組織ね、織田さんが怒ったって聞くとみんな恐怖する。

織田さんは本当に恐ろしい。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ