2016年05月16日

送った方も逮捕か

東京五輪招致で仏検察が捜査

13年2億円超の送金巡り

2016/5/12 21:46


 【パリ共同】国際陸連のラミン・ディアク前会長らによるドーピング隠蔽に絡んだ汚職を捜査しているフランス司法当局は12日、2020年東京五輪招致を巡る多額の資金振り込みに関して、予審判事らによる捜査が始まったことを明らかにした。検察当局が声明を発表したもので、招致疑惑は新たな展開を迎えた。

 声明によると、日本の銀行から13年7月と10月に「東京五輪招致」の名目で、ディアク前会長の息子に関係するシンガポールの銀行口座に計280万シンガポールドル(約2億2300万円)が振り込まれたことが判明。同じころに前会長側がパリで多額の金銭を支出していたことを確認した。


また騙された日本国民シリーズ 

<奨学金>「給付型」見送り…政府、年末の予算編成で判断

 政府は、今月中にとりまとめる「ニッポン1億総活躍プラン」で、大学生らを対象にした返済不要の「給付型奨学金」の創設について「課題を踏まえて検討を進める」と明記するにとどめ、導入を先送りする方針を固めた。自民、公明両党が均等な教育機会の確保に向けて「給付型」の創設を求めていた。年末の予算編成で改めて判断することになりそうだ。

 国の奨学金事業には有利子・無利子の「貸与型」しかない。日本学生支援機構の奨学金制度を利用している学生は無利子で約47万人、有利子で約84万人に上り、大学生の2人に1人は何らかの奨学金を受けている。非正規など不安定な雇用のため、経済的に困窮する若者が増加する背景もあり「給付型」の創設に対するニーズが高まっていた。

 ただ、対象範囲の線引きが難しいことや恒久的な財源が必要なこともあり、今回は判断を見送る方針だ。


金を借りておいて
返さなくて良いだなんて反対
返済期限を延ばす案なら賛成
ふざけんなボケ


>恒久的な財源が必要なこともあり

売国奴アベがばら撒いたゼニ
回収してこい
すぐに用立てできるはずだ


大した金額じゃないんだから
少額でもコツコツと返していけば
死ぬまでには返せる
ふざけんなボケ


そもそも
国公立の幼稚園から大学までは
学費を無料にすべきだ


私学助成金を全廃すべき
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都の舛添要一知事が参議院議員時代、政治資金から「慰安旅行費」を支出していた

東京都の舛添要一知事が参議院議員時代、政治資金から「慰安旅行費」を支出していたという「週刊文春」の報道が世間を騒がせる中、「ホテル側の情報管理」を問題視する声がネット上で寄せられている。

収支報告書の記載は「会議費用」だが、実際は会議なんて開いていない――。そう文春に明かしたのは記事中で「ホテル関係者」とされた人物だ。「関係者」が現役の従業員かどうかは不明だが、ホテル関係者が利用客の個人情報を外部に漏らしたことの是非が議論を呼んでいる。

■「会議」→「プールでお子さんと遊んでいた」

「すべて文春さんに聞いて下さい。私どもは当初から取材に応じていません」――。舛添氏が家族で宿泊した、と2016年5月11日発売の「週刊文春」(5月19日号)に報じられた千葉県木更津市のあるホテルはJ-CASTニュースの取材にこう答えた。

文春によると、舛添氏は参院議員だった13年1月3日、議員辞職後の14年1月2日に「慰安旅行」で当該ホテルを利用。宿泊費の約37万円は「会議費用」として政治資金から捻出したが、2回とも会議など開かなかったのだという。それを証言したのが、記事に登場する「ホテル関係者」だ。

「関係者」は、「温水プールでお子さんと遊んでいた」「いずれの年もグレードの高い部屋に泊まった」と詳しい利用状況まで明かしている。

確かに、報告書記載の用途と実際の用途が異なっていれば、「虚偽記載」として問題視される。実際、「会議費用」以外にも支出内容と合致しない不自然な記述がみられたと報じられており、舛添氏には、政治資金規正法違反の疑いも含めて説明責任が求められるだろう。

その一方で、ネット上では従業員しか知り得ない個人情報を外部に漏らす「関係者」にも


「ホテル側の口の軽さも問題」
「そんなに喋るものなのか」
「ゲストのことをベラベラ喋るのも問題」

といった批判も集まっている。
.

「個人情報は同意を得ず第三者には提供しない」と公式HPに記載

J-CASTニュースの取材に対するホテル側の回答を見る限り、文春に証言した「関係者」が誰なのかはわからない。取材の最後、電話に出た担当者に名前を聞こうとすると「申し訳ありませんが、電話を切らせて頂きます」と一方的にシャットアウトされてしまった。

ちなみに、当該ホテルの公式サイトには

「当館は、お客様よりいただいた個人情報を適切に管理し、同意を得ることなく第三者に 提供することはございません」

と明記されている。

舛添氏は、文春がネットで今回の件を速報した5月10日、報道陣からの質問に「今日はちょっと(その質問は)やめていただきたい」などと述べ、説明を避けた。


2014年の都知事選で落選したスマイル党総裁・マック赤坂氏(67)が11日、公用車での別荘通いや高額海外出張費が問題視されている東京都の舛添要一知事(67)に辞任を迫るため、スーパーマンのコスチュームを着用して知事室への乱入を試みた。

元阪神・赤星氏も舛添氏は「完全にアウト」

 警備員らに止められた後は東京・世田谷区の舛添知事の自宅前で抗議の演説を開始。パトカーが駆け付ける騒動となった。

 マック氏が舛添氏に手渡そうとした文書は以下の通り。

 「舛添知事殿
 2年前都知事選を戦ったマック赤坂です。
 今回の不祥事は有権者のみならず、あなたから貴重な票を奪われた立候補者に対しても弁明謝罪していただきたい。
 さらに私は都民税の高額納税者であります。
 あなたの回転すしに私の税金が使われたことを知るに至り、断腸の思いです。
 即刻説明責任を果たしていただき、それでも都民が納得できない場合はリコールにかけられる前に辞任を要求します」(句読点を補った)

 直談判を断念し、この文書を舛添氏の秘書に手渡したマック氏はそのまま赤のコルベットで舛添氏の自宅前へ。「日本の恥が世界に届く前に辞任を要求する!」と叫び出すと、瞬く間にパトカーなど警察車両4台が来て警察官に取り囲まれたが、約15分間の演説を続けた。聴衆は10人以下だった。

 14年都知事選で舛添知事は211万2979票で当選。マック氏は1万5070票で7位だった。「彼は東大、オレは京大。そして同じ1948年生まれ。一緒に都知事選を戦った戦友として残念なことだ。声を届けたかった」とマック氏。さらに「オレの別荘は熱海。湯河原にある彼の別荘にも必ず行く」と宣言し、引き上げた。マック氏は今夏の参院選に出馬を表明している。


給食のタケノコご飯から基準超のセシウム 宇都宮の小学校

産経新聞 5月11日(水)20時23分配信

 宇都宮市は11日、市内の小学校で10日に提供した学校給食のタケノコご飯のタケノコから、基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。

 市によると、10日の給食で同校児童531人が食べたタケノコごはんを簡易検査したところ、基準を超える放射性セシウムが疑われたため、栃木県林業センターで精密測定。その結果、最高で234ベクレルを検出した。

 県環境森林部がタケノコの出荷者に事情を聴いたところ、出荷制限がかかっていない宇都宮市産に、出荷制限区域のタケノコが交じっていた可能性があるという。


しかし
世の中は面白い
東京の長のやんややんやで
ホテル側がああだこうだと話したそうだが
百歩譲って是々非々で言わしてもらうと
とんでもないホテルです
どこぞのチンピラだか素性のわからん奴に
人様のプライベートを語ってはダメです
たとえ三流雑誌の名刺があろうと野次馬マスコミの名刺であろうと
そんなものは
どうでも偽造出来ます 笑
早い話 捜査令状やしかるべき手続きのもとで
ホテル側が口をパクパクするのはいいでしょうが
その辺の雑誌になんの手続きもなくプライベートを
話したらオシマイです 笑
ホテル側の個人情報管理全くなっていません
ここのホテルに聞けば宿泊してる人の話は何でも聞き出せます
偽装名刺でオーケーなのかな




まともなホテルなら
一般的な取材にはお答え出来ませんが筋です


この手の個人情報管理が出来てないホテルは
怖くて泊まれません




ホテル取材

恐らくまだ公用車使用違反だけで
政治資金規正法違反の疑いが公になってない段階で疑惑掴んだ文春が
それとなくカマかけて聞き出した可能性が高い

「いやあ、立派なホテルですねえ、お偉いさんもたくさんお泊りになられでしょう?
国会議員さんとかさ」

「ええきますよ(エヘン)」

「升添さんなんかも利用しそうな雰囲気ですね、高級ですから」

「ええええそりゃあご利用いただいておりますよ はははは(エヘン)」

「へーそうですか、会議とかなんでしょうねえ」

「いやご家族ですよ」


 まあ
こんな按配で
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テロリストが非常事態を宣言

舛添知事が政治資金使いヤフオクで美術品落札か…フジ「新報道2001」報じる

スポーツ報知 5月15日(日)12時52分配信

フジテレビの「新報道2001」(日曜・前7時30分)は15日、東京都の舛添要一知事(67)がインターネットの「ヤフーオークション(ヤフオク)」で、政治資金を使い絵画などの美術品を購入していた疑惑があると報じた。


299 :名無しさん@1周年:2016/05/14(土) 19:22:49.28 ID:cUUdDon90.net
自宅→事務所
湯河原→事務所
温泉ホテル→会議場
公用車→動く知事室
海外の一流ホテルスイート→コールガール呼んだら二流じゃ恥ずかしい
ファーストクラス→使っていいというルール
外食→会議場
絵画の額→人間への政治的贈答品
ペットの餌→ペットへの政治的贈答品


テロリストが非常事態を宣言
野次馬 (2016年5月15日 02:39) | コメント(10)

いよいよISIS団最期の刻ですw ロシアが参戦してから、一気に流れが変わったねw ロシアは最強の警察官w 嘉手納の米軍追い出して、代わりにプーチン大帝のロシア軍入れようw 尖閣のチャンコロなんざ、3日で追い払ってくれるだろうw 


ISIS掃討作戦を担う米軍主導有志連合のスティーブ・ウォーレン報道官は13日、記者団に対し、ラッカで非常事態が宣言されたのを確認したと指摘。
「敵は当然ながら、脅威を感じている」と述べた。
報道によると、ISISは人員をラッカ市内で移動させているほか、空爆や地上からの攻撃の標的となる可能性のある場所を守るため、一部地域では覆いで隠す対策を試みているという。

今でもチラホラとロシア兵が戦死しているので、シリア政府軍と共同で、地道に掃討作戦やっているようだ。ロシア軍の戦い方は泥臭いけど、確実だよね。
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日のつぶやき






















posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竹中平蔵氏「老後の生活を国は支えません。自分でお金を貯めて備えてください」

竹中平蔵氏「老後の生活を国は支えません。自分でお金を貯めて備えてください」
1 名前: サソリ固め(catv?)@\(^o^)/:2016/05/05(木) 13:06:09.11 ID:XDxiE/Fn0
年金というのは、生きるリスクに対してかける保険
1「90歳まで生きるつもりでそこまでのお金を貯めていたけど、100歳まで生きちゃった」というリスクにかける保険です。

65歳から全員に年金給付していたら、実は消費税を30%にしてもダメなんですよ。これはもう明らかなこと。でも年金給付年齢を引き上げるとか、消費税増税を言い出すと、「弱者切り捨てだ」と世論がパニックになってしまって。

そもそも日本人は、社会保障に対して誤解をもっています。自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。保険は不測の事態に備えるものなんですから。

今の日本の問題は、年を取ったら国が支えてくれると思い込んでいることです。そんなことあり得ないんですよ。90歳、100歳まで生きたいんだったら、自分で貯めておく。それがイヤで、国に面倒をみて欲しいんだったら、スウェーデンみたいに若い時に自分の稼ぎの3分の2を国に渡すことです。

例えば年収1,000万円もらっているような、わりと高給取りなサラリーマンだとします。そのうちの600何十万を国に渡せますか?そういう国に住みたいですか?ということです。でもそうしないと、今多くの人が思っている、年をとったら国が面倒を見てくれるというような仕組みはできません。保険料にしても税金にしても、誰かがどこかで払っているお金。天から降ってくることはないんです。

極論ではなく、常識的な話だと思うんですが、日本は常識を言うとバッシングされたりするんですよね。
http://www.minnanokaigo.com/news/special/heizotakenaka2/page2/


トランプ

日本企業がアメリカの雇用を奪っている。


ケンタッキー州のマット・ベビン知事(共和党)

トランプの考えを否定。

「トランプ氏は大統領選にまっしぐらだ。私はケンタッキー州を心配している。
日本企業がここで事業を継続して多くの雇用を生み出せるようにする。」

トヨタのケンタッキー工場で働く従業員は30年前の2.6倍の約8000人で、そのほとんどがアメリカ人だ。

「私たちは日本とアメリカの大切な価値観を融合した。そこが成功している秘訣だ。」
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ