2016年06月23日

「希代の手品師」安倍の馬脚

3本の矢がどうやら色あせてきたようで、こんどは
「新」3本の矢なるものを持ち出した。
@強い経済でGDP600兆円をめざす、
A出生率1.8をめざす、
B介護離職者ゼロ。
そのうえで「一億総活躍社会」をめざすのだという。
すべて大賛成である。
ただし、できれば、の話だ。
できの悪い大学受験生が机の前の壁に「めざせ東大
」と書いた紙を貼って眺めているだけで、遊び呆け
ている、そんな印象だ。
新しい「矢」といっているが、これは目指すのだか
ら「的」というべきだろう。
この政権はキャッチフレーズ作りが実にうまい。
政治の世界以外の外部の広告代理店等の知恵を借り
ていそうだが、本質が何かを見極めなければならな
い。
政策目標などといえないようなものをあたかもそれ
らしく見せている。
「雨の日は傘をさしましょう」と言っているような
ものなのである。

『「希代の手品師」安倍の馬脚』
(2016年7月号 FACTA)
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

街へ行けば革命だ

街へ行けば革命だ

野次馬 (2016年6月20日 16:21) | コメント(0)



街頭演説が出来ないようじゃ、首相もオシマイだよねw 支持率は捏造できても、街の声は捏造しきれないw 宗教団体の動員掛けるしかないんだが、つうか、アスホールのアキバ演説でもそれはやっていたんだが、マトモな宗教団体はアベシンゾーから離れつつある。安倍チャウシェスク晋三w もう、人前には出られませんw 


首相、20日の北海道遊説取りやめ
安倍晋三首相は、20日に予定していた北海道での参院選遊説を取りやめた。
自民党本部は東京での公務のためと説明している。首相は午後から札幌市や千歳市を回る予定だった。谷垣禎一幹事長が代わりに遊説する。

つうか、安倍内閣の支持率が50パーセント近いというのに、なんで自民党に投票するという人が30パーセントしかいないのか? どう考えても計算が合わないんだがw 成蹊大学程度の脳味噌では、計算合ってるのか?


開始予定の10分前には、すでに駅前ロータリーは
約3000人の聴衆で覆い尽くされた。駅の窓から見ている人もいる。
ただ「反対派」と見られる人々の集団も目立った。
彼らは「さよならアベノミクス」「NO NUKES」「NO WAR」などと書かれたプラカードをかかげ、丸川珠代環境相が街宣車の上で演説を始めると、
「愚か者め」と野次を飛ばしていた。さらに安倍首相が姿を現すと、
一斉に「帰れ」コールを始めた


「3月29日の参議院予算委員会で共産党の小池晃議員が発言したもので、まず日本の富豪上位40人が保有する資産の総額は'15年に15.9兆円にのぼるということを指摘。

続けて、上位40人が持つ資産はアベノミクスが実行されたこの3年間に2.2倍に急増していることが明かされた。

そのうえで、上位40人が保有する資産総額は、なんと日本の全世帯の下から53%ほどが保有する資産に匹敵するということが示されたのです」

格差大国といわれるアメリカでさえ、「上位10%」の富裕層が国民総所得に占める割合が約5割である。翻って日本では、それをたったの「40人」で独占しているのだから、「勝ち組」への富の集中度はいつの間にかアメリカ以上になっていたことになる。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竹原慎二、医師を信用し過ぎて死にかけた…テレビ番組で告白

竹原慎二、医師を信用し過ぎて死にかけた…テレビ番組で告白

 ステージ4の膀胱がんで余命宣告を受けながら手術で克服したボクシングの元世界王者・竹原慎二(44)が20日、「医者を信用し過ぎて死にかけた」と衝撃の告白をした。

 20日放送のテレビ朝日系「あるある議事堂 週刊誌に負けるな! 今田耕司が芸能人の整形・自宅の値段・大手術の真相 全部話させますSP」(後7時)に出演した竹原。頻尿がひどかったため、病院に行くと、医師に「膀胱炎だね」と言われたという。

 4〜5か月後、尿道に痛みが走ったため、また診てもらうと、今度は「前立腺炎です」と診察されたという。

 最初の診察から1年後、ついに尿道から真っ赤な血が出たため、慌てて病院に行くと医師から、やっと別の病院を紹介され診てもらうと「ステージ4のがんです」と衝撃の診断を受けたという。

 その後、手術に踏み切り、病を克服した竹原は「医者を信じすぎてはいけません」としみじみと話していた。
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日のつぶやき












posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分は普通よりもかわいい、と思っていても

実際はどうであれ、自分は普通よりもかわいい、と思っていても、口には出さないものですね。でも、心の中で、この人よりはかわいい、少なくともあの女性よりは美人だ、と思っていると、無意識のうちに、それが態度や言動に出てしまうことがあります。

それを誰かに聞かれて、「この人自分のことかわいいと思っている」と思われてしまうのは、女性としても好感度が下がります。

そんな女性にならないために、「自分はかわいくてモテる」と勘違いしている、なんて思われてしまう言動や行動には注意しましょう。

女性が同性の悪口を言うのは、聞き苦しいものです。女性の器も大したことないな、と思われてしまいます。女性が同性の悪口を言うのは、たいていひがみがあったりするからです。

男性が「○○さんてかわいいよね」と他の女性を褒めた時に、「でも、あの人って…」とか「それほどでもないんじゃない?」などとその女性の悪口を言うのは、いけませんよ。

この人、ひがんでる、と思われても仕方ありません。特に誰から見ても、かわいくて、キレイな女性のことを悪く言うと、自分の評価が下がるだけです。

FacebookやTwitterなどのプロフィール写真が、「かわいく見える」風なキメ顔で掲載している女性は、自分の顔に自信があるのだな、と思ってしまいますよね。

さらに、頻繁に顔写真を変えるのも、自分の顔を自慢したいのかな?と思ってしまいます。上目使いやアヒル口、などもわざとらしく見えてしまうので、やりすぎには注意しましょう。

あ、あの人は論外」なんて男性の好みに対して、エラそうに言うのは、「何様?」と思われてしまいます。エラそうに言うことで、「あの人は私には釣り合わない」と思っているのがバレてしまいます。

でも、他の人から見たら、相手だって、あなたを相手にするかどうか分からない、と思っているかも。

自分はモテるんです、というエピソードを話すのは、自分に自信があるから、と思われます。○○さんから告白された、○○さんも自分に気があるようだ、といった言動は、自分はモテると思っていて、それを自慢している、と思われてしまいます。

相手に告白されたわけでもないのに、「あの人、私のこと意識しているみたい」なんて言う女性は、勘違いも甚だしい、といったケースが多いもの。自分に気があるのかも、と思っても、決してそのことは口に出さないようにしましょう。

勘違いだったことが分かった時は、恥ずかしい思いをしますよ。

自分はかわいい、と思っている女性は自意識過剰な場合が多いです。そのため、誰かが見ていると、自分のことをかわいいと思って見ている、と勘違いしてしまいます。でも、たいていは、偶然に目が合っただけ、とか意識してみていたわけではない、ということが多いものです。

自分は常に誰かに見られているなんて、思わない方がいいでしょう。

勝手に自分に気があると思っている男性に対して、時に冷たくしたり、時に優しくしたりして、相手が戸惑う姿を見て、「私、小悪魔かしら?罪な女にはなりたくないのだけれど」なんて自分に酔ってしまうのは、見ていられないほど、痛いです。

相手の男性にも迷惑がかかってしまいますよね。

年甲斐もないミニスカートやショートパンツなど、見ていて痛々しいのに、自分では似合っていると思い、当然のように「これくらいサービスよ」と平気で言う女性。

男性の視線は、いやらしい視線ではなく、かわいそうに、という視線かもしれません。客観的に見てくれる友達を持ちましょう。

友達などから、恋愛の相談を受けた時、「私はあんまり、失恋とか、つらい思いをしたことがないけど」と言った上で、「男なんて追っちゃダメ、私みたいに追いかけれられるようじゃなきゃ」なんて真剣にアドバイスするのは、自分に自信がないと言えないことです。

とても美しい女性が言うなら、説得力があるのですが、そうでもない女性が言っても、ただの“はったり”にしか聞こえません。

仕事で分からないことがあったり、困ったことがあると、男性に微笑みかけてやってもらおうとする姿勢は、本当にキレイな女性がしないと効果がありません。

笑いかければ、男性なんてイチコロよ、私のために何でもしてくれる、と思っていると、いい加減にしないと、男性からブチ切れられることがあるかもしれないので、注意しましょう。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ