2016年07月01日

<骨髄バンク>待機中に1655人死亡 待機日数短縮へ

<骨髄バンク>待機中に1655人死亡 待機日数短縮へ

 公益財団法人「日本骨髄バンク」(東京都)に登録して造血幹細胞移植を待つ白血病などの難病患者のうち、昨年末までの5年間で1655人が移植を受けられず、待機中に死亡していたことが、同バンクへの取材で分かった。他に病状の悪化で286人が登録を取り消したことも判明。手続きなどで登録から移植までに時間がかかることが一因とみて、同バンクは待機日数短縮の検討を始めた。【須田桃子】

 正常な血液を作れない白血病などの患者が血縁関係のない他人から移植を受けるには、バンク登録の必要がある。同バンクによると、2010年からの5年間に新たに登録した患者は1万1042人。このうち、死亡や病状悪化に加え、血縁者からの移植や他の治療法である臍帯血(さいたいけつ)移植、化学療法への変更などで計3648人がバンクによる移植を受けず、翌年末までに登録を取り消した。待機日数が長いため治療方法を変えた人もいるという。

 待機日数は2003年に約175日(全登録患者の中央値)で、手続き改善の試みにもかかわらず、15年にも147日と約5カ月かかった。このため、移植を待つ医療現場からも短縮を求める声があったという。造血幹細胞を提供するドナーの登録者は約46万人おり、患者の約96%には移植に適したドナー登録者が見つかるが、ドナー側の仕事の都合や健康状態、家族の同意、転居先不明などから、移植に至るのは約5割にとどまるという。

 このため、同バンクは、家族や第三者立ち会いの下で従来は別の日にしていたドナーの最終同意書作成の手続きを、骨髄採取のための健診直前に行うことで、患者の待機日数をさらに1カ月弱短縮する対策を検討している。ドナーにとっても通う回数が減り、負担軽減が見込まれる。

 同バンクの担当者は「患者にベストのタイミングで移植してもらうため、手続きの簡略化を検討中だ。年内にも試行的に始めたい」と話している。

 ◇日本骨髄バンク

 白血病や再生不良性貧血など血液難病の患者に対し、健康な非血縁者からの造血幹細胞移植を仲介する組織。日本赤十字社や国、地方自治体の協力で運営されている。今年4月末時点の患者登録者数は3284人、提供するドナー登録者数は45万9365人。1992年の開始以来の移植実績は1万9397件。


白血病のピークは8年目
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すでにセシウムだけは測定され

すでにセシウムだけは測定され、北海道、青森あたりは安全ですが、ストロンチウムが測定されていません。
「測定しなくても大丈夫」と言っている人がいますが、それは「測定したくない。ストロンチウムが入っていても
売れないと困るから安全という」ということです。

ストロンチウムは魚の骨から体に入り、人間の骨に沈着して白血病などを起こします。


台風がこないから
海水お湯状態
(゚Д゚)ノ
やあ


低学歴で役立たずの安倍のせいで皆癌になる


水不足だから
福一の汚染水
ダムに放流とか
やりそう
(゚Д゚)ノ
やあ
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日のつぶやき




















posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

影響は予想以上に大きかった AV出演騒動の新田恵海、休業も!?

影響は予想以上に大きかった
AV出演騒動の新田恵海、休業も!? 出演アニメのキャラ声優も交代か

「キャスト交代の可能性が出てきたそう。休業という事態だってあるかもしれない……」。そう話すのはアニメ関係者。いったい誰のことかといえば、「週刊アサヒ芸能」(徳間書店)の報道に端を発したAV出演騒動のあの人――。アニメ『ラブライブ!』から生まれたユニットμ'sではセンターを務め、『NHK紅白歌合戦』に出場、さらには東京ドーム公演まで成功させた声優の新田恵海である。

■所属レコード会社の親会社が激怒

「極端な話ですが、そういったものに過去に出ていようが、ルールというか倫理的には気にしないファンや関係者もいると思うんです。それこそ、今の演技や歌声が素晴らしければ」(アニメ関係者)

一連の記事や映像が出た後も、新田はライブやリリースイベントなどへの出演を続けていた。しかしながら、一気にさらなる暗雲が立ちこめる意外な決定打があったという。それが、所属レコード会社の親会社。同社はアニメにも出資している。

「5月のことですかね。予兆がありました。『1本だけという話が、2本目も出てきた』『嘘だったのか』みたいな理由で上層部が怒っていたんです。『レコード契約も終えるつもりだったんだ』という感じのことまで……。それだけ例の件が発覚するまでの新田さんの価値を評価していた裏返しでは?」(同社開発関係者)


いまいちわかりずらいが、これはどういう意味のやりとりなのだろうか?

「わかりません。どう解釈するかはそれぞれってことで。1本目までは不問だったのでしょうが、さらに別の映像が後日ネット上に出てきた。ユーザーへの影響を考えるとこれにはさすがに……ということなんですかね?」(同)

実際のところ、現状における新田の出演作の多くが同社関連作品であり、CDのタイアップも事業の一環である。

「今秋までにレコード契約が終わるみたいで、更新されずにそれを区切りにいったん休みに入るかもしれないそうです。となれば、これまで彼女が演じてきたキャラクターも別の声優が担当することになる場合も」(前出・アニメ関係者)

猛プッシュしてくれていた最大の後ろ盾も失ってしまえば、彼女を取り巻く状況はさらに厳しくなる。

「さすがに“あのイメージ”がついてしまっているから、拾ってくれるレコード会社もおそらくない。思い切って休むことにするのも賢明な選択かもしれませんね。出続けてもいろいろとウワサされてしまいますし、そうなると本人が心身ともに、もたないでしょう」(同)

音大出身で歌の実力は一級品だけに、イベントなどファンと直接の接触や絡みがない、ナレーションなどの声の活動や、あまり表には出ず音楽活動だけに絞った歌手として再生する可能性はあるかも!?
http://www.cyzowoman.com/2016/06/post_20613.html
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ