2016年07月14日

共産党は事実上タダ働き状態の赤旗配達員

共産党は事実上タダ働き状態の赤旗配達員へ、適切な給料を支払うことからお願い致します。それが出来ないんじゃ、労働問題なんて解決できないし、何言っても机上の空論だよ


西日本地域で暮らすある元専従職員がこんな苦労譚を披露する。

「赤旗配達のためにアルバイトを雇うのはもったいないと、専従職員の私たちが週5日、毎朝6時から、全長30キロにわたる広範囲で、2時間かけて赤旗を配らされていました。配達用のバイクは自前調達で、故障しても修理費用は保障してもらえない。そうまでして配っても、もらえる『配達援助金』、つまり配達労働の対価は1部につき8・3円。私は毎日、約30戸に配達していましたが、1日わずか240円にしかなりませんでした」

 この「手当て」を、時給に換算してみると120円となり、最低賃金どころの騒ぎではない。


アヲハタはジャム


 《東京都東大和市の管理職のほとんどが個人的に購読していた、日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」の契約を先月いっぱいで一斉に打ち切っていたことが8日、分かった。
同市では管理職になると同党の市議から勧誘され、購読するという“習慣”があったが、
「義理でとる必要はない」などの意見が続出、“みんなで渡れば怖くない”とばかりにそろって購読をやめることにした》

 記事によれば、東大和市では管理職に昇進すると、共産党市議から「情報収集のためにどうですか」「購読をお願いできますか」などと赤旗の購読契約を勧められるという。
強制ではないが、「議員から頼まれると断りづらい」「上司が皆とっているので、一人だけとらないというわけにはいかない」などと長年とり続けていた人は多く、
「あまり読まないが、付き合いで20年近く購読料を支払っている」と、ある市幹部のコメントを紹介している。
つまり今から40年近く前には、すでに「付き合い」が定着していたということになる。

 兵庫県西宮市役所に2010年まで18年間勤務した経験を持ち、旧日本維新の会や次世代の党で衆院議員を務めた杉田水脈によれば、
同市役所内でも以前から「係長になると赤旗を購読する」という暗黙のルールがあったという。
杉田も係長に昇進した直後、面識のない共産党市議から、突然電話を受けた。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都政最大の問題は既得権益を仕切るボス政治

内田幹事長は一般的な知名度は低いが、“都議会自民党のドン”と呼ばれる人物。2007年に猪瀬氏が石原都政で副知事ポストに就いた直後から犬猿の仲で知られ、最終的に、猪瀬氏を都知事から引きずり降ろした中心的存在ともいわれる。

猪瀬氏は個人的な恨みもあるのだろう。次のようにも書いている。

〈(自分は)副知事就任の直後に千代田区に建設が予定されていた参議院議員宿舎を潰した。千代田区基盤の内田は激高した。そのため僕が都知事に出馬した際、ポスター2万枚が送り返されてきた。貼ってやらないというのである〉

さらに問題はメディアだとして、都庁クラブの若い記者が人事情報などを入手するために“内田詣で”を慣例としていることも明かした。

「都政最大の問題は既得権益を仕切るボス政治であり、そのボスが内田都議であることは、都庁職員はもちろん、三多摩地区の市議会議員まで広く知れ渡っている。猪瀬氏の暴露で、『パンドラの箱が開いてしまった』と青ざめている都庁職員は少なくないはずです」(都政関係者)


3年前のいまごろ、東京五輪招致成功の直前、2013年6月の分析はその後の内田茂都連幹事長の動向を見据えている。前の都議選で落選してもそのまま都連幹事長の椅子に居座ったままの内田茂は、この都議選で自民党が大勝して都議に復活し、さらに権力基盤を固めていた。


都政最大の問題は既得権益を仕切るボス政治、とのこと、そんなものがあるのなら、この際一掃して欲しい


小池氏への忠告ともれるコメントは是非、都民の皆さんに読んでもらいたいね。
自民党都連でも都議会が自民党執行部より力が強いのが一番の問題。組織内で持ちつ持たれの関係だが既得権益にしがみついた結果と自民党執行部の指導力不足が招いた状況でしょう。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また醜聞!NHK地方局女子アナ「愛人クラブ」登録契約男性とトラブル?

地方局の男性アナウンサーと契約女性アナによる不倫カーセックスをキャッチされ、番組を降板させたNHKにまたまた新たな醜聞が発覚した。地方局の契約キャスターXが高級デートクラブに登録し、男性と会っていたと「週刊文春」「週刊新潮」のウェブサイトが相次いで報道。NHKはすでにXのプロフィルなどをウェブサイトから削除し沈静化を図るが、騒動は拡大化しそうだ。

11日夕、「文春」がウェブサイトに「NHK現役女子アナは『高級愛人クラブ嬢』だった!」という記事をアップ。X本人が「愛人マッチングサービス」をうたうデートクラブに登録し、さらに複数の男性とデートを重ねたことを認めたというのだ。

これから約1時間後、今度は「新潮」が「NHK室蘭放送局の女子アナが『高級愛人クラブ』に登録していた本人認める」という記事をサイトにアップ。Xは新潮の直撃に「結婚相談所のようなものだと思った」「愛人クラブだとは知らなかった」などと答えた。ただ両誌とも、Xが登録していたのはいわゆる結婚相談所みたいなところではなく、男性側に高額な金額が発生するデートクラブとしている。

テレビ局関係者は「Xと何かしらの関係があった男性が雑誌社に売り込み、記事になったと聞いている。今回の2誌以外にもタレコミがあり、複数の週刊誌が一斉に動く事態となった。Xと男性サイドに何かトラブルがあり、腹いせとしてタレ込んだようだ」

天下のNHKのキャスターが「なぜ高級デートクラブに?」と疑問を持つ人も多いだろうが、高待遇で知られるNHKの正規職員と違って、地方局の契約キャスターはとても恵まれているとは言えない。NHK関係者が明かす。

「給料は普通のOLと同程度か、それ以下の場合もある。それでもその地方ではちょっとした有名人なので、普通に暮らすにも一般人よりはカネがかかる。かといってバイトすることもできない。いずれこういう問題が起きてもおかしくないと思っていた」

NHKアナウンサーをめぐっては7日、籾井勝人会長(73)が定例会見で写真誌・フライデーの不倫報道に言及し「NHKの職員、とりわけテレビに出る人は影響を考えてもらいたい」と苦言を呈している。


1日発売の同誌は、地方局の番組で共演している男性アナと契約アナの女性がカーセックスする現場を取材し、報じた。NHK側はこの件で処分などの発表をしていないが、両アナはひっそりと番組を降板。同局はメディアの取材に対しては降板を認めたものの、それ以上のコメントはしていない。

今回のXの件と両アナの不倫は性質を異にするが、女性アナが登場する男性スキャンダル的な事案である点は共通するところもある。しかも女性側はともに正規職員ではなく、契約アナウンサーだ。

「NHKアナ」と「デートクラブ」の“マッチング”にネット上も騒然。その真偽を疑う声がツイートされたり、クラブや女子アナの実名捜しも始まっている。

籾井会長が綱紀粛正を訴えた直後に持ち上がったデートクラブ報道。これからも同様の情報がメディアに持ち込まれる可能性もある。第2、第3のXが登場しなければいいが…。
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日のつぶやき












posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阪神・藤浪に161球を投げさせた金本采配に批判が続出

金本監督、最下位である事の焦りがあるのだろうけど、これは明らかに暴走。元々、三振が多くコントロールもそれほど良くないピッチャーで球数がかさみがち。昨年は200イニングを投げ7つも完投して既に酷使気味なのに、この仕打ちは投手寿命を縮めるだけ。もっと大事に使ってほしい。


金本は○ょん


ヤクザに一億原監督で有名な
トンキンゴミ売虚珍軍は
永遠に不潔です


映像を見ていましたが、ほとんどヒステリックになっていたような気がします。監督には向きませんね、ものの考え方のバランスが悪いと感じました。バカ○ョンだから仕方ないのでしょうが、選手から監督への人望がどんどん失われていくようすがテレビからも感じました。


現役時代、球史に残る鉄人だった金本監督、自分が出来たんだから周囲にもそれを無意識のうちに要求してしまうのでしょう。こういうタイプ、野球に限らず、多いよね。その典型が従業員にブラックな仕事を求めて死に追いやったワタミの渡邉美樹でしょ。

話は脱線しましたが、プロ野球で先発投手が1試合160球投げた例は、2013年の日本シリーズの田中将大投手以来でした。ここに9回160球投げた田中投手と昨日の8回161球の藤浪投手のストレートの平均球速を掲載します。藤浪投手は明らかにヘバッてヘトヘトだったのが、数字に出ています。これで潰れたら、金本監督は世間から猛パッシング必至ですね。

◎両投手のストレート、イニング別の平均球速
1回 藤浪151.8km、田中148.6km
2回 藤浪149.8km、田中149.8km
3回 藤浪150.6km、田中149.0km
4回 藤浪147.9km、田中145.3km
5回 藤浪148.4km、田中148.6km
6回 藤浪149.2km、田中149.7km
7回 藤浪145.8km、田中148.5km
8回 藤浪146.0km、田中148.0km
9回、藤浪なし、田中149.0km
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ