2016年07月19日

【都知事選】 上杉隆候補 「五輪・森喜朗タブー」に踏み込む

【都知事選】 上杉隆候補 「五輪・森喜朗タブー」に踏み込む

都政の暗部を知り尽くした男が都知事選挙に打って出た。

 記者会見の開放で記者クラブに悲鳴をあげさせた、元ジャーナリストの上杉隆候補は街頭演説でもタブーに踏み込む。

 「政策論争がなくて政党の党利党略で候補者が決まった・・・東京は都民のもの。自民のものでも、公明のものでも民進、共産のものでも、メディアのものでもない。なんで東京のことを知らないリーダーを勝手に決めるのか?」

 無駄遣いの典型とされるオリンピックについても厳しく指摘した ―

 「石原知事の時、(日本中の銀行を敵に回した)外形標準課税の訴訟費用として備えていた4,500億円が不要になったので、じゃあオリンピックをやろうということになった。(このため全会場が)8キロ圏内というコンパクトオリンピックだった。

 ところが森(喜朗)会長になって使うわ使うわ、今では2兆円から3兆円かかると言われている。そういう勝手なことは許しちゃいけない。2兆円も使わないでできる方法はあるんです」
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“都議会のドン”の事務所はカンカンになって一方的に電話を切った。

「ネットなんて見ないけど、まったくの事実無根。コメントする立場にありません!」

 “都議会のドン”の事務所はカンカンになって一方的に電話を切った。怒りの矛先は元都知事の衝撃の告発である。

 ニュースサイト「News Picks」は13日夜、〈猪瀬直樹が語る「東京のガン」〉と題したインタビュー記事を掲載。2011年7月に自民都議が“ドン”のいじめに遭い、自殺に追い込まれた――という内容だ。猪瀬氏が爆弾発言を炸裂させた。

 名指しで攻撃されたのは自民の内田茂都議(77)。05年から都連幹事長に君臨する“ドン”だ。自殺した都議とは当時、葛飾区選出の樺山卓司氏(享年63)。5期務めたベテランだった。

 猪瀬氏はこれが証拠とばかりにインタビュー記事の掲載に合わせ、自身のツイッターに樺山氏の「遺書」を投稿(写真左)。「父は憤死した」と連絡してきた娘にみせてもらったという。〈人間性のひとかけらもない内田茂。来世では必ず報服(ママ)します!〉などと壮絶な殴り書きが確認できるが、当時から都議会の一部では“抗議の自殺”と囁かれていた。


「当時は民主党政権下で、都議会の議席は与野党拮抗。自民は民主都議を激しく切り崩し、11年4月の補選の結果、民主所属の議長を除けば、野党をようやく1議席上回った。その直後に樺山氏が命を絶って、再び野党に実質的な過半数を奪い返されたのです」

 多数派工作を担ったのは内田氏だ。落選中も都連幹事長に居座る“ドン”に「現職じゃないクセに」と、不快感を覚える同僚もいたという。


自殺から5年。恨みをつづった遺書の噂はくすぶっていたが、まさか、かつての東京都のトップが暴露するとは……。猪瀬氏は自殺の経緯を「学校のいじめ」に例え、〈都議会議員の集まりの中で嫌がらせ的に罵倒されたり、議長になれたのにならせてもらえなかったり、ギリギリといじめ抜かれた〉と語った。

 都知事選の告示前日の自民党都連への“爆弾投下”は敵対する小池百合子を大いに喜ばせただろう。インタビューでも小池氏に「期待したい」とエールを送った猪瀬氏は、徳洲会5000万円事件で公民権停止中の身だ。小池氏が都知事になっても副知事などの公職には就けない。“ドン降ろし”のためなら無償ボランティアも覚悟か。


地方政治は、特に、ごね得の世界。

自分の主張を言って、通らなければ拗ねて、声を荒げて押し通し、人の足を引っ張り始めて、最後は、罵倒し、恫喝する。

そんなことがまかり通るのは、評価権限を持つのが、組織外部の有権者ゆえ。外づらさえ良ければ、選挙に当選し、期数を重ね、こんな歪んだ権限が増長されていく。国政のように風にも流されない。

期数の若い議員で、先を考える人達は、それを見て見ぬ振りをしながら、台風が通り過ぎるのを待つつもりで、知らぬうちに牙を抜かれていく。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日のつぶやき


































posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「プールにまつわる怖〜い事実」

そんな暑い日には「涼」を取りたい! カキ氷を食べる? クーラーの効いた部屋でまったり? 「プール!」と答える人も多いだろう。……でも実は、そのプールにはちょっと注意が必要かもしれないぞ。海外の複数のサイトで「プールにまつわる怖〜い事実」が紹介されているのだ。これを知ったら、もう明日からプールに入れなくなるかも……。覚悟のある方のみ、続きを読んでみて欲しい……。

その1: プール=トイレ(小)
感染症対策の研究などをしている、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の調査によると、5人に1人が「プールでオシッコをしたことがある」と回答したそうだ。……5人に1人ってオイっ! 

特に公共のプールや遊園地のプールなど、比較的大きなプールに入った場合、あなたが他人の “小” に囲まれてプカプカ泳いでいる可能性は非常に高くなるということだ。

その2: プール=トイレ(大)
小どころか大までも……! これまたCDCの調査によると、人のお尻に付着した “大” もプールには混入するそうだ。量にして、1人あたり平均0.14グラム。これが多いのか少ないのかは正直分からないが、プールにブツが紛れ込んでいる事実に変わりはない。

その3: 塩素は万能じゃない
プールサイドに塩素の香りがすると、「ちゃんと殺菌されてるんだな」と何となく安心するものだ。……がしかし! 強い殺菌作用を持つ塩素の中でも、生き残る雑菌や寄生虫がいるという。

例えば大腸菌や、盲腸の原因にもなる「蟯虫(ぎゅちゅう)」などが挙げられるそう。プールに入って下痢や発疹を起こした場合、これらが原因かもしれない。塩素がすべてを解決してくれると思ったらダメなんだ。本当に清潔なプールほど、何の臭いもしないのだとか。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ