2016年12月30日

室井佑月氏が安倍外交を酷評「金だけバラまいてきて」「アホみたい」

21日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、作家の室井佑月氏が、安倍晋三首相が進める外交を批判した。

番組では、ドイツの首都ベルリンで発生したテロ事件を報じる「日経新聞」の記事を取り上げた。19日、1台のトラックがクリスマス市に突っ込み、60人が死傷する事態となったという。

この事件に対し、室井氏は、テロは完全には防げないという見方を示した上で東京五輪の警備費用を話題にする。「今、絶対目立たないようにしておいた方がいいのに、(安倍首相が)『地球儀俯瞰外交』みたいに言って、いろんなとこ行って、金だけバラまいてきて目立とうとして」と、安倍政権が推進する外交方針を批判したのだ。室井氏の口撃は止まらず、こうした外交を「アホみたい」だと罵っていた。


佐川急便のドライバー(?)が荷物をたたきつけ、台車をぶん投げる動画が波紋 佐川は「事実を確認中」

 12月6日、YouTubeに投稿された1本の動画が波紋を呼んでいます。同日11時50分ころに集合住宅から撮影されたとみられる動画には、佐川急便のユニフォームらしきものを身にまとった男性が、強風にあおられた集荷物を拾いに行ったあと、大きく振りかぶって地面にたたきつけたり、台車を何度も投げつけるなどの行為が1分35秒にわたって収められています。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/26/news067.html


1時間で致死量の放射線を浴びる1号機。廃炉の見通しが全く立っていないのに、政府与党は原発再稼働に躍起。凶器の沙汰としか思えない。こんなに危険なものを日本中に48も並べてしまい、老朽化した原発は再稼働と同時に事故を起こしているというのに。
高レベル放射性廃棄物の処理方法は見つかっていない。子どもたちの抱える危険と負担は計り知れない。
私たちにできることは、こうした現状を直視し、「危険なものはいらない」とはっきり声をあげ、節電や安全な発電への切り替えなど、今できることを速やかに、大規模に行っていくことだ。本記事を読んで、改めてそれを感じた。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日のつぶやき


























posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■ 西郷隆盛 伝説一覧

■ 西郷隆盛 伝説一覧

伝説 : 「おいの体をあげもそ」と西南戦争を決起
史実 : 玉砕の数日前に自分だけ政府軍に助命嘆願 → 断られる

伝説 : 「晋ドン、もうここらでよか」と潔く自決
史実 : 玉砕当日城山から逃亡 → 桐野利秋に見つかり射殺された

伝説 : 西郷南洲翁遺訓 西郷の教え41条
史実 : 東北庄内人による創作

伝説 : 清貧、高潔、質素な食事
史実 : 政府からの月給が現在価値で2千万円 年俸2億4千万円
     豚の霜降り肉の食べ過ぎで超肥満に

伝説 : 自宅は雨漏りするボロ屋
史実 : 千百坪の超大豪邸に暮らす。使用人20人、飼い犬20匹(食用か?)

伝説 : 「子孫の為に美田を買わず」西郷家家訓
史実 : 西郷一族で東京ドーム117個分の土地を買い漁った
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

残業ゼロへ500億円投資「ハードワーク」の日本電産

モーター大手の日本電産の永守重信会長兼社長は19日、グループの働き方を改め、生産性を高めるために今後4年間で500億円規模を投じる考えを明らかにした。「2020年までに社員の残業ゼロ」との目標の達成のためで、来年1月には改革を担う専門組織を社内に設け、効率的な働き方を実行に移すという。

「日本の働き方おかしい」 日本電産・永守会長に聞く

京都市の本社で朝日新聞の取材に答えた。同社は永守氏の強い指導力の下、「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」のモットーを掲げる「ハードワーク」の会社だった。だが会社の規模拡大で、グループ従業員約11万人のうち、日本人は約1万人。「日本の働き方では通用しない」(永守氏)と、昨秋から働き方の見直しを本格的に始めた。

残業を上司の許可制にしたり、会議の時間を短くしたりして、本社社員の残業時間は月平均約30時間から、約1年で半分程度に減った。かつては「休みは元日だけ」と話していた永守氏自らも、「午後7時ごろには帰宅し、自宅からの仕事の電話やメールは以前の10分の1に減らした」。

ただ、永守氏は「ここから、さらに減らすのは難しい」。そこで、より早く作業が終わる工作機械などを入れたり、トイレを仕事場近くに移して移動時間を減らしたりといった施策に、今後4年で500億円程度を投じるという。「残業ゼロ」を実現することで、女性など新たな働き手が集まりやすくする狙いもある。

永守氏は「残業ゼロに向かって…


サービス残業撲滅の果てにあるのは手取り収入の減


正社員をバイトやパートに置き換えるだけで
残業というものがなくなり
人件費据え置きで2倍雇える。


これからの経営者は人員を今まで以上に重要な経営資源と捉え、人員の効率的な運用、つまり労働効率の向上を急加速させる
その結果、社員は手取り収入が減り、効率向上により生み出された余剰人員は職を失うことになる


単純労働は
中国人で十分
よく働く
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銘酒「獺祭」に虫混入、9300本自主回収へ

銘酒「獺祭」に虫混入、9300本自主回収へ

朝日新聞デジタル 12/26(月) 19:48配信

 日本酒の人気銘柄「獺祭(だっさい)」の蔵元である旭酒造(山口県岩国市)は26日、商品に虫が混入していたとして、同じ日に瓶詰めされた9312本を自主回収すると発表した。健康被害の連絡はないという。

 混入が見つかった商品は「純米大吟醸 獺祭三割九分」(720ミリリットル)。今月20日に卸問屋から「虫が入っている」と指摘を受け、旭酒造の担当者が虫が入った商品1本を確認したという。10月6日に瓶詰めされたものだった。

 同社によると、酒の醸造過程で混入した可能性は低く、瓶に酒を入れてキャップをかぶせるまでの間に入ったとみている。「品質管理を徹底指導して、再発防止に努めていく」としている。対象商品はラベルの製造年月の欄に「16・10・D」と記されている。問い合わせは同社(0827・86・0120)。

 獺祭は昨年4月、米国のオバマ大統領がホワイトハウスに安倍晋三首相夫妻らを招いた晩餐(ばんさん)会で乾杯のお酒に選ばれたことでも知られる。(二宮俊彦)


獺祭
廃棄するならタダで
くれ
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ