2016年12月02日

おらが村だけで世界同時革命

おらが村だけで世界同時革命
野次馬 (2016年11月29日 18:20) | コメント(3)

アタマの悪い人というのは、間違いを指摘されても頑として認めず、ムキになって反論して来る。「無学者、論に負けず」と言います。「千早ふる」という落語で知られた言葉なんだが、最近ではアベシンゾーの事をそう言うw 誰が何を言おうが頑として聞かず、自説を曲げない。その自説というのが、カルトな宗教家に吹き込まれた洗脳なので、日本国民はいい迷惑だw

TPP承認へ決意「理念掲げぶれてはならない」
 安倍晋三首相は28日午前の参院本会議で、トランプ次期米大統領が環太平洋連携協定(TPP)の脱退を表明したことを巡り「他国に影響されたり、他国に追従したりするのではなく、日本として理念を掲げ、貫く信念がなくてはならない。今、ぶれてはならない」と述べ、今国会で承認手続きを進める意向を重ね

世界中が、反ユダヤ、反グローバリズムに方向転換している中で、アベシンゾーだけは一国グローバリズムを貫き通すつもりらしいw 何だよ、一国グローバリズムってw 世界同時革命、ただしおらが村だけで、みたいなw


-----------------------
TPPは一部、小泉・竹中組の非正規雇用の派遣で若者が奴隷になってるだろ。
竹中はこれで数百億円受け取ったとか受け取っていないとか。
TPPとはさらにこれを数百倍強力にしたものだ。
こんなのに加盟しちゃいけないだろう。

それにアベちゃんがTPPを推進したのは、殺人者のヒラリーが不正選挙で負けるはずがないと信じ切っていたからであって、自分らも不正選挙で勝ったもんだから、必ず勝つという信念を持っていたからだろう。
しかし、トランプが勝って前提が崩れてしまった。あわててトランプに会いに行ったが、これがまずかった。トランプからは寝返りの早い奴だと思われ、ヒラリーやオバマ、ロックフェラーらのグループからは裏切り者のレッテルを貼られた。トランプと仲良しのプーチンからも信用できない奴と思われ、今は四面楚歌の状態だろう。
しかし、ロックフェラーらのグループを裏切ったことで角栄のように殺されはしないだろう。日本の金をばらまいて日本を弱体化させた功績があるからだ。
オバマがトランプに大統領の引継ぎで言うことは、日本は離すなよ。良い奴隷で便利なATMだ。強いアメリカをつくるには不可欠なATMだと言うだろう。
もっともトランプも分かっていたので、みな断っていたのにアベちゃんにだけ会ったのだろうが、心の中ではこのペテン師野郎と思っていたんじゃまいか。
オバマからはこの裏切り野郎と思われたんじゃまいか。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かつて、「日本」という国があった

かつて、「日本」という国があった
野次馬 (2016年11月28日 23:30) | コメント(18)


廃炉費用、賠償費がどんどん膨らんでいくというんだが、もう日本はオシマイです。世界一高い公務員人件費と、世界一高い電気代で、マトモな産業が成り立つわけがない。既に、日本の人口は減り始めている。長寿化の伸びもとまった。東京では、突然、心臓が止まって死ぬ人が急増している。癌も増えている。かつて、「日本」という国があった。今はない。


福島廃炉・賠償費20兆円 経産省推計、想定の2倍
 経済産業省が東京電力福島第1原子力発電所で起きた事故の賠償や廃炉費用の合計が20兆円を超えると推計していることがわかった。11兆円としてきたこれまでの想定の約2倍に膨らむ。東電の財務を支えるため、無利子融資枠を9兆円から広げる方向で財務省などと協議する。原発の事故処理費用の一部はほかの電力会社も含めて電気料金に上乗せするため、国民負担の増大が避けられない。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日のつぶやき










posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私達は「頭が悪い」と言われることを極端に嫌う。

私達は「頭が悪い」と言われることを極端に嫌う。知性が人間そのものの優劣を決めるかどうかは私が判断するところではないが、実際知的であることは現在の世の中においては有利であるし、組織は知的な人物を必要としている。
だが、「どのような人物が知的なのか」ということについては多くの人々の判断が別れるところではないだろうか。

世の中を見渡すと、あらゆる属性、例えば学歴、職業、資格、言動、経済的状況などが「知的であるかどうか」のモノサシとして使われており、根拠があるものないもの含め、混沌としている。

だが、私がこの先生からお聞きした話はそういった話とは少し異なる。
彼は「人間の属性と、知的であるかどうかの関係はよくわかりませんが、少なくとも私が判断をするときは、五つの態度を見ています」
という。

エピソードを交え、様々な話をしていいただいたのだが、その5つをまとめると、次のようなものになった。



一つ目は、異なる意見に対する態度

知的な人は異なる意見を尊重するが、そうでない人は異なる意見を「自分への攻撃」とみなす



二つ目は、自分の知らないことに対する態度

知的な人は、わからないことがあることを喜び、怖れない。また、それについて学ぼうする。そうでない人はわからないことがあることを恥だと思う。その結果、それを隠し学ばない



三つ目は、人に物を教えるときの態度

知的な人は、教えるためには自分に「教える力」がなくてはいけない、と思っている。そうでない人は、教えるためには相手に「理解する力」がなくてはいけない、と思っている





四つ目は、知識に関する態度

知的な人は、損得抜きに知識を尊重する。そうでない人は、「何のために知識を得るのか」がはっきりしなければ知識を得ようとしない上、役に立たない知識を蔑視する



五つ目は、人を批判するときの態度

知的な人は、「相手の持っている知恵を高めるための批判」をする。そうでない人は、「相手の持っている知恵を貶めるための批判」をする。


そうでない人は、教えるためには相手に「理解する力」がなくてはいけない、と思っている


しかしですな、理解力これはかなり個人差があります 
せめて平均値前後あればレールに乗っていけるんだが
理解力が無い、換言すれば資質が無いと
如何ともし難いのであります  長きにわたり様々な人見てきましたが
「能力」ない人はだめ。業種にもよるんだろうが、おらほの仕事では
無いやつは最初から排除しないと後々面倒が起きる

傲慢に聞こえるかも知らんが、現実ですよ
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ