2016年12月10日

「カジノ法案は亡国の法案」富田・公明幹事長代理

「カジノ法案は亡国の法案」富田・公明幹事長代理

■富田茂之・公明党幹事長代理

カジノ法案、9日にも成立 衆院通過、公明幹事長ら反対

 (カジノ解禁法案は)亡国の法案ですよ。アジアのカジノを見てきたが、集客は減っている。要するに、もう需要がなくなってきている。今更、こんなものを作っても、全然、経済成長にプラスになりませんよ。

 民営ギャンブルに道を開く法案で、刑法で規定されている賭博罪の違法性を阻却する理由を明確にしないといけないのに、(推進側は)誰も説明できない。

 審議の進め方もめちゃくちゃだ。これだけ新聞各紙が明確な「反対」で、世論調査でも「反対」の方が多いのだから、せめてその人たちが「しょうがないな」と思うぐらい時間を取って審議をやるべきだった。あまりにもおかしい。(6日の衆院本会議後、朝日新聞の取材に)


あべ離れ 始まる


カジノを賭場として稼ぐ気は最初から無いだろう
今やテーマパークと同様にエンターテイメントが主のはず
それに賭場がくっついているイメージ
思い込むのは勝手だが、思い込みが古くさい
それに依存症云々ならば身近なパチンコや公営ギャンブルの方がよほど悪質


カジノ法案に「カジノ施設の隣にカジノ中毒者収容施設を設置すること」を織り込めばなーも問題なし


・・・・依存症患者の家族らでつくる「ギャンブル依存症問題を考える会」(東京)の田中紀子代表理事(52)は、夫(46)の影響で自身も競艇などにはまり、借金を繰り返して子供の学費も使い込むなど、約10年間にわたり依存症に苦しんだ経験を持つ。・・・

 じゃあ、まずは競艇を廃止してはどうか?


その昔
パチンコでサラ金まみれになり
どれだけの破産者が出たことか


カジノが出来れば雇用が増えるのは確実
それも100人や200人では無い、1000人単位
東京・大阪・沖縄の三箇所に絞れば共存は可能


しかしカジノを賭場とか博打場とか言葉を換えて
悪いイメージを抱かせようとする民進党の姑息さにはうんざりするな


そもそも年金を賭場に突っ込むことには反対しないで亡国もへったくれもあるものか
低俗な人気取りには反吐が出る


カジノ解禁ではなく
パチンコなどを全面禁止するのが保守政治家としての
あるべき姿だろう

安倍は真逆をやっている
あれはただの反日朝鮮人である


熱海とか白浜みたいなところで
小さいめのカジノを作って
テストすればいいと思うわ


日本人のカジノへの入場には
顔写真つきの免許証とマイナンバーカードの提示を義務づければいいだろ


米国場合、中毒のスロッターはスロットマシンが無くなっても闇ポーカーに手を出して結末は同じ
何をどうやっても、沈んでいく連中は一定数かならず居る
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 公明党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動で会計、待ち時間なしアマゾンがコンビニ進出

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米アマゾン・ドット・コムは5日、来年初頭にコンビニエンスストアに進出すると発表した。センサーやカメラを駆使し、来店客が何を購入したかを人工知能(AI)が認識。来店客は商品を持ってそのまま待ち時間なしに退店できる。会計はアマゾンの口座から自動で引き落とされる仕組み。技術を生かして会計時の煩わしさをなくすことで付加価値を生み出し、実店舗業態へ攻勢をかける。

アマゾンの本社ビル群がある米ワシントン州シアトル中心部の1号店で社員向けに試験を始めており、来月には一般客向けに開店する。広さは約167平方メートルと、日本の郊外のコンビニよりやや広い規模。飲料やスナック、サンドイッチ、パンやチーズなどの総菜をそろえる。「アマゾン・ゴー」のブランドで米国の他の大都市にも順次出店していく計画。

消費者は入店時に読み取り機付きゲートにスマートフォン(スマホ)をかざして本人確認をする以外、基本的に作業は必要ない。退店後に支払い内容はスマホですぐに確認できる。ただ、会計用にアマゾンの口座を開設する必要があるほか、スマホで事前に専用のアプリをダウンロードし、バーコードを入手する必要もある。

アマゾンはネット通販を補完するためショールームとして実店舗にも進出し始めている。都市部ではすでに物流会社並みの効率的なインフラを築いている。これを生かしてコンビニの運営に乗り出す。

同社は2007年から、都市部限定の生鮮食品宅配サービスの展開地域を拡大している。ただ、居住者とタイミングが合わず、配達が遅れ商品が傷むことも少なくない。冷蔵設備を持つ店舗そのものを運営すれば、サービスをより柔軟に展開できる。生鮮食品を受け取るドライブスルー機能などがついた店舗の開発も検討している。


アマゾンのせいでコンビニ店員の仕事もなくなる


人工知能が会計行う店舗「Amazon Go」 後年A.I.が人から仕事を奪ってしまった初事例として、絶滅した人類の後を継いだロボットの間で語り継がれるような
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広末涼子ここまでやるぞ“剃毛パックリ”ヌードで有村架純潰し

そもそも広末涼子(36)の顔が怖い。“怨念”“怨霊”の気配がする。鼻も尖がっててイジワルな感じだし、とにかく目が不気味で、薄暗い部屋で二人きりで目が合うことをイメージするとゾッとする。だが、ボディーは凄い! 色白の肌も一級ものだ。

そんな魔性の広末が、所属事務所の後輩・有村架純(23)を潰すため、“超剃毛ぱっくりフルヌード”を決意したという。
「有村は、大みそかの『NHK紅白歌合戦』で紅組司会に大抜擢。それどころか、来年4月開始のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』でヒロインを演じるなど、国民的女優に向けてブレイク中です。その状況は、事務所を長年引っ張ってきた広末とすれば、当然、面白くない。有村の話題になると、嫌悪感をムキ出しにするそうです」(芸能記者)

そうした中、広末には佐藤健との不倫疑惑報道や、夫との収入格差が原因で離婚説も強まっていたキャンドルアーティストのキャンドル・ジュン氏との意外な「家庭円満報道」が出たのだ。
「11月15日発売の『女性自身』が、広末とジュン氏が5歳の二男と手をつなぎ、都内の私立小学校の受験に向かう仲睦まじそうな写真を掲載したのです。'04年に前夫との間で長男を、ジュン氏と'11年に二男、昨年長女を産んだ3児のママである広末が夫と和解し、離婚という選択を断念したことがうかがえる写真でした」(同)

広末はここ最近、女優業がイマイチだ。1月期には、内田有紀とダブル主演でフジテレビ系連ドラ『ナオミとカナコ』に出たが、平均視聴率7.5%と大コケ。女優として下り坂に差し掛かっている。
「広末自身も、ママ業に主軸を移そうかと考えていたようですが、有村の猛追で、持ち前の負けん気に火がついたようです。というのも実は広末、すでに脱ぐ決意を固めているというのです。'14年公開の映画『想いのこし』でセクシー衣装のポールダンサーを演じて高い評価を得たことで、手応えを感じた彼女は、周囲に脱いでもいいことを明かしているとか」(女性誌記者)

すでに来年公開予定の映画で、フルヌードを公開する話が水面下で進められているというのだ。


「広末は当初迷っていたのですが、事務所やテレビ局が有村ばかりプッシュするため、フルヌードの決意を固めたそうです。実は彼女、全身にタトゥーを入れている人体改造好きなジュン氏の影響で、下半身のヘアを剃毛し“パイパン”になったと言われています。もし実現すれば、広末がデビューした10代少女の頃のような“つるつるヌード”が拝めます」(映画関係者)

 週刊実話が報じたように、有村はガッキーからモテ男・星野源を強奪しようとしている気配がムンムン。ひょっとしたら、広末に対抗して有森も“脱いじゃう”かも?
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界各地で包茎に対する扱いは異なります。

世界各地で包茎に対する扱いは異なります。
そのため、包茎手術も国によって違いが見られます。

【韓国】
お隣の国の韓国の場合には、包茎手術を受けるのが当たり前というイメージが定着しています。包茎はかっこ悪いという日本のイメージよりも更に進んでおり、「先進国なら包茎手術をして当たり前」と思われています。韓国で包茎の治療が普及したのは、朝鮮戦争以降です。包茎施術が当たり前というアメリカの考え方が持ち込まれたのでしょう。
韓国といえば、美容整形が非常に普及している国です。包茎手術も美容整形の一分野。そういう事情も関係しているのかもしれません。
他の国のように幼児期から手術をするわけではなく、青年時、兵役に就く前に手術を受ける方が多いようです。

【イスラムの国々】
イスラム教が信じられている国々では、宗教上の理由で割礼が行われています。宗教・文化に基づく包茎手術(陰部に傷をつけることも含む)のことを割礼と呼びます。
これらの国では、幼児期に手術を行います。特に厳格な場合には、麻酔を一切使わず泣き叫ぶ赤ちゃんに対してメスを入れます。残酷なようですが、これも教えに基づく儀式の一つなのです。
イスラム教の他、キリスト教を信じている一部の国やユダヤ教徒なども割礼を行います。アフリカなどの部族が行っている儀式も割礼の一種です。

【アメリカ】
アメリカでは、医学的な見地(昔の通俗的な迷信ですが…)から包茎手術が行われてきました。現在でも60%以上の男性が包茎手術を経験しています。もっとも1970年代以降は、包皮の重要性が指摘され手術の数は減少傾向にあります。それでも西部の一部地域などでは90%以上の方に手術を受けさせているようです。
幼児期に親の決定で手術を受けさせるということがほとんどです。そのため、成人してから包皮の再生手術(包茎手術と逆に亀頭を皮で包む手術)も行われています。皮がないのが当たり前だと、求めてしまうのかもしれません。

【ヨーロッパ】
ヨーロッパでは、仮性包茎は包茎として考えられていません。真性包茎とカントン包茎だけが包茎として扱われています。
通常時は皮がついているという状態は、ヨーロッパの方にとって当たり前なのです。ですから、仮性包茎を対象にした手術もほとんど行われていません。

【日本】
日本では、包茎は当たり前(3人に2人が包茎)とされつつも「恥」と思われている部分があります。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ