2016年12月23日

爆問・太田「ギフハブ」連呼、ASKA容疑者ネタでTHEMANZAI

爆笑問題が18日、関西テレビで放送された「THE MANZAI2016」に出演。11月28日に覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された歌手のASKA容疑者をネタにイジりまくった。

太田光はステージに登場するなり、「今年はいろいろあって…」と切り出した田中裕二に「芸能界も次から次へと…」と歩調を合わせたかと思えば、「あ、ちょっと待て、盗撮されてんじゃないか?」と盗聴、盗撮被害を訴え続けたASKA容疑者ばりにキョロキョロ。

「収録だよ!」と田中がツッコむと、「お前ら、ギフハブか?ギフハブ?」とASKA容疑者が逮捕直前に、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」に電話した際に「監視されてる」と口にした、ナゾの組織「ギフハブ」の名前を連呼した。

さらに悪ノリは止まらず、「公造さん、あれ流しちゃダメだよ」とものまね。ASKA容疑者が、「ミヤネ屋」との電話で、昨年末に個人的に芸能レポーター・井上公造氏に送った「東京五輪のテーマ(仮題)」とする制作途中の音源を無断で番組内でオンエアしたことを注意した時の発言をまねるなど、ギリギリのネタを展開した。

ASKA容疑者は逮捕の5時間前、放送終了直後の「ミヤネ屋」との電話で、「ギフハブって組織があるんですけど。ARっていう仮想現実でぼくのいるところを監視したりして…」などと話していた。


アスカ釈放でまた明日のミヤネ屋の視聴率が上がる


覚醒剤など薬物事件では、尿から薬物の成分が検出されると大きな証拠になる。一方で「自分の尿ではない」と主張する容疑者もいるため、尿検査の際には捜査員が様子を確認している。一般的には警察署に任意同行を求めたうえで採尿することが多いが、同庁によると、ASKAさんは110番で駆けつけた署員に対して「自宅でなら」と応じた。

 捜査関係者によると、採尿時は通常、捜査員が人権に配慮したうえで様子を斜め後方など複数の角度から写真撮影し、最後に本人の署名を求めるという。同庁は「ASKAさんの場合は自宅トイレで狭かったため後ろからしか見られなかった」としている。鑑定結果は陽性だったが、自分の尿であることを否定するASKAさんの主張を覆すことができなかった。

 同庁幹部は「残念な結果だが任意捜査の限界という面もあった」と話す。だがある捜査関係者は「尿鑑定の結果が覆されるなんて通常はあり得ない。採尿時の態勢に不備があったとしか言いようがない」と指摘した。


嵩原弁護士 「今後は尿が出ているところを正面から撮影するなど証拠として残さなきゃ駄目になるかもしれない」

供述をまねて 「 尿ではなくお茶を入れた という人が増えていくのではないか」 とも語った。


茶で安堵ASKA。


茶で安堵ASKA。と茶毛が申しております。


よく考えて見ろ
お茶で覚せい剤反応なんて
出る訳ないだろ


マリファナもコカインもお茶と同じ葉っぱの一種
日本茶飲んだら陽性でてもおかしくないね


ペットボトルの緑茶も
緑色にしてるだけ
お〜いお茶を除く


ペットボトルの緑茶
全国で販売するとお茶の葉足りるんだろか?
色だけつけてると言われると
なぜか成程と思うがに


ペットボトルの
大麻茶かコカイン茶は
ないのか
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネトウヨは北方領土要らないそうです

ネトウヨは北方領土要らないそうです

野次馬 (2016年12月19日 15:57) | コメント(5)



ロシアとしては、千島列島より内側は自分の縄張りだと思っていて、米軍がオホーツク海をウロウロするのを拒否したい。だから、何がどう転ぼうが、北方領土が日本に完全返還される事はない。うっかり返還したら、国後・択捉に米軍基地を作られてしまう。このまましらばっくれて返還しなければ、米軍基地は作られない。しごく単純な話です。



もし鳩山が「北方領土いらねー」交渉をやっていたら、ウヨバエが異常に繁殖して、「ポッポウ首相、ほっぽう領土放棄」と騒いだだろう。
今や本当のポッポ安倍晋三を支持、擁護、賞賛とはどういう頭の構造だ。
https://twitter.com/bbtetsuo/status/810429370179256320

突然、ネトウヨたちが「冷静に考えると北方領土っていらないよね」と言い出していて、吹き出した。
いったいなんで尖閣だの竹島だのに大騒ぎしてたんだ?
https://twitter.com/herobridge/status/810423533956251648

アクロバット擁護も諦めた模様
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「北斗の拳が現実になった」新橋モヒカン・ハンマー強盗にツイッター騒然

 東京・港区の路上を歩いていた会社役員の男性(39)と部下の男性(22)が、モヒカンと丸刈り頭の2人組の男にハンマーのようなもので襲われ、現金約20万円が入った財布を奪われた――

 2016年12月20日夕に起きた、こんなあらましの強盗傷害事件が、いまインターネット上で妙な注目を集めている。加害者とみられる2人組の特徴的な風貌を受け、ツイッターなどに「リアル北斗の拳」「マッドマックスみたいな世界」といった反応が相次いでいるのだ。

■モヒカンが「トレンドワード」に

 警視庁の発表によると、事件は東京メトロ虎ノ門駅近くの路上で起きた。被害にあった会社役員の男性らは、2人組に無言のままハンマーや素手で顔を殴られ、顔や鼻を骨折するなどの重傷を負ったが、命に別状はないという。

 2人組は財布を奪った後現場から逃走し、警視庁愛宕署が強盗傷害事件として捜査している。1人は30〜40歳で髪型は丸刈り、もう1人は30歳くらいで茶色いモヒカン刈り、白いマスク姿だったという。

 こうした事件の内容が報じられると、ネット上では、マンガ『北斗の拳』や映画『マッドマックス』と絡めた投稿が続出した。どちらの作品も、モヒカンやスキンヘッド姿の荒々しい男たちが、善良な市民を襲ったりする終末的な世界観で知られる。

 どうやら、今回の2人組の「丸刈り、モヒカン」という風貌や、襲撃時に使われたとみられる「ハンマー」といった要素から、

  「マッドマックスや北斗の拳が現実になった」

と考えるネットユーザーが多かったようだ。

 実際、ツイッターやネット掲示板にも、

  「モヒカンの強盗てマジ北斗の拳の世界やん…」
   「モヒカンがハンマーで強盗してたら北斗の拳にしか見えない」
   「エッ?モヒカン?新橋はマッドマックスなの?」

といった投稿が数多く寄せられている。21日昼には一時、ツイッターの「トレンドワード」にも「モヒカン」という言葉が登場していた。


胸に七つの傷を持つ救世主は来ないの?
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急増する「処女喪失ほやほや女子大生」は、簡単にヤレる!

10月以降というのは、うら若き女子大生たちをハントするのにピッタリな季節ということを、ご存じだろうか。

「大学生の多くは8〜9月が夏休み。サークル合宿などイベントも盛りだくさんで、特に1、2年生は入学後につきあいだした彼氏と一線を越えるのが、そのタイミングです」(女子大生向けファッション誌編集者)

高校時代は受験勉強に勤しんでいたため、大学入学後の夏休みに処女喪失するケースは非常に多いという。
「そうした“元マジメちゃん”ほど、ヤリマンに変貌しがちなんです」(前同)
え!? 何がなんだか……。だが、女心は複雑なようで。

「初めての後は皆、ビッチ期に入るんですよ〜(笑)」と語るのは、ガールズバーでバイト中の大学4年生・萌さん(22・仮名=以下同)。

「私は初体験が遅くて20歳超えてもまだでした。女子って、かわいい子はだいたい高校までにはヤッちゃうんで、“私ってイケてない”って内心、焦ってて。で、大学2年の夏に、イイ雰囲気になった男友達と、処女を隠したまま、飲んだ勢いでヤリました。そいつは“卒業”のための踏み台です。やった後は“こんなもんか”って感じだったけど、“これで自由にヤレる”って開放感がありました」

それでいいのか!? だが、こうした“焦って処女を捨てた”女子大生こそ狙い目。
「処女卒業後は、経験値を人並みに増やしたかったから、とりあえず数をこなした感じ? クラスメート5人くらいに手をつけたらバレて、ビッチってあだ名がついちゃったり(笑)。そういう時期を経て落ち着くんですよ、女は」(前同)

このように、エッチ修行に繰り出す女子大生が増殖するのだ! ちなみに、萌さんのセフレは3人。
「皆、マッチョ系なんだけど、挿れてくるときの“圧”が気持ち良すぎて1人に選べない」(同)と、落ち着いてはいないようだ。

さらに、“覚えたての快楽を追究したい”というマジメゆえの研究熱心さも、彼女らを後押しする。都内の女子大に通うカオリさん(21)は、こう振り返る。

「大学1年生のとき、当時の彼氏と、夏休みに初SEXをした直後は、“エッチって、こんなにキモチイイんだ! もっと、いろんな人としてみたい!”と好奇心が強くなりました。その後、合コンやネットのオフ会で出会った男性など、たくさんの人としましたね。ひどいときは、4人くらいセフレがいましたよ(笑)」
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ