2017年01月11日

【アベノミクス】実質賃金は0.2%減、11か月ぶりにマイナス

基本給やボーナスなどを合わせた去年11月の給与総額は平均で27万4000円余りと、前の年の同じ月を0.2%上回りました。一方、物価の上昇分を差し引いた実質賃金は0.2%減り、前の年の同じ月を11か月ぶりに下回りました。

厚生労働省が全国のおよそ3万3000の事業所を対象に行った調査の速報値によりますと、基本給やボーナス、残業代などを合わせた去年11月の給与総額は、働く人1人当たりの平均で27万4778円でした。これは、前の年の同じ月を0.2%上回りました。

一方で、物価が0.4%上昇したため、物価の上昇分を差し引いた実質賃金は0.2%の減少となり、11か月ぶりに前の年の同じ月を下回りました。厚生労働省は、「基本給は緩やかに増加を続けているが、物価の変動の影響もあるため今後の動向を注視したい」としています。


まじでやめよう耳掃除  米医学会が警告


世襲議員が威張り散らし、同族経営が長年はびこる国・・・日本


20%のガソリン値上げに抗議、全土で暴動や略奪メキシコ

(CNN) メキシコでガソリン価格の大幅な値上げが発端となって各地で抗議デモが激化し、暴動や略奪に発展している。当局者によると、5日までに全土で250人あまりが窃盗や器物損壊などの容疑で逮捕された。

ガソリンスタンド前で横断幕を掲げて抗議活動を展開する市民がいる一方で、デモ隊がガソリンスタンドに押しかけてガソリンやディーゼル燃料を盗んだり、商店から玩具などの商品を大量に持ち去ったりする事件も相次いでいる。

政府は12月、ガソリン価格を場合によっては20%以上引き上げると発表。ペニャニエト大統領は「経済の安定のための責任ある措置」と位置付けていた。

ペニャニエト大統領は麻薬戦争への対応や政権内部の汚職疑惑、米国のトランプ次期大統領と大統領選の期間中に会談したことを巡っても非難の的になっている。

メキシコでは例年であればこの時期は、子どもたちがプレゼントをもらえる「スリー・キングス・デー」の祝日に向けてお祭りムードが盛り上がる。しかし今回のガソリン値上げはただでさえ低迷気味だった景気に追い打ちをかける形になった。メキシコの通貨ペソは、米大統領選挙でトランプ氏が勝利した日を境に急落している。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプ大統領で庶民生活どうなるブロッコリーなど値段下がるも…荻原博子氏「その後が大変」

「風が吹けば桶屋が儲かる」ではないが、米次期大統領、ドナルド・トランプ氏が巻き起こした番狂わせの嵐は悲観と楽観、落胆と期待を伴いながら世界を駆け巡っている。2017年、日本の、それも庶民に近い所では、どんな変化が起きるのか。その道のプロに聞くと、株はグンと上がり、肉や野菜が安くなるという。これってホント?

米国産生鮮食品の代表格と言えば、ブロッコリーなどの野菜。これらの価格が下がるかもしれない。

生活経済のご意見番、ジャーナリストの荻原博子氏は「米国による関税引き下げの圧力で、一時的に値段は下がるでしょう。でも、その後が大変」との見立て。

「米国に主導権を握られると、輸出品そのものの値段を上げてくる恐れがあります。干魃(かんばつ)などの不作で上昇することも考えられるから、価格が不安定になっちゃうわね」

代替品にはならないが、もやしの消費量が増えそうだ。


大韓民国の悪口を言っているネトウヨ
いいんだなこれ以上アジアの虎、大韓民国を怒らせて

1・日本に滞在している韓国人全員の帰国
2・韓国による日本に対する経済制裁(韓日スワップ破棄など)
3・サムスン、LGなどの電化製品及びキムチなどの韓国食品の日本輸出の全面禁止
4・K-POP及び韓流ドラマの日本輸出禁止
5・韓日スポーツ及び文化交流の無期限停止
6・韓国で開催される冬季オリンピックの日本参加拒否
7・対馬及び琉球、九州の国際司法裁判所提訴
8・韓日の国交断絶
だぞ。もうK-POPが聞けなくなり韓流ドラマは見れなくなりギャラクシーを持てなくなるのだぞ。キムチをつまみにマッコリも飲めなくなるのだぞ。韓流スターと会えなくなるのだぞ。パチンコもできなくなるのだぞ。本当にいいんだな?
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「電気代を節約しようと、ろうそくを使っていたら、服に火が燃え移った」

「電気代を節約しようと、ろうそくを使っていたら、服に火が燃え移った」

9日夜、登米市の仮設住宅で、一部屋が全焼する火事があり、住んでいた55歳の男性が軽いけがをしました。

男性は「電気代を節約しようと、ろうそくを使っていたら、服に火が燃え移った」と話しているということで、警察が当時の詳しい状況を調べています。

9日夜7時半ごろ、登米市南方町にある仮設住宅の無職、阿部公成さん(55)の部屋から煙が出ていると付近の住民から消防に通報がありました。

消防車など5台が出て消火にあたり、火はおよそ1時間後に消し止められましたが、阿部さんの部屋、33平方メートルが全焼しました。

この火事で、阿部さんは煙を吸ってのどにやけどを負いましたが、症状は軽いということです。

警察によりますと、阿部さんは、「電気代を節約しようと、明かりをとるためにろうそくを使っていたら、服に火が燃え移り、慌てて脱ぎ捨てたところ部屋に燃え広がった」などと話しているということです。

警察と消防は、10日朝から現場検証を行って、当時の詳しい状況を調べています。

現場は、登米市の隣の南三陸町から避難してきている人が多く暮らす仮設住宅で、災害公営住宅などへの転居は進んでいるものの、いまもおよそ100世帯200人が暮らしています。


電気代よりろうそくの方が
高いんじゃないのか


SMで使うローソクはたいかいやたかい
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国連の孤児用のビスケット、北朝鮮の軍や市場に横流し

国連の世界食糧計画(WFP)が、栄養失調に苦しむ北朝鮮の子どもたちのために製造した栄養強化ビスケットが、市場で安値で売られていることが明らかになった。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

両江道(リャンガンド)の情報筋によると、WFPのビスケットが売られているのは、恵山(へサン)市内の市場だ。WFPの恵山穀産工場が2002年から製造しているものだ。

WFPは生産過程のチェックを行っているが、係員が常駐しているわけではない。チェックする人員がいなければ、工場の関係者は、牛乳、卵、砂糖を入れず、小麦粉だけ使ってビスケットを作る。

残りの材料の行方について情報筋は明らかにしていないが、おそらく工場の関係者が横流ししたものと思われる。

子どもはもちろん、大人でも噛めないほど固く「レンガ菓子」と呼ばれているこの菓子は、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)10軍団や、国境警備隊の兵士に配給されているとのことだ。

別の情報筋によると、このビスケットは1キロ4元で売られている。これは、市場で売られている、普通江(ポトンガン)輸出食料工場で作られている「花の露印」という安物のビスケットの半額だ。そのままではとても食べられないので、別のお菓子を作る材料として使われている。

現在、市場で売られている小麦粉は、1キロ3.5元のロシア産のものだが、少し色が黒い。一方、栄養強化ビスケットは白い小麦粉で作られているので、ドーナツ、パンなどを作るのにちょうどいいとのことだ。

ビスケットは、児童養護施設である育児院や中等学院の栄養不足の子どもたちに配られることになっているが、2013年までは兵士たちだけに配給されていた。上官は、休暇中や脱走した兵士の分を市場に横流しして、利益を得ていた。

また、白頭山英雄青年発電所の建設に動員された突撃隊員(建設労働者)にも、WFPの栄養強化ビスケットと粉ミルクが配給されていた。

また、当局は故金日成主席と故金正日総書記の生誕記念日(4月15日、2月16日)に、WFPの工場で製造された栄養強化ビスケットを、指導者からの贈り物として子どもたちに配っていた。つまり、国際社会の援助物資が、体制の宣伝に利用されていたということだ。

このような横流しの事実が知れ渡った上に、相次ぐ核実験、ミサイル発射の影響で、北朝鮮に送られる食料支援は減少しつつある。WFPの今年11月の対北朝鮮食糧援助の量は、前月比で20%減少した。

WFPは、このプロジェクトを2018年末まで行う予定で、1億2900万ドル(約150億円)の予算が必要として、世界各国に支援を呼びかけている。しかし、12月28日現在で集まったのは2420万ドル(約28億1400万円)、必要額の19%に過ぎない。

このままでは、来年4月にプロジェクトの中断を余儀なくされるとWFPは訴えている。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ