2017年01月19日

著名な思想家、哲学者として知られるジョン・デューイ

米紙ニューヨーク・タイムズによると、著名な思想家、哲学者として知られるジョン・デューイ(1859〜1952)だが、1919年には日本に約3カ月滞在し、その後21年まで中国に滞在した。この間に娘に送った書簡は『Letters from China and Japan』という題名で書籍化されている。このたび中国で初の完訳本が出版された。
約100年前の日本と中国をデューイはどのように見ていたのだろうか。デューイは当初、日本の清潔さと日本人の礼儀正しさ、その好対照をなす中国の混沌を描いていた。しかし後になると、軍国主義へと進んでいく日本と変革を求めたさまざまな人々が苦闘する中国という内実に気がついていく。
本書を翻訳したのは日本の広島大学で博士号を取得した劉幸(リウ・シン)氏。デューイに対する研究は中国にどのような影響を及ぼしたかというものが一般的だが、実は中国での体験がデューイに与えた影響についてはまだあまり知られていないと話している。


修行を積んでいない霊感が高いだけの人間は、霊能者から見れば一般人と変わりはないのです。ですので、霊視鑑定が行なえるのはやはり霊能者だけなのです。 素人が霊の怒りを買いますととんでもない祟りを招く事になります。ですので、霊の相談は電話占いの霊能者に任せるべきです。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍晋三、ミサイル売り損なう

安倍晋三、ミサイル売り損なう
野次馬 (2017年1月15日 23:50) | コメント(0)

ドテチンの方がアベシンゾーより100倍も人格者だった、という、まぁ、アタリマエの話なんだが、いよいよアベシンゾーの「中国包囲網」、参加者は日本だけになってしまったw ミサイルを提供するという日本の申し出を、ドテチンが断ったというんだが、武器をチラつかせるのは愚の骨頂で、警戒しなくてもいい相手が警戒してしまう。利口な人間のやる事ではない。つうか、そもそもフィリピンはとんでもない「非武装国家」で、重武装日本とは比較にならない。なんせ、戦闘機を一機も持ってないw もちろん空母もない。タイですら、戦闘機も空母も持っているのにw 島国というのは国境線が確定しているので、よほどの事がなければ戦争にはならないのだ。フィリピン国軍の役目は、自国の内戦でゲリラを退治する事だけですw

ドゥテルテ:私は日本のミサイルオファーを拒否した
ドゥテルテ大統領は、第三次世界大戦を見たくないと述べ、フィリピンにミサイルを提供するという日本の安倍晋三首相による提案を拒否した。
金曜日のダバオ市への安倍首相の訪問の後、同市のマルコポーロホテルで市商工会議所の第49回年次総会に出席したドゥテルテ氏は昨夜の提案を明らかにした。
ドゥテルテ氏は「第3次世界大戦を始めるなら、それは(世界の)終わりになるだろう」と述べ、「実際に私は安倍(首相)にミサイルは必要ないと伝えた」とし、米国とロシアの指導者さえも良好な関係に来ているようだとも指摘した。
ロシアがフィリピンに潜水艦を提供するという提案を申し出たが、デルフィン・ロレンザーナ国防長官は、同国が潜水艦を購入する余裕がないと述べた後、日本の提案があったという
これを受けて、ドゥテルテ大統領は、フィリピンが外国との軍事同盟を締結しないようにする意向を再確認した。
「私は外国の兵士がいない国にしたい。 Ayoko ... sibat na kayo。 (私はそれが好きではない..彼らは行かなければならない)。我々は今は十分だ 」


中国の周辺国で、わざわざ中国と戦争しようなんて国はどこにもありません。日本ですら、アベシンゾー以外はみんな反対だろうw ユダヤの戦争屋に操られたアベシンゾーだけが、ご主人さまが失脚したのにも気が付かず、一人で踊っているw アベシンゾーの「ひとり中国包囲網」w
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6歳アイドルが号泣!フジの捏造で幼稚園に通えなくなるほどのショック状態に

1月15日に放送された古舘伊知郎がMCを務めるバラエティ番組「フルタチさん」(フジテレビ系)にて、最年少アイドルとして話題の、「あいちゃん6さい」が特集された。彼女はまだ幼稚園児ということで、同番組の内容には大きな注目が集まった。

「番組では『あいちゃん6さい』に密着し、彼女がステージで歌う姿やグッズ販売、ファンとの写真撮影の様子などを放送。また会場に来ていたファンである40代男性の『あいちゃんは裏切らない』と語るインタビューなども紹介し、あいちゃんは恋愛スキャンダルからは、ほど遠い存在であることも魅力だと伝えました」(テレビ誌記者)

しかし密着VTRが終了し、カメラがスタジオに戻ると、女子アナウンサーが「ちなみに『あいちゃん6さい』に、幼稚園で好きな男の子いるの? と聞いた所、○○○君が好きと答えていました〜」と発言。あいちゃんの周りにいる男の子の名前を実名で公開したのである。

すると、この放送を自宅で見ていた「あいちゃん6さい」は、その場で泣き崩れたという。

「放送後の1月17日、『あいちゃん6さい』の事務所代表がツイッターを更新し、番組で間違って伝えられた部分があると訂正文を発表しました。それによると、あいちゃんは『好きな人がいる』などとは、一切言っておらず、勝手に男の子の名前を出されたことで『好きな人いないって言ったのに‥‥。なんで嘘を言うの?』『お客さんがかわいそう』と泣き崩れたそうです。そして現在も、あいちゃんは泣き続けており、幼稚園に通えないほどのショックを受けていると明かしました」(前出・テレビ誌記者)

また事務所の代表によると、あいちゃんはアイドルをやっていることに誇りを持っているため、好きな人を聞かれても毎回「いないよ! あいちゃんはみんなが好きなの」と答えているとも綴っている。

番組の意図としては、最後に好きな人の存在を作り出すことで、あいちゃんも普通の女の子ということを伝えたかったのかもしれない。しかし結果的に、事実に反する内容を放送し、彼女を傷つけることになってしまったようだ。
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日のつぶやき






posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄の基地問題が飛び火!吉木りさが“右寄り”番組出演でトバッチリ!?

近年は声優としても活躍するほか、「ラグビー女子」としても注目を集め、デビュー12年目を迎える現在も活動の幅を広げているグラドルの吉木りさ。今や地上波のバラエティ番組でもおなじみの存在となった彼女だが、その芸能活動に支障をきたしかねない「不安要素」が囁かれている。

「彼女のことが心配でなりません。出演している番組が火種となって、本人にも飛び火している状況ですからね」

と語る芸能関係者が、こう続ける。

「TOKYO MXで放送されている『ニュース女子』ですよ。文化人と女性タレントが時事問題について語るトークバラエティなんですが、その内容が一部視聴者から猛烈な批判にさらされているんです。もともと『右寄り』と称される番組なんですが、今年1月2日の放送で『沖縄の基地反対派は、日当を受け取って抗議活動をしている』という趣旨のVTRが流れました。これに基地反対派の団体らが猛反発。その矛先は、出演者である吉木にも向けられ、ネット上では『吉木の出る番組は観ない』という声が上がり始めているんです」(テレビ関係者)

吉木にすれば、とんだトバッチリ。早く鎮火するといいが‥‥。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ