2017年02月14日

野菜の中でも栄養素の含有量がトップクラスのパセリ

野菜の中でも栄養素の含有量がトップクラスのパセリは、健康維持や美容など様々な働きを持っています。
特にβ-カロテンやビタミンC、カリウム、カルシウム、鉄を豊富に含んでおり、サラダやスープ、野菜ジュースなどにプラスするだけで、栄養価がぐんと上がります。

パセリの健康効果
◎生活習慣病の予防・改善効果
◎胃の健康を保つ効果
◎精神を安定させる効果
◎美肌効果
  美肌に導く注目の素材はこちら
◎貧血を予防する効果
◎口臭を予防する効果
◎むくみを予防・改善する効果
◎腸内環境を整える効果


よもぎで
いいだろ
無理やりパセリで作るな


カントン
トンキンは
アイドルも放射能で
突然死
危ないのに
政府の発表に騙されて
あはれ


放射能のせいで
頭がおかしい
カントン人
馬鹿ばっかり


東電のせいで
頭がおかしくなった
カントン
トンキン人
哀れなり


よもぎに含まれるタンニンは小さな切り傷や虫刺されに有効的で、生葉を口でかんで付けると、血止めになります。
昔はよく山に行って、子どもが切り傷を作ったり、虫に刺されたりしたときの応急処置としても使われました。
成熟したよもぎを干したものを、入浴剤として使った「蓬湯」は、


血行を促進させるため、肩こりや腰痛、神経痛、痔などの症状をやわらげる働きがあります。
また、精油成分であるフラボノイドは強い抗菌作用があり、ピネンは炎症を抑える働きがあり、これらが組織に侵入した菌に強い抗菌作用を示しすり傷、切り傷の止血や殺菌作用にも効果的で、また、保温・発汗・解熱作用のある成分も含まれています。
そして、ヨモギの葉の香りはストレス解消や安眠にもよいといわれています。


フクシマの原発大爆発で
トンキンは死の街になったのに
衆愚の土民達は
その事実も知らされず
アンダーコントロールだと
信じているが
それは大きな間違いだぞ
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポックリ病には次のような特徴があります。

致死性の不整脈って怖すぎる


不整脈はどうすることもできないな


大雑把にいうと心臓発作だろ?


体調不良とは別件?


不整脈か冬だしな
自分も心臓痛くなるときあるわ


おれも夜中胸が痛くなって起きることあるわ


うまい病名みつけたな。
これで沈静化するだろうは


もともと心臓が悪かったのかな


持病持ちだったの?
18歳で死ぬのわけわからん


こんなの発作起きたらAEDでもないとどうもならなそう


心臓止まってから不整脈って診断したのかー、すげーなー(棒)


自宅で発症したのがツイてなかったな
劇場とかでぶっ倒れた方がAEDの恩恵を受けられそう


無理なダイエットでもして、
心臓に過度な負担をかけていたんじゃないかな。


放射能確定だな


不整脈に致死性とかあるんか


 ポックリ病には次のような特徴があります。
   1) 頻度:東京都で年間約100例。
   2) 発作時の身体状況:一見、健康であるが、30%に心身疲労がある。
   3) 年齢:60%が20歳代で、20〜30歳代が大部分を占める。
   4) 性別:男女比は14:1で、圧倒的に男性に多い。
   5) 発生月:4〜7月が多い。
   6) 発生時刻:85%が夜間睡眠中に発作を起こす。ことに0〜6時が多い。
   7) 発作時の症状:下記のような症状が多く認められる。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水富美加、肌の露出や低賃金不満…「死にたい」

 宗教法人「幸福の科学」の活動に専念するため芸能界引退を表明した女優清水富美加(22)は12日、教団を通じて自筆のコメントを発表した。本人に代わりこの日会見した教団側は、2月末での契約解除意思を通達したことを明らかにし、彼女が仕事を選べなかったことや、給料への不満が同教団への出家につながったと説明した。

 幸福の科学側は、専務理事広報担当の里村英一氏(56)と清水の代理人弁護士の佐藤悠人氏(58)が会見した。清水の自筆コメントを配り、出家に至った理由として、仕事を選べなかったこと、給料への不満の2点を主張した。

 仕事に関して「性的対象にされるのが嫌で拒否したのに、ブルマーやスクール水着の仕事を入れられた」「人を食べる役(映画「東京喰種」)など、道徳に反する」などと話した。給料については「当初歩合制も、稼ぐようになったら月給制になり、1カ月毎日働いても月給5万のボーナスなし」と主張した。

 清水はこうした対応に耐えられず、7、8年ほど前から「死にたい」と漏らすようになったという。これにマネジャーは取り合わなかったと主張した。

 「幸福の科学」大川隆法総裁の著書「清水の守護霊と話した」を受け、清水は出家を決意したという。「千眼美子(せんげんよしこ)」という法名も与えられた。現在は自宅療養しており、事務所には2月1日に、月末での契約解除を通達。契約には「2週間前までに申し出れば解除可能」という民法の規定が採用されると主張した。

 今後の仕事について里村氏は、現在撮影中の映画は「(出演しないと)ご理解いただきたいと思います」。撮影が完了している3作品については「(公開を)やめろと言える立場にないので、申し上げることはない」とした。さらに、契約解除成立後は「(映画の宣伝活動などを)致しかねると申し上げております」。また、清水は教団の映画などに出演する意向だという。

 ◆清水富美加(しみず・ふみか)1994年(平6)12月2日、東京都生まれ。3人姉妹の末っ子。08年に所属事務所主催のオーディションを受けたことをきっかけに、芸能界デビュー。ファッション誌「ラブベリー」のモデルとして人気を集め、10年「熱いぞ!猫ケ谷!!」でドラマ初出演。映画「HK 変態仮面」(13年)ではヒロイン役を演じる。15年、NHK連続テレビ小説「まれ」で主人公の同級生を好演し、人気を博した。愛称「ふみカス」。162センチ、血液型A。

 ◆出家 教団によると、世俗を断って、教団に専従すること。清水も出家すると宗教家として活動することになり、これまでの活動と並立はなくなる。主な活動は、信者に法を説いたり、同教団が取り組んでいる自殺を減らす運動、震災など有事の際の救済活動への従事など。生活は僧坊(社宅のような居住空間)に住む場合もあるが、自宅から通う人もいる。心を磨く研修や英語の試験なども行われ、賃金も支払われる。


芸能界って
恐ろしいところだね


能年
千眼
次はガッキーか


1カ月毎日働いても月給5万のボーナスなし


月給5万ってレプロ側も認めてるんだよな
レプロ弁護士「でも住居や衣装代は事務所が出してるんです」(キリッ
テレビ見ててびっくりした


夢や情熱を餌に雇用契約させる業種は碌なことがない
サービス業全般にも言えることだが


最近 レプロ辞めて、乃木坂に入った 16才のやつがいるな


嘘でしょ
本当だったら怖いわ
パートのおばさんでももっともらってるw


能年もあまちゃん時代に月五万だったって話あったよな
マトモじゃねえよこの事務所


ところが清水富美加が消えようと誰も困らないし
数週間後にはほとんどの人達の関心から消え去る


普通に労働基準法違反じゃないの?
最低賃金下回ってるよね?


労働基準法には
該当しないんだよ
タレントはそれぞれ個人事業主ってことに
なっている
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日のつぶやき


















posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滑稽で惨めなリコー転落物語の始まり

滑稽で惨めなリコー転落物語の始まり
・構造改革という名の職種転換、実質はリストラ
・失敗の総括なしで「基本的に正しかった」という反省のなさ
・責任を取らない無能経営者の愚行の繰り返し
・思い付きの改革案で社員のやる気、一体感のなさ、冷ややかな目
・社内に残っていれば悲劇を味わい、社外から見れば喜劇が味わえる


シャープと似た運命辿るんだろうね
複合機事業の中でリコーが一番最初に悲鳴あげて
海外に身売りするか産業革新機構に身売りするか選ぶことになる
紙は無くならないものの新規開発に金かけても
元が取れないってことにやっとそこで気づかされて、
保守だけやる会社として整理されるか
保守部門だけ同業に売るか、
もしくは同業の保守部門と統合した会社を産業革新機構が
テコ入れ


本社の社員が天下って、子会社の社員をリストラする予定だよ。玉突きで子会社の従業員や外注は引き継ぎマニュアルを作らされて来年の3月までには切り捨て。子会社のスタッフはマジで覚悟したほうが良い。

派遣業で儲ければいいなんて甘過ぎ。
そもそもリコーで客先常駐スキルがある人間いないから。介護でもお断りレベルだと思う。


客先常駐で
コピーとれば
ええやん


リコーは結構給料良いからね。

すべてにおいてキヤノンに負けてるけど、
平均年収だけは50万円くらい勝ってる
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ