2017年02月16日

金正恩元帥が地対地中・長距離戦略弾道ミサイル「北極星2」型の試射を現地で指導

金正恩元帥が地対地中・長距離戦略弾道ミサイル「北極星2」型の試射を現地で指導

【平壌2月13日発朝鮮中央通信】朝鮮式の新しい戦略兵器システムである地対地中・長距離戦略弾道ミサイル「北極星2」型の試射が12日、成功裏に行われた。

朝鮮労働党委員長、共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官である党・国家・軍隊の最高指導者金正恩元帥が、地対地中・長距離戦略弾道ミサイル「北極星2」型の試射を現地で指導した。

最高指導者は、昨年8月、戦略潜水艦弾道ミサイルの水中試射で収めた成果に基づいてこの兵器システムを射程を延ばした地対地弾道ミサイルに開発することに関する課題を提示した。

最高指導者は、地対地中・長距離戦略弾道ミサイル「北極星2」型の開発状況の報告を受けて試射の日を自ら定め、その準備を現地で直接指導した。

最高指導者は、発射当日、試射に先立って軍需労働者階級が自らの力と技術、知恵でつくったキャタピラー式弾道ミサイル自走発射台車を見て回った。

最高指導者は、監視所に上がって地対地中・長距離戦略弾道ミサイル「北極星2」型の試射計画を具体的に了解し、発射開始の命令を下した。

今回の試射を通じて地上での冷発射システムの信頼性と安全性、大出力固体エンジンの始動特性を実証し、能動区間飛行時の弾道ミサイルの誘導および操縦特性、大出力固体エンジンの作業特性、階段分離特性を再確認した。

また、より能力が向上した核弾頭装着が可能な操縦戦闘部の分離後の中間区間と再突入区間での姿勢操縦および誘導、迎撃回避機動特性などを検証し、新しく設計、製作した自走発射台車の機動および運営状態を極悪な地上環境の中で試験、完成し、実際の弾道ミサイルの発射を通じてその技術的指標を完全に確定した。

地対地中・長距離戦略弾道ミサイル「北極星2」型の試射は、周辺国家の安全を考慮して射程の代わりに高度を高める高角発射方式に行われた。

最高指導者は、新しく開発した地対地中・長距離戦略弾道ミサイル「北極星2」型は作戦利用に便利でありながらも打撃の迅速性を保障できる朝鮮式の優れた兵器システムであり、発射台車と弾道ミサイルの設計と製作、発射に至るまですべてのものが100%われわれの知恵、われわれの力、われわれの技術によって開発された名実ともにチュチェ弾、チュチェ兵器であるとし、わが祖国の強大な力を増すわれわれの威力ある核攻撃手段がもう一つ誕生したことに大満足の意を表した。

最高指導者は、今やわれわれのロケット工業が液体ロケットエンジンから大出力固体ロケットエンジンに確固と転換され、見本模倣型ではなく開発創造型工業に非常に強化発展したと述べた。

新しい戦略兵器システムの開発によって今や、わが人民軍は水中と地上の任意の空間で最も正確で、最も迅速に戦略的任務を遂行できるようになったと述べた。

最高指導者は、試射後、地対地中・長距離戦略弾道ミサイル「北極星2」型の試射に参加した国防科学者、技術者と軍人と共に記念写真を撮った。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

共産党一党独裁の中国を取材して「被害者」の証言を聞き、同紙夕刊に『中国の旅』

 本多氏は、日中国交正常化(1972年9月)前の71年6月から7月、共産党一党独裁の中国を取材して「被害者」の証言を聞き、同年8月から12月、同紙夕刊に『中国の旅』を掲載した。そこで記された残虐行為は、衝撃的だった。

 後に出版された単行本『中国の旅』(すずさわ書店)のあとがきで、本多氏は《本書は中国側での取材にもとづいて報告しています》(370ページ)と記している。確かに、南京事件の犠牲者数「約30万人」も、南京港務局内河船員の証言のくだりで突然登場する(292ページ)。

 そこには、(注2)とあり、324ページで《正確な数字はむろん知るよしもない》と書き、中国側の発表《四三万人》東京裁判の判決《一一万九〇〇〇人》という数字も記している。

 旧日本軍兵士の行為も、にわかには信じがたい内容だ。

 例えば、《日本軍の強制連行に反対した労働者が、その場で腹をたち割られ、心臓と肝臓を抜きとられた。日本兵はあとで煮て食ったという》(293ページ)とある。日本人の感覚からは考えられないものだ。

 長谷川氏が疑問視するのは、本多氏の取材手法だ。

 連載当時には、南京攻略戦に参加した旧日本軍将兵や、従軍取材した朝日記者も存命していたと思われる。同書を読む限り、裏付け取材などの形跡は見当たらない。

 どうして、これが許されたのか。

 長谷川氏は「当時の広岡知男社長は『親中国』というより『親中国共産党』という考えの人だった。そして、本多氏は朝日新聞のスター記者だった」といい、続けた。

 「朝日内部でも、『おかしい』と思った社員がいなかったわけではないと思う。ただ、それを表立って口にする雰囲気ではなかった。『本多勝一』という有名人、その背後には広岡社長がいた。こうした環境では、本多氏の先輩であろうと、ましてや後輩に至っては『変じゃないか』とは口に出せなかった。それが、長期連載された最大の理由だと思う」


TV朝鮮によると、正男氏は13日午前9時、マレーシア・クアラルンプール空港で2人の女によって毒針を刺されて死亡した。容疑者の女2人は犯行直後、タクシーで逃走した。

来るね
毒針殺害ブーム
日本人も注意な


毒針殺害ブーム

真田丸でも
加藤清正が
毒針で殺されたな
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日のつぶやき


















posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もはや他人事の西田厚聡氏

>今回の損失発生は判断を誤った経営陣の責任が大きく、


↓もはや他人事の西田厚聡氏

──東芝が解体に向かう現状について聞きたい。
「解体とはどういう意味ですか。分社化や売却がなされるかは僕にはよくわからないですよ。
僕はもう1年以上前に東芝を退職しているから、東芝とは何も関係がないんです。
新聞くらいしかニュースソースがありません」

──社長時代に買収したWHの巨額損失が今回の騒動の発端になっている。
「買収した際には、その時点での最適な経営判断をしたつもりです。
原発事業は非常に長いタイムスパンで考えないといけない。
結果的に20年経ったらあの判断は『間違っていた』とか良くも悪くもないとか、判断されるんじゃないかな。
そういう“見る目”が広げられるかどうかでしょう」


こいつ1人のおかげで19万人が失業の危機( ´,_ゝ`)


東芝本体は会社更生法が着地で、原子力以外の事業バラ売り、不要社員は指名解雇でしょ。割り増し退職金はもちろんなし。
会社更生法になれば安く買えるから引受先が一番喜ぶ。


384 : 名無しさん2017/02/08(水) 12:59:23.16 ID:ONGvbZly0
・役員報酬大幅カット
・売れる事業は売っている
・従業員のボーナス半分カットしている

経営不振でやれることはやっているから
合理的な解雇事由が適応出来そうだ


安倍政権は、懸命に原発の海外への売り込みを行いましたが、その背景には、破綻してしまった原発事業を何とか復活させたいという霞が関の意向があったのです。米国に引かされたババ抜きのババを、何とか利益を生み出す事業に転換させたいという必死の思いがあったのです。
しかし、それは見果てぬ夢に終わりました。毎年コストが下がっていく風力や太陽光発電と比べて、事故のたびにコストが上がり、厄介な使用済み核燃料を残す原発とでは全く勝負にならないのです。福島第一での事故は、時間の問題でしかなかった原発事業の破綻を大幅に加速したのです。
そんな理由で、1兆円を超えるまでに積み上がったウェスティングハウスの「のれん代」は、「いつかは損失として計上しなければいけない爆弾」として東芝のバランスシートに残っていたのです。


東芝の米原子力子会社ウエスチングハウス(WH)が中国で建設している4基の原発で、工事の遅れが深刻化している。東芝は米原発事業を巡る損失が最大7000億円に拡大する見込みだが、中国でも同様のリスクを抱えていることが鮮明になった


米原発事業では工事の長期化により、建設に携わる人件費などが想定を超えて膨らみ、巨額の減損損失計上を迫られようとしている。計画が当初予定から大幅に遅れているのは中国も同じだ。東芝の関係者は「建設コストの超過を巡って中国で争いになったら、WHに勝ち目はない」と話す。

東芝は2月14日に、2016年度第3四半期決算と「原子力事業におけるのれん計上額」などを発表する予定だ。米国だけでなく、中国での原発プロジェクトについても適切な情報開示が求められている。


中国でも原発事業で大穴
2月14日には同時開示って
底なしの減損地獄だよ


東芝は国の管理下に置かれるという極秘情報が入った。
国営企業として今後債務返済スキーム固める


一体どれだけ減損したら
気がすむのか
ふざけるな 東芝


去年はもっとチャレンジしろ
と言って大幅減損して
今期はお荷物の原発事業で大幅減損
第3四半期で債務超過転落は
わかったが、3月末の資本増強策は
進まず
どうなっているんだよ


こうなったら
減損額世界一を目指して
もっとチャレンジしろよ 東芝


無敵の王者 東芝われら〜
TOSHIBA VICTORY〜(笑)


東芝社歌

光り満ちわたれ はてなくとどけ
わが生む光 希望をこめて
いま新しき 地上を照らす
誇ある東芝 心を集め
進み行く東芝 その名ぞ永遠に
東芝応援歌「東芝の旗の下に」


1.満ちたり力 秋(とき)はよし
鉄塁なんの 事やある
紺碧の空 旗のもと
断じて撃たん 旗のもと
無敵の王者 東芝われら

2.まなじり上げて 立つところ
栄冠つねに ここにあり
かがやき光る 旗のもと
断じて撃たん 旗のもと
無敵の王者 東芝われら
「勝利の歌」TOSHIBA VICTORY

チャレンジだよ
歌おう 今こそ 肩組み 声をあわせ
叫べ 今こそ 歓喜の コール
T・O・S・H・I・B・A 東芝
歌おう みんなで 勝利の歌を
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ