2017年03月28日

2017年03月27日のつぶやき




























posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昭恵夫人への忖度か?岡山県の農村に「EV車50台」の謎

そこら中で燻る「第二の森友」問題

なぜこの農村が選ばれたのか?

「こんな田舎の田んぼに、『なんでトヨタが車を寄付してくれたんか』と思うたが、森友学園騒動を見て、なるほど『(安倍晋三首相夫人の)昭恵さんへの配慮か』と、得心が行きました」

こう感想を漏らすのは、岡山県北東部に位置する美作市の市議会関係者である。

美作市は、約2万7000人と県内で最も人口の少ない市であり、農業、林業が主な産業。1000年以上の歴史がある上山地区の棚田は8300枚もあり、日本を代表する田園風景だったが、多くが耕作放棄され、荒れ果てていた。

その棚田を、地域の産業復興、自然環境保全の観点から、都市からの移住者と地域住民と行政が協力し合って再生させようという試みが07年から始まり、NPO法人「英田上山棚田団」が活動を始めた。

山口県下関市に「昭恵農場」を持ち、田植えや稲刈りなど農作業を行っている昭恵夫人は、この運動に共感、2013年2月、初めて上山を訪れて、地域農業復活の為に一緒に活動することになった。棚田団の名誉顧問にも就き、15年3月には、上山地区の活性化や美作市の知名度向上に尽力したということで、美作市から功労表彰された。

その首相夫人が支援する棚田に、現在、1人乗りで小回りが利くトヨタグループの超小型EV(電気自動車)車の「コムス」が導入され、走り回っている。助成しているのは、モビリティ社会の実現とモビリティ格差の解消に貢献することを目的に設置されたトヨタ・モビリティ基金(TM基金)である。

TM基金は、14年8月の設立以来、タイやベトナムで交通渋滞緩和に関するプロジェクトに助成、15年12月、国内では初めて美作市の「上山集楽みんなのモビリティプロジェクト」に助成することになった。

助成先は棚田団とみんなの集落研究所。助成期間は約4年間で助成金額は2億2000万円。中山間地域の移動の仕組みを構築し、最大で50台のコムスを導入、カーシェアリングの要領で、住民が日常生活、農作業の「足」として利用する。

棚田の再生、農村の再構築、それを実現するための住民・農民の「足」の確保――。誰も反対することはない「良いプロジェクト」であり「望ましい助成」である。ただ、それがなぜ美作市上山地区だったのか。

TM基金は、「広くヒヤリングを行い、助成テーマを探すなかで、みんなの集落研究所の紹介を受け、上山地区の棚田の復活に取り組む英田上山棚田団の活動支援に至った」と、答えるものの、全国に数ある「過疎の村の再生事業」のなかで、なぜ上山地区か、という疑問を解消するに至らない。

冒頭の市議会関係者が続ける。

「結局、首相夫人の名前が有効だったん違うか。昭恵さんが、トヨタに頼んだかどうかは知らん。ただ、そんなことはせんでも、『首相夫人が力を入れているんやから』と、配慮するもんでしょう。森友学園で国有地が格安で払い下げられたり、小学校に認可が下りたりしたんと同じ理屈じゃないかと思う」

TM基金は否定する。私は質問書を送り、「棚田団への選考過程で、政治家や官僚からの推薦、支援、口利きはなかったか」、及び「安倍昭恵夫人が名誉顧問を務めていることに関し、なんらかの配慮はなかったか」という二点を質したが、「一切ございませんでした」と答えた。

棚田団も同様で、助成に関しては「07年から続けてきた棚田再生の活動が世間に認められた」ことを強調、「TM基金への申請に関して安倍昭恵さんのお名前は一切だしておりません」と、付け加えた。

おそらく、ここに森友学園騒動を巡る問題の根が潜んでいる。

◇「最強の私人」であるがゆえに

森友学園は、籠池泰典理事長夫妻の強烈なキャラクターに加え、財務省や大阪府の官僚の不可解な対応、8億円の国有地値引き、三つの工事金額、補助金不正受給などが絡み、事件化は確実な情勢で、「のどかな過疎地の移動手段の助成」とは、一見、比較にならない。

しかし、安倍首相の一強政治が続く間に、行政の官僚は、首相夫妻に関するものなら、私事に至るまで「配慮」や「忖度」を働かせてきた、ということだろう。昭恵夫人は、フェイスブックで16年2月、石破茂地方創生担当大臣が美作市を訪れ、コムスに乗っている写真をアップしている。そうした夫人の持つ“政治力”が、助成につながったという想像が生まれるのも無理からぬところだ。

また、昭恵夫人のホームページには、農業、福祉、教育、原発、災害復興などでの様々な活動が紹介されており、「名誉校長」「名誉顧問」など、選考過程に組織決定が要らず、互いの了解だけで名乗ることが許される「名誉」がつくものが数十に及ぶという。

その活動の基準は、昭恵夫人にとって「正しい」ものである。スピリチュアル界の有名人である故・江本勝氏の影響を受けたという昭恵夫人は、物質欲に縁のない高い精神性を持つものに傾倒。だから農業は有機農業であり、絆を大切にする農村の秩序を重んじ、反原発、反防潮堤、医療用大麻に理解を示す。

そこに思想性があるわけではない。そのため、森友学園の園児たちが、教育勅語をそらんじ、礼儀正しく挨拶し、「安倍首相バンザイ」と両手を挙げる光景が微笑ましく、名誉校長を引き受けてしまった。

その天衣無縫の振る舞いが、「家庭内野党」として安倍政権の人気を底支えしてきたのだから、今回の騒動は、「私人」として放置してきた安倍首相の責任でもある。

「命じられてやる」のは良い役人ではない。察知して先回りし、作為と取られない形で忖度し、有力政治家の意を満たすのが、優秀な良い役人である。今回の森友学園はそうした忖度が生んだ事件といっていい。

そして、「最強の私人」である昭恵夫人が、あまりに活発に活動するので、規模の大小、質の善し悪しを問わなければ、「第二の森友学園」を疑わせる事例は、いくつでも転がっているのだ。


下地なんて土人
言っている事にも内容はないし
維新支持者として
大変恥ずかしいです
維新の名を穢していますね


森友の次は加計をやれよ
どんどんボロが出てくるぞ
安倍退陣まで秒読みだ


安倍マリオ死亡wwwwww


昭恵夫人の口止めメールが
決定打になりましたね


これで解散総選挙だな


安倍内閣オワタ
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

自民党政権誕生で遠のく“社会”

自民党政権誕生で遠のく“社会”
自分の生活は自分で守るしかない

 関西に住む、別の30歳代の男性も、非正規雇用の職に就いていたものの、会社の事情で辞めざるを得なくなり、次の職場がなかなか見つからず、数年にわたって「引きこもり」状態にある。自立をしようと考えるものの、なかなかうまくいかなかったという男性は、「怖さを感じてしまった」と話す。

「強制労働をさせられるようになるのではないかとかいう言説も、ネット上には溢れている。情報がないので本当かどうかはわからない。ただ、徴兵制とかになるのではないかとかいう声もある。若干、あきらめかけていた部分もあるんですが、今後、本当に仕事に就くことができなくなるのではないかという複雑な思いがあるんです」

 今回の選挙結果を受けて、虚ろな社会がますます遠のいていく。そんな不安を感じると、彼は明かす。

「どうやったら、今の状態から抜け出せるのか、自分でもわからない。でも、また企業中心の世の中に戻るのではないか。こっちには目を向けてくれないのではないかという不安がありますね。もしも最低賃金制度の廃止にでもなったらいちばん怖い。もう生きていけなくなるのではないか。生活保護は、敷居が高いイメージがあるので…」

 これまで「引きこもり」問題や「貧困」「障害者」といった弱者の支援のために、熱心に奔走してきた政治家もいた。

 東北地方で支援活動を続ける当事者グループの代表は、こうショックを隠さない。

「引きこもり問題の解決のために、一生懸命に取り組んで来られた初鹿明博議員(当時民主党議員、解散後は離党して日本未来の党へ)が落選したことが、大変残念でした。この問題に理解のあった民主党政権には期待していただけに、今回、自民党政権に代わって、引きこもり問題がどうなるのか、とても心配しています。ただ、公明党の山本博司議員(参議院)も熱心に支援してくれていますし、これからの政権がどういう対応をするのか、注視したいと思っています」


この売り手市場に
非正規ってまさにゆとり世代の
汚物


引きこもりは自民も民主も関係ない
いつの時代にもいただろうし
ネットの時代はますます増えるだけ
都市環境の引きこもりは見た目が悪いが
農家の倅とかふつうにいたよ
時々収穫や仕分けを手伝っている程度の


風来坊というか旗本退屈男みたいな兄ちゃんが
作家活動やったり演劇やったりサーフィンやったり
今はそんなことが許されない時代なのかな


食えないやつはどうしょうもないが
引きこもりでも食えてるんだったら
何も押しつけがましいこと言っても効果はないだろうな
本当にやばかったらのたれ死んでいるよ



政党の問題というより人口動態をベースとした
資本主義経済の在り方の変容の問題であり
本当に改革目指すなら大局的な視点から論ずるべきであり
結果をほじほじしても解決の目途はたちにくい

木を見て森を見ず 

自民党より民主ならさらに悪かったろう、いわんや民進まない党なら
「ジ・エンド日本」の歌が聞こえることになる


563 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 16:22:47.24 ID:juHuvN3I0
誰か知ってたら教えて
この近辺の土地を国は誰から幾らで購入したの?
瑕疵担保責任があるのなら、国に売却した奴の責任は?
このゴミは誰が埋めたの?なんで報道されないの?


埋立地やごみ処理場跡地は
国民の財産ではなく国民の負債
これをうまく大学誘致させたりするのがプロの行政マン
神戸ポートアイランド博覧会や大阪の花博なんて
ゴミの集積地だったところ


航空騒音、沼地でゴミ捨て場
元々産廃柄みの不良財産を地元の地価に影響を与えず小学校に
ロンダリングしようとしたのは役人の手柄ではないのか?
あっちもこっちも重箱叩けばでるし
近隣の地価の影響を考えたら公に出来なかったむしろ
ここら辺りに闇の力が働き早く決着つけろと迫ってチャンチャン
なんだが


今回の出所って
あのアサヒ系なんだろ
まあ政権憎しでワンワン吠えて
なんとか結び付けようとはいいが
ゴミがある土地は基本安くなるのは当然なんだが
なんか馬鹿な国民に焚きつけて大騒ぎしてるが
それをいったらあっちもこっちもそっちもそうなんだよ
やるからには全国津々浦々ここもあれもと学校
公共施設 会社 工場探しなさい 笑
それを騒がないと なんかおかしいぞ 笑
このての奴等はいつもそうだ 全てが中途半端
それも 胡散臭い己等の私情と飯の為だけ
売却にあたって
民間では事故は告知 埋設物は所有者の自己処理 遺跡調査も大半は自己負担
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子高生に痴漢横浜市教委、小学教諭を停職

横浜市教育委員会は22日、相鉄線車内で女子高校生に痴漢行為を行い、現行犯逮捕されたとして、市立菊名小の男性教諭(44)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。男性教諭は同日付で依願退職した。

市教委によると、平成28年11月に相鉄線車内で女子高校生に痴漢行為をし、警戒していた鉄道警察隊員に取り押さえられた。同年12月に不起訴処分となったという。

北部学校教育事務所の前田崇司所長は、「このようなことが起こったことは誠に遺憾。教職員一人一人が自らを厳しく律するよう指導してまいります」とコメントした。


迫田は
変なハゲ方してるから
クロだな


政治家に、公務員が、籠池に振り回されてるのが滑稽だな

放火魔の籠池のマッチをマスコミがガソリンとライターに持ち替えさせて

籠池が放火した後に更にガソリンをまいてるのがマスコミと野党


自衛官が少年にわいせつ航自新田原基地/宮崎

18歳未満の少年にわいせつな行為をしたとして、航空自衛隊新田原基地(新富町)は21日、航空救難団新田原救難隊所属の甲斐雄己3等空曹(31)を同日付で停職6日の懲戒処分にしたと発表した。

処分理由は2015年12月4日午後9時50分から同10時20分ごろ、宮崎市内の公園駐車場に止めた車内で、インターネットの交流サイトで知り合った県内の少年(当時17歳)に、わいせつな行為をしたとしている。新田原基地によると、甲斐空曹は認めているという。

宮崎南署が昨年9月5日、県青少年育成条例違反容疑で逮捕。宮崎簡裁が同罪で罰金20万円の略式命令を出していた。


ろくでなし子騒動におけるしばき隊との討論会
ろくでなし子の代理人をつとめている。2015年11月、ツイッターでろくでなし子が「ぱよぱよちーん」とツイートしたところ、しばき隊員からTwitterで次々と誹謗中傷を受けるという被害にあい、また、弁護士の高島章も、新潟日報報道部長をつとめる「闇のキャンディーズ」と名乗るしばき隊員から中傷を受けていた[26]。2015年12月に新宿の居酒屋で開催された、ろくでなし子、高島章、野間易通、ノエル(ハンドルネーム)らによる討論会に参加した際[27]、野間易通が一時間半遅刻して[28]、到着するなりノエルのカメラを倒してノートパソコンを閉じる行為でたことを「実力行使」と発言している[29]。ろくでなし子を「集団で攻撃する」野間らしばき隊の行為を咎められたことについて、野間は「何故?」といい[30] 、「高島章弁護士と話す価値がない」などと対話を拒否した[31] 。これについて山口は「野間さん、ついに議論に応ぜず。逃げたと言われないためだけに来たとしか思えません。」と評価している[32]


今夜も
ご覧頂き
ありがとうございました
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日のつぶやき












posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ