2017年03月03日

◆毎回、韓国勢力に嵌められる日本企業◆

  ◆毎回、韓国勢力に嵌められる日本企業◆

【東芝】 2015年。在日支配下マスゴミの東芝バッシングと米国での韓国系による巨額訴訟。
韓国が最も欲しているのが「核、再処理(プルトニウム)」と「原発輸出」であり
その為にも東芝を潰して韓国勢力の物にする必要がある。(東芝は世界一の原発メーカー)

【エルピーダ】 2012年。DRAMでサムスンの最大のライバルだったエルピーダが
「朝鮮人政党の民主党政権」の超円高により経営危機に陥り潰されました。

【グリコ・森永・明治】 1984年。韓国系ロッテのライバルだったグリコ・森永・明治のお菓子に
青酸カリ事件が相次いで起きだが、なぜか「韓国系ロッテだけが無傷」で業績を伸ばしたのは有名な話。

【ライブドア】 2006年。孫正義Yahooの最大のライバルだったライブドアも
マスゴミによる『粉飾決算疑惑バッシング』で潰されました
※時価7千億のライブドアは、その後 韓国NAVER(現在の『 LINE 』)がたった63億で買収(孫正義の手下)。

【不二家】 2007年。 コージーコーナー(韓国系ロッテ)のライバルだった不二家。
「在日局のTBS」で、みのもんたが「不二家がチョコを再利用した」などと捏造報道までして
雪印のように集団食中毒事件を起こした訳でもないのに な ぜ か 不二家を叩きまくり経営危機。

韓国・在日勢力に都合悪い「ライブドア」と「東芝」が
共に粉飾決算疑惑(マスゴミの大バッシング)で経営危機に陥ったのは、もちろん偶然ではない。

日本のマスメディアが在日の支配下にある限り、いつでも同じことが繰り返される。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪の枢軸 朝鮮自民党を討伐せよ

悪の枢軸 朝鮮自民党を討伐せよ

野次馬 (2017年2月28日 19:48) | コメント(0)

なんか、この話題ばかりで申し訳ないんだが、アベシンゾーの首が飛ぶまでの辛抱ですw 青山繁晴がアベシンゾーを捨てて寝返った、というんだが、逃げ足の早いやっちゃw ところで新自由主義というのは、小さな政府が身上で、何でもかんでも民間に投げるわけだ。たとえば水道。ウチも地方自治体の上水道関係の事業をやっているので良く知っているんだが、あいにくと三島は全部井戸水なので、外資に乗っ取られる心配がなくて幸いですw 井戸水を水源としていると、浄化する必要がないので、わずかに塩素入れるだけ。元々コストがかからないので、民間に出したところで、旨みがないw 東京とか大阪みたいに、汚れた川の水を水源としていると、浄化にコストがかかるので、こういうのが民営化されると美味しい仕事になる。そんな中で、教育というのは民間に投げてはイケナイ代物だと思うんだが、それを民営化して、一文無しが全額補助金で学校作れるようにしよう、というのが、新自由主義の維新が考えた金儲けです。

 森友学園の土地取引に関する動きと安倍晋三首相の日程に、微妙にリンクする面があると、ネット上で話題になっている。
 発端は24日の衆院予算委員会。共産党が15年9月4日、近畿財務局で局側と学園側が協議したのではないかと指摘した。
財務省は記録は残っていないと述べたが、首相動静によると、首相は前日の3日に官邸で財務省の理財局長と面会。4日午後には大阪を訪れ、テレビ出演や会食を行った。学園との接触記録はないが、国会会期中では異例の日帰り訪問と報じられた。昭恵夫人は自身のSNSで学園での講演の写真を5日にアップしている。


日本中の小学校が民営化されれば、どれほど大きな利権にになる事かw アベシンゾーは頭が悪いというんだが、こういう儲け話にはさとい。すぐに乗って来たw まぁ、そんなところだろうねw
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日のつぶやき










































posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「民主朝鮮」紙 新世代に領土強奪の野望を植えつけようとする日本政府の策動を糾弾

「民主朝鮮」紙 新世代に領土強奪の野望を植えつけようとする日本政府の策動を糾弾

【平壌2月28日発朝鮮中央通信】去る14日、日本政府は独島を「日本の領土」にわい曲して明記した初等学校と中等学校の学習指導要領解説書を公開した。

28日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、軍国主義海外侵略の野望を実現しようとあがく日本が「独島領有権」を主張して領土強奪の野望を露骨に表したのは昨日、今日のことではないと指摘した。

今も日本は、「独島領有権」を主張する宣伝物を国際社会に流し、一つの地方自治体が行ういわゆる「『竹島の日』行事」に政府閣僚を参加させることによって「行事の格」を高めるなど「独島領有権」主張のベールをかぶった領土強奪の野望に合法性を付与しようとやっきになっていると明らかにした。

論評は、日本が初・中等学校の生徒が利用する教科書に「独島領有権」主張を表記するのが単に、誰それの認定を受けることに目的があるのではないとし、次のように強調した。

独島は「他人に強奪された地」であり、それを取り戻さなければならないという考えが新世代の頭の中に毒キノコのように根を下ろすようになり、日本の反動層が押し立てる軍国主義の思想的毒素が容易に浸透するようになるであろう。

教科書に「独島領有権」の主張をあくまで明記しようとする日本政府が狙うのがまさにこれである。

日本は、はっきり知るべきである。

新世代に軍国主義思想的毒素を注入させるのは、日本の未来を滅亡の奈落へ進ませる愚かな自滅行為である。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ