2017年03月12日

主犯は安倍晋三で確定

主犯は安倍晋三で確定
野次馬 (2017年3月 9日 21:29) | コメント(0)

今夜はBSフジで2時間のカゴイケ特集w 民進党の福山が出て、かなり突っ込んだ話になっている。順調に暴かれて行ってますね。国会でも、「疑惑の3日間」について、徹底的に追求して欲しい。そもそも会う必然性のない財務省理財局長を呼び出して首相は何を話したのか。この時だけでなく、安倍首相は何度も、理財局長と会談しているんだが、その多くが、つうか、全部が、国有地の払い下げ関係だったのではないか?

学校法人「森友学園」(大阪市)が新設予定の小学校の建築費をめぐり、国と府に対して金額が違う工事請負契約書が提出されていた問題で、学園側が日付が同じで金額だけが異なる「工事請負契約書」をもう1枚作り、予定地近くの大阪(伊丹)空港を運営する「関西エアポート」に助成金を申請していたことが分かった。
建築費用の額が「3通り」あることになり、府教育庁は学園側に確認を求める方針。
府教育庁などによると、学園側は府教育庁に建築費を7億5600万円とする工事請負契約書を提出。
2月22日に開かれた府の私学審議会に提出した資料にも同様に記載していた。
しかし、補助金を申請した国土交通省には、23億8464万円とする契約書を提出していたという。


産廃錬金術と補助金詐欺の合わせ技w やり過ぎw しかも詐欺師グループの統括が現役首相w 前代未聞の不祥事ですw アメリカも見放さざるを得ないだろうw
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田んぼに園児を突き落とす、バケツで頭から水を掛ける、森友学園の教育内容が完全に幼児虐待

田んぼに園児を突き落とす、バケツで頭から水を掛ける、森友学園の教育内容が完全に幼児虐待
http://buzzap.jp/news/20170307-moritomo-abuse/


アッキード事件で終わりなき大炎上を続ける森友学園。安倍首相が個人的な関係を否定しながらも「しつけ等をしっかりしているところに共鳴した」と国会で発言したこの森友学園ですが、誰がどう見ても完全に虐待でしかあり得ない「教育」をしていることが判明しました。

3月6日の「直撃LIVE グッディ!」は森友学園の教育方針について取り上げており、その中で篭池理事長らが塚本幼稚園の園児を田んぼに突き落としたりバケツの水を頭から掛けるなど、言語道断の幼児虐待を行っていたことが報じられました。

映像の中では篭池理事長らが園児を尻や手を使って田んぼに突き落とす非常にショッキングな「教育」が行われています。後半の場面では川で園児にバケツで頭から水をぶちまけています。YouTubeに当該映像がアップされていました。閲覧注意です。


幼児虐待に加えて幼稚園とは無関係な児童に難癖を付けて暴力を振るい、しかも警察の呼び出しを拒否し続けるなど極めて悪質で、まったくもって教育者としては不適格と言う他ありません。

安倍首相はいったいどの辺りの「しつけ等をしっかりしているところに共鳴した」のでしょうか?これらの凄惨な虐待や突発的な暴力が子供たちを導くための尊い「体罰」に見えているのでしょうか?


アベのアッキード事件
夫婦そろってバカ


「愛国心」なら、何をやっても許される?!


愛国無罪じゃあ
土民が棲む後進国シナと同じではないか


配送先で乱暴しようと…「佐川」下請けの元配達員

 大手宅配業者の元配達員の男が少女に乱暴しようとしたとして逮捕されました。

 逮捕されたのは、愛知県春日井市の藤田裕介容疑者(36)です。警察の調べによりますと、藤田容疑者は「佐川急便」の下請け会社に勤務し、配達員だった去年7月、名古屋市に住む一人暮らしの19歳の少女に乱暴をしようとした疑いが持たれています。藤田容疑者は、荷物の配達のために配達員の制服を着て少女の家を訪ねていたということです。藤田容疑者は「自分のタイプだった」と話し、容疑を認めています。

日本の未来は明るい
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日のつぶやき


































posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

籠池は、詐欺師だよ

■殺すぞ

 籠池理事長がご執心の「教育勅語」には、「父母に孝に(生み育ててくれた両親に感謝しよう)」「兄弟(けいてい)に友に(兄弟姉妹のいる人は仲良く励まし合いましょう)」という徳目がある。早い話、家族は大切にせねばならないということだが、

「籠池さんには、5人も子供がいますがね。なかなか大変ですよ」

と家庭内の教育に憂慮の念を抱くのは、籠池家を知る関係者。

「男の子は3人いて、お気の毒なことに三男は21歳の時、自ら命を絶ってしまった。次男は、体格が良く、相撲とラグビーをやっていたんですがね。詐欺紛いのことをやって、警察沙汰寸前になったことがあります」

大阪・交野(かたの)市にアマチュア相撲で有名な「古市道場」という相撲道場がある。次男は小学生の頃、三男と共にここで練習し、阿武松部屋へ入門した。古市道場の2代目道場長で元力士の古市満朝(みつとも)氏が言う。

「彼は阿武松部屋に入ったものの、何度も逃げ出しました。当時、私の弟が同じ部屋で力士をしていて、ある時、次男の母親(諄子さん)から弟の携帯に電話がかかってきた。で、彼に代ると、母親は『何やっとんねん。殺すぞ。包丁で刺したろか』と、叱っていたそうです」

まさか園児の前でも。いや、そんなことはよもやあるまいが、とにかく怖い怖い母親なのだ。結局、次男は大相撲を1年足らずで辞めてしまったが、問題はその後である。古市氏が続ける。

「引退してから数年後、彼は身分を隠し、新弟子希望を装って、複数の相撲部屋に接待されたり、小遣いを貰ったりしていました。力士は引退すると現役復帰は許されません。彼のやったことは詐欺的行為。スポーツ新聞にも『新弟子ごっつぁん詐欺』と書かれました」


この時、古市氏の弟は、事情を聞こうと、父親の籠池氏に電話をしたという。

「すると、父親は『俺は知らん。あいつは大人や』と言って、突き放したそうです。弟は無責任な人だと感じたと言っていました」

教育者なのにこれで良いのかと思うのは、余計なお世話か。亡くなった前理事長の妻、籠池理事長の義母に話を聞くと、

「娘や泰典とは20年以上会ってません。主人が亡くなったのを境に連絡が取れなくなってしまったんです。理由は分かりません。主人の法事にも来てくれない。何も分かりません。もう他人と一緒です」

随分と寂しいことを仰る。

先の元理事は、

「籠池さんは、独善的な人です。私は何度も幼稚園に寄附したものの、礼の一つも言われたことがない。利用できるものは徹底的に利用するタイプ。昭恵夫人もいいように使われたね」

特集「国有地を9割引き! 幼稚園児に反中反韓教育! 校庭に産廃を埋め戻し!森友学園『ドアホ理事長』と交わった『安倍昭恵』」より

「週刊新潮」2017年3月9日号 掲載


「籠池さんは、独善的な人です。私は何度も幼稚園に寄附したものの、礼の一つも言われたことがない。利用できるものは徹底的に利用するタイプ。昭恵夫人もいいように使われたね」


こうい側面あるんだろうが
人なんて所詮そんなもんですよ
すべて神様のようにふるまうことなど
不能可 いや不可能
そういうことを丸めて受け止め
以下
文科省から口止め


籠池は、詐欺師だよ
全ては、教育ビジネスだな


全ては、教育ビジネスだな

そういうなら民間保育、幼稚園、介護施設
7割以上はビジネス
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ