2017年03月28日

部落の土地だの価値がないだのはデマだから

籠池土地の都市計画図みた訳じゃないから正確にはわからんが
立地は良さそう👍第一種住居地域だと睨んでいるが、
元々埋め立て地だったら評価はさがる。
ゴミと産廃が混在して埋設してあるのが判明していたら
そんな土地売れません


今回は
これまでの慣習を乗り越え
規制を緩和し
人々が望む規制緩和すなわち
スピーディに物事を進めること
誰にもチャンスを作る
その工程の中で
一部の思想私情政局政争を騒ぎ立て飯の食い扶持に
利用する奴等
そして己等の団体拡大
今回の物事をわけのわからん奴等が
思想政局に利用してる構図はわかるが
なんら問題がないし
新しい事をしようとすると
ああだこうだ文句をいう
抵抗勢力のようだ


赤の区議会員さんには大昔
わしの小学校越境でたった一度だけど世話になった恩がある
( ⁰ω⁰)
超絶ボロ屋のとなりの○山さんの伝で
なつかしぃ
昭和の4年だったかのぉ


-----------------------
↑部落の土地だの価値がないだのはデマだから
その前に音楽大学がもっといい値段で飼うでっていって拒否っている事実と
アスベストが出て14億の給食センターと問題をごっちゃにして
森友も安い土地ってまとめサイトとかが風潮したが
そもそも森友の場所はアスベスト汚染も鉛汚染も外されている
生活ゴミしか出ていない森友としては有り得ない

ちな自民党の葉梨も森友の場所の生活ゴミは3.8メートルで
9メートルも下にはないとする共産党の資料を認め自ら使ってんで
杭の掘り方で一緒に出てくるだけだとさ
-----------------------
↑元々の販売評価額は15億円だよ
実際にその土地を以前所有していた地主によると21億円だったと

それがたった200万円にディスカウント☆
アベノ神風こえーわ
-----------------------


そもそも
あの証人も前向きに
小学校を作ろうと志があり
その前提で彼も必死だったのであろう
それが何が悪いのかわからんし
土地の価格が安い云々にしても
埋設物がどうこう別けのわからん奴が
言うがあったら今の現行法では騒ぐ値段の価値がないのよ

そんな土地の取引をギャアギャア騒ぐなら
全国津々浦々過去の取引を調べなさい
今回の
証人の男はある意味思想違いや政権憎しの
違ったバイアスの奴等の標的にされ
本筋とは違う世界で叩かれたかわいそうな
経営者だと思う


※カレイの検出限界値の平均は13ベクレル/kgでした。

検出限界値が13ベクレル/kgと極めて高いにもかかわらず、関東と東北にわたってカレイの放射性セシウムの汚染がみられます。

海の底で生息する根魚だから、汚染が高いのかもしれません。また、福島原発事故の汚染水もいまだに漏れ続けておりますので、引き続き注意が必要だと思います。

また、お子さまや妊婦さんのいらっしゃるご家庭は当面の間、産地が不明だったり産地偽装の心配がある場合は、カレイは避けていただいた方が良いかと思われます。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亡くなっても誰からも発見されず、無残に虫の餌食になる痛ましい孤独死者数は、この10年間で3倍にも増加している。

亡くなっても誰からも発見されず、無残に虫の餌食になる痛ましい孤独死者数は、この10年間で3倍にも増加している。その中でも急速に増えているのが40代からの「団塊ジュニア」世代だ。今なぜ彼らは「孤独に死する」のか? その実態に迫る。

◆最も多い孤独死は離婚後の一人暮らし

 大阪府に住む50代の男性は、死後3週間で床に突っ伏した状態で、近隣住民からの通報で発見された。20代前半で結婚し、妻、娘とともに家庭生活を送っていたが、40代半ばで離婚してからは妻子とは疎遠に。その最期は、もがくような姿で亡くなっていた。部屋には小豆のようなハエのサナギが床一面に散らばり、蛆が這い回る、あまりにも無残な状態だった。変わり果てた父親の末路に、遺体確認にきた娘は絶句していたという。そうした離婚男性の孤独死が近年多発していると、大阪で特殊清掃を営むダイウンの山本直嵩氏は証言する。

「離婚した男性は、引け目を感じてか、子供や元妻と連絡を取らなくなることが多い。自分の様子を心配してくれる人もおらず、万が一死ねば誰にも見つかることなく、遺体の腐敗は進行。遺族にも迷惑を掛けるケースが多いですね」

 山本氏の現場では、孤独死のほとんどが離婚後、単身生活を余儀なくされた中年男性だという。彼らに共通しているのが、食生活の乱れと推察される現場の様子だ。

「例えば、カップ麺の空容器に汁が入ったまま大量に残されていたり、コンビニのお弁当が食べかけで床に投げ捨ててある。まるで、部屋がゴミ箱みたいな様子ですね。コンビニのチキンの骨が部屋の中に大量にあり、その骨に埋もれるように亡くなった人もいます」

 しかし、そんな悲惨な現場を訪れた遺族の反応は薄いという。

「現場を訪れた遺族が、故人の死を悲しんでいる姿をまだ一度も見たことがありません」(山本氏)

 孤独死は、生前の人間関係を映す鏡なのかもしれない。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

辻元スレ勢い23万だと・・・?

辻元スレ勢い23万だと・・・?
-----------------------
↑ネトサポ最後の足掻きだろw
風前の灯火のネトサポを温かく見守ってやろうw
彼らだってもうすぐ職を失うから佐川みたいに必死になる気持ちはわかるw
-----------------------
↑そこまでの思いを込めてこのスレを伸ばしてたのか
嘲笑ってごめん!コンビニ大便ブリブリ音スレには勢いで勝ってくれ
-----------------------
ネトサポアホすぎだろw
デマソースのスレ伸ばして不自然にも程があるわw
-----------------------
↑1人10台回戦持てば余裕
安倍から非常事態宣言が発令されてネトサポ最大動員だから
-----------------------
ネトサポが辻本スレを必死に伸ばしてる理由は
内閣総辞職を覚悟した安倍が機密費をばら撒いてて
2chでも1レス9円が20円になってるかららしい


森友学園の隣の野田中央公園は、14億という数字ばかりが報道されているが
実は民主党政権下で豊中市が2,124万3,000円の一般財源で購入することができた
夢みたいな話だったとのこと
(この時の国土交通省副大臣は辻元清美)
豊中市の平成22年10月12日建設水道常任委員会議事録より↓

◎市街地整備室長(佐佐木実) 
(仮称)野田中央公園につきましては、当初の用地費を15億455万円として計上しておりましたんですが、
契約金額は14億2,386万3,000円となってございます。
当初予定しておりました住宅市街地総合整備事業の国庫補助金としてです。
事業費の2分の1に相当いたします7億1,193万円の補助金と合わせまして、
平成21年度は国の経済危機対策といたしまして単年度限りの補助金でございます地域活性化・公共投資臨時交付金が創設されまして、
当初85%程度の充当率を想定してございましたが、結果として97%を超える6億9,069万円となったことから、
住宅市街地総合整備事業の国庫補助金と合わせまして合計14億262万円の国庫補助金をいただくことができたものでございます。
そのため、当初予定しておりました市の負担でございます1億8,250万円の起債が2,124万3,000円の一般財源での支出が可能となり、
大幅に市の負担を低減することができたものでございます。

◆委員(岡本清治) 
この(仮称)野田中央公園につきましては、当初予算が15億455万円、契約金額が14億2,386万円となっておりましたけれども、
その後さまざまな国庫補助金と合わせて14億262万円が補助対象となるといったことから、
実質1億8,250万円の市債も2,124万3,000円の一般財源で購入することができたと、
夢みたいな話でございますが、
これはどういうかげんでタイミングよくこうなったかわかりませんけれども、政権かわったからこうなったかどうかわかりませんが、
どちらにしても当初は理事者も頭を悩ませておった大変大きな金額でありますが、一般財源で買えるといったいいチャンスに恵まれたんではないかと思っております。
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日のつぶやき




























posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昭恵夫人への忖度か?岡山県の農村に「EV車50台」の謎

そこら中で燻る「第二の森友」問題

なぜこの農村が選ばれたのか?

「こんな田舎の田んぼに、『なんでトヨタが車を寄付してくれたんか』と思うたが、森友学園騒動を見て、なるほど『(安倍晋三首相夫人の)昭恵さんへの配慮か』と、得心が行きました」

こう感想を漏らすのは、岡山県北東部に位置する美作市の市議会関係者である。

美作市は、約2万7000人と県内で最も人口の少ない市であり、農業、林業が主な産業。1000年以上の歴史がある上山地区の棚田は8300枚もあり、日本を代表する田園風景だったが、多くが耕作放棄され、荒れ果てていた。

その棚田を、地域の産業復興、自然環境保全の観点から、都市からの移住者と地域住民と行政が協力し合って再生させようという試みが07年から始まり、NPO法人「英田上山棚田団」が活動を始めた。

山口県下関市に「昭恵農場」を持ち、田植えや稲刈りなど農作業を行っている昭恵夫人は、この運動に共感、2013年2月、初めて上山を訪れて、地域農業復活の為に一緒に活動することになった。棚田団の名誉顧問にも就き、15年3月には、上山地区の活性化や美作市の知名度向上に尽力したということで、美作市から功労表彰された。

その首相夫人が支援する棚田に、現在、1人乗りで小回りが利くトヨタグループの超小型EV(電気自動車)車の「コムス」が導入され、走り回っている。助成しているのは、モビリティ社会の実現とモビリティ格差の解消に貢献することを目的に設置されたトヨタ・モビリティ基金(TM基金)である。

TM基金は、14年8月の設立以来、タイやベトナムで交通渋滞緩和に関するプロジェクトに助成、15年12月、国内では初めて美作市の「上山集楽みんなのモビリティプロジェクト」に助成することになった。

助成先は棚田団とみんなの集落研究所。助成期間は約4年間で助成金額は2億2000万円。中山間地域の移動の仕組みを構築し、最大で50台のコムスを導入、カーシェアリングの要領で、住民が日常生活、農作業の「足」として利用する。

棚田の再生、農村の再構築、それを実現するための住民・農民の「足」の確保――。誰も反対することはない「良いプロジェクト」であり「望ましい助成」である。ただ、それがなぜ美作市上山地区だったのか。

TM基金は、「広くヒヤリングを行い、助成テーマを探すなかで、みんなの集落研究所の紹介を受け、上山地区の棚田の復活に取り組む英田上山棚田団の活動支援に至った」と、答えるものの、全国に数ある「過疎の村の再生事業」のなかで、なぜ上山地区か、という疑問を解消するに至らない。

冒頭の市議会関係者が続ける。

「結局、首相夫人の名前が有効だったん違うか。昭恵さんが、トヨタに頼んだかどうかは知らん。ただ、そんなことはせんでも、『首相夫人が力を入れているんやから』と、配慮するもんでしょう。森友学園で国有地が格安で払い下げられたり、小学校に認可が下りたりしたんと同じ理屈じゃないかと思う」

TM基金は否定する。私は質問書を送り、「棚田団への選考過程で、政治家や官僚からの推薦、支援、口利きはなかったか」、及び「安倍昭恵夫人が名誉顧問を務めていることに関し、なんらかの配慮はなかったか」という二点を質したが、「一切ございませんでした」と答えた。

棚田団も同様で、助成に関しては「07年から続けてきた棚田再生の活動が世間に認められた」ことを強調、「TM基金への申請に関して安倍昭恵さんのお名前は一切だしておりません」と、付け加えた。

おそらく、ここに森友学園騒動を巡る問題の根が潜んでいる。

◇「最強の私人」であるがゆえに

森友学園は、籠池泰典理事長夫妻の強烈なキャラクターに加え、財務省や大阪府の官僚の不可解な対応、8億円の国有地値引き、三つの工事金額、補助金不正受給などが絡み、事件化は確実な情勢で、「のどかな過疎地の移動手段の助成」とは、一見、比較にならない。

しかし、安倍首相の一強政治が続く間に、行政の官僚は、首相夫妻に関するものなら、私事に至るまで「配慮」や「忖度」を働かせてきた、ということだろう。昭恵夫人は、フェイスブックで16年2月、石破茂地方創生担当大臣が美作市を訪れ、コムスに乗っている写真をアップしている。そうした夫人の持つ“政治力”が、助成につながったという想像が生まれるのも無理からぬところだ。

また、昭恵夫人のホームページには、農業、福祉、教育、原発、災害復興などでの様々な活動が紹介されており、「名誉校長」「名誉顧問」など、選考過程に組織決定が要らず、互いの了解だけで名乗ることが許される「名誉」がつくものが数十に及ぶという。

その活動の基準は、昭恵夫人にとって「正しい」ものである。スピリチュアル界の有名人である故・江本勝氏の影響を受けたという昭恵夫人は、物質欲に縁のない高い精神性を持つものに傾倒。だから農業は有機農業であり、絆を大切にする農村の秩序を重んじ、反原発、反防潮堤、医療用大麻に理解を示す。

そこに思想性があるわけではない。そのため、森友学園の園児たちが、教育勅語をそらんじ、礼儀正しく挨拶し、「安倍首相バンザイ」と両手を挙げる光景が微笑ましく、名誉校長を引き受けてしまった。

その天衣無縫の振る舞いが、「家庭内野党」として安倍政権の人気を底支えしてきたのだから、今回の騒動は、「私人」として放置してきた安倍首相の責任でもある。

「命じられてやる」のは良い役人ではない。察知して先回りし、作為と取られない形で忖度し、有力政治家の意を満たすのが、優秀な良い役人である。今回の森友学園はそうした忖度が生んだ事件といっていい。

そして、「最強の私人」である昭恵夫人が、あまりに活発に活動するので、規模の大小、質の善し悪しを問わなければ、「第二の森友学園」を疑わせる事例は、いくつでも転がっているのだ。


下地なんて土人
言っている事にも内容はないし
維新支持者として
大変恥ずかしいです
維新の名を穢していますね


森友の次は加計をやれよ
どんどんボロが出てくるぞ
安倍退陣まで秒読みだ


安倍マリオ死亡wwwwww


昭恵夫人の口止めメールが
決定打になりましたね


これで解散総選挙だな


安倍内閣オワタ
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ