2017年04月17日

籠池佳茂氏がツイートを行った時、私は、次のツイートをした。

籠池佳茂氏がツイートを行った時、私は、次のツイートをした。
「森友学園、籠池氏長男籠池佳茂ツイート発信開始。強烈。「謂いたい事も謂えない。書きたい事も書けない。異常な空気。正義などおかまいなし。忸怩たる思い。私にすら不穏な空気あり」どこまで発信続けられるか。注目して欲しい。 https://twitter.com/hFooVlSSUtGKvvJ/status/847335132218277890 …」
「どこまで発信続けられるか。注目して欲しい」と書きました。
それは、続けられなくなるのではないかの危惧を持ったからです。
かつ、もし、続けられなくなるとしたら、「日本はとんでもない国になっている」と危惧したからです。
そして恐ろしく早く、閉鎖されました。
「このページは存在しません。」
 発信がとまっただけではなくて、ツイート全体がクローズです。
 今一度、どの様なツイートがなされていたか、見ておきたいと思います。
3月29日「安倍夫妻は本当の事を言うべき。政府がやっている事は全体主義。それ以上、嘘の塗り替えはすべきでない。安倍総理の手のひら返しが、総理自身の自滅の始まり。
明恵夫人は官邸に本当の事を言うべき。」
3月29日全体像を国民に開示すべき。
本質をずらして国民に正確でない絵を見せるべきでない。全ての関係者の証人喚問をせよ。父は唯ひとり、証人喚問に出ている。私学審議会も財務省との売買契約も決裁するのは父ではない。

3月29日。父は明恵夫人から100万円を貰っている。貰った後の処理方法などどうでも良い事である。財務官僚が夫人が動く事は総理が動いていると思い仕事を進める事はあり得る事。ましてや名誉校長にもなっているのである。
3月29日総理の手のひら返しで一番驚いたのは財務官僚である。
財務省の文書破棄発表時期と総理の手のひら返しの時期が一致する。2月8日以降のメディア対応は近畿財務局から当時の顧問弁護士酒井氏経由で指示があった。故にメディアと学園の健全なキャッチボールが出来なかった。
3月29日産経記事出しすぎ。しかも学園側の不利になる論調。瑞穂の國小学院の募集広告出したのは産経新聞なのに。竹田氏とは私は会った事あり。研究会にも出席した事あり。両親には恩義あるはず。何を言ってるのだろう。
3月29日。官邸は明恵夫人の謂うことをどこまで裏取りしているのだろう。もし、明恵夫人が未だに100万円の寄付金を学園に渡してないと言っているのであれば、そしてその事を官邸が信じているのであれば後々大変な結果になる気がする。
3月29日2月15日に明恵夫人と父が話をしているのを私は横で聞いていた。2月8日以降の騒動の中、明恵夫人と母がメールや電話をしているのを見て私は直感的に母や妹は騙されていると感じた。
3月29日日本会議は対応を完全に誤った。安倍総理と謂うマスコットを守る事に意識が集中しすぎ思考停止状態になったのであろう。憲法改正など夢のまた夢の話である。で、ここに到っては憲法改正などする必要はない。
3月29日勝負所で利害損得に右往左往する政治家の醜態はいつまで経っても変わらないのか。情けない次第である。安倍総理は自分で発言した言葉によって自己撞着に陥ったのである。それを官邸や知識人が躍起になって守る姿に最早美しき日本などない。

3月29日3月10日に何故認可取り下げを父がしたのか。理由は明瞭である。認可取り下げをする様に貶められたのである。では誰がその様に仕向けたのか。ここが解れば今案件の全貌が明らかになる。大阪府は知らぬ存ぜぬでは済まされないのである。
3月29日森友学園を広告塔として利用した輩達が父を窮地に陥れたのである。そしてそのお陰で父は目覚めたのである。利用されていた事に気が付いたのである。日本会議や似非保守主義者には金輪際この麗しき学舎には足を踏み入れさせないのである。偽物は滅びる。本物は如何なる事態においても不滅なのである。
3月29日政権与党よ、今回はあなた達の完敗であるのである。理由は明瞭である。政権を守る為には手段を選ばないその言動にある。その言動は最も権力者が使ってはならない行為なのである。政治家よ。眼を覚ませ。愚かな行為をそれ以上続けるべきではない。一言忠告する。国が滅びるぞ。
3月29日良いですか?第一次安倍内閣の末路はボロボロだったのです。そのボロボロの時に父は安倍晋三氏を応援していたのです。今の安倍一強体制ではないのであります。時間軸を間違えないで下さい。その時に安倍晋三小学院との名称を用いる事は安倍晋三氏を利用するものではないのであります。
3月30日謂いたい事も謂えない。書きたい事も書けない。異常な空気。正義などおかまいなし。忸怩たる思い。私にすら不穏な空気あり。これが民主主義国家なのだろうか。

3月30日私の言論は今や検察が見ているだろう。しかし、検察が動くからと言って言論の自由を拘束されてたまるか。今、躍起になって父を潰そうとする勢力は早晩大変な過ちを侵したと知る事になるだろう。小学院建設に対して父は完全な被害者なのである。
3月30日テレビはあかんね。始めから謂えと言うことを2か月遅れていうもんね。親父が証人喚問出てなかったらほんまに闇から闇に葬り荒らすだけ荒らして終了やったんやろな。今案件では大手メディアの習性が良くわかった気がする。松井さんも何故、百条委員会否決させたんやろ。あれだけ意気込んでたのに3月30日安倍先生も安倍先生や。お母ちゃんに言われて総裁選の時に難波の高島屋からリーガロイヤルまで追いかけて会いに行ったのはこの僕やで。その前には直接僕に連絡あったがな。
3月30日他にもいっぱい謂いたい事ありますけれどもギャラリーはぎょうさんおった方がよいから時期見て発表します。大手メディアやメッセンジャーに言うとくけどもそろそろまともに報道せんと後で後悔することになりますよ。
3月30日森友問題が何故こんなに長引いてると謂うとね。今回の事は日本の政治、行政組織や社会の仕組みが凝縮されているからなんですよ。良いですか?今案件はね国民の皆さんが知るべき教材なんですよ。皆さん一人一人の問題なんですよ。それがいち教育機関を廻って繰り広げられてるんですよ。
3月30日書けば書くほど怒られるのを承知で。今回の小学校の施工業者を連れてきたのは元維新の会府会議員です。施工会社の下請けに維新の会系の会社が入り、その中には維新の会本部が入っているビルのオーナー会社も関係している様ですよ。これってほんまに松井さん関係ないんかな。ズブズブ違うのか。
3月31日だから言ってますやん。総理の手をひら返しが元凶やて。全てはそこに尽きるんです。寄付の事実を保護者が知らない事はそれだけ父が誰にも言ってなかった最大の証明でしょ。
3月31日
安倍先生と松井知事はほんまに仲良しやね〜。連係プレーがオモロすぎて笑える。官房長官が仲介者かな?何してはんねやろね皆様。その連係プレーで学校建設しはったんやろか。役人の忖託半端ない。せやけどこんなんなるんったら何で始めから動かんかったんやろ。この人達の周辺の方々は。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キョン、房総で大繁殖14年で50倍5万頭、農業被害拡大

 中国や台湾に住む小型のシカ「キョン」が、千葉県勝浦市など房総半島で急増している。同市の観光施設から逃げ出して野生化したとみられ、県によると推定生息数は2002年の約1000頭から16年は約4万9500頭と、14年間で約50倍に増えた。ゴルフ場や民家近くに頻繁に出没し、農業被害も続出。旺盛な繁殖力に捕獲が追いつかず、関係者は頭を悩ませている。

 キョンは体長約1メートル、体高約40センチ、体重約10キロで、ホエジカの一種。愛くるしい目が特徴だが、国内では東京・伊豆大島でも動物園から逃げ出して野生化し、繁殖しているという。生態系や農林水産業に被害をもたらすおそれがある特定外来生物に指定されている。

 房総半島では、フラミンゴショーやクジャクの飛行ショーで知られた同市の観光施設「行川(なめがわ)アイランド」(01年閉園)から逃げ出したとみられる。県によると、1980年代から野生化したキョンが目撃されるようになった。生後半年で妊娠し、1歳からは通年出産できるため、繁殖が速い。同市から鴨川市、いすみ市など約40キロ圏内に多く生息している。

 県農地・農村振興課によると、15年度のキョンによる農業被害額は約95万円で、統計を取り始めた04年度以来最高となった。葉物野菜や果樹の新芽を食べられた被害が大半を占める。人的被害は報告されていないという。

 民家にも入り、庭の花を食べたりフンしたりをすることから住民も困惑。勝浦市の男性(77)は「2日に1度は家の近くに来る。スイセン以外の花は食べられてしまうので植えられない。夏場は夜に『ギエー』という鳴き声が聞こえてくる。増え過ぎて手のつけようがない」と話す。

 県は00年から駆除計画を立て、地元猟友会と協力してわなを仕掛けるなど対策を取っているが、15年度の捕獲数は2187頭と繁殖の速度に追いつけていない。県自然保護課の担当者は「外来生物で生態がよく分からず捕獲が困難。県で生態を調査して効率的な捕獲方法を研究し、市町村単位で捕獲に力をいれてもらうしかない」と苦悩をにじませた。


千葉県境に
壁を造れ


海外からハンティングツアー呼べばいいのいに
イギリス人は喜んで来る

特区にすればいい
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年間7千円も損!? どの家庭にもある「3つの家電」電気代がかさむ使い方

年間7千円も損!? どの家庭にもある「3つの家電」電気代がかさむ使い方

皆さんは、家庭でなにか節約をしていることはあるでしょうか。ムダ遣いを無くして、より有益なお金を使い方をしたいものですよね。しかし、気が付かない部分で損をしてしまっている可能性があるのです。

そこで今回は、経済産業省北海道経済産業局が発行している「実践!おうちで省エネ」を参考に、どのご家庭にもある3つの家電の間違った使い方について考えていきたいと思います。年換算すると、なんと7,000円損している場合もあるとか。早速、チェックしていきましょう!

LEDだとお得……というのは話では聞いているものの、今ついている電球がもったいないと思って、白熱電球のまま照明をずっと利用してはいませんか?

実は、白熱電球を同じ明るさのLED照明に替えるだけで、消費電力は6分の1以下になるのです。それに従って電気料金が安くなりますし、電球そのものの寿命は約40倍も伸びるといわれています。

「おうちで省エネ!」によると、メインの部屋の電球をLEDに替えるだけで年間90キロワットの省エネになり、年間で約2,680円の節約になると紹介されています。

オール電化のご家庭で、室内の電球を全てLEDに変更したというママさんにお話しを伺うと、さらにその差が大きいことがわかりました。

「家を建ててからというものの、電気料金が上がり続けて家計は火の車でした。初期投資を惜しまず、リビングをはじめ子供部屋やトイレに至るまで、全ての電球をLEDに替えました。

そうしたら、年間で2万円くらい安くなりましたよ。照明は暮らしに必要不可欠なものですから、絶対にLEDに替えたほうがいいと思います」(30代女性・郵便局員)

また、このママさんは電力会社の見直しも併せて行ったと話してくれました。電力自由化に伴って、電力会社が選べるようになった環境にお住まいの方であれば、ぜひ積極的に電力会社選びをしてみてくださいね。今よりもお得な価格で電気を購入することが叶うかもしれません。

NG2:冷蔵庫に食品をパンパンに詰め込んでいる
安いときに買いだめしておいたほうがお得! と考える主婦が多いことと思います。筆者もそのなかの1人で、つい安いと買いこんでしまって冷凍庫がパンパンになってしまうことがあるのですが、実はそれがNG行為なのです。

「冷凍野菜とかパンとか、たくさん入っていて安いお店でよく買い物をするんです。某アメリカの巨大倉庫店みたいなところで……。どうせ買うなら、安いところで買いだめしておいた方がいいだろうと思って。

で、実際に買い物から帰ったら冷蔵庫や冷凍庫に詰め込む作業にかかります。買ってきたものを小分けにしてしまうのですが、スペース的に買い物直後は9割くらい、普段でも7割くらいは食品で埋まっていることが多いですね」(30代女性・専業主婦)

こういった場合、冷蔵庫の中が半分くらいになることが無い状態で稼働させているということですね。そうなってしまうと、冷蔵庫を冷却するために電力を消費し、電気代がかさんでしまうのです。

「おうちで省エネ!」によると、食品を詰め込んだ場合と半分にした場合、年間で約1,300円の節約になるという試算があります。

購入する単価はもちろんですが、自宅の冷蔵庫で保管しておく間のコストのことも考えて買い物をするのが賢いといえるでしょう。

NG3:使用しないときもポットのプラグを差したままにしている
いつでもお湯が使えるほうが便利だと思い、ポットで常に保温をしている方もいるのではないでしょうか。しかし、実はその保温こそ浪費のもと! 使わないときは電源プラグを抜いておくことによって、想像以上の出費を抑えることができます。

「いつでもお湯が使えると、なにかと便利なのでポットを使っています。四六時中保温状態です」(30代女性・専業主婦)

案外ポットはコンセントにつないだままという方が多いのではないでしょうか。「おうちで省エネ!」によると、ポットに満タンのお湯(2.2リットル)を沸騰させ、1.2リットル使用後6時間保温状態にした場合とプラグをこまめに抜き再沸騰させた使用の仕方との差は、年間で約3,200円にも上るということです。

100度や98度といった高温での保温は、特に電気を使用するので注意しましょう。低めの温度での保温と再沸騰をしたほうが、電気代は格段に安くなります。

いかがでしたか? 工夫次第で大きな額を節約できることがわかりましたね。出来ることから一歩ずつ、確実に支出を減らしてみてはいかがでしょうか。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ