2017年05月17日

今回のミサイルはムスダンではなく

今回のミサイルはムスダンではなく、準大陸間弾道ミサイルとも噂されている新型固形燃料ミサイルKN-08(火星13)の可能性があります。

三段式固形燃料モーターで、射程距離6000キロ以上とされるKN-08とは若干諸元が一致しませんが、もし今回のミサイルがKN-08なら、技術的にはICBMまであと一息です。

ただ日本にとっての脅威は、射程ではありません。
言うまでもないことでが、弾道ミサイルは、高度の最頂点で速度が最も遅くなり、一番迎撃しやすくなります。

今までのミサイルなら、最小エネルギー軌道は勿論、ロフテッド軌道でも、ある程度高い確率で迎撃ができましたが、2000キロを超えるような高度に到達できる迎撃ミサイルは、日本は保有しておらず、マッハ10以上のスピードで落下してくるミサイルを迎撃するのは、困難さが格段に上昇します。

次期迎撃ミサイルのSM-3 Block2は最高高度1000キロ以上、(一説には2000キロを超えると言う説もある)あり、このレベルでないと、今回の新型ミサイルはおそらく迎撃は不可能ではないでしょうか。


パーマ代¥8500
( ⁰ω⁰)
余計な出費だよね
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国こそ国際テロの元凶

国連駐在朝鮮常任代表部が公報文を発表

【平壌5月12日発朝鮮中央通信】国連駐在朝鮮常任代表部が、最近、米中央情報局(CIA)と南朝鮮のかいらい国家情報院がわれわれの最高首脳部を相手に国家テロを働く目的の下で浸透させた極悪非道なテロ犯罪一党が摘発されたことに関連して11日、公報文を発表した。

公報文は、米国がこの2カ月間、史上最大規模の反共和国核戦争演習を行ったこととタイミングを合わせて、われわれの「首脳部除去」を狙った「斬首作戦」遂行のためにおびただしい特殊戦武力まで動員したということは周知の事実であると明らかにした。

米国が南朝鮮かいらい当局と共にわれわれの最高首脳部をあえて害しようと極悪な軍事的冒険に執着したあげく、卑劣なテロ陰謀までめぐらしたのは、米国こそ国際テロの元凶であり、国際平和と安全を重大に破壊する張本人であることを論駁(ろんばく)する余地もなく明々白々に実証していると主張した。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧堺市立病院の売却 「森友」並みの破格

旧堺市立病院の売却 「森友」並みの破格

【旧堺市立病院の売却 「森友」並みの破格】
建設費だけで300億円なのに
土地代含め33億で病院と付属宿舎を清恵会病院に売却。
最低売却価格を決めたのが第3者を排除した不動産審査委員会。身内だけ


また、この堺市立病院は
1996年建設。
当時の病院事務局長は市議会答弁で、病院の建設費用は総額355億円
内220億円を企業債で賄ったとしたうえで、年間12億の元利償還が30年続くと悲壮感をにじませた。


だが、その後12年に病院が独立行政法人化するにあったり、借金は全額堺市が肩代わりし繰り上げ償還している。 何故これほどの税の無駄使いをしてまで移転する必要があったのか。


 朝日新聞が入手した戸田建設の内部資料と内部関係者の話によると、裏金5500万円のうち2500万円は3年前、堺市の地元議員(当時)に提供したと複数の社員が内部調査に証言したという。民間病院の建設をめぐり、受注を確実にするための「あっせん手数料」だったというが、この元議員は朝日新聞の取材に現金授受や病院側への働きかけを否定している。


堺元市議に収賄の疑惑が?というニュースです。発覚したのは8000万円の所得隠しを戸田建設が国税局に指摘されたのが発端みたいですね。で、今回、裏金5500万円が堺元市議に2500万円、残りの3000万円を地元対策費として関係者に払ったということみたいです。


この記事で気になったのが2点。

@ 病院の建設予定地は、もとは堺市の市有地。市は11年9月、地元の医療法人に随意契約により約5億4900万円で売却。

A 元堺市議員って誰?って実名の指摘はできませんけどねw

ここの病院は空になるわけですから売る。当然それでいいんですよ、売るんですよ。あるいは清恵会が買われたいうことなら、それはそれでいいんですよ。ただ、やはりもっと根底に考えんならんべき、あなた方にあるんじゃないかと。
 あの病院は今の旧市民病院、いわゆる観光拠点につくろうとしたときにありました。そして、それがかなりの老朽化し、それ以上にもう少し伸ばすとか、いろんな医療分野を広げるとかいうようなことも含めて今のところに建ったわけですね。その当時、土地も建物も設備も入れたら三百二、三十億円ほどかかっとるわけなんです。
 しかし、それだけと違うんですよ。皆さん古い人は当然、局長や部長クラスの人はわかってるはずなんや。その前に何があったかいうことやね。勤労会館あったでしょう。あれはもう10年前後ぐらいしかたってないんですよ。それをつぶしてあそこへ持っていった。じゃあ、ここも今回と同じように、大きないわゆる負債を全部ゼロにして持っていっとんですよ。今、堺市駅の前にありますね、名前変わって。
 そういうことのお金、そして三百数十億円。結果論として、ちょっと宿舎は別としたら何ぼですか、28億円ですか、約28億円ぐらいでしょう、今度、29億円ですか、それぐらい。ということは、その当初の土地等かかったけど、約300億円近い。そこでいわゆるゼロになっとるわけや


用法を勘違いしたことが問題ではなく、調べずに答弁したことや調べたと強弁したことで、国会、すなわち国民を軽視したことが問題なのだ。
少なくとも、自らの不明を恥じ、陳謝と共に二度と国会と国民を軽視しないと誓う必要がある。
奇妙な日本語を使うモデル出身のタレントが評判になっているが、首相の地位にあることを自慢する一方、その地位を虚仮にするような間違いは、「でんでん」もあり、救いようがない。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ