2017年06月02日

【新潮砲】前川喜平に激震 出会い系バーの女性「話だけなんてあり得ない」「私もこの人とヤッたかも」

【新潮砲】前川喜平に激震 出会い系バーの女性「話だけなんてあり得ない」「私もこの人とヤッたかも」
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1495731077/
-----------------------
↑俺はその記事を読んだうえで言ってるの。
デマサポってそうやって切り取って人を陥れるんだな。
安倍の支持者ってこういうさもしく心が汚い人間ばっかりなのね。
本当に日本人だろうか?
-----------------------
↑A級戦犯の生き残りの寄せ集めなんだろう
-----------------------
アメリカは朝鮮戦争とベトナム戦争で日本が憲法9条を盾に兵を出さずアメリカ兵ばかりが死にまくったことがトラウマになってるからねえ
イラク戦争でもショーザフラッグとか言ってたし
-----------------------
↑ショーザブラッグは安倍の捏造らしいよ
-----------------------
↑安倍じゃなく他の誰かの捏造だったような記憶
-----------------------
合作かな

「ショーザフラッグ」も!朝日より悪質な安倍首相の「捏造」歴を大暴露! | ビジネスジャーナル
http://biz-journal.jp/2014/10/post_6275.html
〈私たちの掴んでいるところでは、日本で最も早く「ショーザフラッグ」という言葉を口にしたのは安倍晋三副長官である。では、安倍副長官が一体誰から「ショーザフラッグ」という言葉を聞いたのか。
私たちのインタビューに対して安倍は「柳井氏の公電を読んだのはだいぶ後になってからだ」と答えた。
因みに柳井氏からの公電には、言葉としての「ショーザフラッグ」は出ていない。誰かが安倍副長官に意訳して伝えたことになる〉
 一連の情報操作は、安倍と、安倍が親しくしていた当時の外務省ナンバー2、高野紀元外務審議官(当時)の合作だったといわれているが、いずれにしても、ニセ情報を拡散させたのが安倍だったのは疑いなく、結果的には超タカ派の安倍の思惑通りにテロ特措法が成立する要因となった。
-----------------------
あの時代も岸信介もすごかったんだろうなぁ。安倍もしっかりと受け継いだんだろうなぁ
ま、今は満州とかで大虐殺をしたり、半島で女を拉致して和姦したりはしていないけれども
危ない、危ない
危険な遺伝子だよなぁ。A級戦犯の生き残りって・・
-----------------------
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもと貧困

朝日新聞デジタル

■子どもと貧困
大阪市の一等地にあるマンションの一室が、その風俗店の待機部屋だ。20歳前後の女性たちが試験勉強したり、お菓子を食べたり。予約が入ると従業員に客の特徴を聞いて、バッグを手に部屋を出る。
短大2年の女性(20)もその一人。高卒より上の学歴があれば、大きな企業に就職して貧困から抜け出せるのではないかと期待して短大へ進んだが、資金的にも精神的にも行き詰まり、週2、3回、働いている。
嫌だったが、お金が欲しかった。「貧乏なのに進学した罰」だと思った。
幼い頃、小さい会社を経営する両親と裕福に暮らした。小学生のとき両親が離婚。母親と2人暮らしになり、生活保護を受けた。母は代わる代わる男性を家に連れ込んだ。親をあてにできず、
高校の学費は食品会社の箱詰めなどのアルバイトで賄った。学費の心配に目をつむって進学した。
短大の学費は年間約120万円。入学前に必要な費用は親戚や知人に借りた。学費の大部分は有利子の奨学金をあて、交通費や教科書代、生活費と借金の返済は、居酒屋のアルバイト代だけが頼りだった。
朝日新聞社


淫行前川に空気吹き込んだのアサヒか


朝日は台風中継まで
吹き飛ばされそうな演技をする報道姿勢だからな
今回の件が一段落したら
みんなで力を合わせて朝日はお取り壊しの方向に持っていこう
いらないでしょ?
こんな会社


「安倍潰し」のためなら何でもやる朝日。


安倍なんかどうでもいいけど
過去に朝日がやってきたことは
絶対に許せない



この前張り君は何を言いたかったのよ
家計農獣学部創設の経緯、総理の意向があったなかったにスポッチョ当てたいんだろうが
総理が「意向などない」と言ったらそれでおしまいだろ
文書に残っているだろ、あとからどうにでも作れるし、みた人間がいるというが
これは後出しじゃんけんと同じ。事案協議してる時に騒がないと意味なし芳一
工事発注に絡む金銭授受のように明白な証拠あるわけでもなし

安部「意向示した? 誰にいつ示したのよ? どこで示したのよ? 何を言ったのよ?」と申し開きしたらこれでお仕舞


4月下旬に仙台市青葉区の市立中2年の男子生徒(13)が自殺した問題で、朝日新聞仙台総局の50代の男性記者が生徒の遺族に直接取材せず、談話をウェブサイトに掲載したことがわかった

・同社広報部は「行き違いがあり一部修正した。捏造には当たらない」などと説明している

・記事では「中学に入学して以来、何度も学校にいじめを伝えていた」「息子が自ら命を絶ってから、混乱した日々が続いています。助けてやれなかった自分を責めるばかりです」などと、母親が間接的に心情を打ち明けた形で掲載されていた

・母親が朝日新聞に対してこうした心情を話した事実はなく、記事の内容にも事実誤認が多く含まれているという


朝日は戦時中は筋金入りの大本営の太鼓持ちだった
まさに国策新聞w 今週号の新潮だか文春だかの桜井よし子先生のコラム
朝日の罪は重い   


朝日新聞では妄想で記事を書いても捏造に当たらないらしいよ。


そもそも新聞社の社是が反権力で色濃く塗り固められているから
その探査にボンクラ能力を傾注するだけ。従って揚げ足取りバカリ
見境もなくやるから慰安婦問題のような漫画になる

真に受けると甚だ危険
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ前川さんは「出会い系バーで貧困調査」という苦しい釈明をしたのか

なぜ前川さんは「出会い系バーで貧困調査」という苦しい釈明をしたのか


https://www.buzzfeed.com/jp/kazukiwatanabe/20170529?utm_term=.yjZEMdnyX#.af4jyWbkN

「私の意識が戻ったのは翌朝の午前5時ごろ。ホテルのベッドの上でした。私は裸にされており、山口氏が仰向けの私の上に跨っている状態でした。詳細については差し控えますが、はっきり言えることは、私はその時、私の意思とは無関係に、そして私の意思に反して性行為を行われていたということです」

詩織さんは酒に強く、酔って前後不覚になったことはなかったという。詩織さんはすぐに病院に行き、さらには4月9日に警視庁原宿署に相談した。

警察の捜査によって、タクシー運転手や、ホテルのベルボーイ、ホテルセキュリティーカメラ映像、下着から採取したDNA片の鑑定結果などの証拠が揃い、2015年6月にいったんは山口氏への逮捕状が発行された。しかし、捜査員からは逮捕直前、「上からの指示で、逮捕できなかった」と連絡があったという。



どれほどの覚悟で臨まれことか。
レイプ案件は匿名がほとんどの中、実名で闘う決断をした彼女の勇気に敬意を表さずにはいられません。
私は社会の問題は全て政治に関係しているから、それを変えたいと働く非正規、ボランティアから政治家になりました。
そして私はこの世界に入り、色々なことに政治力学が作用していると感じています。残念だけど。
権力に近い特定の人を不当に守るのではなく、守るべき人・国民を守るのが政治のはず。
私を含めて政治や行政に希望を持ちこの世界に入ったひとをガッカリさせないでほしいなとも思います。
対する山口氏の言い分によると否定をしています。物証などでしっかりとした公明正大な捜査がされ、真実が明らかにされるべきです。


女性は海外でジャーナリスト活動をしている詩織さん(28)=姓は非公表=。山口氏が、不起訴処分になったことを受け、29日付で東京検察審査会に不服申し立てをしたことを明らかにした。

詩織さんは、2015年4月4日に山口氏に都内のホテルに連れ込まれ、性犯罪被害に遭ったと主張している。顔を隠さずに会見し「性犯罪の被害者を取り巻いている法的・社会的状況が、被害者にとって、どれほど不利に働くものなのかを痛感しました。今回、こうしてお話しさせていただこうと決意したのは、そうした状況を少しでも変えていきたいと強く思ったからです」と話し、時折声を詰まらせながら経緯を説明した。

詩織さんの説明によると、山口氏と知り合ったのは13年秋。詩織さんがニューヨークにある大学でジャーナリズムなどを勉強するため留学していたときだった。卒業後の15年4月3日、山口氏の誘いで日本で会うことになり、東京・恵比寿の串焼き店で初めて2人だけで会った。飲食後に2軒目のすし店に入って1時間ほどしてからトイレで記憶がなくなった。翌朝午前5時ごろ、ホテルのベッドで目が覚めると、裸にされており、山口氏が体の上にまたがっていたという。

同9日に詩織さんは警察に相談し、30日に告訴状が受理された。6月4日に山口氏が日本に帰国するタイミングで、成田空港で逮捕するとの連絡が警察から入り、詩織さんは滞在先のドイツから帰国。だが、捜査員から山口氏を逮捕できなかったとの連絡が入ったという。山口氏は8月26日に書類送検されたが、16年7月22日付で不起訴処分になった、としている。

詩織さんは不起訴処分となったことに納得できず「私の知り得ない上のパワーがあったと思っています」と話している。また「今国会において共謀罪の審議が優先され、先送りになっている強姦罪の改正案がきちんと取りあげられるべき」と主張した。

詩織さんは、11日発売の「週刊新潮」で、山口氏から受けたという被害について告発した。山口氏は報道を受けて、自身のフェイスブックで「私は法に触れる事は一切していない」「当局の厳正な調査の結果、違法な行為がなかったという最終的な結論が出ている」「この過程において、私は逮捕も起訴もされていない。(今回に限らず、私は今まで一度も逮捕や起訴をされたことはありません)」などと反論していた。


時折涙ぐみながら、詩織さんは語った。

「私の意識が戻ったのは翌朝の午前5時ごろ。ホテルのベッドの上でした。私は裸にされており、山口氏が仰向けの私の上に跨っている状態でした。詳細については差し控えますが、はっきり言えることは、私はその時、私の意思とは無関係に、そして私の意思に反して性行為を行われていたということです」

詩織さんは酒に強く、酔って前後不覚になったことはなかったという。詩織さんはすぐに病院に行き、さらには4月9日に警視庁原宿署に相談した。

警察の捜査によって、タクシー運転手や、ホテルのベルボーイ、ホテルセキュリティーカメラ映像、下着から採取したDNA片の鑑定結果などの証拠が揃い、2015年6月にいったんは山口氏への逮捕状が発行された。しかし、捜査員からは逮捕直前、「上からの指示で、逮捕できなかった」と連絡があったという。

山口氏はその後、2015年8月26日に書類送検されたが、2016年7月22日に、嫌疑不十分で不起訴になった。詩織さんは納得がいかないとして、検察審査会に不服申立をした。

詩織さんは、家族の意向で名字は伏せたものの「匿名の被害者女性と報じられたくなかった」として、顔と名前を公開して記者会見に臨んだ。しかし佐藤詩織(28)だとすぐに特定された。


前川喜平さんが毎週熱心に貧困女性の調査をした出会い系バーに行った結果

女性「あのオジサンは超常連」「じっくり品定めしてから女の子に
声をかけていた」

喜平キモ


詩織君も身辺調査されてると睨んでいる
年中男連れ込んでるなんてことが
仮に判明したら


証拠も十分あるのに嫌疑不十分!?
、、これはひどい。

無意識の女性を連れ込んでやった証拠全部揃っとるやん!!

これで起訴できなければレイプ犯を処罰することは出来んな。
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日のつぶやき




























posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G7サミットで共和国に言い掛かりをつける共同声明を発表した米国と敵対勢力を糾弾

朝鮮外務省代弁人 G7サミットで共和国に言い掛かりをつける共同声明を発表した米国と敵対勢力を糾弾

【平壌5月30日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは、米国と敵対勢力が先進7カ国首脳会議(G7サミット)でわれわれに言い掛かりをつける共同声明を発表したことに関連して30日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

5月26、27の両日、イタリアのシチリア島で催されたG7サミットで米国とその追随勢力がわれわれに言い掛かりをつける内容が含まれた共同声明なるものを発表した。

今まで、核実験とミサイル試験を一番多く行ったのも7カ国であり、南朝鮮に攻撃用ミサイルをはじめ各種の戦争装備を先を争って売り渡して地域情勢を極度に悪化させているのもほかならぬ7カ国である。

このような国々がわれわれに自衛のための核抑止力を放棄しろと言うのは、それこそ盗人猛々しいことである。

核とミサイルを持っているという国々が群れを成して自分の気に障ったり、力が弱い国をどうすればいじめられるかという謀議をこらすのが、G7サミットである。

米国とその追随勢力が制裁と圧力で民族の生命、尊厳であるわれわれの核抑止力を奪うことができると思うなら、それは愚かな妄想にすぎない。

われわれに対する制裁と圧迫がエスカレートすればするほど、われわれの核戦力の多様化、高度化はいっそう進められるであろう。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ