2017年06月18日

公明党議員が創価学会婦人部熟女と熱烈キス写真

「え、こんなところで?!と正直、驚きました」

 三月上旬の夜、新宿区内での顛末を語るのは、居合わせた客だ。

「カウンターで一人の熟女を挟むように二人の中年男性が座っていました。選挙の支援について話していたかと思うと、突然、二人がその女性とハグをし、女性の求めに応じてキスをしたんです」(同前)

 このときの“熱烈キス写真”を入手した小誌が取材したところ、二人の男性は七月の東京都議選に公明党候補として新宿区から出馬する古城将夫氏(37)と、同じく公明党の井下田栄一新宿区議(42)であることがわかった。ではお相手の女性は、いったい誰なのか。

「新宿区内にある老舗料亭の女将、Aさん(72)です。彼女は古くからの創価学会員で、地元でも影響力がある」(学会関係者)

 それにしてもなぜ、公衆の面前でキスをしたのか。二人を直撃した。

「その日、Aさんにお知り合いをご紹介いただきました。(キスは)求められたというか、それこそ、ワーッ(抱きつくように)と、Aさんのパワーが強かったな、と」(古城氏)

「二人で空気を読んで、仕方ないという感じで。その場の空気が悪くならないように」(井下田氏)

 公明党議員という商売もラクではないようだ。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 公明党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1兆円地上げ、失敗へ!

1兆円地上げ、失敗へ!
野次馬 (2017年6月14日 00:09) | コメント(2)
結局、小池百合子は「築地・豊洲のリャンメン」で行くらしいw まぁ、予定通りですw だから最初っからおいら言ってるんだが、築地跡地を利権屋のおもちゃにさせないためのグズグズだったわけだw 最初のプランだと、築地はゼネコンの利権で決まっていたのを、ひっくり返した。自民党の工作員が「道路が〜、道路が〜」と騒いでいるが、ポイントは道路なんかじゃない、道路以外の土地を使って森ビルが建てようとしていたビルとか、いま頃ガッカリしている諸氏も多かろうw ザマミロだw

 東京都の築地市場の豊洲移転問題で、小池百合子都知事が豊洲移転を前提に調整するよう都庁幹部に指示したことが12日分かった。豊洲に移転しつつ、「築地ブランド」を生かすため、築地も売却はせずに何らかの形で活用する案の検討を求めている。23日の都議選告示前にも小池知事が表明する見通しで、停滞していた都政最大の課題が動き出すことになる。


最初から小池百合子の目的は、「築地利権」を潰す事が目的だったと考えると納得が行くw 築地に居座るというのも、築地利権を潰す手段ではあるが、豊洲に移転しても「築地は手放さない」という方法でも、結果は同じだw 築地跡地の「1兆円地上げ」で稼ごうとしていた連中の邪魔ができれば、それで目標達成ですw
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日のつぶやき














































posted by РМН at 09:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝鮮のロケット試射に言い掛かりをつける日本反動層の妄動を糾弾

「労働新聞」 朝鮮のロケット試射に言い掛かりをつける日本反動層の妄動を糾弾

【平壌6月16日発朝鮮中央通信】先日のアジア安保会議で日本防衛相の稲田が、われわれの核およびロケット開発の成果について、朝鮮が地域と世界に加える「威嚇」が今や新たな段階に入った、すべての選択案が卓上に置かれているということを言葉と行動で示している米国の姿勢を支持する、団結して国連安保理の各「決議」の完全かつ徹底的で持続的な履行を通じた対朝鮮圧力を強化すべきだなどとでまかせにしゃべった。

16日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、朝鮮のロケット試射に「威嚇」と「挑発」のレッテルを貼り付けて「国際社会の圧力強化」を鼓吹したことには、日本反動層の狡猾(こうかつ)で陰険な下心が潜んでいると明らかにした。

論評は、それは軍国化に対する国内外の強い懸念と反発をなだめて武力増強と軍事的海外膨張を合理化できる名分を立てることによって、アジア再侵略野望の実現にあくまでも乗り出すということであるとし、次のように強調した。

事実上、日本の反動層はこれまでわれわれの「核およびミサイル脅威」を口実にして再侵略のための法的・精神的・軍事的準備を本格的に整えてきた。

このような日本が、われわれの正々堂々とした自衛的措置であるロケット試射に「脅威」だと言い掛かりをつけるのは、それこそ盗人猛々しい破廉恥な行為である。

わが共和国が名実相伴うアジアの核強国、アジアのロケット盟主国の地位に上がったということは厳然たる現実である。

日本の反動層がこれを忘却してわれわれの「脅威」をけん伝し、それを口実にして反共和国敵視策動を引き続きこととするなら、自ら破滅の罠をいっそう締めつける結果だけを招くことになるだろう。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ