2018年09月02日

中年男の危ない孤食生活。野菜不足はサプリでは補えない

 最近誰かと一緒に食事をしたのはいつだったか。それすら忘れてしまうほど、忙しい現代人の食生活において、一人で食事をする「ぼっち飯」の比率が急増しているという。肉体面から精神面まで、日常に秘められた孤食の落とし穴。実際に働く男たちの食生活に潜む恐怖を探っていく。

◆野菜嫌いでサプリに頼る。口臭や歯周病の可能性アリ

― 奥村健太さん(仮名・会社員・46歳)の場合 ―


日刊SPA!c SPA! 提供日刊SPA!
「食事は9割がた外食かスーパーの惣菜、コンビニ弁当、菓子パンなど。野菜は正直言って嫌いなのでほとんど食べませんが、その分サプリやビタミンドリンクで補っているので心配ありません」

 そう自慢げに語るのは建材メーカーに勤める奥村健太さん。去年の春、東京本社から札幌支社へ転勤となり、妻と子供2人を残して現在単身赴任中の身だ。

「月に一度は東京出張があるので、空弁が楽しみなんですよ。万世のハンバーグサンドと崎陽軒のシウマイ弁当がお気に入りです。自炊はせいぜい月に2、3回。健康面の不安は多少ありますが、この生活が一生続くわけではないと思ったら、楽しむしかないでしょう」

<奥村さんの1週間・孤食ダイアリー>

月曜日……朝シリアル、昼ハンバーグ、夜は石焼きビビンバ。ウマかった!

火曜日……朝 菓子パン、昼ラーメン、夜は2日連続でハンバーグ。一応サプリも飲んだ

水曜日……朝サンドイッチ、昼そば定食、夜はジンギスカン。北海道メシはとにかくウマい

木曜日……朝は出張で空弁、もちろん万世ハンバーグサンド。昼シュウマイ弁当、夜は火鍋セット

金曜日……朝は菓子パン、昼カレー、夜は単身赴任仲間と焼き肉。誰かと食事は久々

土曜日……朝は抜き、昼ラーメン、夜の豚丼は最近のお気に入り

日曜日……朝は抜き、昼カレー。明日にそなえて夜はあっさりとそばで〆

 肉と炭水化物が続く典型的な男メシ。自身の体調に影響は?

「会社の健診ではコレステロール値が平均よりやや高い程度だったので、安心して普段の食生活の話を医師にしたら怒られてしまいました。理由は自分でもよくわからないんですが……。ただ、食生活と年齢のせいか胃のむかつきを感じることが多くなったので、毎日胃薬を飲むようにしています」

 楽観的に語っているが、管理栄養士の浅野まみこ氏から生活習慣病以外にも口臭や歯周病といった健康問題が指摘される。

「全体的な色みが茶色の、いわゆる“柔らか系”の糖と脂質に偏った食事ばかりで、咀嚼して食べるモノがほとんどないのが気がかり。噛まないと唾液が出にくくなり、それが口臭や歯周病の原因になり、さらには胃にも悪影響を及ぼします。肉を食べるならひき肉よりも塊肉のほうがいいですね」

 農林水産省が今年発表した「食育白書」で急増が指摘されたとおり、週の半分は孤食をしているという35〜55歳の男性300人にSPA!がアンケートをとった結果、「健康に気を使っている」と回答したのは32.3%。気を使っているつもりでも、奥村さんのようにサプリを摂っているから大丈夫だと過信している人もいるだろう。

=================

Q.健康に気を使っている?

はい 32.3%

いいえ 67.7%

※週4日以上「孤食」をしている35〜55歳の男性300人に調査

「孤食の人は比較対象がいないのが問題」と浅野氏。何を食べても自由な半面、自分の食べる量や体調が正常か否かを判断する基準も曖昧

=================

「サイドメニューのサラダやサプリで栄養を摂った気になっているのかもしれませんが、本来はサラダボウル山盛り3杯の350gが一日の必要摂取量。メニューを見ると経済的に余裕はありそうなので、ラーメンに野菜をトッピングするなど工夫を」(浅野氏)

 産業医の大室正志氏は奥村さんの食習慣を「動物性タンパク質に偏りすぎていて、まるで20代の新入社員が食べる食事」と指摘。

「野菜をほとんど摂っていないので、ビタミンが不足しています。本来、栄養は食事で摂るのが基本であり、精製された栄養素をサプリで摂取しても効果はあまり期待できません。コレステロールが高いのも大きな問題で、このままだと動脈硬化を引き起こす確率が高くなるでしょう」

 若い頃の名残をひきずらず、体が悲鳴を上げる前に食生活を改善するのが吉だ。

― 男を蝕む[ぼっち飯]の恐怖 ―
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「吐き気がしそう」 百田尚樹氏が「24時間テレビ」を批判する理由

 日本テレビの夏の恒例行事は「24時間テレビ」。放送の度に賛否両論が沸き起こるのもまたすでに恒例となっている。今年は史上最も過酷なミッション(遠泳+自転車+マラソン)を与えられた芸人のみやぞんが見事それをクリアしたのだが、そのことに対しても「そもそも何の意味が?」というツッコミ、疑問がネット上を中心に提起されていた。

 ベストセラー作家の百田尚樹氏もまた、同番組に対して厳しい見方を示す一人だ。百田氏はツイッター上で次のようにコメントを寄せている(8月26日)。

「24時間テレビ、今年もやってるのか。
 莫大なギャラを貰ったタレントが、子供たちに一生懸命にためたお小遣いを持って来させるクソ番組。
 この日はテレビ局も大儲け。
 誰が見るねん、こんな番組! と思ってたら、ようけ見てるんや、これが。
 感覚がおかしいのは私の方なのか……」

「24時間テレビの障碍者ドキュメンタリーを担当する某テレビ局の企画内容を聞いたことて(※原文のママ)吐き気がしそうになったことがある。
 プロデューサーの『絵になる障碍者を探してこい』という指令でブレーンが障碍者を探すところから始まる。
『絵になる』とは、映像的に効果がある、という意味のテレビ業界用語」

 何とも辛辣だが、実はこの一件について百田氏は、著書『大放言』の中で、さらに詳しく論じている。以下、『大放言』の中の「チャリティー番組は誰のため?」から、一部を抜粋して引用してみよう。

絵になる障碍者

 私が一番嫌なのが、系列局が作った「障碍者ドキュメンタリー」が挿入されるところだ。私もテレビ業界の端くれにいる人間なので、そのドキュメンタリーの制作の内側をある程度知っている。

 まずリサーチャーが集められ、プロデューサーから「ドキュメンタリーになりそうな障碍者を探してこい」と命じられる。リサーチャーたちが方々駆けずり回り、「障碍を持ちながら、頑張って何かに取り組んでいる人たち」を見つけてきて、会議に出す。プロデューサーやディレクターや構成作家たちがそのリストを見ながら、撮影対象者を選ぶ(中略)

 ここからはあまり詳しくは書けないので、読者に推し量ってもらいたいのだが、要するに映像を見てすぐにどんな障碍を持っているかがわかるのがベストということだ。あと、軽い障碍よりも重い障碍(ただしあまりに重いと深刻すぎてだめ)、大人よりもこども、男性よりも女性のほうが「絵になりやすい」と考えられている。そこに周辺の家族のドラマがあればよりいい。そして障碍者が取り組んでいるものは、ただの日常生活ではだめ、できればスポーツや音楽や芸術関係が望ましい。他にもいくつかポイントがあるが、皆で意見を出し合って、最終的にはプロデューサーとディレクターが「絵になる」障碍者を選ぶというわけだ。

 本来、ドキュメンタリーとは、「『ハンデを背負って生きている障碍者』の存在を知った番組関係者が、彼あるいは彼女が懸命に頑張っている姿に感動して、その生き様を多くの人に知ってもらいたいため」に作るというのが形のはずだ。しかし某番組はそうではない。「チャリティー番組」として放送するために障碍者を探すという本末転倒な作り方をしているのだ。そのためにリサーチャーに何人もの候補者を探させ、それを「絵になる」という基準で取捨選択するという姿勢は、私にはとても受け入れられない。

 その番組は全国の系列テレビ局の多くが制作に参加する。ここだけの話、構成作家のギャラも通常よりはかなりいい。実は私も過去に系列局から何度か声をかけられたが、すべて断ってきた。チャリティー番組をやるなら構成作家はギャラを受け取ってはならないと思っていたからだ。「もらったギャラを寄付すればよかったのでは?」と言われればそうなのだが、そこまでしてやりたい仕事ではなかった。

偽善は堂々とやってほしい

 もっとも、視聴率の高い番組内で放送されることによって多くの人が障碍者の実態を知り、彼らを支援していこうという輪が社会全体に広がるのは間違いない。ボランティアや寄付は多かれ少なかれ偽善だという極論もある。何より大事なのは結果である、と。

 番組全体を見ても、多額の寄付が集まるのはたしかだ。それらは実際に貧しい人たちや恵まれない人たちを助けることになる。ふだん寄付なんかあまり行なわないようなスポンサー企業も、この日ばかりは企業イメージアップのために多額の寄付をする。だから番組の社会貢献度は非常に高いと言えるし、放送する意義も意味もあるいい番組だと思っている。もしテレビ局がこの日1日の収益(CM料金)から経費を差し引いた分のすべてを寄付に回していたら、私は両手を上げて番組を絶賛していただろう。

 地上波の電波は総務省の認可を受けているとはいえ、実質的には数局の独占事業である。民放キー局は収益から見ればタダに近い電波利用料で「公共の電波」を自由に使い、莫大な利益を得ている(電波利用料の約500〜800倍! )。キー局および準キー局の局員の給与はあらゆる業種の中でも群を抜いて高いし、有名タレントの高額ギャラは庶民感覚を超えている。その恩恵のお返しの意味でも、1年に1日くらいは採算を度外視したチャリティー番組を放送してもいいのではないか、というのが私の素直な気持ちである。逆に儲けてどうするのだ。番組そのものは素晴らしいだけに、惜しいと思う。

杉良太郎氏に痺れた

 慈善を訴えるなら、まず自らがそれを行なってほしい。

 それで思い出すのは杉良太郎氏の行動だ。人気俳優である杉氏は若い頃から慈善活動をしているのはよく知られている。毎年、私財を何千万円もなげうって恵まれないこどもたちや障碍を持った人たちに寄付をしている。親のないベトナムの孤児を70人以上も養子にしている。

 先の東日本大震災でも、杉氏は妻(伍代夏子氏)や事務所のスタッフらを引き連れて被災地を訪れ、車両12台(20トントラック2台、タンクローリー車1台、冷蔵・冷凍車2台、その他の車7台)で、多くの救援物資を届け、杉氏自身が味付けしたカレーライス5千食、豚汁5千食、野菜サラダ3千食を被災者に提供した。さらに水2トン、男女下着類4千枚、歯みがきセット1万セットなども持ち込んだという。はたしてこれがどれくらいの費用になるかはわからないが、1億円は優に超えるだろう。

 杉氏がこれまでに慈善活動に費やした金額は数十億円と言われる。驚くべき額である。簡単にできることではない。そんな杉氏に、「偽善だろう」という言葉を投げつける人が少なくない。あるインタビューでそう聞かれたときの杉氏の答えがふるっている。

「ああ、偽善で売名ですよ。偽善のために今まで数十億円を自腹で使ってきたんです。私のことをそういうふうにおっしゃる方々も、ぜひ自腹で数十億円を出して名前を売ったらいいですよ」

 痺れるくらいかっこいいセリフである。

 ***

 表現はキツいが、よく読めば百田氏は決して番組を全否定しているわけではないようだ。おそらく来年もまた放送されることになるだろうが、こうした声は考慮されているだろうか。

デイリー新潮編集部


宮川紗江
頭おかしい
鼻クソ取れ
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日のつぶやき
































































































posted by РМН at 16:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【悲報】「Mステ」、ガチでヤバイ

【悲報】「Mステ」、ガチでヤバイ

2018年・通常回

01/26 *8.8% E-girls/AKB48/清水翔太/JUJU/フランツ・フェルディナンド/Hey! Say! JUMP
02/02 *8.0% カミラ・カベロ/ゴールデンボンバー/GENERATIONS/Se xy Zone/TWICE/星野源
02/16 *8.9% あいみょん/絢香&三浦大知/家入レオ with 清塚信也/小沢健二/Hey! Say! JUMP
03/09 *8.4% 欅坂46/斉藤和義/ジャニーズWEST/Perfume/ゆず/Little Glee Monster
04/20 *6.4% あいみょん/Kis-My-Ft2/コブクロ/GENERATIONS/西野カナ/Mrs. GREEN APPLE
04/27 *8.7% KAT-TUN/きゃりーぱみゅぱみゅ/THE RAMPAGE/ 乃木坂46/Fischer's/04 Limited Sazabys
05/11 *7.5% 大原櫻子×TAKERU/島 茂子/CHAI/東京スカパラダイスオーケストラ feat.さかなクン/乃木坂46
05/18 *7.0% HKT48/GENERATIONS/Se xy Zone/平井 堅/FLOWER FLOWER
05/25 *8.0% E-girls/AK-69 feat.Toshl(X JAPAN)/King & Prince/高橋 優/TWICE/LiSA
06/01 *7.0% aiko/AKB48/三代目 J Soul Brothers/チャットモンチー/V6/WANIMA
06/08 *6.1% 三代目 J Soul Brothers/Superfly/HiHi Jets・東京B少年/MAN WITH A MISSION/山崎育三郎&生田絵梨花
06/15 *8.4% CHEMISTRY/ジェジュン/GENERATIONS/THE ORAL CIGARETTES/Se xy Zone/辻井伸行
07/21 *7.3% [ALEXANDROS]/KEN☆Tackey/サザンオールスターズ/DAIGO/東方神起/miwa /Little Glee Monster
08/17 *6.2% あいみょん/家入レオ/欅坂46/ジャニーズWEST/Perfume/ゆず
08/24 *6.8% A.B.C-Z/CHEMISTRY/コ永英明/AAA/Perfume/Mrs. GREEN APPLE
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタバ利用者の年収は低い!? それでも企業が「若年層」をターゲットにする意味とは

■スタバのターゲットは若者?

先日、「スターバックスの利用者は意外と低年収」というマクロミルの調査結果をもとにした記事がありました。確かに平均個人年収だけからみると、スターバックス利用者は270万円、ドトールは306万円、ルノアールは405万円となります。「家庭でもなく職場でもない第三の場所」をコンセプトとする意識の高そうなブランドとしては、ちょっと意外な気もします。

他の公表されている調査や記事と合わせてみると、スターバックスは、日本市場参入の際に若い女性を重要なターゲットとしていました。現在も比較的若い女性利用者の比率が多いため、「若い」、「女性」という2つの属性が低年収という調査結果の要素になっていると推測できます。

急成長したスターバックスの店舗数は1300を超え、ドトールの1100店台との差を説明することはできませんが、年収が高い都心部を中心に展開する90店台のルノアールとの差を説明する理由にはなるでしょう。また、年収以外にも可処分所得、頻繁に通うヘビーユーザーなどの観点も忘れてはいけないので、単純に顧客の平均年収が“低いことは良くない”とは言えません。

ひとつ言えるのは、高いコスパで顧客満足度を着実に向上させてきているドトール、高価格帯でありながら「喫茶室」という独自の価値を提供し続けるルノアールが健闘し、さらにサードウェーブやコンビニなどの勢力も拡大する中、スターバックスはさらに進化・差別化をしていく必要があると言えるでしょう。個人的にはいずれも利用していますが、落ち着いて余裕のある時間を過ごしたい時のルノアールは、自分の中でいい選択肢です。

年収が低い傾向にある若者をターゲットにするのは、戦略としてどうなんだろうと思う方もいるでしょうが、若者といっても、10代、20代、場合によっては30代でも、全顧客層のなかで相対的に若者と定義されることがあります。実年齢は一つの指標としては使えますが、消費行動にも個人差があり、意識や行動をもとにした“マインド年齢”を考えるべきケースも多いもの。また、現在の20代と20年前の20代を同じ20代とは括れないですし、年齢だけでなく世代という側面もあります。

■若者ターゲットといっても色々…



若者をターゲットにするべきか否かはケースバイケースであり、そもそも年齢という軸だけでみるのは限界があるのです。結果、様々なブランドが年齢層を一つの切り口として考えた場合、若者ターゲットと言っても色々な意味や目的があります。ここでいくつかのパターンを紹介します。



@そもそも若者を中心に消費されるカテゴリー

わかりやすい例としては、プロアクティブやクレアラシルなどのニキビ関連商品です。ニキビと言っても、思春期ニキビと30代前半までがピークとなる大人ニキビがありますが、どちらにしてもニーズは一定の年齢層に集中します。学生や就活をする人たち向けのサービスや商品も同様です。ただ、現状がそうであるからと言って、必ずしも若者以外が顧客にならないと断定することはできません。


A新しいジャンルやムーブメントの受け皿

個人差はありますが、人は年齢を重ねるごとに新しいものへの受容性が低くなります。例えば、スマホの普及率を見た場合、20代以降は徐々に受容性が低下しますし、80年代のウォークマンも若者中心に広がりました。特にカルチャー的な側面が強い場合にその傾向は強く、ストリートから生まれるものに対しては一般的に若者の方が感度が高いといえます。

多くの場合、新しい音楽ジャンルやファッションは若者が牽引します。喫茶店文化が定着していた日本市場で、シアトルの新しいムーブメントとして始まったスターバックスが、導入に際して若者層をターゲットとしたのは合点がいきます。今後もそれを続けていくべきか否かは、現状を見る限り、検討の余地があるのかもしれません。


B新しい世代からの支持を得る目的

若者は、単に若いということではなく未来の顧客像を投影します。ブランド自体が年齢の高い層のみに支持されている場合、じわじわとカテゴリー全体またはブランドがユーザーを失うリスクがあります。

例えば、ジョージア、ボス、ワンダ、ダイドー、ファイアなどの缶コーヒーの購入者は、男性が8割近く、若者離れが懸念材料となっています。 例えば、ボスのコンセプトはターゲットが明確な「働く人の相棒」で、ブルーワーカー的イメージです。そんな中、2017年に発売したクラフトボスは「缶コーヒーじゃない」ボスとして、若者や女性にも受け入れられるヒット商品となっています。

ペットボトル型のコーヒーは過去にもありましたが、IT系を中心としたデスクワーカーをターゲットにクラフトビール的なこだわり感とちょっと飲みやすい薄味でよく考えられたポジショニングをしています。ボスというブランドにとっては後に述べる顧客層を広げる役割も果たしますし、ボスというブランドが新しい世代(=未来の顧客)に受け入れられるのにも重要な役割と考えます。


C既存客を失わずに顧客層を広げる

若者に顧客層を広げようとする場合、Bの目的も兼ねることが多いですが、年齢に関わらず顧客層を広げるというのは、ある程度成熟し、現在のターゲットだけでは伸びしろが限られるブランドの場合、大きな機会となります。私自身も関わっていたSK-IIは、比較的年齢が高い層がコアとなり成長してきました。SK-IIは、単純に起用タレントではなく、ブランドのユーザーを代表する存在としてアンバサダーと呼んでいます。桃井かおり、綾瀬はるかに加え、2016年に当時23歳でアンバサダーに就任したのは有村架純です。年代別にターゲットを絞るスキンケア・ブランドも多いですが、SK-IIの場合はライフパートナーとして若い頃から長く使い続けてもらえるブランドでありたいという考え方です。

パナソニックのドライヤー「ナノケアシリーズ」はカテゴリー・リーダーと言える存在ですが、もともと「きれいなおねえさんは、好きですか」のキャッチコピーで30代以上の女性にアピールをしてきました。その後ターゲットをより低めの年齢に設定し、2014年からはキャッチコピーを「忙しいひとを、美しいひとへ」に移行し、働く女性を中心により若い層への拡大に成功しています。

女性用アパレル・ブランドのearth music & ecologyの場合は、全方位戦略です。2010年から宮アあおい がブランドキャラクターです。2017年には、当時31歳の宮アあおい に加えて広瀬すず(当時18歳)と鈴木京香(当時48歳)を起用。広瀬すずの起用は、ブランドキャラクターが7年間同じであった故の若返り作戦としてなるほどですが、広瀬すずのお母さんであってもおかしくない鈴木京香の起用は意外です。特に年齢で分けられがちな女性アパレルの世界で、エイジレスなブランドとしての成功例となってほしいですが、顧客層の拡大は既存顧客のブランド離れを起こすリスクもあります。


D顧客がカテゴリーに入っていくタイミングで顧客にリーチする

毎年の入学シーズン前に、携帯キャリアの各社は、学割などのサービスで若年層ユーザーの囲い込みに躍起です。それは、POME(Point of Market Entry)と呼ばれる顧客がカテゴリーに入ってくるタイミングでのマーケティングです。

有名なのは病産院でNo.1のパンパースです。オムツは消費寿命が短い特殊な商品ですが、退院後のママは病産院で使い慣れたブランドを選ぶ傾向があることから、戦略的に5種類もの新生児向けサイズを用意。赤ちゃんが初めて使うNo.1ブランドとなりました。ベネッセの妊婦向け「たまごクラブ」から「進研ゼミ」の流れもそうですね。幅広い年齢層で使われる商品でも、化粧品における資生堂の「就活メーク」、生理用品の小学生へのサンプリングなど、POMEを目的にカテゴリーに本格的に入るタイミングを狙って、若年層がターゲットになることがあります。

以上、いくつかの若者ターゲットのパターンについて書きましたが、単純に若者をターゲットにすべきか否かより、ブランドの理念、市場環境、顧客のライフスタイル変化などを考えて、特定のセグメントを(例えば若者を)ターゲットにする意味を考えることが重要だと考えます。その意味によって実際の戦略も変わってくるでしょう。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ