2018年09月20日

防弾少年団 秋元康氏を“急転排除”のウラ

 K―POPユニットとして初めて全米チャート1位を獲得するなど世界的人気を誇る韓国の男性7人組グループ「防弾少年団」(BTS)が、作詞家・秋元康氏(60)を“切り捨てた”――。11月7日に発売するBTS新シングルの収録内容を急きょ変更し、秋元氏が作詞した「Bird」の収録を取りやめたことが明らかになった。コラボ曲が発表されてからわずか3日後の早すぎる変更。舞台裏を探ると、韓国ならではの反日感情があった――。

 今月13日、BTSはトリプルA面シングル「Bird/FAKE LOVE/Airplane pt.2」を11月7日に発売することを発表。「Bird」の作詞をAKB48グループや乃木坂46、欅坂46の総合プロデューサー・秋元氏が手掛けることを発表していた。

 しかし、発表わずか3日後の16日、ユニバーサルミュージックの公式サイトで「11/7発売のニュー・シングルの内容を制作上の都合で変更することになりました」と説明。「発表直後の変更案内になりました事、お詫び申し上げます」と謝罪した。

 K―POPグループをけん引するBTSは、今年の2作品がアルバムチャートで全米1位になったことで人気を不動のものにしている。それだけに、AKB48グループ、乃木坂46、欅坂46といった人気グループを手掛ける秋元氏とのタッグは、大きな注目を集めていたが、今回の試みは頓挫してしまった。

 秋元氏のファンであるBTSの所属事務所のパン・シヒョク代表が「ぜひBTSの歌詞をお願いしたい」とオファーしたことから実現したコラボ曲。BTS側からの熱烈オファーが実った形だったが、韓国内ではまったく違った情報が拡散されていったという。

「韓国はスポーツ界でもよく起こりますが、芸能も政治と切り離して考えられない。国を代表するグループが日本人とコラボすることに『日本が韓国を侵略してきた』と一部ファンから猛反発が起こった。これに、一部で秋元氏がBTS側に売り込んだような真逆の報道がなされた。“韓流ビジネスに狙いをつけた”というニュアンスで伝わってしまい、反日感情の火に油を注いでしまった」(韓国の音楽関係者)

 さらに、ネット上ではかつて「AKB48メンバーの中で靖国神社を訪れている者がいる」「旭日旗に似たものが付いたコスチュームを着ていた」などと大騒ぎに。「BTSが“右翼グループ”と手を組んだ」などと断罪するファンまで出現した。

「BTSの事務所も当初は静観していたが、一部ファンが『シングルの発売を中止しなければ不買運動を行う』などと声明文を出す事態に発展。事務所にも抗議の声が殺到し、コラボ中止の決断に至った」(前同)

 昨年末のNHK紅白歌合戦には、6年ぶりにK―POPグループ「TWICE」が出場。韓国内でも“韓流復活”と好意的に報じられてきたにもかかわらず、こうした騒動が起きてしまうことに韓国の芸能事務所も頭を抱えているという。

「現在、韓国グループの日本市場への売り込みは、韓流ブームといわれたころより盛んかもしれない。いろんなグループが日本デビューしている。しかし、韓国の国民性として『日本人より韓国人の方が上じゃないと気が済まない』ところがある。だから、韓国アーティストが日本で売れるのはいいんですが、日本人が韓国市場に入ることは極端に嫌う。そのサジ加減が難しい」(同)

 またしても韓国の奇妙な二面性が垣間見える騒動となった。
posted by РМН at 23:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生活保護の独身女性42歳、食費は週500円!の食パン生活術

 一向に上がらない給料、増え続ける税負担。フツーに生きていたってカネが貯まらない世知辛い世の中だからこそ、1円たりともムダ金は払いたくないもの。今回は年収300万円以下で生きる人々が実践する「ドケチ節約術」を徹底取材。血と汗と涙の末に生み出した節約術を学ぶべし!

◆食費は週500円!ほぼ食パンのみで生活

<高田美貴さん(仮名・42歳)年収138万円>

 昨年末に体調不良で仕事をやめて以来、月11万5000円の生活保護で生計を立てている高田美貴さん(仮名・42歳)。当然、あらゆる面で切り詰めた生活を余儀なくされているが、なかでも目を引くのが食費の低さ。なんと週500円以内に収めているという。何を食べて生きているのか!?

「主食は食パンです。20時以降にスーパーに行けば、消費期限が迫った10枚切りの食パンが100円以下で買えるので、それを1食につき2枚食べています。飽きないかですって? 1枚にはマヨネーズ、もう1枚にはピーナツバターを塗ると全然飽きずに食べ続けられるんですよね〜」

 ちなみに食事は一日2食。パンの枚数が少なくなる頃にはとうに消費期限は過ぎているが、「お腹を壊したことはないので多分大丈夫です!」とのこと。食パン以外に「月に1〜2度、特売で3割引きになったときだけ買う」というシリアルと豆乳で最低限の栄養を補うよう意識しているという。

「今のところ体調はバッチリですね。肉や魚を食べたいという気持ちはなくなりました。今はいかに食費を抑えるかが楽しいですね。まぁ、ガスが止められているのでそもそも加熱調理はできないんですけどね(笑)」

 ガスが止められているため、シャワーも当然水のみ。髪も自分で切るようになった。

 壮絶に思える節約生活だが、本人は悲壮感などどこ吹く風。こうした「節約を楽しむ姿勢」こそ、ドケチ節約を続ける秘訣なのかもしれない。

【1か月の家計簿】

家賃 4万2000円


日刊SPA!c SPA! 提供日刊SPA!
水道光熱費(※生活保護のため水道代0円)4000円

食費 2500円

通信費 1万1500円

飼い猫の治療費 約3万円

日用品その他 2万5000円

― [ドケチ節約]甲子園 ―


無駄使いしてんじゃん


笑ってる場合か
シベリヤ捕虜収容所から比べりゃまともで
生活自体は死ぬわけではないが
いずれこのつけは廻って来るのよ
食事はきちんととらないとだめよ


42才アムラー世代の月11万5000円の生活保護で生計を立てている高田美貴を
例えにしてるのがそもそもの間違い


人間の体、健康を維持していくには
それぞれ必要な栄養をとらないとだめです。
代謝が悪くなり、生きるためのリズムが壊れます
内臓など機能しなくなり、免疫衰退、病気にかかりやすくなり
癌にも罹患しやすくなります
 栄養過多でもだめですが、食パン2枚では行く行くは病気になります

自動車と同じよ、エンジンオイル交換せず、ラジエター液殆どない、ブレーキオイルなし
タイヤ摩耗 


猫は最後の食として買ってるのならいいが、これいらない無駄
日用品もこんなにかからない コンドームは洗って何度も使いなさい
 金が無くなったら駅前でおじさんと仲良くなって


使ってもらいなさい
震災特需でかなり潤ったらしいから
事務、お茶くみ、夜の御伴
なんでもやりなさい


食パンだけで生活?

分厚いステーキ口に放り込んでいるとみた
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豪雨と地震で寸断されたローカル線に明日はあるか? 「電車が来ない」過疎駅の店主に聞く

 中国山地の山の中、1日6往復しか列車の走らない福塩線というローカル線の小さな駅・甲奴。木造の駅舎こそあるもののもちろん無人駅で、朝と夕方に通学の学生たちで少しだけ賑わう程度のザ・ローカルの趣たっぷりの駅なのである。そんな小さな駅の駅舎の傍らに、お好み焼き「美里歩(おりーぶ)」は店を構える。営むのは、地元に生まれ育った奥田弘士さん。齢75にして、いまだに現役バリバリだ。


今は甲奴駅に列車はやってこない


「もうはじめて20年近くになりますかね。町が駅舎で店をやる人を募集していたので、手を挙げたんですよ。せっかくの駅なのに誰もいないと寂しいでしょう。だからここでお店をやりながらね、観光案内みたいなこともしてるんですよ。まあ、観光客はめったに来ないんですけど(笑)」

 奥田さん、手際よくお好み焼きをつくりながらこう笑う。が、観光案内もなにも、今は甲奴駅には列車はやってこない。7月の西日本豪雨の影響で、福塩線はいまだに運転見合わせ中。JR西日本は甲奴駅を含む上下〜塩町は10月中、残る府中〜上下は来年1〜3月中に運転再開見込みと発表している。

「福塩線は山陽本線とつながっているからそう簡単に廃止になることはないと思うんです。三江線とは違うから。でも、いつかはなくなっちゃうんでしょうね。まあ寂しいっちゃ寂しいけど、しかたない」(奥田さん)


芸備線、呉線、日田彦山線……被災相次ぐローカル線


 災害によって危機に瀕するローカル線は、なにもこの福塩線に限ったことではない。西日本豪雨では他にも芸備線や呉線でも長期間運転見合わせの区間があり、そのうち一部区間は、早くとも来年1月以降の運転再開見込みだという。もちろんそれだけではない。JR九州の日田彦山線(添田〜夜明)は昨年の九州北部豪雨で被災していまだに復旧の目処すらたたないし、一昨年の熊本地震で被害を受けた豊肥本線・南阿蘇鉄道もいまだに寸断されたままだ。

そして北海道の地震でも過疎路線にダメージ


 さらに、9月6日未明に北の大地を襲った北海道胆振東部地震。電力問題もあってJR北海道の全路線が運転見合わせに追い込まれた。札幌〜新千歳空港間など利用者の多い区間から徐々に運転を再開し、今月中には震源に近い日高本線以外は通常通りに戻るという。とはいえ、国から2年間合計約400億円の公的支援を受けていざ経営立て直し……という矢先の厄災である。過疎路線廃止への動きが加速するのは間違いないだろう。今年3月いっぱいで廃止されたJR三江線の沿線住民は言う。

「三江線もなんども水害で停まってね。そのたんびに乗客がどんどん離れていった。昔は学生さんが通学で使っていたけど、それだってスクールバスになっちゃったしね。オトナはクルマしか使わないし……。みんな寂しい寂しいって言ってくれるけど、私らの生活はJRがあってもなくても変わらないよ」

 地方の人口が減少の一途をたどるなかでの相次ぐ自然災害が、こうした地方の過疎路線の危機を一層加速させているのだ。この傾向は、現状を考えると今後も変わることはないだろう。


「昔は貨物列車も走ってたんだけどね」


 ここでもう一度、甲奴駅の奥田さんの話に戻ろう。

「いやね、私が子供の頃は町にもたくさん人がいたんですよ。オトナになってからも青年団で企画してマツタケパーティーみたいなのをやったりした。山でよくマツタケが取れたんです。あちこちからすごくたくさん人が来てね、大成功でしたよ。だけど、だんだん人が少なくなっちゃって、そうなると山の手入れができなくなる。それでマツタケも取れなくなって……。商店街もだいぶ賑やかだったんですよ。駅前で日用品は全部揃う。だけど、後継者がいないでしょう。それでどんどん店じまいしていって、飲食店もほとんどありません。ウチとあと他にいくつか、くらいですよね。そうなっちゃうとますます若い人には不便です。鉄道にしたって、昔は貨物列車も走ってた。木材とかを運んだり、宅急便なんてなかったからそれも鉄道ですよ。チッキって言ってね。だけど、いまは1日6往復だけですからね……」。

「帰省してくる子どもたちがかわいそうだな」


 まさに町の栄枯盛衰を見守り続けてきた奥田さん。災害で寸断された福塩線に対する思いもいかばかりか……。

「でもねえ、私らの生活は変わらんですから。買い物に行くにもクルマだからね。子どもたちは代行バスで学校に行くから多少は不便でしょうけど。ただ、やっぱり列車が来ない駅で店をやっているというのも……。たまにやってくる旅行客もすっかりいなくなっちゃったし、それに帰省してくる子どもたちがかわいそうだな、とは思いますよ」

 広島や福山など近くの都市からならば、鉄道がなくともクルマで帰省することができる。けれど、大阪や東京からの帰省となると話が違う。これまでは鉄道で甲奴駅までやってきて、そこからタクシーやクルマを使う人が多かったという。だが、鉄道が寸断された今年のお盆は……。

「ウチの子供なんて、横浜からずっとクルマを運転して帰ってきたんですよ。80歳・90歳のおじいちゃんおばあちゃんが、福山とかまでクルマで迎えに行ったという話もあって。そうなると、やっぱり危ないし、帰省してくる子どもたちも遠慮しちゃうじゃないですか。それでますます帰りにくくなったりして……」


「今年もカープは優勝しそうですから、楽しみですね」


 福塩線の全線復旧見込みは来年1〜3月。となると、年末年始はいまだ鉄路は戻らず、帰省に難儀する人たちも多くなることだろう。もしかすると、甲奴の町は例年以上に寂しいお正月を過ごすことになってしまうのかもしれない。

「ただね、楽しいこともあるんです。ウチ、見ての通りカープじゃないですか。カープが優勝すると、店の前に机並べて祝勝会ってほどじゃないんだけど、大々的にやるんですよ。バスが来る時だけみんなでテーブルを動かして場所を開けたりしてね(笑)。町の人がみんな来てくれますよ。今年もどうやらカープは優勝しそうですから、楽しみですね」

 この甲奴駅や福塩線のように、1日数本の列車しか来ない町は日本全国いくらでもある。それが、災害によってさらに大きな打撃を受けて存続の危機。もとより町に暮らす人も奥田さんのような“駅ナカ”の経営者もお年寄りばかり。人口減少と高齢化、そして自然災害……。地方の小さな町とそこを走る過疎路線は、いま深刻な危機に瀕しているのだ。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日のつぶやき


















































































































posted by РМН at 16:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大坂なおみの記者会見について

大坂なおみの記者会見についていろいろ喧しいメディアはもっとまともな質問をせんかい!という声が大きいようだ
(とはいえ記者は英語の勉強をするように
ダイエットは痩身術じゃなくて食事制限だからね)
しかし、IMGという世界最強のプロスポーツマネージメント会社に属する大坂なおみとIMGとしてはグダグダな質問がさまざまなメディアから聞かれたほうがはるかにありがたいのだ。
スポーツメディアからはトレーニングや技術などのテニスの話を、ワイドーショーからは国籍やら恋愛などを、経済メディアからは賞金とスポンサー料を、写真メディアにはずっこける写真を、女性ファッション誌からは好きなブランドやセレブをという具合だ。
戦略的にはまずあらゆるジャンルのニュースメディアからあらゆる質問受けることで、大坂なおみのニュースカバレージを複合化して、視聴者が複数回大坂なおみのニュースに接触することを目的にしているはずだ。むしろニュース番組のスポーツコーナーでテニスの話だけだと困るのだ。結果的にザイオンス効果が生まれ、人々はさらに大坂を好きになる。これがファーストゴールだ。
それを確保したうえで、C/T層からF1-M3までのあらゆる性年齢層での認知度をこの1週間で極大化し、子供服から自動車までのあらゆるジャンルからのスポンサーを取り付けるのが目的だ。それこそがIMGであり、大坂がIMGを使っている理由だ。要するに質問の内容がなんだかんだと騒がれていることすらもIMGにとってはありがたーい状況なのだ。それでいいのだ。それがグローバルなテニスプロという存在なのだし、現代のマーケティングだ。
ちなみに野球やサッカーなどのチームスポーツでは個別選手への接触頻度が分散するために、特定のプレーヤーと特定のファンの組み合わせを除いて、大衆へのザイオンス効果は薄い。それゆえにテニスなどの個人競技のプロの収入が高いのだ。
じつはザイオンス効果はGAFAについても当てはまる。AmazonユーザーとAppleユーザーは毎日ECサイトとデリバリーの箱、iPhoneとMacに接触するのだが、FacebookユーザーはFacebookではなく、他のFacebookユーザーと接触している。それゆえにユーザーはFacebookは便利だとおもうけど愛着を感じていない。つまりザイオンス効果は働いていない。それゆえにFacebookがアメリカ議会で叩かれやすい存在なのだと思う。



二 日刊ゲンダイを読むと愚民になる
ツ 遂に出た評価は便所の落書きそれともくずの極み
カ 買っていくのはジジイばっか!
ン ン?ヒュンダイだもの。社会不安を煽るデマ本をねたに
  首相批判
ゲ げっ!と吐きそう、その記事
ン ン?3流記事だもの
ダ だから言ったろ
イ イエロー・ジャーナリズムに愛国心はない
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通勤電車でバレる「幸福な人、不幸な人」

自己肯定感が高い人ほど、生活の意欲や幸福感が高くなる傾向がある。それでは「自己肯定感が高い」とはどんな人か。キャリア25年、臨床経験のべ7万9000件以上の心理カウンセラー・大嶋信頼氏は「たとえば通勤電車で自信満々な態度で席に座り、周囲を威嚇しているような人は自己肯定感が低い。一方、自己肯定感が高い人ほど自然体で車内でも目立たない」という。どういうことなのか――。

※本稿は、大嶋信頼『「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法』(PHP研究所)の第1章「あの人は自己肯定感が高い人? 低い人?」の一部を再編集したものです。

日本人はアメリカ人より自己肯定感が低い

自己肯定感とは「自分で自分のことをOKだ!」と思えることであり、生活のあらゆる場面で意欲や幸福感に影響を与えます。日本人はその自己肯定感が、外国人に比べると低い傾向にあるといわれています。

アメリカで心理学を学んでいたとき、謙遜する日本人の私に比べて、周りの連中は、ちょっとできたことを100倍ぐらいに誇張していました。それを聞くたびに、心の中では「絶対に自己肯定感が低いほうが耐え忍んで努力をしているから、いつかはこいつらよりも優秀になれるはず!」と思っていました。

ところが、いくら努力をしたってちっとも認められない……。

そもそも自己肯定感が低いまま努力をしたって、何をやったって中途半端で、何も成し遂げられませんでした。しかし心理カウンセラーとして、のべ7万9000件の臨床経験を経たいま、「自己肯定感が低い人の仕組み」が見えてきました。

はっきり言ってしまうと、自己肯定感が低いということは「損な役回りをやらされているだけ!」なのです。では簡単に自己肯定感を上げて「おいしい生活!」をするためにはどうしたらよいのか。

まずは自己肯定感が高い人、そして低い人のある特徴をご紹介しましょう。

自己肯定感が低い人は、ぱっと見ではわからない

たとえば……電車で通勤をするときに「この車両の中で自己肯定感が高い人って、どんな人だろう?」と観察したくなります。

満員電車でみんな詰めて座っているのに、一人だけ踏ん反り返って腕組みをして足を開いて座っているおじさんは自己肯定感が高いのかな? と考えてみます。

前に立っている人も、そのビジネスマンのことを見ないようにしているし、両脇に座っている女性と男性もできるだけ「関わりたくない!」という姿勢で座っているので「この人は大きな態度で、周りの人を威嚇しているのかも!」と思えます。

ぱっと見は、偉そうな態度を取っているから「自己肯定感が高いのかも!」と思ってしまうのですが、よくよく考えてみたら、自己肯定感が高かったら「俺はすごいんだぞ!」なんていう態度をする必要はありません。すると、「このビジネスマンは自己肯定感が低いのかもしれない!」と思えて、面白くなってきます。

今度は、電車の中でヘッドホンをしてスマートフォンでゲームをひたすらやっている学生風の男の子は自己肯定感が高いのかな? と思って観察してみます。

こんなに混雑している電車の中でもゲームに没頭できるんだから、「自己肯定感が高いのかも?」と思ったのですが、しばらく観察してると「あれ?」となります。

もしかしたら、ゲームに没頭していなかったら、将来の不安とか人間関係の問題が次から次へと浮かんでくるから、何も見ないようにしているのかも? と勘繰ってしまいます。

すると、妙に腑に落ちて「あ! この男の子も自己肯定感は低いのかもしれない!」と思うんです。ふだん、電車に乗っていると「私はこの中で、一番自信がなくて、自己肯定感が低いかもしれない」と感じて、周りの人をうらやましく思っていたのですが「あれ? 自分だけじゃないのかもしれない!」と思えてきたんです。

上司、同僚のフォローと見せかけて自分アピール

また今度は「自己肯定感が高い人はいないのかな?」と思って、会社の同僚のことを話している人たちに耳を傾けます。

「あいつ、やればできるんだから、やればいいのに!」と言っているのが聞こえて、私は「お?!」と思います。

「肝心なところであきらめちゃうから、上司から目をつけられちゃうんだよ!」

「お! この人は自己肯定感が高いから同僚のことをフォローしてあげようとしているのかも!」と思って話を聞きつづけます。

すると、「だいたいあいつは詰めが甘いんだよ!」とか、「あの上司がもっと認めてあげればいいんだ!」と言っているのですが、「あれ? この人って結局、同僚や上司に比べて自分はすごいんだ!」と言っているわけで、「あ! この人も自己肯定感が低いんだ!」ということがわかってしまいます。

たしかに、自己肯定感が高かったら、こんなところで人の話なんかする必要がないもんな! と思って「お?! やっぱり、これまで自分は間違っていたかもしれない!」とちょっとびっくりしたのです。

私は、偉そうにしている人、集中できる人、人のことをかばってあげられる人、などが「自己肯定感が高い人」だと思って、「自分はなんてビビリで弱気で、集中できなくて、人のフォローなんかちっともできない器の小さな人間で……」と、ずっと思っていたんです。

だから、「あれ? もしかして私がこれまで自己肯定感の高さを感じてきたような相手こそが、自己肯定感が低い人なのかもしれない!」と気づいたとたん、面白くなってきたんです。

本当に自己肯定感が高い人はどこにいる?

そうしたら、次に「あれ? だったら、自己肯定感が高い人ってどこにいるの?」と疑問がわいてきます。

そこでフッと気がついたんです。

「こんなにたくさん人が乗っているのに、私が全然気にならない人、注意を向けていない人がいる!」

寝たふりをしている人、本を読んでいるふりをしている人、などたくさん気になる人がいる一方で、私がまったく注意を向けていない人たちの存在に気がついたのです。

「自然体」でいられる人は自己肯定感が高い

この、私がふだん注目してしまう人たち以外の人に注意を向けようとしたときに、眩まぶしい太陽の光を見るような感覚になりました。

一見、存在感がない人たちなのかな? と思っていたら、じつは自己肯定感が高くて、「私とは違うタイプの人たち」だから意識が向かなかったのです。そこで、あえてその人たちに注目したら「あ! この人たちが自己肯定感が高い人なんだ!」ということに気がつきます。

その人たちに注意を向けても、まったく不快感を覚えないのです。

むしろ、不快感が一切ないので、すぐに興味を失って不快を感じさせるような人のところに私の注意が向いてしまっていたのです。自己肯定感が高くて、自分が誰からどう見られようと気にしていないから、威嚇もしないし、ビクビク感もない。

過剰に何かに集中している必要もなく、自然体でいられるその姿。自己肯定感が高いから周りの人の言動が一切気になっていなくて、自分の中で平安を自動的に保てちゃううらやましい人たちが、私の死角には存在していたんです。
大嶋信頼(おおしま・のぶより)
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ