2018年09月27日

デーモン閣下、貴親方引退「ちっとも嬉しくない」角界には「異分子たちの存在こそ大事」

 好角家のアーティスト、デーモン閣下が25日、自身のブログを更新。都内で年寄引退会見を行った大相撲の貴乃花親方(元横綱、46)について自身の思いをつづった。

 「貴乃花親方が引退を決断するに至った会見での説明は理解できた。だがその決断の胆となる部分、すなわち親方が春に内閣府に提出し後に取り下げた『告発』の内容を『事実無根』とした相撲協会と、それを認めることは出来ないとした貴乃花親方、両者が決裂した決定的なポイントが分からず、すっきりしない」と両者の主張の食い違いを指摘。

 名横綱、貴乃花親方が角界を去ることに「現役時代名横綱として相撲人気を支え、親方になっても数多くの関取を輩出し協会に貢献してきた。そういう人物の辞め方がこういう形で良いのか疑問を持たざるを得ない…と言うか、我々相撲ファンはちっとも嬉しくない。“愉快なニュースだ”と思った相撲ファンは果たしているのだろうか?」と問い掛けた。

 横綱経験者や花形力士が数多く角界を離れていくことが特異な事象であるとし「かつての花形力士が、未来の相撲界を盛り上げていく姿を見たいのに、そうなっていかないのはファンとして寂しいし残念な限りである」と思いを告白。

 「貴乃花親方は、自身が他の力士たちと異なる境遇で相撲界に存在した人物。(中略)入門前、小学生の時からカメラに追われ、良くも悪くも常に脚光を浴び続けた貴乃花親方は、個人競技である相撲の“孤独”を誰よりも知り尽くし、弟子たちにもその厳しさを伝えようとしていたように吾輩は思う。日本相撲協会の未来のためには、そういうちょっと異分子たちの存在“こそ”大事にしてゆく必要があると、吾輩は考える」と愛のある提言をした。


間違いなく
八角理事長のパワハラだな
これ、第三者委員会に
委ねるしかない


16歳だと知ったら保護育成、引くのが普通。
高校も行ってなかったようだし、
家庭環境の悪い子だったんだろうね。
学校に行っていない、
家庭環境も悪い。
そういう子こそ、きちんと保護をしてあげるべきなのに、
年齢は関係ないと喜んで、
性行為、
名古屋から東京に呼び出して泊めたり、
性欲のはけ口とした30代の日村。
女子高生の援交、淫行が社会問題だった時代。
そういう時代に平気で16歳を性奴隷にしたのだから
日村は相当の鬼畜、外道、悪だよ。


・A子さんは嬉しかったが「実は16歳なんです…騙してごめんなさい」と謝罪。
・すると日村は「年齢なんか関係ない!好きなら10代でも大丈夫だよ、メールは続けよう」と提案。
・連日、日村から一方的に自撮り写メや「今撮影中」などの連絡が来るようになる。
・A子さんに「今どんな下着してるの?」「エロい写メ見せてよ」などと日村からのメールはエスカレート。
・日村「俺今彼女いるんだけど綾香ちゃんのことも好きなんだよね。どうしたらいいだろう」と聞いてくるようになる。


↑恋愛やん
posted by РМН at 23:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PCを冷却して暗証キーを盗む「コールドブート」という荒業

PCを冷却して暗証キーを盗む「コールドブート」という荒業

10年以上も前にセキュリティ専門家が実演した、PCやスマホを冷凍庫に入れて行う「コールドブート(cold boot)」というハッキング手法が、実は今でも通用することが再確認された。
この手法についてはテック系メディアで読んだことのある読者もいるだろう。2013年にはサムスンの「Galaxy Nexus」を冷凍庫に入れて、暗証キーを盗み出す手口が公開された。そして最近、ヘルシンキ本拠の「F-Secure」の研究者Olle SegerdahlとPasi Saarinen が類似した手口で、レノボのノートパソコンからロック解除に必要な暗号キーを盗んでみせた。
この手法が使えるのはレノボの製品だけではない。理論上はアップル製品も含め、すべてのパソコンやスマホに有効なのだ。パソコンを閉じたり、一定の時間が経過するとスリープ状態になる設定にしている人は気をつけたほうがいい。手口を説明する。


足立康史
@adachiyasushi
関西生コンは、永田町や沖縄県のみならず、あらゆる暴力的運動の枢軸として機能してきた。その拠点が昨年末のゼネストを発端とする仲間割れから崩れ出し、二十人近くの逮捕に至る。この際、辻元清美らの政界ルートの解明に繋がることを期待したい。国会の正常化に向けたセンターピンになるだろう。

吉村洋文(大阪市長)
@hiroyoshimura
元太田知事がやった禁じ手の府の減債基金の食いつぶし。これが今の実質公債費比率に大きく影響してる。基金食いつぶしがあると比率が悪くなる計算式になってる。現在ベースでいえば約7、8%程度数字が悪くでる。もし、食いつぶしがなければ、今の府の比率は約10%程度だろう。

大阪府、起債許可団体から脱却へ
大阪府は府債発行に国の許可が必要となる「起債許可団体」から脱却できる見通しだと発表した。財政規模に占める借金返済額の割合を示す実質公債費比率が2017年度決算で17.7%(暫定値)となり、直近3年間の平均値が基準である18%を下回ったためだ。10月に確定する。府は12年度に許可団体となったが、今後、起債の事務手続きが簡素化される。

足立康史
@adachiyasushi
これが大事。今回は勝負だった。逃げた小泉進次郎議員は、私が思った通りの根性なしだった。

橋下徹氏、自民党総裁選での小泉進次郎氏の態度に「意味不明。本当に残念」 : スポーツ報知 https://www.hochi.co.jp/topics/20180922-OHT1T50099.html


組合員16人を逮捕って
前代未聞だわな
一つの組織でこんなに
やくざテロリスト以上じゃねえか
オウムを思い出す

警備部
組合部員16人逮捕
事の重大さ
マスコミはダンマリ

生コン業界の激震が波及するのか−。大阪府警警備部は、運送業者のセメントの出荷業務を妨害したとして、
威力業務妨害などの疑いで、「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(関生支部)」の副執行委員長ら、
組合員16人を逮捕した。

103名無しさん@1周年2018/09/22(土) 01:37:20.98ID:gIcIaI+r0
関ナマからいつも支援依頼が送付されたり、発起人団体になるようお願いされてるけど、逮捕は自業自得と思ってるんで完全無視してる関東の人権団体関係者ですた(´・ω・`)
左右の過激派死んでまえ!

お土産置いとくね(´・ω・`)
http://imgur.com/bxjhzpj.jpg
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西空港連絡橋の完全復旧が来年のGWって遅すぎないか? 再確認した首都と関西の格差

 9月4日、関西国際空港は、台風21号による嵐で連絡橋にタンカーが衝突、損傷して通行止めになるという想定外の事態に陥ったのはご存じの通りだ。

 被災直後、連絡橋の復旧について私は、「まったくの推測だが、鉄道の復旧まで2週間、道路の完全復旧まで1か月というところだろうか? 仮に橋げたの損傷が大きく、交換が必要となると、在庫があるものではないので、もっと長い期間が必要になってくる」と書いた(9/6更新「タンカーが衝突した関西空港連絡橋の復旧には何日かかる?」)。

 で、実際どうなったかというと、鉄道は9月18に復旧。被災からちょうど2週間後であった。

◆早期復旧したのは鉄道だけで道路の復旧は……

 では道路のほうはというと、NEXCO西日本は9月18日、このようなリリースを発表した。

「台風第21号の影響によりタンカー船が衝突した関西国際空港連絡橋については、14日、損傷した橋桁の撤去が完了しました。 橋桁の損傷の程度が著しいことから再利用可能な一部分を除き、新しい橋桁を製作して架け直す方針としました。 この方針を踏まえ、海上での作業を予定している来年春頃の天候が安定し、作業に支障が生じなければ、来年のゴールデンウィークまでに、連絡橋を完全復旧することを目標に作業を進めます」

 なんと、来年のGWまでの復旧を目指すという!

 橋桁の交換が必要なら、新たに造ることになるので、かなり長い期間が必要になることはわかっていたが、まさか真っ正直に、「新たな橋桁ができるまで、復旧できません」となるとは思っていなかった。

 鉄道が復旧したことで、空港までの旅客の足は確保でき、旅客便は完全に復旧した。連絡橋の片肺通行は続くが、規制されるのは自家用車やレンタカーのみとなり、トラックの通行規制はなくなったため、国際貨物便もほぼ元に戻っている。

 つまり、現状すでに大きな不便はなくなっているわけで、連絡橋の全面復旧をそんなに急ぐ必要はないと言えないことはないが、つい頭に浮かぶのは、「地方はのんびりしてるなあ」という思いである。

 これが仮に首都圏だったら、たとえば仮橋の設置など、あらゆる手段を使って、なんとか連絡橋も早期に復旧させただろう。

◆24時間体制73日で全面復旧させた首都高とは大違い!

 たとえば10年前に発生した、首都高5号線でのタンクローリー横転火災事故では、今回同様に橋桁が重大な損傷を受け、造り直しとなった。

 が、この時の首都高の奮闘ぶりは凄かった。鋼桁の製作期間短縮や、早く固まるコンクリートの使用など、ありとあらゆる工期短縮策が打たれ、24時間体制で工事を行い、事故からわずか73日後には、40m橋桁の架け替えを完了して全面復旧させた。

◆関係省の必死さの度合いがまるで違う関西国際空港連絡橋の復旧工事

 関空連絡橋の場合、損傷を受けた橋桁の合計延長は188mで、首都高5号線火災事故よりはるかに長い。材料も、首都高は鉄筋コンクリート(一部鋼桁)なのに対して、関空連絡橋はオール鋼桁という違いはあるが、それにしても7〜8か月という工期は、かなりのどかな印象はぬぐえない。

 首都の重要インフラに大きな支障が出た場合は、首都機能維持のため、政府が先頭に立って、なりふりかまわぬ復旧策が取られる。

 関西は首都圏に次ぐ地位にあるわけだが、関係省庁も鉄道・道路会社も、必死さの度合いがまるで違う。首都に比べたらしょせんは地方と言ってしまえばそれまでだが。

 被災からほぼ2週間で、空港機能が全面復旧したのは喜ばしいが、大阪府の松井知事はじめ関西の関係者のみなさんは、もうちょっとがんばってもよかったのではないかと感じる次第である。

取材・文/清水草一
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日のつぶやき










































































































posted by РМН at 16:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

”16年前の出来事”バナナマン日村勇紀の淫行疑惑を報じた『FRIDAY』に批判の声も

 先週21日発売の『FRIDAY』(講談社)が報じた、バナナマンの日村勇紀による16年前の淫行疑惑。同誌によると、相手は愛知県在住の女性(32)で、日村とは16年前ファンレターを通じて知り合い、不適切な関係になった。しかし女性は当初、日村に対し自身の年齢を21歳と詐称、その後、実年齢が16歳であることを告白したのだという。

 日村は報道を受け「16年前とはいえ自覚が足りていない行動で相手方の年齢に関してはよく覚えていないが深く傷つけてしまったことは申し訳なく思っている」と所属事務所を通じコメントを発表。一部では非難の声も上がったが、16年前の出来事であったこと、さらに女性が年齢を偽っていたことから、非難の矛先は『FRIDAY』にも向けられた。Twitter上には「公訴時効の案件でしょ」「16年も前の出来事を今更、掘り起こすことに至った経緯を知りたいよね」「うーん、これ…事実確認とかできなくないですか?」といった意見のほか、「今の時代プライバシーも時効ってないの?」「芸能人相手なら何してもいいわけじゃないと思うんだけど」などの疑問の声が寄せられている。

 確かに、もし仮に問題行為があったとしても、愛知県青少年保護育成条例違反(いわゆる淫行罪)の時効は3年。当事者の記憶も曖昧で、ファクトの確認が難しい話を報道することに意味はあったのだろうか。

 この問題についてタレントの池澤あやかは「様々な報道を見て自分の経験を思い出し、辛くなるケースもある。単純に“今更“とは言い切れないのではないか」と指摘する。

 『FRIDAY』『週刊現代』などの編集部に勤務していたスマートメディア研究所の瀬尾傑氏は「編集部としては、気持ちの整理がついていないという被害者からの訴えがあり、しかも相手が司会なども務める“公人“だということで改めて社会責任を問うた記事だろう。日村さんも事実関係を大筋で認めているが、やはり行為自体は良くなかったし、当時は責任を問われても仕方がない。今でも気持ちが収まらないとか、フラッシュバックといった被害が続くことから解決を求める場合もあると思うが、16年経った今なら、2人の間で解決すべき問題だと思うし、社会的に問うべき問題かというと、非常に難しい。ただアメリカの“MeToo“を見ていると、10年、20年前の話であっても責任を問われているケースがある。法的な責任ではなくモラルを問うというのは、時間や国によっても変わわるので、記事が出た後の反応も含め、社会の中で受け止めていくしかないと思う」とコメント。

 MeToo運動をめぐっては、告発した側の主張をベースに、事実認定の前に厳しい社会的制裁を受けることがあるという論点もある。元フジテレビアナウンサーの菊間千乃弁護士は、「やられた方は覚えていて、やった方は覚えていないということもある。また、やられた方の記憶が長い時間の中で変わり、それを事実だと思い込んで発信していることもある。だから実際に当事者間で話をした時に事実関係がずれていることはたくさんある」とした上で、「実際にお会いしてみないと分からないことだが、彼女の気持ちに時効はないし、辛い思いを16年間抱えてきて辛かったのかもしれない。ただ、それを発信する場所は写真週刊誌ではないのではないか、なぜ写真週刊誌を選択したのか、というのが世の中の見方なのだろう。他のMeTooとは異なる反応が出たのも、そのせいではないか」との見方を示した。

 日村とプライベートでも親交があるケンドーコバヤシは、「普段仲良くしてもらっている日村さんなので、ものすごく喋りにくい」とした上で、「事務所のホリプロコムさんが“本人は反省に反省を重ねている“というコメントを出されたが、日村さんもものすごく反省されていると思う。まだ直接お会いできてはいないが、メールではやりとりさせていただいた。文面からも元気がないのが伝わってきた。すごく反省というか自戒していことが伝わった」と話していた。
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国民は飢えているのに…ベネズエラで大統領「ステーキ動画」大炎上 「国民の金でぜいたくをしている」

 1年前は100円だった物が、100万円に? そんな信じられないことが南米ベネズエラで起きています。働いても働いても食べ物が手に入らないと多くの国民が逃げ出しているこの国で、ツイッターとインスタグラムで拡散した動画が騒動を引き起こしました。(朝日新聞サンパウロ支局長兼ハバナ支局長・岡田玄)


ごきげんに塩を振る大統領
 骨付き肉を軽やかに切る、黒いTシャツ姿の男性。その横で満足そうに肉を食べる男女。動画に登場する2人は、南米ベネズエラのマドゥロ大統領夫妻です。

 経済協力を求めて9月に中国を訪れた帰り、トルコのイスタンブールに立ち寄った時に撮影されました。

 訪れたのは有名シェフ、ヌスレット・ゴクチェ氏が経営する高級レストラン。独特のスタイルで塩を振るパフォーマンスで知られ、ゴクチェ氏は英語でSalt bae、日本語では「塩ふりおじさん」や「塩ふりお兄さん」などと呼ばれています。

 食べ終えたマドゥロ氏は葉巻をくわえ、ゴクチェ氏のTシャツを胸にあてながら、ごきげんな様子で塩ふりをまねました。

 スペインのエルパイス紙によると、この動画はゴクチェ氏がインスタグラムやツイッターに投稿したといいます。

 これに対し、「国民は飢えているのに、大統領は国民の金でぜいたくをしている」など批判のコメントが殺到。1時間で1000件を超えたとする報道もありました。

 すぐ削除されたものの、動画は現在も拡散しています。

 帰国後の9月18日、マドゥロ大統領は記者会見に臨みました。右手を鶴のように構え、一言。「塩の振り方を学んだ」

 CNNスペイン語版は、マドゥロ氏が食べたステーキの一つは1皿55ドルで、ベネズエラの最低賃金3カ月分以上に相当すると報道。世界各地にあるゴクチェ氏のレストランのうち、アメリカのマイアミの店の前でベネズエラ人たちが抗議集会を開くなど、波紋が広がっています。

食べ物ない…ゴミあさる庶民
 ベネズエラでは経済危機が深刻。国際通貨基金は、今年のインフレ率を年100万パーセントと予想しています。100万円が、1年後には100円の価値しか持たなくなるということです。

 食料や医薬品が不足。餓死する人や、満足な治療を受けられずに命を落とす人もいるといいます。国連によると、2014年以降に230万人がベネズエラから周辺国に移り住みました。

 多くのベネズエラ人が、その日の食事にも困るような暮らしをしています。取材で話を聞いたベネズエラ人の中には、食べ物を求めてゴミをあさったという人もいました。


ロバの動画で逮捕
 ベネズエラでもう一つ問題になっているのが、独裁的な政治です。

 西部メリダ州で、消防士2人が逮捕されました。きっかけは1本の動画でした。

 消防署内を歩くロバが撮影され、「大統領が訪問されました」などとナレーションが入っています。

 ロバは間抜けや無能を意味し、スペイン語で「ブロ」と言います。政権に批判的な人たちは、マドゥロ氏を「マブロ」と呼んでいます。つまり、この動画は強烈な風刺です。

 やはりSNSで拡散しました。

 ベネズエラの人権団体フォロペナルによると、動画を作って投稿したとして、41歳と45歳の消防士2人が警察当局に13日夜から拘束されています。

 弁護士によると、2人は「憎悪扇動」の罪に問われており、有罪なら懲役20年になる可能性があるといいます。2人は容疑を否認しているとのことです。

 「憎悪扇動罪も1年前にできたばかりの法律。言論を抑圧するために作られた」と弁護士。200人を超える人が、政治的な発言を理由に身柄を拘束されたままだといいます。

政権の不支持率、75%超え
 こんな状況ですから、政権への批判は強まるばかり。17日発表の世論調査では、マドゥロ氏の不支持率は75%を超え、84%が政権交代を望んでいました。

 また、30.5%が一日一食のみ、28.5%の人が一食も食べられない日があると回答。20%は政権交代しないなら国外に出ると答えました。

 「大量の食料や医薬品を持ってきてくれるなら、軍事介入されてもよい」。そう回答した人は、84%でした。

 当のマドゥロ政権は、人道危機で大量の避難民が生じていることを「フェイクニュースだ」と主張しています。

 確かに、無関係の動画をインターネット上に流し、マドゥロ政権批判に利用してる人たちもいます。


 しかし、私は、食事や医薬品を求め、国境を越えてきたたくさんのベネズエラ人たちに会いました。

 テントで暮らせればよい方で、多くの避難民は路上で生活し、ゴミ袋を使って雨露をしのいでいます。移住しようとしたけれど、仕事も見つからず、地元住民の襲撃におびえている人もいました。そんな人が、街にあふれていました。

 食い物の恨みは怖い。この言葉を、マドゥロ大統領に送ります。


わその家の近くのセブンの店長も
クッソ接客態度悪い
ありがとうなんて一回も聞いたことない


そのくせ
若い女が来ると
ヘラヘラ笑顔で応対
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ