2019年01月18日

JOC竹田会長とIOCの権力闘争 東京五輪招致「贈賄疑惑」に陰謀説

 疑惑の裏に何が隠されているのか。2020年東京五輪招致の贈賄疑惑でフランス司法当局から正式捜査を開始された日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が15日、質疑応答ナシという異例の記者会見を開いた。わずか7分間、まるで独演会のような一方的な会見で潔白を主張。異様な対応に批判が集まる中、本紙が竹田会長にも接触したことのある重要人物を直撃すると、“ゴーン余波”ではないある陰謀論が浮かび上がった。

 竹田会長は会見で改めて潔白を訴えた上で、イメージダウンなど東京五輪への悪影響が懸念されていることには「この騒動で影響を与えかねない状況になってしまったことに大変申し訳なく思っている」と謝罪した。

 今回の疑惑の争点は大きく2つある。まず、招致委員会が2013年にシンガポールのブラックタイディングス(BT)社の口座に約230万ドル(約2億4000万円)を振り込んだ点。竹田氏は「コンサルタント業務に対する適切な対価」と主張しつつ、金銭を渡した事実は認めている。BT社の口座には2回に分割して振り込まれており、1回目は13年7月、2回目は東京招致が決定した後の同年9月に「成功報酬」という名目で送金された。

 JOC調査に関わった関係者は「成功報酬自体はフランス内でも違法性はない。当然、日本でも問題ない」というが、厄介なのはカネの一部が国際オリンピック委員会(IOC)委員で国際陸上競技連盟の元会長ラミン・ディアク氏の息子であるパパマッサタ氏に渡ったとされる点だ。これが開催都市決定の投票権を持つIOC委員の買収に使われたとの疑惑が持たれており、しかも同氏が高級時計を購入したというから問題をややこしくしている。

 ただ、前述の関係者は「高級時計を購入したのは1回目の振り込みの前。つまり受け取ったカネで買っていない」と説明。仮に不正にカネが渡ったとしても、竹田氏が「BT社と国際陸上競技連盟会長および息子がいかなる関係があったことも知らなかった」と言うように、東京招致への「1票」を買収すべく故意には渡していないため、限りなく“シロ”に近い情勢だというのだが…。

 では、なぜフランス当局は疑惑追及に躍起になっているのか。本紙は「絶対に名前を伏せてほしい」という条件で、竹田氏周辺をはじめIOC内部に詳しいA氏に話を聞いた。「今回、フランスのルモンド紙が11日の朝刊で報じ日本でもニュースになった。このタイミングがポイントですよ」

 竹田氏がフランス当局からヒアリングを受けたのは昨年12月10日。約1か月後に情報が駆けめぐった裏には、ある陰謀説が潜んでいるという。

「実は情報が出た11日はIOCの倫理委員会が開かれる日。この委員会はIOC委員の資格を停止する権限がある。つまり、竹田氏の資格を剥奪するもくろみがあった」

 今回の事案でIOCは「被害者」という立場のため、弁護士を通して捜査情報を知ることができる。それを知ったIOC関係者が同紙にリークし、倫理委員会の当日朝に当てたのだという。その最大の標的はIOC会長のトーマス・バッハ氏(65)で、A氏は「竹田氏がバッハ会長に近いのは有名。反バッハ派にすれば竹田氏の醜聞を世界中に広めて引きずり降ろせば、バッハ票は1つ減る。バッハ体制にダークなイメージをつければ“政権交代”のチャンスですからね」と話す。IOC内部に詳しい関係者の多くも、この“権力闘争”からなる陰謀論を唱えているという。

 さらにA氏は続ける。「最初、日本の複数メディアは竹田会長が『起訴された』と報じた。ルモンド紙のフランス語版は『ミザンネグザマン(mis en examen)』、英語版では『Indictment』と表記している。この単語は『告発』の意味もあるが、一番大きな意味が『起訴』。竹田氏が起訴されたと読み間違えるような紛らわしい単語を使ったのではないか」

 これで結果的に竹田氏に“罪人”に近いイメージがついたのも事実だ。日産自動車前会長のカルロス・ゴーン氏(64)逮捕へのフランス側による“報復”とも言われた今回の騒動だったが、竹田氏の「敵」はもっと近くにいるのだろうか。疑惑の“闇”は深そうだ。
posted by РМН at 23:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロちゃんが嫌いな男4位に。ドッキリで見せたゲスな一面が影響?

 今回で28回目を迎えるSPA!の新春恒例企画「男が選ぶ好きな男・嫌いな男」。30〜40代の男性500人アンケートで判明した男性から注目を集める真の男とは!?

◆嫌いな男4位、部下にしたくない男2位のクロちゃんが反論!

●嫌いな男 1位 坂上忍(53票)、2位 りゅうちぇる(27票)、3位 安倍晋三(23票)、4位 クロちゃん(18票)、5位 明石家さんま(10票)

●部下にしたくない男 1位 りゅうちぇる(35票)、2位 クロちゃん(18票)、3位 坂上忍(18票)、4位 手越祐也(11票)、5位 出川哲朗(10票)

 昨年の圏外から嫌いな男4位にいきなり躍り出た安田大サーカス・クロちゃん。「部下にしたくない男」でも2位に選ばれるなど、’18年に大躍進(?)した背景には、テレビ番組でのドッキリで見せたゲスな一面がある。「すべての行動がゲスの極み」(49歳・製造業)、「虚言癖がある」(47歳・会社員)、「腹黒そう」(41歳・医薬品)など散々な言われようだ。

「けっこうひどくないですか、これ? 仕事に関しては、例えば司会をやるときは、どんなに忙しくてもしっかり台本を読み込んで下準備するし、部下としてはかなり優秀だと思うんですけど。僕を選んだ人は自分に管理スキルがないから部下にしたくないんですよ。あと、よく『事件起こしそう』って言われるけど、今まで事件なんて一度も起こしてないし!」

 また、’18年の流行語大賞にもノミネートされた「もぐもぐタイム」にちなんだ「もぐもくタイムをとってそうな男」で2位に。しかしながら「好きなものは何でも食いそう」(32歳・金融)、「隠れて食べてそう」(43歳・コンビニ)と、ここでも世間は手厳しい。

「みんな勝手なことばかり言ってるよね。常に間食してるように見えるけど、トレーニングで消費したカロリーを時短のために移動中や仕事の合間に摂ってるだけ。本当の僕はちゃんとしてるの!」


 カン高い声でそう叫んだ後、手にしたドーナツをしっかり完食したクロちゃんだった。

◆<もぐもぐタイムをとってそうな男>

1位 石塚英彦 44票

2位 クロちゃん(安田大サーカス) 20票

3位 彦摩呂 15票

3位 マツコ・デラックス 15票

5位 小杉竜一(ブラックマヨネーズ) 13票

次点 出川哲朗(10票)りゅうちぇる(9票)ムロツヨシ(7票)

<写真/大迫勇也>

― 第28回 男が選ぶ[好きな男・嫌いな男] ―
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遅れてきた地方の半グレ 東京からのUターン組が跳梁跋扈か

 数年前から、他拠点居住や地方移住が高齢者だけでなく若者の間でも話題だ。技術や知識を身につけた人たちが、都市部から地方へと広がっていくのは喜ばしいことだ。ところが、"半グレ"というありがたくない特殊技能を地方へ持ち帰る迷惑な流れがいま起きている。ライターの森鷹久氏が、取り締まりが厳しくなり都会にいられなくなったUターン半グレに混乱させられている地方の苦悩についてレポートする。

 * * *

「アッチで偉くなって帰ってくるならまだしも…。とんでもなか連中さ!」

「私たちを田舎者と思って舐めてるんでしょう。実際に警察も手出しが出来ん」

 九州北部某市の居酒屋でこう捲したてるのは、地元A商店街の幹部を務める正木太郎さん(仮名・60代)と、同じくA商店街でスナックを経営する水田洋子さん(仮名・50代)だ。2018年もいよいよ終わり、最後くらい穏やかに飲めばいいものの、彼らはいったい何に怒っているのか。

 遡ることちょうど一年前。

 水田さんの経営するスナックで、常連のXさんが二〜三名の若者客に殴られるという“トラブル”が起きた。連絡を受け、水田さんが駆け付けると、顔を腫らした、血だらけのXさんが横たわっていた。

「若い子たちは18〜20歳くらいの金髪、いかにも“不良”って感じで店の中にまだいたんです。すぐに警察を呼ぼうってことになったけど、Xさんが勘弁してくれ、と」(水田さん)

 実はこの常連客のXさん、元々は地元の暴力団に所属し、地元の祭りや商店街の催しなどを取り仕切るような立場にいた人物であった。昔風にいうところの「田舎のヤクザモン」であり、今ほど暴力団に対する風当たりが厳しくなかった時代背景もあってか、Xさんの顔は広く、だれもが「〇〇組のXさん」と慕い、また畏れた。

 そんなバックグラウンドを持つXさんだからこそ、数人の子供に袋叩きにされ警察沙汰になるとは、プライドが許さなかったのかもしれない。この件は事件にはならず、知る人ぞ知る「酒場のトラブル」として忘れ去られるかに思われたが、間もなく、同様のトラブルが起きたのである。

「また同じ連中が別の居酒屋で客を殴ったんです。今度の被害者は、地元の土建屋の社長さんですね。コッチ(暴力団)ではなかですが、彼らとは付き合いもあるし、地元では有力者です。さすがに気が付きましたね。ああ、こいつら“そういう人”ばっかり狙いよるな、と」(正木さん)

 正木さんの読みどおり、“そういう人”たちを繁華街から暴力で追い出して、指定暴力団なら法律や条令で禁止されていること、たとえば、みかじめ料の徴収などを始めた。

 筆者が関係者に聞き取りを続けたところ、この若者たちは地元の“半グレグループ”であり、彼らをまとめるのは、地元出身で関西地方の広域指定暴力団に所属していたが、トラブルを起こしUターンしてきたという男(40代)であることが判明した。

 男は元々不良少年でもなく、地元暴力団に所属していた経歴もない。ただ、同級生など近しい人々によれば、あまりにも身勝手で、友人と呼べる人はいなかった。地元に居場所がなかった男は、都会に出てヤクザになり凱旋したかと思えば、自身が"暴力団ではない"のをいいことに、10も20も年下の子供や若者をそそのかし、半グレ集団を組織し、やりたい放題にやっている、という実情なのだ。

「奴らは“自分は元××組の○○さんと知り合い”と吹きまくって、肩で風を切って街を歩いている。彼らは暴力団じゃないと、警察も手出しが出来んようです」(正木さん)

 実は同じような事例は、すでに都市部では数年前から起きていた。それが年月を経て、地方でも同様の事態になっているのではないか。神奈川県内に本部を置く、広域指定暴力団の元幹部・A氏(50代)が指摘する。

「暴力団が条例やらで規制されて、一時期は暴力団より半グレが強いのではないか、というような時期がありました。東日本大震災の頃です。東京や大阪でその頃に半グレメンバーになっている、もしくは半グレを経て暴力団になり、その後に地元に帰った連中が、いま全国各地で"暴力団の代わり"みたいなことをやっているようです。田舎のおまわりも、不良少年やヤクザなら対処方法もわかるでしょうが、相手が“半グレ”となるとね…。どうしようもできないのでしょう」(A氏)

 筆者が聞き取りをしたところ、同じような事態は九州の中小都市のほかにも、山陰地方、東北地方日本海側、そして北海道道東でも発生している。暴力団がいなくなった場所にボウフラのごとく沸きあがりやりたい放題、好き放題で地域住民に迷惑をかける。半グレだから手が出せない、取り締まるための法律が未整備という当局、法律の隙をついた卑劣さは、暴力団以上ともいえるのかもしれない。加えて彼らには、地域を思う、先輩や高齢者を敬うといった感情が欠如している。義理人情など知ったことではなく、ただ自分たちだけが良ければ良いのだ。こうした地方の“半グレ”達に、みな戦々恐々としているのだ。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日のつぶやき










































posted by РМН at 16:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【公的年金】「年金は破綻しない」と断言できる3つの根拠 しかし1000兆円の受給権に積み立ては160兆円ほど

【公的年金】「年金は破綻しない」と断言できる3つの根拠 しかし1000兆円の受給権に積み立ては160兆円ほど というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
中国経済はいつ破綻するの?ネトウヨさん??
-----------------------
75歳からにすれば問題解決
-----------------------
支給年齢挙げて
支給額下げれば
破綻しないよね
-----------------------
足りなくなれば消費税挙げるから問題ない。
-----------------------
アホらし
こんなふざけた説明だから、年金なんか払う価値ない
-----------------------
徴収料を六倍にすりゃ解決
というか働きもしない奴らが金もらえるというのがなぜ成り立つと思うのか
-----------------------

1961年の国民年金保険料→月額100円
2017年の国民年金保険料→月額16490円

年金なんかまともに払ってこなかった
老人共を全て抹殺すれば問題解決
-----------------------
↑1961年の国民年金保険料→月額100円
※当時平均月収2000円

2017年の国民年金保険料→月額16490円
※現在平均月収40万円

実質昔の人の方が負担率は高い
-----------------------
↑ハァ?
ふざけんな、クズ!
1960年は大卒初任給が2万円の時代だぞ
老害は、デタラメばかりで本当に卑劣なクズだな!
-----------------------
↑は
1961年当事の月24000円を年24000円だと素で勘違いしたんだろ
-----------------------
(1)年金は、今すぐ全額支払うものではない
(2)破綻しそうになれば、政府が助ける
(3)破綻しないための様々なテクニックがある

要するに年金を徴収だけして払わないって事だろ?
それ破綻じゃないの
-----------------------
↑税金から補填するので破綻しない
支払う年金からも税金を徴収するので財源も困らない。
こうすれば無理なく年金が支払えれる。
-----------------------
政府や権力者など信用できないのだ!
wwww
ふはははは
だから地方分権で住民自治なの!
無尽講に入らないか!?
www
しかしwww笑えるwww泣かせるwww
行け!夢の南米開拓団だ!北海道開拓団だ!満州開拓団だ!
また政府にだまされたのかwww
高校で習うだろ!親に習わないのか!どういう教育を受けるとそう言うバカだらけになるんだwww
-----------------------
昔は定年退職して年金暮らしするのが夢だったのにな...年金はどんどん先に逝くし貰える頃には自分はこの世に居なさそう
-----------------------
破綻しない根拠なんて一つで充分。
「支給開始年齢を政府の一存でいくらでも遅らせることができるから」

こんな信用できない(現役世代は損しかしない)制度を放置しているから、少子高齢化に歯止めが掛からないんだよ。
不安定な雇用環境の中で、年金を払いつつ、自分の老後の資金も貯めないといけないんだからな。
-----------------------
>>1
アベから官房機密費で買収されたのね?
だからGPIFで公金を株に注ぎ込んで、
アベが闇献金バックマージン貰うことの
お手伝いをするわけね。
-----------------------
20歳から60歳まで収めて
支給開始が70歳とか75歳
支給開始までに死んでくれというのが日本政府のやり方だろう
-----------------------
今、破城したら1000万預けて160万しか戻らん計算か。
スゴイねずみ講だな...子ネズミの数が足りなさすぎ。
-----------------------
↑ねずみ講の由来となる子ねずみの数
まさにそのまんまやなw
-----------------------
お前らの財産を勝手に集め、勝手に運用を変え制度を変えた。
アメリカだっ たら独立戦争起きるぞwww
日本は私有財産制の国なんだろ?
アメリカの言う私有財産制とはそう言う意味だぞ!www
権力者が勝手に市民の財産を好きにできない、と言うのが、私有財産制と言う意味だ!
-----------------------
国民年金が破綻しない理由

1.支給開始年齢をいくらでも遅らせられる
2.支給額をいくらでも減らせる
3.支給額を減らさなくても無理やり物価を上げれば税収が増えるので相対的に減らせる
-----------------------
よく堂々とこんな低レベルなコラムを真面目に掲載するなw
月支給を千円にする、100歳から受給にするなどの手段によって制度は破綻しない!
てのに適当に肉付けしただけのクソ文w
-----------------------
自分は国民年金は払ってる
月6万でも家さえあれば暮らせる
将来空き家が増えるので田舎の空き家はただでも住んでほしいって人が出てきて
それを年金暮らしの人にコーディネートする公的団体が出来ると踏んでる
家は人が住まないとどんどん劣化するからな
-----------------------
「破綻しない」のではなく、「破綻してても国は続ける」が表現として正確
制度的にはとっくに破綻してるよ
だって、ネズミ講なんだから
-----------------------
増税するくらいなら、年金が破綻した方がいいのでは
-----------------------
破綻の定義変えられたら終わり
安倍政権見てると簡単に定義を変えるぞ
-----------------------
当初に払って無いやつに気前よく出し過ぎたんだろ
-----------------------
↑当時の政府の苦肉の策だったからな
戦争に負けて金がなくて退役軍人に給付金出せないから、じゃあ寄り合いということで働ける若い人お願いします
あなた達にもあとで払うので
ってやっちゃった
破綻の兆候が出る前に途中でやめちゃえばよかったんだけど、
人口は膨れ続けると信じて疑わない馬鹿が続けてしまった
-----------------------
最大の問題は、憲法が最低限度の文化的生活を保証してること。
これに国民年金支給額やナマポ額や老人介護施設の月額なんかが影響受けてる。
だから憲法を改正して発展途上国逆戻り宣言、ゲス国家宣言をすれば払わなくていいのだ
これが実際に今の憲法改正の狙いの一つ
-----------------------
破綻しないのは国が胴元だから。
親会員の年金を小会員、孫会員が払いますなんて制度は、民間がやったら『ねずみ講』で捕まります。
-----------------------
戦後補償の意味合いがあって格安にしてたんだろ昔は。
戦争終わったんだから精算しておわりにしろ
-----------------------
日本は先進国だから最低限度の文化的生活を憲法で保証し、だから年金制度も
ナマポ制度も、老人介護制度もできてる
年金を払えないってことは日本が途上国に戻ったということで
恥ずかしい話。自民党は失敗を死んでわびるべき
-----------------------
2022年の成人年齢の引き下げで年金徴収年齢を2歳下げて増やす作戦
一方一億総活躍で年金支給年齢をさらに引き上げる作戦
足りない分は為替などのギャンブルで増やす作戦(実際は大負け)
医療費負担も厳しいから偽健康情報をメディアを通じて流して平均寿命を下げる作戦も最近やっている
例:高コレステロールは実は健康に良かった→実際は血管がつまるので心筋梗塞などになる
-----------------------
フクイチがメルトダウンしてたの認めなかった奴らだからな。
-----------------------
老後まで3000万の根拠がわからない
そんな貯めれるの公務員と大企業だけだろ
-----------------------
個人年金なんかウンコ以下のばっかじゃん
この額でこの内容は結構魅力的な方だろ、半分税金から出てるし
-----------------------
今の若者の給料が20万くらいで、1.6万も取るんだから異常だよ。
収入の1割に近い。いや他の税引き後の手取りから考えたら1割超えてるよ。
おまえら、自分の収入の1割を毎月取られるのを想像してみろ。
年金はやっぱ高すぎるよ。
-----------------------
↑それは安すぎるって話www
年金制度のない国では両親の面倒を子供がみて生活をしている。
要するに両親二人の面倒を国の援助なしに君がみたら、どんだけ毎月仕送りしないといけないのか?って話になる。
現在は両親の面倒を国にやってもらっている。
しかし月1.6万円ではとうてい無理なので税金が半分くらい入るってこと。
-----------------------
破綻の定義をもてあそんで
破綻を認めないで、
根本的な改善から逃げて
破滅に至る

戦争の時と同じだね
-----------------------
そうやって大本営発表に騙されて
爆弾抱えて飛行機で突っ込んでいったバカ国民なんだよ
お前らは
いい加減賢くなれよ!ゆとり
-----------------------
国民年金満額+ナマポで現在のナマポ支給額にすれば無年金者も納得の解決だと思う。
平均で13万円くらいだっけ?そこから国民年金8万円を減額して5万円がナマポ支給額となる。
国民年金を払ってきた人は従来どおり年金+ナマポで13万円。
無年金はナマポだけの5万円。
これで年金支払者・無年金の不公平も解決する。
-----------------------
↑よのなかに通用しない妄想を描き殴るのは楽しいかね
-----------------------
↑実際生活保護を止められて役所を襲う事件も頻発してる
完全に止めた場合すべての生活保護受給者が犯罪に走らずとも
数十万単位の暴徒が発生して日本経済も終わるからないよ
全員拘束しようにも刑務所が足りないし刑務所の維持だって税金がかかる
-----------------------
資金のほとんどが株式市場通して海外に流出しちゃってるわけだけどどうやって回収するんだろうね
-----------------------
このままいきゃ
年金支給75歳からでそこから3万円の健康保険料と介護保険料の計6万天引きされるのは間違いない・・・
-----------------------


増税するくらいなら、年金が破綻した方がいい
http://dapalan.com/JdZT
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | ネットゲリラより転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年収300万円未満の“ほぼ貧困”層におちいる3つの要因

 15%を超える貧困率(等価可処分所得が中央値の半分を下回る相対的貧困者の割合)が社会問題となっている日本だが、その予備軍の増加も深刻化している。

◆“ほぼ貧困”に陥ってしまう家族の共通点とは?

「すでにギリギリの生活を強いられ、少しのトラブルがあれば、一気に深刻な貧困状態に陥る。そんな瀬戸際にいる家庭は確かに増え続けています」

 世帯年収300万円未満の“ほぼ貧困”層の増加について、そう指摘するのは、社会福祉士の藤田孝典氏。その背景として「雇用の劣化」を藤田氏はまず挙げる。


「昨今、求人自体は正社員も含めて数多くありますが、あまりにも質が悪い。終身雇用を前提とした、いわゆる日本型雇用とは性質の異なる“名ばかり正社員”が大半。昇給も昇進もなければ、身につくスキルもない。会社側には長期にわたって雇い続ける気もありません」

 そうして20代のうちにまともな職を得られなかった人はその後、よくて現状維持。多くはより劣悪な就労環境を余儀なくされる。

「いまや共働きでなければ、まず家庭を支えられない社会環境にもかかわらず、いまだに30〜40代男性が『家族を一人で支えて一人前』といった旧態依然とした価値観にさらされる機会があります。そういったプレッシャーが家庭不和の原因となり、深刻な場合は家庭内暴力へと繫がってしまいます」

 さらに家族とのコミュニケーション不足もまた貧困を加速させる。

「本来は収入が十分でない人ほど周囲とコミュニケーションをとり、支え合う必要がある。にもかかわらず、知人はおろか家族とのコミュニケーションをとらず、残念ながら家計の計画的な運用がままならないケースもあります」

 さらに貧困化へのもう一つの引き金が予期せぬ病気だ。

「自分や家族がいつ働けなくなるかは誰にもわかりません。日々のストレスが多いのならなおのことです。介護のために離職を強いられることもあります。そうして収入を失うと、貧困化が一気に悪化することも」

 そして、何より恐ろしいのがこれらの要因が2つ以上合わさり、事態をより深刻化させ、困窮から抜け出せなくなることである。

「どこかの歯車が狂いだすと、ほかの問題も連鎖することは珍しくありません。貧困の芽は早めに取り除く必要があります」

 すでに一つでも身に覚えがあれば、“ほぼ貧困”は他人事ではない。

《貧困に至る3要因》

1.20代の就活失敗

2.自分or家族の病気

3.家庭内のコミュニケーション不足

 “ほぼ貧困”に陥ってしまうケースとして「20代での就活失敗」「家庭内のコミュニケーションの欠如」「自身or家族の病気」が数多く見受けられた。要因が複数になってしまうと貧困化に拍車がかかる傾向にある。


日本人でも外国人でも日本の法律で同じように拘留される
日本が平等な法治国家であるということ
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ