2019年01月21日

千葉市の認可外保育所突然閉鎖 経営悪化、来月末で 保護者困惑と不安

 千葉市中央区にある認可外保育所が、経営の悪化などを理由に急きょ閉所することを決め、子どもを預ける保護者に困惑と不安が広がっている。昨年末に保護者に通知し、一時は1月末での閉所を決定。18日になって2月末まで閉所を先延ばしにする案内をホームページに掲載した。認可外の民間施設のため行政は運営に口を出せず、市は保護者に他施設を案内するなどの対応にとどまっている。

 閉所するのは、同区祐光2のマンションにある「中央保育所」。昨年12月28日、「閉鎖は平成31年3月31日までに実施する」と書かれた文書を保護者に配布した。文書には安全確保の問題や、毎月300万円の赤字が生じていることが記され「負担が大き過ぎると判断」としている。

 年明けになって「大変急ではありますが、原則1月末をもちまして保育所を閉所させて頂きます」との張り紙を施設内に掲示したが、18日になって1月閉所を撤回。新たな保育所を探す保護者に考慮したとみられる。

◆生活に支障

 「預け先がないと働けず、生活に支障が出る」。急な閉所の知らせに保護者の一人は困惑したという。新たな保育所を探して認可外7カ所に問い合わせたが、すべて満員のため断られ、自宅や職場から遠い場所ではあるが2月から入所する認可保育所を何とか確保。「不便になるが、背に腹は代えられない」と話す。

 待機児童が問題となっている中、年度途中で別の保育所を探すのは困難。保護者は「まだ決まっていない方が多数いる。子どもたちは環境が急に変わることに不安がっている。良くしていただいた保育士さんのことも心配」とも話した。

◆事業者が判断

 同保育所関係者や市幼保運営課によると、保育所は1999年7月に開所し、途中で運営事業者が変更。現在約20人の職員がおり、0〜6歳までの30人程度を預かっている。閉所することに保育所関係者は「親御さんには申し訳ない。行政がもう少し支えてくれれば、何とかなったかもしれない」とする。

 同保育所は市独自の基準を満たした「保育ルーム」に認定され、市から助成金を受けている。しかし、認可外であることから同課は「施設と利用者との直接の契約になる。事業者の判断が優先される」とする。

 市には、同保育所を利用する保護者から30件ほどの相談があったという。利用する保育所が閉鎖した場合、別の施設に入所できる優先順位が上がるため、同課は認可保育所への入所申請をするよう案内している。

◆東京でも

 認可外保育所は、面積や保育士の配置人数といった国の設置基準を満たしていないなどの理由で、都道府県知事などの認可を受けていない施設。宿泊保育を行うベビーホテルやベビーシッター業なども含まれる。

 特徴的な教育プログラムを実践するため、あえて認可を受けないケースもあり、待機児童の受け皿にもなっている。一方で、東京・世田谷区で昨年、認可外の一つ「企業主導型」の保育園で保育士が一斉退職し、突然休園になる事態が発生した。
posted by РМН at 23:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK 値下げで30億円の赤字へ

NHK 値下げで30億円の赤字へ

みんなのコメント

高額な職員の給料を下げればいいんだよ。

いい加減にしろよ。人件費と膨大な製作費(ほとんどは天下り先や関連会社への支出)を下げろよ。民間の倍以上あるものは全てカットすべきでしょ。民間企業は赤字ならボーナス減らすんだよ。後、NHKは民営化しなよ

無駄と贅沢を辞めれば、十分黒字だろ

何としてもネットでも受信料を徴収したいというのが本心のNHKだろうね

大河ドラマ、紅白歌合戦、韓流番組、中国番組を全て廃止して、経費削減を実現しろ!

何が赤字だ。しっかり高額給料貯め込んでいるのにいい加減な事を言うな。竹島を占領し続ける韓国ドラマをなぜ有料で見なければならないのだ、ふざけるな!偏った放送をするNHKは早期民放化を!

NHKのこの手のニュース見ると毎回ムカつく。

あんなバカ騒ぎの紅白なんかやっていて赤字だと!ふざけるなーーNHK職員全員首にして会社なくして出直して来い。

赤字になる計算するわけがない。職員の給料も圧倒的に高いし今までがぼったぐりすぎ。

赤字なら無駄を減らすよう努力せい。

職員に高額給与払っておいて赤字はないだろう。

民営化しよう。筆頭株主が国なら問題ない。

そりゃあ…平均年収1700万円もの高給取りがウジャウジャ、天下り連中は年収が億単位でしょ?NHK職員と議員と国家官僚だけは未だにバブル経済ウハウハだもんね?

この状況で、韓流番組、中国番組の宣伝・放映を続けているお花畑経営では駄目だね。

そういう価値指標がおかしいのかな、NHKには

韓国枠からも取り立てろ!!

NHKを見ない自由。NHKをぶっ壊せ!

NHKは公正・中立であれ! 反日報道続ければ受信料払わん!


NHKチーフプロデューサーが女性のスカートの中にスマホを!現行犯逮捕!

NHK朝のニュース番組「おはよう日本」のチーフプロデューサーが、女性のスカートの中にスマートフォンを差し入れていたところを現行犯逮捕された。

東京都迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、NHK報道局に所属し、「おはよう日本」チーフプロデューサーの重藤聡司容疑者(42)。

重藤容疑者は、25日午後1時半ごろ、京王井の頭線 下北沢駅のエスカレーターで、20代の女性のスカートの中にスマートフォンを差し入れていたところを20代の男子大学生に発見され、逮捕された。

重藤容疑者は、容疑を認めていて、NHKは、「事実関係を確認したうえで、厳正に対処します」としている。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年収260万円、バツイチ42歳トラック運転手の“幸せ”とは?

 15%を超える貧困率(等価可処分所得が中央値の半分を下回る相対的貧困者の割合)が社会問題となっている日本だが、その予備軍の増加も深刻化している。しかし、そんな“ほぼ貧困”状態にある[年収300万円家族]でも、幸福に生活できている人もいる。そのワケとは?

◆離婚を機に得た悠々自適。収入よりもずっと大切なストレスフリーな毎日を実現

●杉下剛さん(仮名・42歳)/世帯年収260万円/家族構成:独身(バツイチ)

 離婚をきっかけに世帯収入は半減。しかし、「不眠も治り、健康的な生活を送れていている今のほうが断然幸せ」と語るのは杉下剛さん(仮名・42歳)。3年前から契約社員として配送トラックの運転手として勤務。年収は今までの仕事で最も少ない260万円だが、「十分暮らせる」と意に介さない。

「ダブルインカムだった結婚当時のほうが確かにお金はありました。でも、よくよく考えれば、昔から全然物欲がないんですよ。贅沢とは真逆の生活ですが、今のムダをそぎ落としたようなライフスタイルは結構気に入っています」

 離婚後、子供とは会えない日々が続くが後悔はないという。

「受験のことなどストレス過多だったので、今はホッとしているというのが正直なところです。元妻の実家は裕福ですし、喧嘩が絶えなかった私たちの元で暮らすよりも子供にとっても幸せかなと」

 さらに杉下さんの楽観を決定づけた出来事がある。長野県内にある広大な山林の所有を父親から最近、知らされたという。

「田舎なので二束三文の価値しかないですが、砂防ダム建設の話もあり、買い取ってもらえる可能性もあると聞かされました。家屋もあるので、畑を耕して自給自足の生活も悪くないなって。健康的が一番って今は心底思っています」

 収入とは別の幸せを知ったことで開ける人生もあるようだ。

<杉下さんの光明>

お金よりも家族との時間よりも自分にとって価値のあるものを発見

【1か月の収支】

月収      17万5000円

家賃      5万3000円

食費      3万円

外食費     2万円

水道光熱費   8000円

通信費     5000円

その他雑費   1万9000円

ローン・借金  0円

こづかい    4万円

収支±0円

― 年収300万円家族の苦悩 ―
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日のつぶやき












































































posted by РМН at 16:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロちゃん手術成功も本当に怖い脳動脈瘤 3分の1が亡くなり、半数に後遺症が…〈週刊朝日〉さん 2019年1月18日 15時30分36秒

 お笑いトリオ、安田大サーカスのクロちゃん(42)が、今月8日に脳動脈瘤(りゅう)を治療するカテーテル手術を受けていた、と報じられた。脳動脈瘤は破裂すると、くも膜下出血を発症する可能性があるとされる。発症すると約3分の1の人が亡くなり、生命が助かった人でも、半数に後遺症が残るといわれている。


 報道によると、クロちゃんは昨年10月放送のTBS系「名医のTHE太鼓判!」で、眉間の裏部分の脳に直径7ミリの動脈瘤が判明。一般的に5ミリ以上で破裂の可能性があり、医師からは「7ミリを超えると破裂率が飛躍的に上がり、くも膜下出血の危険性が高まる」と、余命3年を宣告されていた。手術は、脚の付け根から挿入したカテーテルを血管内から脳まで運び、動脈瘤内部にコイルを詰めて破裂を防ぐもので、2時間に及んだが無事に成功。13日に退院し、翌14日のラジオ番組で仕事復帰したという。

 脳動脈瘤の破裂を防ぐためにおこなわれる主な治療は、「コイル塞栓(そくせん)術」と、「ネッククリッピング術」の二つがあり、「近年はコイル塞栓術が優先されるようになっている」と流山中央病院脳神経外科部長の金澤隆三郎医師は語る。ここでは、好評発売中の週刊朝日ムック「突然死を防ぐ脳と心臓のいい病院2019」から、脳動脈瘤治療の詳細を紹介する。

*  *  *
 頭蓋骨の下には脳を保護する3層の膜があります。2層目にあるくも膜と、脳に密着している軟膜の間のくも膜下腔という隙間には脳動脈が走っています。この動脈にできた、瘤(こぶ)のような膨らみを脳動脈瘤(りゅう)と呼びます。

「主に生じるのは脳動脈の分岐点です。そこにもともと弱い構造があるために生じるといわれています」

 そう語るのは、流山中央病院脳神経外科部長の金澤隆三郎医師。脳動脈瘤ができていても、たいていの場合は症状がなく、頭痛やめまいといった、別の悩みでたまたま検査を受けて見つかることがほとんどです。

 恐ろしいのが、何らかのきっかけで破裂し、くも膜下腔内に出血するくも膜下出血を発症する可能性があることです。この場合、約3分の1の人が亡くなり、生命が助かった人でも、半数に後遺症が残るといわれています。

 くも膜下出血を発症すると、多くにおいて今までに感じたことがないような激しい頭痛が起こり、ときには心肺停止状態に陥ることもあります。ただ、高齢者は痛みに鈍くなっている場合があり、医療機関の受診までに時間がかかることもあるといいます。

「くも膜下出血を発症した方は、ほぼ100%、血圧も上昇しています。もし気になる頭痛があったら血圧を測り、高かったらすぐ診察を受けたほうがよいでしょう」

 脳動脈瘤の発症のリスクとされるのが、高血圧や、身内で脳動脈瘤やくも膜下出血を発症している家族歴。生活習慣では大量飲酒や喫煙が挙げられます。

■すべてが治療対象ではなく大きさや形から要否を決める

「脳梗塞や脳出血、くも膜下出血を発症した血縁者がいる方や、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を持つ方は、50〜 60代になったら一度検査を受けたほうがよいでしょう」

 検査として、まず外来でおこなわれるのがMRI検査で、2ミリ程度の小さな瘤でも発見できます。そのうえで確定診断や、治療法の見極めのため、造影剤を使ったCT検査や、カテーテルを直接脳動脈に通して調べる脳血管撮影がおこなわれます。

 脳動脈瘤が見つかっても、すべてが積極的な治療の対象になるわけではありません。治療の検討を要するのは、5ミリ以上の大きさの瘤や、突起があるような、形が球状でない瘤、定期的な検査で形に変化が生じた瘤。そうでなければ破裂の可能性は低いため、経過観察を続けていきます。ただ、経過観察でよいと思われる瘤であっても、破裂する可能性はゼロではないため、定期的なチェックやリスク因子のコントロールは重要です。

■開頭での手術と血管内からの治療
 
 脳動脈瘤の破裂を防ぐためにおこなわれる主な治療は、「コイル塞栓術」と、「ネッククリッピング術」の二つです。

 コイル塞栓術は、手首や足の血管から、カテーテルと呼ばれる細い管を通して、動脈瘤の中にコイルと呼ばれる軟らかい金属の糸を詰めていきます。内部を埋めているコイルと、隙間の血液が固まることで、脳動脈瘤がふさがり、血液が流れ込まなくなります。からだへの負担が少ないのが大きなメリットですが、まれに入り口部分に隙間ができて、血液が動脈瘤内に再度流れ込むことがあります。コイルの進歩は著しく、この短所は大きく改善されてきています。

 一方のネッククリッピング術では、全身麻酔をかけて頭蓋骨の一部を切り開き、脳動脈瘤の根元を金属のクリップで挟みます。メリットは入り口が完全に閉鎖されるために根治性が高いことです。

 くも膜下出血でも両治療が中心です。破裂した脳動脈瘤は、一度、破れた箇所が自然に塞がって止血されます。再出血すると致死率が高まるため、それを防ぐためにおこなわれます。

脳動脈瘤は、もし治療を要すると判断された場合、患者の年齢や、入り口の広さ、脳動脈瘤の位置、重症度などを踏まえ、コイル塞栓術とネッククリッピング術のどちらかをおこないます。ただ、未破裂ではコイル塞栓術が優先されるようになっていると、金澤医師は語ります。

「機器の進歩に伴い、コイル塞栓術で治療できる症例が増えてきました。未破裂脳動脈瘤では、予防を目的とする治療のため、両治療で同じ結果が得られるなら、ほとんどの患者さんがコイル塞栓術を希望されます」

※週刊朝日ムック「突然死を防ぐ脳と心臓のいい病院2019」から
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネトウヨの正体、大分市に住む66歳のジジイと判明

ネトウヨの正体、大分市に住む66歳のジジイと判明、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
>66歳の男性

こんな老人ばっかりなのか・・・
-----------------------
仕事辞めて暇して趣味も何もなくなった低能ジジイやババアがハマるのがネット
ようつべによくある文字が流れる糞動画が大好きなのがそういう中高年層
まだそれならネットリテラシーがない情弱で許されるけど、中には40代もいてホント驚く、こいつらひろゆきをはじめとしてネットで揉まれてきた代表みたいなもんだろうに
-----------------------
鬼女板にデマ書き込みして書類送検された6人だったか
あれも全員中高年のおっさんだった
-----------------------
ネトウヨはどんどん逮捕して刑務所入れろ
-----------------------
66年も生きてきてネトウヨw
-----------------------
認知症の走りか
-----------------------
汚ならしいネトウヨwww
こんなんばっかりやなw
ババアもおったな、汚いマスクしてw
-----------------------
北九州市の極悪暴力団工藤会を壊滅状態に追い込む、取り返しのつかない大ドジをやらかした覚醒剤中毒の爺のチンピラもネトウヨ
-----------------------
9000円wwwwwwww
-----------------------
余命三年時事日記って真に受けていいの? 326
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/korea/1547591646/
-----------------------
妖怪イエノモノ
-----------------------
ネトウヨジジイはチョンガーチョンガーって
テンプレ通りの鳴き声あげてて笑えるw
-----------------------
66歳 「ネットde真実!」
-----------------------
この人はもうそろそろ人生も終わるのにこんな自分でいいのかな
-----------------------
ネトウヨではない普通の日本人だ
彼こそ真の愛国戦士アダルトマン将軍である
-----------------------
TBSに突撃取材されとった
-----------------------
ベートーベンは無類の韓国好きだった
その愛する韓国へ向けて作曲したのがこの名曲

ちょちょちょちょ〜〜〜〜〜〜〜〜ん
ちょちょちょちょ〜〜〜〜〜〜〜〜ん
https://www.youtube.com/watch?v=PTr1v1ksWkQ
-----------------------
J-Searchの新聞記事全文検索サービスで元記事を見つけた。去年1月22日の神奈川新聞朝刊だね。問題の箇所は
----------
 市立桜本中3年の○○○○さん(15)は「見た目日本人、中身韓国人 当たり前に立てる中指と暴言 やめて笑って平和で行こう」と韓国籍と日本籍を持つ自身のルーツに触れながらメッセージを作った。
----------
これだけ。伏字にした部分は日本人の名前だが、二重国籍じょうたいが許容されている未成年なんだから、日本人の親の姓を名乗ってもまったく問題ないケースだね。

要するに文句をつけたネトウヨが無知を晒しただけ。
-----------------------
↑なんでお互い名前は?
まさか内ゲバか?
-----------------------
被害者については、二次被害を防ぐために匿名にしてある。問題になった記事にはフルネームで出ているが、私も伏字にしておいた。ネトウヨの名前が出ていないのは科料の判決だからということもあるが、あまりにもバカだからだろう。
-----------------------
ネトウヨ捕まるたびに高齢でびっくりするな
ν速も昭和回顧スレ異常にのびるし
お前らいったい何歳なんだ?正直に言ってみ
-----------------------
↑戦後ベビーブームやら高度成長期の人口の都市集中やらで佃煮にするくらい子供がいた時代だから、まともな教育を受けていないんじゃないかな。ネトウヨの書き込みを読むと、中学校の社会科で習う基本的な知識すら欠けていることに驚くよ。
-----------------------
↑金持ちの子が大学に入って学生運動してた頃
中卒で集団就職してた世代なのかなあ
左翼に歪んだ恨みを持ってるのも頷けるねえ
-----------------------
ネトウヨは思考力の弱い頭が悪いやつがなる
したがって必然的に底辺層がほとんど
金持ちでも土建屋とか親の遺産で儲けたやつとかで
頭を使ってビジネスで成功した層はいない
-----------------------
高齢で複雑な思考ができなくなった老人が
定年退職で暇な時間が増えて
長い時間いることになった自宅で自分を尊敬する家族がいなくて
それで強引な「日本すごい 俺日本人 俺すごい」で自分がえらくなった気分になったり
憂さ晴らしに異民族を叩いたりしてるのかな
-----------------------
大量懲戒請求「和解に応じたら報復されるという恐怖も」、原告の弁護士たちが訴訟の動向説明
2018年12月26日 09時52分
https://www.bengo4.com/internet/n_9051/

また、ブログ主の情報開示請求が進む動きもあり、佐々木弁護士は「(開示請求している弁護士に)情報共有してもらい、刑事、民事両方の責任を何らか問いたい」とした。
-----------------------

65歳の現役時代に指導者的な立場にいなかった人間というのは、定年退職しても、地域社会で下っ端、外に出ても面白くない。どこに行っても邪険にされ、とにかく面白くない。誰にも相手にされないので、罵倒できる対象を探していたら、「在日」という、反撃して来ない敵を見つけたw まぁ、ネットでだけは、黙ってりゃ正体はバレない。ネット弁慶の究極の姿がネトウヨです。


ネトウヨは単純思考だとは思う・・・しかし在日のヘイトに限っては気持ちはわかります。 なんでこんなに在日が国内にウロウロしてるのか?昭和の時代は在日は強姦、強盗、殺人等々やりたい放題、平成に入っても差ほど変わらずヤミ金などもやりだして平和ボケしてる馬鹿真面目な日本人が次々と標的にされ潰されていったのに警察の対応は悪く、遅く、在日と癒着すらしてる有様。
高齢ネトウヨの親世代は在日暴力団や在日チンピラにやりたい放題やられた世代、その子供ら(高齢ネトウヨ)がネットで発言し易くなった現在にヘイトで恨みを晴らしてると考えると別に特別悪い事をしているとも思わない。 因果わ巡る、昭和在日の悪行の恨みの裁きを平成在日子孫が代わりに受けているだけだろう。 これはいまだに朝鮮人の若者が従軍慰安婦の問題を日本にぶつけているのと何ら変わりはない。

本当に問題にしなければいけないのは朝鮮人に取り入られて朝鮮人を政治家の秘書に雇用したり、既得権益を在日朝鮮人に与えた当時の軍の上層部や政治家、財界人の罪だと思う。


ネトウヨは認知症の前駆症状
http://dapalan.com/N432
posted by РМН at 07:00| Comment(0) | ネットゲリラより転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

 横綱が負けると、普通は館内から悲鳴にも似た声が上がる。期待を裏切られ、「まさか」という気持ちがそうさせるのだ。しかし、稀勢の里(32)の場合は「あー……」という、諦めまじりのため息が大半。もはや、負けて当然、と思われているのだ。

稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉横綱

 15日も栃煌山に完敗し3連敗。昨年9月場所から数えれば、横綱として史上ワーストの8連敗となった。立ち合いから前に出るも、まわしを取るのか押すのかハッキリしない取り口で、栃煌山にあしらわれるように寄り切られた。

 そして翌16日、ついに引退を決断。記者会見ではその心境を、「私の土俵人生において、一片の悔いもございません」と語ったものの、相撲取材歴50余年、評論家の中澤潔氏は現役最後の取り組みを見て、「こんなひどい横綱は今まで見たことがない」と、こう続ける。

「新入幕力士が横綱と当たったときのような相撲でした。稀勢の里は立ち合いで前に出たが、いきなりもろ差しを許している。年齢や地位を考えれば、これまでの集大成を見せるべきなのに、相撲があまりに幼すぎます」

 横綱としての通算成績は「36勝36敗97休」。2017年3月場所で左上半身を大ケガしたとはいえ、土俵に上がるより休んでいる方が多い。もともとメンタルが脆く、大関時代から「ノミの心臓」と言われ、何度も綱とりに失敗した。

 だからだろう、稀勢の里本人に対しては当然として、そんな横綱をつくり上げた相撲協会、横綱審議委員会に対しても批判の声が上がっている。

 稀勢の里が昇進を決めたのは、17年1月場所で初優勝した直後。前場所は優勝した鶴竜に2差をつけられての12勝3敗と、「2場所連続優勝、あるいはそれに準ずる成績」という昇進基準を無視してのものだった。

 横綱昇進の手順として、まず審判部が臨時理事会の開催を依頼。それを受けて協会執行部が横審に諮問を行う。当時、協会側は昇進基準の代わりに「前年の最多勝(69勝)」を横綱推挙の理由に挙げていた。

 これに、横審はもろ手を挙げて賛成。昇進基準の無視を批判するどころか、たった15分の話し合いで昇進を決めてしまった。

 当時の守屋委員長は「(昇進させても)もうよろしいのではないか。(期待しているのは)私というより国民でしょう」と言う始末だった。

 前出の中澤氏は「本来、横審とは相撲協会のチェック機関ではないか」と、こう話す。

「横審が誕生したのは1950年。当時、東富士、照国、羽黒山の3横綱がいたが、成績不振のため、協会は横綱の大関降格ルールをつくってしまった(後に撤廃)。これに好角家たちが『自分たちで横綱をつくっておいて、降格を許すようでは権威も何もない』と猛反発。『強い横綱をつくらなくてはならん』という名目で横審が誕生した。それが今の横審は何ですか。見識も知識もないド素人の集団。しかも、彼らの素人目で見ても、稽古総見の稀勢の里は『不安』だったというじゃないですか。それが実際に3連敗。引退勧告などをすべきなのに、それすらできない。これでは何のためにあるのかわかりませんよ」

 横審がマトモに機能していた時代も過去にはあった。貴乃花は大関時代の94年、9月場所で全勝優勝を果たすも、7月場所が優勝次点ですらない11勝だったことから、横審は昇進見送りと判断。貴乃花はこの年の1月場所と5月場所で優勝しており、安定感は稀勢の里の比ではなかった。にもかかわらず、「基準を満たしていない」という理由で昇進を拒否された。

 それが今やどうだ。設立当初の理念はどこへやら、大手メディア幹部などの名誉職同然となっているのが横審の現状だ。無報酬だからいいだろう、では済まされない。

 事実、ここ最近の横審は何の役にも立っていない。品格のカケラもない朝青龍を野放しにし、白鵬の土俵上での素行も当初は見て見ぬフリ。17年11月場所中に発覚した日馬富士暴行事件に便乗する形で、ようやくヒジ打ちや張り差しなどに苦言を呈すだけだった。

 その日馬富士に対して、北村委員長は、「引退勧告とか休場させるとか注意とかあるが、具体的にどのレベルの処分がという話にはなってない。ただ、厳しい処分が必要だろうという、抽象的な話があった」と訳のわからないことを話し、結論を先送りにした。そうこうしている間に、日馬富士は引退。その後、横審は「引退勧告相当」と発表したものの、後の祭りだ。

 稀勢の里に対して「激励」を通告したといっても、そもそも横審には昇進を決める以外に何の権限もなく、通告には拘束力もない。そうでなくとも、現在の横審には以前から専門家の間で不要論がある。彼らが無理やりつくった稀勢の里が醜態をさらしていることで、それが再燃し始めている。

 引退を決意した稀勢の里と一緒に、横審が「退場」したって誰も困らない。


酒🍺飲むなら死んだほうがいい


史上最弱横綱・稀勢の里を生んだ横審メンバーは

全員切腹しろ
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ