2019年03月25日

横浜高校、試合後の“握手を拒否”した? 批判が殺到

 24日に行われた選抜高校野球・横浜高校(神奈川)対明豊高校(大分)戦で、試合終了後、敗戦した横浜高校の選手が挨拶後「握手を拒否した」などとネットで叩かれる騒ぎがあった。

 同試合は、プロ注目の150キロ左腕及川雅貴投手を明豊打線が打ち崩し、大勝。9回の攻撃が終わると、両軍がホームベースの前に整列し、挨拶を交わす。すると、横浜の選手は1人を除いてそそくさとベンチへ。一方、明豊の選手は握手をするために近寄っていたが、横浜の選手が帰ってしまったため、しばらくその場に立ち尽くした。

 高校野球では「試合後に健闘をたたえて互いに握手しなければいけない」というルールはなく、あくまでも自主的なもの。しかし、一部の高校野球ファンは許せなかったようで、横浜高校の選手に対し、「不愉快だ!」「負けたから握手拒否なんてとんでもないチームだ」「態度が悪すぎる」など、激しいバッシングを浴びせる。その勢いは凄まじく、「横浜高校」がトレンド入りするほどだった。

 しかし、高校野球に詳しいファンからは「東京と神奈川は地元の高野連が試合後、握手をしないように通達している」との指摘が。また、高野連も「握手をしだすとキリがない」ことから、しないように推奨しているのだという。正式に発表されているわけではないため、真偽は不明だが、事実である可能性は高いようで、「マニア」からは「横浜高校はルールに従っただけ」と擁護が。また、「春はしないことも多い」という指摘もあった。

 いずれにしても、試合後に健闘をたたえて、「握手をしなければならない」というルールはない。したがって、仮に拒否したとしても、それは許されるものであるはず。高校野球ファン以外からは、「叩いているファンのほうが怖い」「自分勝手な解釈を選手に押し付けないでほしい」「横浜高校がかわいそう」と高校野球ファンに批判が殺到した。

 野球関係者はこう語る。

「社会人野球では、試合前と試合後、監督が握手するよう審判が促しますが、高校野球はそんなことはありません。選手が勝手に健闘をたたえて握手するようになったもので、しなければいけないというルールもないですし、そんな紳士協定もないですよ。単純に見ていて美しいとか、見る側の論理でしょう。本来はするもしないも自由なはずです。

 まして、高野連はやらないよう推奨しているわけですから。高校野球ファンは高校球児が苦痛にゆがむ様子を美化した挙げ句、負けて腸が煮えくり返るような気持ちでも、『握手しろ』と要求する。勝手な様式美を高校生に押し付けるほうが、よっぽど問題ですし、パワハラですよ。

 このままでは横浜高校の選手があまりにもかわいそうです。高野連は試合後の握手についての規定などを作り、公表していくべきでしょう。本来必要ないことですが、不当なことで叩かれる選手を出してはなりません」

 頭が固いのは、高野連だけではなかった様子。握手をしなかったというだけで犯罪者のように叩かれる横浜高校の選手が不憫でならない。
posted by РМН at 23:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自由党】消費税増税分「84%が使途不明」 山本太郎事務所が内閣官房に問い合わせ発覚(参・東京)

【自由党】消費税増税分「84%が使途不明」 山本太郎事務所が内閣官房に問い合わせ発覚(参・東京)、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
こんなキチガイを神と崇め
いつまでも総理大臣の椅子に持ち上げとく狂信者ども
とっととまとめてくたばってほしーわ
日本の景気も何もかもが悪くなるのがよくわかる
-----------------------
太郎はちゃんと仕事してるなぁ
-----------------------
↑確かにだな。
本来は立憲や共産が指摘しないと行けないが、公務員組合が票田だから、山本議員みたいに出来ないみたいだ。
-----------------------
これ事実だとしても主張してる山本がアレだから国民もスルー案件
-----------------------
↑お前らにとっては事実なんて関係ないもんな
自民党の言うことが正義
-----------------------
演説でも言ってるけど消費税の増税分と法人税の減税分が一致すんだよな
つまり法人税の減税やめれば消費税増税はしなくても済む
-----------------------
山本はずっと正しい発言をしてる
-----------------------
実際に、これまで増税して来ても国の借金は増えるばかりだしな。
-----------------------
むしろ社会保障費は削ってる、薬もジェネリックにしてる
-----------------------
簡単に言えば使途不明金とは
自分たちの政権維持のために使ったお金ですと、84%もw
-----------------------
そら消費税増税は法人税を減税するためにするけど
それで国民が納得するわけないから
社会保障税にすればいいのに消費税を社会保障に使うと嘘をついて
引き上げてるわけだからね
実際に社会保障に使うわけがない

そして法人税減税のために消費税増税をした財務省の官僚は
退職後大企業の非常勤理事にいくつも天下って
何億も稼ぐ一方で国は衰退の一途をたどるわけだね
-----------------------
臨時の収入があったら、余計なもの買ってしまい
却って普段よりカネ繰りが苦しくなるのは
一般人でもよくあること
-----------------------
全額社会保障費と約束しちゃったもんな
こう突っ込まれるのも仕方がないわ。太郎はいい仕事をした
-----------------------
海外に豪快にばらまいたかもしくは防衛費流用もしくは北朝鮮ロケット代
-----------------------
これ本当だとしたら酷すぎるな
税金が何に使われているかは納税者に知る権利があるわけで
8割以上の用途が国民に隠されてるというのは完全に前代未聞の異常事態
-----------------------
これがアベノミクス.
-----------------------
上級国民に配分するだけだぞ
嫌なら勝ち組になれ
-----------------------
84%が朝鮮人と怪しい宗教に渡る予定だったのだろう
ほんと糞だな 消費税ってのは
-----------------------
予算を割り当てる

使い切ってそれでもさらに使おうとするから赤字に

各省庁とも予算の削減は絶対に許さない

財務省が赤字は恥と増税を迫る

上級は増税を許さない

消費税増税

以下繰り返し

消費税20%になろうが止まるわけない
どれだけ金をもらえるか使えるかしか考えてないんだから
赤字になったら予算削減するしかないような法律でも作らなきゃ
そんな自分の首締めるような事絶対やるわけないんだけどな
-----------------------
↑ほんまそれ
-----------------------
消費性向の低い層に優しく、
高い庶民には増税だもんな。
そりゃ内需壊滅ですわ。
秋の増税で終るな、日本。
-----------------------
安倍晋三は恥を知れよ
いつも答えられないって回答じゃないか
-----------------------
まあ財務省のお財布厚くするためのものだってみんなわかってるだろ
-----------------------
山本太郎が議員じゃなかったと思うと恐ろしいわ
-----------------------
もう次の首相は山本太郎でいいぞ
反日バカサヨも売国ネトウヨももうお腹いっぱいだ
-----------------------
消費税は公務員の待遇改善に使います
騙されるバカは国民だけ
-----------------------
山本太郎ってなんでこんなにまともな仕事してるの?
小沢は山本はデキると見抜いてたの?
-----------------------
ウヨさんは単なる安倍信者だから
是々非々の判断ができない
何故なら 安倍ちゃんの判断=すべて正解 だから
-----------------------
これどうにか民主党が使い込んだことにできないかな
-----------------------
消費税増税して社会保障費削って
公務員の給与棒茄子アップルしましたwww
次は議員年金の復活か?
-----------------------
大量に刷った紙幣の利息が滞れば試合終了よ!
-----------------------
K札がフェアレディZを買えるのも使途不明金があるから
その他に愛人にもお金をあげないといけないしキャバに行くのもお金がかかる
-----------------------
毎年5000〜9000億円ペースで、社会保障費一般会計負担分が増え続けてる。
この状況が最低でも2030年、おそらくは2040年辺りまで続く(高齢者の数が2040年まで増加続ける)。
増えた税収は片っ端から、ほぼ社会保障費で消えちゃうのが現状だよ。
-----------------------
山本太郎が安倍晋三を追い落とすかもなw
これは国民は山本太郎に付くべきだよ
ふざけんな大増税!
-----------------------
自民党はいいよな
俺ら下級国民が確定申告で費用の84%何に使ったかわかりませんっていってもまず通らんだろ
-----------------------
消費税の税収は所得税と法人税の減税の穴埋めに使われた。
-----------------------
最近は山本太郎くらいしかマシな政治家がおらんとか終わってるわ
-----------------------
そもそも
大企業が安定するってことは
日本全体のためってなんで考えられないんだろ
大企業がなくなったら
日本はどうなるか
って一回考えて見たら良いのに

あそうなって欲しいってことか
-----------------------
↑構わないね潰れていいぞ
労働人口の1割が大企業社員、高卒会わせて3割弱
7割には関係なし
-----------------------
最強の経済主体である政府が最弱の経済主体である家計から金を巻き上げて借金返済に充てたという事
政府は寿命のある個人と違って延々と借り換えが出来るし
そもそも通貨発行権を持っているから最強
-----------------------

政策的には、消費税の将来的な撤廃、原発即時停止、TPP反対、教育・医療・介護の無償化、と、特に奇をてらったところはない。普通の野党です。

-----------------------
「増税は社会保障に使います」
と説明しておいて
後から「そんなもん、金に色ついてないし検証できるかよバーカ」
と言われたらさすがにアウトだろ
-----------------------
↑国民を説得するのが政治の役割
-----------------------
山本太郎さんは確実に国会会期後に警視庁から逮捕される
出れば当選するし、政権より官僚のほうがたまらないでしょう
確実に山本太郎さんはもう直ぐ警視庁に逮捕されます。間違いはありません
-----------------------
最近思うんだ
コイツ一番国民の為に活動してね?
-----------------------
↑ただの賑やかしだと思ってたわな
-----------------------
既存政党、既存省庁、全てを倒して一からやり直さないと、この国はダメだ
-----------------------
約束守ったことないだろ自民は
先人が言うように腐ったんだよ
-----------------------
よくわからない罪状で逮捕されるのも時間の問題ですね・・・
-----------------------
↑だから一匹狼なんかなぁ
田母神氏も小沢氏もみんなしょうもない理由で潰された。
安倍なんか壺売り韓国の宗教信者なのに。
-----------------------
今現在バッシング受けてるやつが、時代が変われば評価されるのは歴史あるあるだからなあ
いいぞ山本もっとやれ 
安倍政権のまやかしは国民が肌で感じてるからな
-----------------------
安倍は、自分の御用学者たちがみんな増税なんてやめて下さいよ、、、て助言してるのに
ただ単に財務省にこれ以上抵抗できないから、飲まざるを得ないってだけだもんな
京大の藤井聡なんて、 あまり強く増税をやめさせようとしたら、 この前クビ飛ばされちゃったよもうw
-----------------------
天皇陛下に手紙持ってった時イカれてると思ったが
普通に必死なだけだわな
今は必死じゃなけりゃ国が死ぬわけで
-----------------------
↑それな
あのときはとんでもない不敬を働いたものだと叩いたものだったが必死だったんだね
-----------------------
↑天皇陛下を天皇陛下と認めてるから直訴するんだよな
共産党とかああいう場に出ても来ないわけだから
-----------------------
山本太郎が当選した時は投票した奴叩かれてたけど見る目あったんだな
俺も何でこんな奴を当選させたんだと思ってたが
-----------------------
結局さぁ、アベは嘘まみれだったな
-----------------------
山本太郎さんはもう直ぐ間違いなく逮捕されるでしょう。
さようならデス
-----------------------
↑逮捕逮捕うるさいから聞いてみるけど、何罪で?
安倍反逆罪か?(笑)
-----------------------
【動画】自民党・茂木大臣「収入200万円台の単身者は消費税増税の緩和措置で自動車を買ったりマンション買ったりすればいい」 [593285311]
https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1551138624/
-----------------------
タロサは保守の痛いとこ突くよな。
トウシロからここ迄なるとは思ってなかったわ。
良い軍師が付いているのか、自分で学習しているのかは、知らんけど。
-----------------------
消費税は使途が限定された特定財源ではないのだからこうなるのは最初から分かっていた
福祉目的とやらを真に受けていた奴が馬鹿
法人税減税の財源になってるだけじゃねえかという共産党の主張の方がまだ説得力があるレベル
-----------------------
俺らは何年安部に騙されてたのか
-----------------------
もう手遅れだといっても素人でもやる気のあるやつが政治をするだけで国は変われるのにな
いつまでも反日利権ヤクザが政治してるから停滞してるだけで
-----------------------
官僚がキャバクラで使ってんだろ
-----------------------
減税された法人税は労働者に還元されず内部保留にされるだけ
これでは景気は良くならいし良いリフレにならない
-----------------------
嘘言いすぎて、本質的なことが問題にならないのが安倍政権の特徴だな。
本人は嘘ついてる自覚が無いと思う。
自分の論理が無いからね。
-----------------------
そもそも国が借金返して何になるの?
というところから話を始めて欲しい。
なんにもなりゃしねえよ。
-----------------------
まじで自民は金に汚すぎる
次の選挙は絶対ないわ
-----------------------
珍しくいい仕事してるな
個別に用途を決められる税収ではないと与党に言わせれば増税と予算見直しを一段厳しくできる
その議論を妨害してるのが他ならぬ野党勢なのは笑うしかない所だ
-----------------------
破産マップに日本全体が載ってしまうのも時間の問題?
-----------------------
韓国より低い最低賃金がすべてを語る
保守ってなんだ?
-----------------------
↑どっちが保守かわからんな
-----------------------
一般会計を概観しても、法人税収が減って消費税めっちゃ増えてるもんね。
ほんとろくでもない。
-----------------------
太郎は財政では正論を分かりやすく語るな
ブレーンがいいんだろう
-----------------------
アベは1億総活躍社会とか言わなくなったな
上級による上級のための上級の社会だもんなぁ
-----------------------
少なくとも安倍本人が「全額社会保障に使うから増税させて」
と言ったんだから
立証責任があるのは政府側だよな

「いちいち計算できるかよ」とか「本気で使うと思ってた?」
とか論外の説明
-----------------------
やはり山本総理待ったなしだなw
氷河期ニートを努力なしで全員正規社員にしてくれる庶民のヒーローだろう。
-----------------------
そもそも消費増税は借金返済のためにすることになってるからな
安倍ちゃんが無理やり半分を支出に回すとか言ってるだけで
お陰様で見事に景気は失速しましたが
-----------------------

国会議員でも、野党の多くは官僚・役人出身なんですね。ネトウヨが強調する「普通の日本人」とは違う。サヨクもまた、インテリ過ぎて居酒屋オヤジ程度の知能の有権者には訴えが届かない。山本太郎は高校生の頃から、「海パン一枚で変な踊りで大騒ぎ」という、その後、多くの芸人が真似するスタイルで売ってきたという経緯があり、相手のレベルに合われて「馬鹿になれる」んですね。これは政治家として、選挙を戦う上でもっとも大事。農作業してる人がいれば、走って寄って行って、白手袋ワイシャツが泥まみれになるのも辞せず、握手を求める。インテリは「猿芝居」と馬鹿にするが、これをやられると、握手した有権者は一生、その候補に投票し続ける。


もう次の首相は山本太郎でいいぞ
http://fainbory.com/5dcm
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | ネットゲリラより転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「平成炎上史」よみがえるイラク人質事件 いけにえ求めた自己責任論 「ルールや規則」の権威で叩く人たち

平成という時代を振り返るとき、「炎上」という言葉とともに頻発するキーワードがある。その一つ「自己責任」が顕在化するのは2004年の「イラク日本人人質事件」だった。自殺者が最多の3万4427人に達した翌年、「失われた10年」の直後。「自己責任」という「生贄(いけにえ)」を求めたのは、他でもない不安定な立場に追いやられた若者たちでもあった。(評論家、著述家・真鍋厚)


「殺されても仕方がない」
昨年10月、フリージャーナリストの安田純平さんが、40か月にわたるシリアでの監禁生活から解放され、無事帰国した。

その後巻き起こったネット上でのバッシングはまだ記憶に新しい。「金儲けのために日本に迷惑をかけるな」「自作自演だろう」などと攻撃的なコメントが相次いだ。

批判的な意見の主なものをまとめると、「国の忠告を無視して危険地帯に赴いたのだから、国が助けに行く必要はないし殺されても仕方がない」である。

バックパッカーの青年斬首に「自業自得」
このような言説は、2004年の「イラク日本人人質事件」において、一部の政治家やマスコミなどの煽りを受けて急速に拡大した。

間を置かずして日本人のバックパッカーの青年が拉致され、斬首された事件では、ネット上で「自業自得」「勝手に死ね」などの投稿が後を絶たず、いわゆる「自己責任論」は「どこか突き放したような冷酷さ」を増していった。

これは歴史的な視点から見ると、とても興味深い現象だ。


「臣民的価値観の残存」の影響
筆者は以前、このような「自己責任論」の噴出について、「自己責任論」という見方自体が間違いで、「臣民的価値観の残存」が影響しているのではないかと推測した。

     ◇

恐らくこれは「自己責任論」なんかではない。お上≠フ意に反した言動を取るものは「非国民」であり、国家はこのような連中から日本国民としての諸権利を奪っても構わないとする、「臣民的メンタリティ」のなせる業と考えるのが自然だ。かつての天皇制国家はすでに消滅したのだから「臣民」は存在しなのだが、未だ「臣民的価値観」が思考・行動に影響を及ぼしているという意味で、エルヴェ・ル・ブラーズとエマニュエル・トッドのいい方(『不均衡という病 フランスの変容 1980-2010』石崎晴己訳、藤原書店)に倣(なら)えば「ゾンビ臣民」と評することができるだろう。この「ゾンビ臣民」は相当に根深いものであると認めざるを得ない。――真鍋厚『不寛容という不安』(彩流社)

     ◇

誤解のないように言い添えておくと、この場合の「ゾンビ」は、ホラー映画でお馴染みのキャラクターのことではなく、アンデッド(undead=死に切っていない)ということを表現している。

国家の指示に従わない「親不孝者」
明治維新以後に根付いた国家観とは、「家長を頂点とする家族」であった。

当時は天皇がいわば「国民の父」。国家と国民の関係性を親と子のモデルで説明し、実際にもこの「親子モデル」で思考することを強いた。

すると、国家の指示に従わない者は、親の言うことを聞かない「親不孝者」になる。

つまり、ドラマのワンシーンに例えると、「父親の期待を裏切った放蕩息子の帰郷で、罵詈雑言を浴びせる親族一同と近隣住民」という構図の方が、「自己責任論」よりも「炎上」の実態を上手く言い表しているように思えるのだ。


福沢諭吉の抱いた心配
これに関しては、福沢諭吉が『学問のすゝめ』で分かりやすく要約している。

     ◇

「アジヤ諸国においては、国君のことを民の父母と言い、人民のことを臣子または赤子(せきし)と言い」

「民を撫(ぶ)するに情愛を主とし、饑饉(ききん)には米を給し、火事には銭を与え、扶助救育して衣食住の安楽を得せしめ、上(かみ)の徳化は南風の薫ずるがごとく、民のこれに従うは草の靡(なび)くがごとく、その柔らかなるは綿のごとく、その無心なるは木石のごとく、上下合体ともに太平を謡(うた)わんとするの目論見(もくろみ)ならん」

     ◇

為政者と民衆を「親子間の愛情」で結ばれたものと捉え、子が困ったときは親がしっかりと施しを行ない、子は親に服従することを理想とする。

続く文章において、福沢は、しかし「政府と人民」は「他人」に過ぎない、だから「規則約束」を作り、これに基づき国家を運営しなければならないと述べ、「親子モデル」の乗り越えを唱えている。

戦後も残った「親子モデル」
だが周知のとおり、明治政府は自らの正当性を「天皇の神格化」によって担保しようとするあまり、国民には(君主制のような)「親子モデル」を押し付けておいて、実際には(藩閥政治に基づく形式だけの君主制である)「他人モデル」を敷くダブルスタンダードを採った。

要するに、わたしたちの社会には、二つの世界大戦を経た後も、この権威主義の権化ともいえる「親子モデル」が残った。

そして、福沢の言葉を借りれば、わたしたちは、意識的にしろ無意識的にしろ「親(政府)の立場になって、子(人民)を叩くのだ」。


逸脱者に対する「寛容ゼロ」
他方、歴史性を抜きにした最も明快な分析は、逸脱者に対する「寛容ゼロ」(ゼロトレランス)かもしれない。

いかなる理由であれルールを破った者は「厳罰」で構わないとする心性だ。

マサチューセッツ工科大学のメディアラボの研究チームによる思考実験の結果は、わたしたち日本人の傾向を少なからず言い当てている。

人工知能(AI)を搭載した自動運転車の事故が避けられない場合に、誰に「被害」が及ぶのであれば受け入れ可能か、という多様な人と人・人と動物の命の優先度を問うジレンマの問題である。

「親」の代わりに入ってきた「ルールや規則」
例えば、自動運転車のブレーキが利かない場合に、信号を無視して横断歩道を渡る若年者と、青信号で渡る高齢者のどちらに向かうかを選ばなければならない。

国別、地域別に大きな違いがあることが話題になったため目にした人も多いだろう。

日本では、交通法規を守らない者への優先度が低かった。

フィンランドや日本のような、「比較的治安の良い豊かな国」の回答者は、例えば交通規則を無視して道路を横断するような人は殺されてもいいと答える傾向が強かった。

前述の話につなげると、「臣民的メンタリティ」の基礎である「親子モデル」の「親」が、形骸化して「空位」になっている可能性が考えられる。

そのため、この「空位」に「ルールや規則」が入り込んでいるという仮説を立てることもできるだろう。国家レベルから文化レベルに至るまで「ルールや規則」は権威の源泉となり得るからだ。


「ルールや規則の立場」になって叩く
しかもこれは、不安な主体が弱者を攻撃することで強者の権威と一体化しようとする「権威主義的パーソナリティ」(エーリッヒ・フロム)とも親和性がある。

ここでもやはり、「親子モデル」とまったく同様に、「ルールや規則の立場になって、逸脱者を叩くのだ」。


「自己責任」という信仰に捧げられた「生贄」
だが、見て見ぬふりをしようとしたのは、一部の当事者に当てはまることでもあった。

それは、「自己選択の余地が高まっても、特定のコースを歩まざるを得ない」状況を突き付けられ、「あらゆる社会の問題を個人の問題にすり替える世相」を次第に内面化してしまい、「自分以外の他人がどうなろうと知ったことではない」といった、「外界からの切断」「外部への無関心」を処世にした層に顕著だった。

 「自己責任」を声高に叫ぶ時代の空気に気圧されて、バックパッカーの青年を揶揄(やゆ)する言動に連なることで、自分自身の境遇を冒涜していたのである。

もっと言えば、そこに「自己責任」という信仰に捧げられた生贄(いけにえ)の幻影を見ていたのだ。

わたしたちは、炎上の炎に身を焼かれることによって、自己滅却を図ろうとしていたのかもしれない。


選挙対策でGDPかさ上げ
2020年名目GDP600兆円という結論に合わせて数字をごまかしてる間に
実体経済はボロボロとね
実際に生活してて貧しくなってるの丸わかりだし
安倍とか麻生とかバカウヨとかよ、なんなんだよこいつらは?
悪魔か何かが日本を滅ぼしに連れてきたのかよ
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日のつぶやき














































































posted by РМН at 16:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国人バイトが消えて店が回らない…人手不足深刻化 一体なぜ?

 日本に留学したい外国人へのビザ発給が昨年秋から厳しく制限された。人手不足で社会が混乱するおそれがある。

*  *  *

 昨年9月、神奈川県のコンビニオーナーの男性(62)は、咽頭がんの手術から退院した翌日、店頭に立っていた。会社経営者の妻から「何を考えているの」と怒られながら、週2日は夜10時から朝6時まで出勤する。


「昨年の秋ごろから、これまでアルバイトを担ってくれていたネパール人留学生がいなくなった。どこへ消えたのか」

 男性がコンビニを開店したのは3年前。週末の深夜帯は特にアルバイトが集まらない。そのころから日本人の応募はなかったが、近所の日本語学校に通うネパール人留学生は喜んで働いてくれた。時給が1300円で、ほかの時間に比べて高いからだ。辞めてもまた日本語学校からネパール人留学生の応募があった。ところが昨年秋、状況が急変した。

「これまでは放っておいても新しい外国人が入ってきたが、働く人がいないから店を続けられない。24時間営業どころじゃない」

 同様の「危機」が今、様々な業界に広がっている。東京都内の日本語学校幹部はこう話す。

「外食チェーンの採用担当者が血眼になってアルバイトを探している。4月に向けて前年の4分の1程度しか集まってない状態で、『学生1人当たり紹介料2万円を払う』とまで言っている。こんなことは初めてだ」

 いったい、何が起こっているのか。学校幹部は続ける。

「日本語学校は年4回の入学時期があり、最も入学が多いのが4月で、次が10月。昨年の10月入学から留学ビザの交付が厳しくなった。すでに留学ビザを取得している学生も最初の更新(1年3カ月)で厳しく労働時間を調べられ、昨夏から次々と帰国させられています」

 グラフは、日本語学校の業界団体「全国日本語学校連合会」(JaLSA)が取りまとめた東京入国管理局の在留資格認定申請についてのデータだ。「交付率」は、ビザ申請があったうち、どれだけが交付されたかを表している。

 中国、韓国など大きく変化していない国もあるが、多くの国は昨年に比べ交付率が大きく下がった。1.1%のネパール、0.8%のバングラデシュ、0.3%のスリランカなど、ほぼ「ゼロ回答」の国もある。

 東京入国管理局の担当者はアエラの取材に「特定の国を厳しくしているわけではなく、あくまでも平等に審査をしている」と説明するが、全国日本語学校連合会の荒木幹光理事長は「2008年にグローバル化戦略の一環として政府が始めた『留学生30万人計画』を達成した結果、審査が厳しくなったのではないか」と指摘する。

「これまでは人手不足を補うためにも、在留審査に提出される書類のチェックも甘い部分があったのでは。留学ではなく稼ぐことが目的の学生が増え、それらの学生を対象にする商売目的の日本語学校も増えた。そうした新設校が影響を受けている」

 日本語学校などに通う外国人留学生は12年の約18万1千人から、17年は約31万2千人に急増した。数字を押し上げたのがベトナムやネパールなどアジアの若者だ。留学生には資格外活動として週28時間の労働が認められており、語学より出稼ぎが目的の留学生が増えた。学校に行かずフルタイムで働いたり、失踪して不法滞在になったりする留学生がいるのも現実だ。

 一方、そうした留学生が貴重な労働力となっているのも事実だ。外国人労働者の約23%は資格外活動で働く留学生で、その数は技能実習生より多い。彼らが活躍するのは冒頭のコンビニのような目に見える場所だけではない。外国人を対象としたアルバイト求人サービス会社「WORK JAPAN」(東京)代表の松崎みささんが言う。

「コンビニなどは一定の日本語能力が求められ、外国人にはハードルが高い。求人の大半はお弁当工場や物流センターの仕分けなど、目に見えない仕事です。都市部では留学生が貴重な戦力になっていますが、彼らがいなくなることで目に見える影響が出てくるかもしれません」

 都内のあるホテルのベッドメイキングのアルバイトリーダーの女性(48)は、ゴールデンウィークが不安で仕方がない。

「声を大にして言えませんが、お客があまり来なければいいのですが……。手が足りません」

 長期休暇期間中は学校も休みで、長時間働いてくれた留学生が、昨年夏ごろからいなくなった。年末年始は大みそかと三が日に1日3千円の特別手当を出すことで何とか乗り切ったが、スタッフの数はぎりぎりだ。

 募集広告を出しても人は集まらない。スタッフに声をかけ、友人や知人の紹介を依頼する。採用に至り、半年以内に60日働けば4万円のインセンティブを支払っている。昨年までは1万円だった。女性は言う。

「私が働き始めた10年前は、外国人は一人もいませんでしたが、今はもう、外国人なしにホテルが動きません」

(編集部・澤田晃宏)

※AERA 2019年3月25日号より抜粋
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ