2019年12月25日

”子供が1人も産まれない町”でいま起きているニッポンの田舎「絶滅の兆候」

「限界集落という言葉がありますが、下手したらこのあたりは“絶滅集落”ですよ。この不安は、都会の人にはわからないかもしれないね」

 日本社会の少子化が、想定以上のスピードで進んでいる。2019年に生まれた新生児の数は、1899年(明治32年)の統計開始後で初めて90万人割れとなる見込みだ。そんな中、「1年間、赤ちゃんが生まれなかった自治体」まで出てきた。総務省が今年発表した人口動態の調査によると、2018年に出生数ゼロだったのは4町村。その一つが、山梨県の南西端に位置する早川町だ。

 冒頭で紹介したのは、早川町に住む男性の嘆きだ。いまこの町で何が起きているのか。遠くない将来、多くの地方自治体に訪れるかもしれない現実に迫った。

町の中心部で行く手を阻むサル

 ガサガサ! ガサガサ!

 JR甲府駅(山梨県甲府市)から車で約2時間。町の中心部の県道を走っていると、何匹ものサルが道路を悠々と横切っていった。

 山梨県南巨摩(みなみこま)郡早川町。南アルプスから流れる早川に沿って片側一車線の県道が町を縦断し、そこから派生するように点在する集落には、日中でも人影がほとんどない。

 今年9月時点の人口は1051人。日本で最も人口の少ない「町」としても知られる。町の面積約370平方キロメートルのうち約96%を森林が占める。南アルプスの自然に囲まれた立地を生かし、温泉や登山など観光業が町の主な産業になっている。世界最古の宿泊施設としてギネスに登録された「慶雲館」が有名だ。

 財政破綻中の昭和35年には10679人が生活していた早川町。だが、町内にある西山ダムや雨畑ダム、さらに複数ある水力発電所の工事が終わると、人口はだんだんと減っていった。

 今では高齢者が町民全体の約45%を占める。特に、若い世代の流出は深刻で、それに伴い町内の出生数も激減。1990年以降は出生数1桁台が続き、2018年にはこの10年で2回目の出生数ゼロを記録してしまった。

「このところの異常気象で、『陸の孤島』になる恐怖を感じる」

 町内を歩くと、そんな声が聞こえてきた。隣町の国道に出るには、1本道の県道を下るしかない。しかし、連続70ミリの規制雨量を超えると、その県道も全線で通行止めになってしまうのだ。町には急峻な斜面も多いため、今年10月の台風19号でも土砂崩れで複数の集落への道路が寸断され、80代の女性住民が山梨県の防災ヘリに救助される事態まで発生した。

運動会は老人ばかりで踊る

「本当に子どもを見なくなりました。私が生まれた頃は、この集落にも50軒くらい家があって、総勢で200人くらいは暮らしていました。子どもの夜泣きも聞こえたし、小さい子が駆け回っているのもよく見ましたよ。周りみんなが親戚みたいで、何でも一緒にしていました。今では20軒も残っていません。それも老人ばかりです」

 町の社交場のひとつ、市民が通う温泉施設の番頭に立つ深沢和子さん(79)は、寂しそうにそう語った。生まれも育ちも早川町だったという彼女は、子どもと聞くと、集落の運動会を思い出すという。

「昔は子どもたちがたくさんいたから、駆けっこしたりしていたんですよ。今でも運動会は続けていますが、老人ばかりなので、朝はグラウンドゴルフ、午後は豚汁を作ってみんなで食べて、昔から伝わっている踊りをするんです」

 月に3度ほどあるお寺の会合で、集落の友人と語らうのが楽しみだと語る深沢さんは、この生活がいつまでできるか不安だと打ち明ける。

「私には3人の娘がいて、孫も6人いますが、誰もこの町に住んでいません。『働くところがない』『進学先がない』と言って、町を出て、町の外で結婚した。甲府や山梨で生まれた孫世代はそのまま市内で就職したり、県外に出て行く子もいるでしょう。集落の年寄りもだんだん亡くなっていて、この先どうなってしまうのか……」

「じきに墓の場所を知る人もいなくなる」

「荒れたお墓も多く、お盆になっても人が帰ってこなくなっている。じきに、墓の場所を知っている人さえいなくなってしまうんでしょうね」

 この町で生まれ、周りにお店一つない県道沿いでガソリンスタンドを経営する辻育久さん(72)は、自嘲するようにいった。

「私が小さいときは林業が盛んで、中学にあがる頃には東京電力の仕事やダムの工事があった。今と違って工事となれば作業員も家族みんなで引っ越してきたから、町民もどんどん増えた。この辺りは町でも一番華やかで、映画館やパチンコ屋が立ち並んでいたんですよ。キャバレーもあれば金髪のおねえさんもいて、歓楽街は深夜まで賑やかでした。

 それが、外国から木材が輸入されるようになって林業がダメになり、発電所の無人化で町から職場がなくなっていった。今では夕暮れを過ぎれば誰も歩いていません。給油も町外の車が多くなりました」

 町で一番賑やかだったというこの集落も、今ではほとんど空き家だ。

「今や人よりもシカやサルを見かけることの方が多いですよ(笑)。町に高校がないので、子どもが高校に上がると、甲府にも家を持って平日は家族で住み、週末だけ早川に帰る人が多かったんです。

 でも、高齢化が進んでこのところは寒い冬にわざわざ帰ってくる人も減っています。あと20年して、いまの住民もたまに帰ってくる人も亡くなったら、どうなるんでしょうか」

子どもの泣き声が聞こえる……

 実際に町を歩いてみると、観光施設の喫茶スペースのようなものを除けば、喫茶店も居酒屋も見当たらない。町の教育委員会の職員は「忘年会はもう10年以上、隣町で開催しています。行くにも車しかないので、毎年交代で酒を飲まない“運転担当”を決めて、山を下っていく」と打ち明ける。

 当然ながら、コンビニも見当たらない。洗剤などちょっとした生活用品は町の直売所で買うことはできるが、食品や日用品の買い物、病院に行くには、車で30分から1時間かけて山を下って、身延町の国道52号まで出る必要がある。町から身延まで走るバスは1日に4本のみで、車のない生活は難しい。

 病院にかかりやすい乳幼児を抱える家庭の生活には、どんな苦労があるのだろうか。

「息子は気管支が弱くて、小さい頃は1時間以上かけて町の外の病院に通うことも多く、『ああ、嫌だなぁ』と思ったこともありましたね。あの頃は今より道路もずっと悪くて、免許取りたてで走ると冷や汗まみれになるくらい、それは怖かったですよ」

 そう回顧するのは、この町に来て40年という藤本三穂子さん(61)だ。

「昔は小学校も中学校もそれぞれ6校もあったのが、今は小学校が2つ、中学校が1つ。最近では、町でベビーカーを見かけると『なんと貴重な!』と思わずはしゃいでしまいます(笑)。私の息子の世代はバスケットボール部がありましたが、いまは人数が少なくて団体競技はできない。バスケ部もなくなったそうです」

 ただ、藤本さんは最近の町の様子に変化を感じるという。

「もちろん空き家が増えて寂しく感じます。でも、集落によっては、外から来た人の方が多くなった地区もあります。そういうところではよく子どもの泣き声がきこえてきて『ああ、昔はこういう感じだったな』と思いますよ」

 赤ちゃんの生まれなかった町に、泣き声が聞こえるようになったのには、町役場が取り組んでいる“秘策”が関係していた。


(後編に続く)

「自然の中で子育て」を謳う移住支援はニッポンの「絶滅集落」を救うのか? へ続く
https://bunshun.jp/articles/-/21492


アホ
本来鹿や猿の住んでる土地を分捕って
生活してたんだから
鹿や猿に返すのが自然な姿
何ら問題なし


これは大嘘
馬鹿な過去の先入観だけで
書いてるアホ記者今は
競争力のない
ぐうたらな林業守るために
税金注ぎ込んで日本の木材は
外国に売られてる


早川町で義務教育にかかる費用を無料化したのは2012年からでした。以来、『子どもを自然の中でいい環境で育てたい』という子育て世代が東京を始め町外から流入しています」(宮本さん)

変わり者
国民比率0.001%以下の話だからなあ


基本
絶滅集落は絶滅していいんだよ
自然に返す
これがまともなこと
こんな地域に無理やり道路維持や
生活インフラを守る方がおかしい
それこそ税金の無駄
動物に返してやれ


『子どもを自然の中でいい環境で育てたい』

親のエゴ
本物の自然の中で子供を育てる?
馬鹿な親だ
されは自然でもなんでもない作られた自然
熊や猪鹿がうろちょろする世界で子育てしてこそ
本物
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 財政破綻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

司法試験に落ち続け SNSは「過疎放送」大腸がんステージ4

司法試験に落ち続け SNSは「過疎放送」大腸がんステージ4

 テツは愛媛県の生まれだった。大学受験に失敗して上京しアルバイトで貯めた資金でアメリカに留学した。戻ってから、大学で法律を学んだ。しかし、成績は伸びず、不合格が続いた。テツの生配信サービスには190万人が有料登録している。ただ人気のある配信は少なくほとんどはわずかなリスナーしかなく「過疎放送」と呼ばれるのだという。接点のあった木村直弘さん(35)は、「テツさんのは面白くないんです。リスナーも他に1人くらいしかいなくて」という。木村さんは司法試験に落ちて引きこもりになって、昼夜が逆転するような生活の中でテツの「過疎放送」に出会ったのだそうだ。「テツさんも不安を持って生きてた」という。

 テツの部屋で50代の配信仲間「わくわくさん」が遺品の整理を手伝っていた。「富士山でテツさんが落ちた」と警察に伝えたのもわくわくさんだった。映像を解析して住所を割り出したのも彼だった。

数少ないリスナーのリクエスト「雪の富士山見たい」に応えるため無謀登山?

 遺品に病院の診察券やCT画像が大量にあった。テツは昨年、ステージ4の直腸がんの告知を受けていた。がん研究会有明病院の映像もあって「世界で3本の指に入るがんセンターです」「ステージ4でも切らずに治せる時代になった」などと配信していた。

 病院から自転車で帰り道に生配信でリスナーとかわしたのやり取りが見つかった。リスナーが「雪の富士山見てみたい」という。テツは「見たい? もう雪降ってるかな。今まだ寒くない。パッと行ってパッと帰れば、死なずに済む。そんなに寒い思いをしないで帰れる」と言っていた。テツが富士山の雪を踏んだのはその5日後だった。

 映像で見る限り、初冬には珍しく、風もなく穏やかでやさしい日差しの富士山だった。厳しい風でも吹いていたら登ろうとしかっただろう。不幸な巡り合わせだったのかもしれない。

*NHKクローズアップ現代+(2019年12月18日放送「なぜ男は冬富士に向かったのか?〜ネット生配信の先に〜」)


富士山頂から生配信中に滑落死した「テツ」寂しすぎる47年の人生

 動画は衝撃的だった。雪の富士山頂の様子をネットで生配信していた男性がスリップして、「滑る!」という声とともに映像は雪の斜面を落ちていき、やがてフリーズした。男性は1000メートル滑落して、2日後に遺体で見つかった。男性が富士山に登ったのは2019年10月28日。登山口についた午前10時半から動画のネット配信を始めていた。午後2時前、八合目。配信を見ているリスナーと話していた。「孤独や恐怖はない?」「大丈夫。東京にいたほうが孤独だもん、俺の場合。滑るなここ」「怪我しないように」「了解」

 そして午後2時半頃、山頂に到着する。一面の雪景色や雲海などを写したあと、「ここ危ないね」「滑る!」と発して、男性の足が宙を舞う様が写った。男性はピッケルやアイゼンはおろか、まったくの軽装だった。ネットでは、「自殺しにいった?」「登山をなめてる」「命をなんだと思ってるのか」と非難が起きた。

東京・西早稲田の4畳アパートに明け方までついていた灯

 男性はネットの生配信サービスにたくさんの動画を載せていた。「TEDZU(テツ)」と名乗っていた。どこの誰だかわからない。リスナー仲間が、映像の解析から東京・西早稲田のアパートを突き止めた。テツは47歳で、4畳の部屋で一人暮らし、家賃は2万5000円だった。

 大家の話では友達の出入りもなく、仕事をする気配もなかった。明け方まで明かりがついていることが多かったという。部屋には司法試験の参考書があった。10年以上も弁護士を目指して、勉強していたのだ。友人だという人が現れた。60代の男性でかつて司法試験の予備校で2人で勉強会をしていたという。「誹謗中傷されるような男じゃありません。やさしくて人につくすタイプ」という。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月24日の投稿

年収300万で定年までこき使われるブラックなお仕事です


ベネッセです


救済とか
嘘をつくな


労組が自分らの利権を守るために
氷河期を犠牲にしたんだから


氷河期世代に金を使うな
もう手遅れなんだ
もっと若いやつに
投資しろ


規制緩和をするほど
色々追い込まれてる日本


竹中を外せよ
私利私欲しか考えてない売国奴を
国政に関与させてちゃ
駄目だよ


政治家が多過ぎるという
岩盤規制


風魔→小次郎
柳生→一族の陰謀
伊賀→ハットリ君
甲賀→バジリスク


auの美人3姉妹

長女 深キョン
次女 多部
3女 永野めいちゃん


忍者みたいな特殊能力持ったやつらをリストラしたら
野に下って反社会的立ち上げそうな


NTT、数千人規模の構造改革へ 海外統括会社で100人削減

NTTが、今年7月に開設した海外事業の統括会社で100人の人員整理を実施したことが23日、分かった。


氷河期世代の救済策なんだから
カイジみたいに全ての能力を
測るべきだろ
命掛けてさ


27日に慰安婦合意の違憲判断へ 韓国憲法裁


関空橋衝突事故で元タンカー船長を不起訴…大阪地検
12/24(火) 7:40配信読売新聞オンライン

 昨年9月の台風21号で関西空港の連絡橋にタンカーが衝突した事故で、大阪地検は23日、業務上過失往来危険容疑で書類送検されたタンカーの元男性船長(41)を不起訴(嫌疑不十分)にした。「起訴に足る事実認定ができなかった」としている。

 海上保安庁によると、事故は昨年9月4日午後に発生。元船長は台風に備え、同3日午後から関空近くにタンカーを停泊させた際、二つある錨(いかり)のうち一つしか使用せず、錨を下ろしたまま流されて連絡橋に衝突させた容疑で、今年9月に書類送検されていた。


石油会社の建物で火災 男性1人けが 消火活動中 川崎
2019年12月24日 7時58分

川崎市消防局に入った情報によりますと、24日午前7時すぎ、川崎市川崎区の石油会社の建物で火災が起きているという通報がありました。警察によりますと、この火事で男性1人がけがをしているということです。消防車9台が出て消火活動にあたっているということです。

NHKのカメラの映像では、黒い煙が勢いよく上がっているのが確認できます。

現場は、羽田空港から南西におよそ2キロ離れた工場地帯です。羽田空港によりますと現在、運行状況に影響はないということです。


毛利衛さん、貴重な毛を「拝借」


女性はどうもなあ
ありのままとか言っといて
景気良くなるとバエるとか
虚飾に懸命躍起


こないだ初めてコメダ珈琲に行ったら
愛想のいいフィリピン人のパートさんが
接客してくれて片言の日本語で
「イラッシャイマセ ナンメイサマデスカ?コチラドウゾ」
って席まで案内してくれたんだけど
到着したら急に「スワレ」って命令された


コメダこりゃ


べビメタ
そのうちに女メンバー
2人抜けて
バックバンドだけになってたら笑うな


〔記録雨〕沖縄・八重山地方で1時間に約120mmの猛烈な雨か(12/24)


コーンフレークが各地で売り切れの模様


NHKの受信料を払わなくても良いTV?ドンキの新商品に熱視線


【ウラジオストク共同】北方領土・国後島に連行された日本の漁船5隻について、ロシアの裁判所は24日までに罰金の支払いを命じ、5隻は同日解放された。漁船側の弁護士が明らかにした。


94年の放送時、「八木さんのファンです」とはがきに書いて投稿した男子高校生がいた。当時のさんまが「(八木の)どういうところがいいの?」と尋ねたところ、「いや、別に……」とそっけない態度で返答した高校生。それにスタジオは大爆笑。以降もさまざまな投稿者がこのやり取りを真似することとなり、すっかり毎年の恒例行事となっていた。

だが、2018年はこのやり取りが一切ないまま番組は終了。ネットは《毎年このやり取りを楽しみにしていたのに!!》《八木さんファンのいない明石家サンタなんて寂しすぎる……》と惜しむファンの声であふれていた。


独自:イラン反政府デモの死者は1500人、米政府予測上回る
12/24(火) 9:18配信ロイター


ボーっと生きてんじゃねーよ!!└(#`Д´メ)┘


「タクシーでチャックを下ろす男」初鹿議員を放置した立民の罪


なぜか立憲破廉恥男は報じない各局


「ケーキ販売」コンビニだけが儲かる決定的理由 クリスマスケーキに見る各業界の工夫の差


タクシー内でチャックをおろし女性の頭をつかみ股間に押し付けた強制わいせたの初鹿明博への立憲民主党の党役職停止は、何のペナルティにもなっていない


わタクシー
生まれも育ちも
初鹿柴股です


バカリズム、元「でんぱ組.inc」夢眠ねむとの結婚を発表 12/24(火) 14:01配信スポーツ報知

お笑いタレントのバカリズム(44)が6人組ユニット「でんぱ組.inc」の元メンバー・夢眠ねむと結婚したことを24日、発表した。
 
(゚Д゚)ノまたまたご冗談を


日本経済新聞 電子版 @nikkei
出生数86万人に急減、初の90万人割れ 19年推計


「3千万円もらえる」電話、受け取り断ると「和解金必要」73歳女性が1350万円被害
 滋賀県警大津署は23日、大津市内の無職女性(73)が介護施設の職員を名乗る男らに1350万円をだまし取られたと発表した。特殊詐欺事件として捜査している。

 同署によると、3日、女性宅に福祉センターの職員を名乗る男から「介護施設に寄付された3千万円をもらえる権利がある」などと電話があり、女性は受け取りを断った。後日、介護施設職員を名乗る男から「詐欺罪に問われるかもしれない」「和解金を支払う必要がある」などと電話があった。女性は6〜18日、自宅に訪れた男に現金150万〜400万円を計6回にわたって手渡したという。


ネコと和解せよ


ギャンブル明暗 「公営」救ったネット投票 苦境パチンコ店、出玉規制で客離れ

かつて売り上げ不振で廃止が相次いだ公営ギャンブルの業績がV字回復している。中国地方のボートレースと競輪、オートレースの8場すべてが2018年度決算で黒字を確保。リーマン・ショック後の10年度は約8割の6場が赤字だった。インターネットで手軽に投票できる環境が追い風になっている。一方、苦境にあるのが最盛期に売上高30兆円を誇ったパチンコ業界。中国地方ではこの20年間で約4割のパチンコ店が閉店に追い込まれている。


ボート生きてんじゃ
ねえよ


青木 理氏
「僕らは日本が豊かな先進国であるという幻想の中で生きてきたが、ひょっとして先進国とは言えないんじゃないか。海外の人からは『日本の方が安いね』と言われ、ジェンダーギャップは世界最大クラス、気候変動への取り組みは日本がやらないと、国際的に文句を言われている」


終業式を終えたばかりの小5女子 車にはねられ死亡 友人と自転車で遊びに行く途中


湾岸タワマンにたそがれ 森永製菓は24日、アイス「サンデーカップ〈パリパリチョコ〉」の一部商品に製造工程で金属片が混入した恐れがあるとして、最大約128万個を自主回収すると発表した。


選手村が下落の引き金か


ぎゃあああああああああああああああ
七味唐辛子振ったら
小さなウジ虫が出てきたぁあああああああああああ


《パワハラ新音声入手!》木下医師がまたもや恫喝「障害者なんじゃないか、お前」12/24(火) 17:30配信 文春オンライン

木下氏「なんですぐ忘れるの? なんでも。障害者なんじゃないか、お前」

束原さん「はい」

木下氏「発達障害の診断受けてみ? お前」

束原さん「わかりました」


高齢者施設の虐待、過去最多 18年度621件、大半が認知症

 厚生労働省は24日、介護施設の職員による高齢者への虐待行為が2018年度に621件あり、過去最多だったと発表した。前年度(510件)から21.8%増加した。被害者は認知症の人が85%を占めた。虐待で死亡したケースも1件(1人)あった。件数は12年連続で増加した。

 高齢化の進行で介護需要が高まる一方、深刻な人手不足による介護現場の負担増が増加の背景にありそうだ。厚労省は「社会的な関心が高まり、通報も増えている」(担当者)と指摘している。

 家族や親族らによる虐待も過去最多となる1万7249件だった。殺人や心中、虐待で21人が亡くなった。


選挙ウォッチャーちだいこと石渡智大は大変悪質で要注意人物です


反知性の安倍晋三わろた


石渡智大被告

不細工智大をぶっ壊す!
智大の面は人の良さが全く出てない。悪人顔。


ばっかだなー石渡智大
低能は反射神経が劣化の為 判断が遅い
とっとと謝罪しとけば、ここまで大事にならんかったのに


虚偽、作り話で、個人を貶めること自体、犯罪であることが理解できないとは、自分で罪を償うしか、今まで、甘い思いをしてきたのでは

面白いこと云々という無責任な会社の通り、無責任なジャーナリスト気取りでやってることは迷惑なだけでしかない。ガツンとやってやらないとわからないでしょうから、とっちめてやってください。


国民にとっても、ちだいみたいな奴、N国党の躍進を、いらんチャチャ入れて妨害するのは、有害でしかない。
徹底的に、成敗されること、期待しています。


「県議会にはヤクザとゴロツキ」 静岡知事が反対議員に


ちだい君の目を見たら、何か過去に大きな挫折でもあったのかな〜と思う。
人間味の無い死んだ様なあの目、2次元の中では自分を強く大きく作り上げて、つるんだ仲間が悪かったのかな⁉
社会適合正の無いロマンチスト…
現実はそんなに甘くはないよ。


石渡知大、事前に活動家の大袈裟太郎と事前に打合せして言いがかりをつけ、自分の嘘だらけの捏造記事を誤魔化そうとしましたね。公職選挙法違反ですよ、犯罪者の石渡知大。


チダイくんて在日か同和関係の人なの?
差別とか本当ダメだしする気は無いけど、傾向論として在日と同和の人には自分勝手な人が多い。どれだけ筋道通して話しても納得しない。異次元の人間。
チダイくん自分勝手すぎるよ。しかもチダイくんを応援してる人がいるのだから世も末だ。


石渡知大、自分はネットで拾ってきたいい加減な情報に誹謗中傷を加えて散々暴言を吐いていたくせに、自分が少し撮影されたとたんにこれですか?幼稚園児並みですね。卑怯者。クズ。


ちだい(選挙ウォッチャー)を
ぶっ壊す!


欧米では、感染者がほかの人にうつすのを防ぐためにマスクをする。
であるならば、マスクすれば感染者の飛沫を防御できる


職場のパートのババアとかみんな口を添えて旦那の悪口いってるから、結婚はマジでしないほうがいい。


「正社員は5か年分、我々契約社員は一律1000円」

「同じ業務量をこなしていても正社員は5か年分のボーナスがもらえる反面、我々契約社員は夏冬とも一律1000円しか支給されない。あまりの格差にこの時期になる時が滅入る」(30代女性/家事手伝い)
「支給額350円。正社員、契約社員と同じ仕事をして、人手不足で2人分も仕事をしているのに、雲泥の差です」(70代女性/アルバイト・パート)
posted by РМН at 17:00| Comment(0) | ツイッター代わり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日のつぶやき














posted by РМН at 16:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察検察裁判所も酷いですね、手籠強姦を無罪放免にするんですか。

警察検察裁判所も酷いですね、手籠強姦を無罪放免にするんですか。
 
糞大日本屁放日本軍以来未だ終戦なく改善されない糞薩長土肥明治政府なんですかね?
慰安婦とか現地妻とか?
この場合は何と言うんですかね?
 
採用過程で手篭強姦事件の起きているトンキンの放送局は何か言ってます?
採用過程での出来事、なんですよね?社員による?
採用過程以降、入社してからは、大丈夫なんですかね?
放送局の会社内で、手篭や強姦は、ないんですかね?TBS?
 
警察検察裁判所内で、手篭や強姦は、ないんですかね?
 
この状況で、まだ、放送局に就職したい、なんて女はいるんですかね?
改善策が取られてなければ、危ないんじゃないですかね?放送局への就職?
男、だって安心してられないんじゃないですかね?放送局への就職?
 
警察検察裁判所への就職?
 
記者会見に女性記者もいたらしいですが、あの人達、大丈夫だったんですかね?
 
怖いですね、怖いですね、放送局、警察、検察、裁判所w
 
 
『兵曹長が若い女性を連れて(人質にしたという説もある)行軍していた』
( ja.wikipedia.org/wiki/久米島守備隊住民虐殺事件#cite_ref-3 )
 
『鹿山隊長は、米軍上陸の直前に現地の16歳の少女を"現地妻"として"徴発"していたのである。その少女は妊娠し、終戦の翌年に女児を出産している。現地住民20名を虐殺して、終戦後内地に引き上げた鹿山元隊長は、当然消息不明となっていた』
『43歳になった元"現地妻"の女性も、自分の長女の"父親"鹿山正の消息を知ることになったという。実質は「隊長専用慰安婦」として、鹿山に奉仕させられていた少女は終戦になるまで、戦時中の鹿山隊住民虐殺を知らなかったという。戦後になってその事実を知らされ、自分を責めるようになった。虐殺の張本人の現地妻にされ、その子供まで生んだ女としては身の置き所がなかっただろう。戦後27年、自分も娘も、幸福とはとても言えない人生を辿ったと語っている。

 元現地妻は記者への証言の最後で次のように言っている。
「沖縄で勝手なことしといて、いまになって、あれは、戦争中のことだといわれたって、私たちには通じないさ。沖縄人と日本人は、やっぱり人間が違うんじゃないかね。日本人も日本政府も、ウソがうまいと思うさあ。そんなところへ沖縄がなんで復帰するのかねと考えるさ」』
( keybowokinawan.blog54.fc2.com/?m&no=215 )
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | ネットゲリラより転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ