2020年02月06日

マカオ政府が全カジノ事業の一時停止を決定 期間は半月

マカオ政府が全カジノ事業の一時停止を決定 期間は半月

 中国・湖北省武漢市で集中発生している新型コロナウイルスによる肺炎(通称:武漢原因不明肺炎)。世界各地で感染拡大に対する懸念が高まる中、中国本土からのインバウンド旅客が多いマカオでも、官民の間で各種防疫対策が進んでいる。

 マカオ政府の賀一誠行政長官は2月4日午後1時(現地時間、以下同)に政府本部ビルで緊急記者会見を開き、同日午前の政務会議でマカオにおけるすべてのカジノ事業及び関連娯楽事業を半月にわたって停止することを決定したと発表。

 賀氏によれば、4日午前に9人目の新型コロナウイルス感染が確認されたマカオ人の女性(29)がカジノ運営企業に勤務しており、送迎バスやスタッフ食堂を利用していたことが判明したとのこと。

 なお、具体的な事業停止のタイミングについては、4日午後にカジノ6社と会議を行った上で決定するとしたが、早ければ今夜からになるとのこと。半月後に状況が安定している場合には、すぐに再開するとした。

 マカオのカジノ施設は基本的に年中無休の24時間営業。近年、大型台風の襲来時に数日間の閉鎖はあったが、半月にわたる長期の閉鎖は極めて異例。

マカオのカジノ施設における新型コロナウイルスこれまでの主な防疫対策
・1月上旬〜:カジノ施設のゲスト及び従業員入口に体温測定装置を順次設置
・1月22日〜:カジノフロアでの業務に従事するスタッフのマスク着用義務化
・1月27日〜:入境前14日以内に湖北省滞在歴のあるゲストの入場禁止
・2月1日〜:カジノフロア入場ゲストのマスク着用義務化
・2月4日:カジノ施設の一時閉鎖決定(期間は半月)


日本政府機関の正式発表(go.jpの政府アドレス)

新型肺炎、100年ぶり世界的パンデミックの懸念…中国からの感染者、入国阻止は困難

中国を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスが、100年ぶりの「パンデミック(病気の世界的な流行)」を引き起こす可能性が高まっている。筆者は1月17日付コラムで「新型コロナウイルスはSARS以上に猛威をふるう可能性がある」と指摘したが、足元で起きている現実はその想定をはるか上回ってしまった。

感染者は25万人を突破との分析も
とどまることを知らない感染拡大だが、今後はどうなるのだろうか。

英国の専門家グループ(理論疫学)は25日、「世界の新型コロナウイルスの感染者は2月4日に25万人を突破する」とする驚くべき分析結果を発表した。事態の急激な悪化を踏まえ、専門家の間では「SARSではなくスペイン風邪の事例を参考にして新型コロナウイルス対策を講ずるべきではないか」との声が出ている。スペイン風邪とは、1918年から19年にかけて世界的に流行したH1N1型のインフルエンザである。当時の世界人口は約20億人だったが、その大半が感染し、1年半という短期間に5000万人以上が死亡したとされている。

日本では「新型コロナウイルスの致死率は3%と低く、過剰に心配する必要はない」とのコメントがよく聞かれるが、スペイン風邪の致死率は「2.5%以上」と意外に低かった。このことは「致死率が低いウイルスのほうが、スーパースプレッダーが出現する可能性が高く、より多くの人が感染し、パンデミックが起きやすい」ことを意味する。
posted by РМН at 23:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元少年A 仕事を始めても「酒鬼薔薇らしい」と噂立ち職を転々

 6月11日に発売された元少年Aによる手記『絶歌』(太田出版)。遺族は猛抗議し、世間からは批判が噴出している。著者として公の立場に身を置くことが、世間の大きな注目や批判を浴び、自らの生活を脅かす危険があることも当然理解していたはずだ。それなのになぜ今、彼はこの手記を発表したのか。

 Aが強硬に手記を出版した理由は、手記の後書きで綴った「精神崩壊の危機感」が大きかったのだろう。しかし、逮捕から今日までの彼の動向を追うと、それだけではない別の事情も見えてくる。

 1998年3月から関東医療少年院に入ったAには、そこで精神科医3人と統括官1人による「育て直し」教育が施された。これは、精神科医や統括官がそれぞれ父、母、兄などの“模擬家族”を演じ、文字通りAを「赤ちゃんから育て直す」という徹底した矯正教育だった。

 「この手法はAにも功を奏し、一時は母役を演じた女性医師に恋心を抱くまでになりました。破壊衝動と性的快感が結びついていた事件当時と比べ、徐々に通常の思春期男性の精神状態に近づいて行ったんです」(法務省関係者)

 2001年になると被害者遺族への謝罪を口にするようになったというAは、2004年3月、法務省に「再犯の可能性はない」と判断され、仮退院する。

 6年間という異例の長期入院だったが、矯正教育の結果、21才になったAからは、快楽殺人者の面影は消えていた。しかし、出所後にAを待ち受けていたのは過酷な日々だった。

 「更生保護施設に入居し、日雇いの仕事も始めたのですが、どこかで必ず“あいつは酒鬼薔薇らしい”という噂が立ってしまうんです。

 彼は常に、“いつ正体がばれるか”という恐怖と隣り合わせの日常を送っていました。そのため、不穏な空気を感じるとすぐに仕事を辞め、職を転々としたそうです」(前出・法務省関係者)

 2005年1月に保護観察期間が終わり、更生保護施設を出てからもビル清掃や廃品回収など、日給6000〜8000円の仕事で全国各地を漂流する生活に、Aは貧困を極めた。

 東京都A市、鹿児島県B市、北海道C市、広島県D市、埼玉県E市、神奈川県F市…。

 退院後のAの所在地として、これまで数多の地名が噂されてきた。その全ての地を本誌は訪れたが、多くは噂の域を出ることはなく、実際にAの所在を確認するまでには至らなかった。

 しかし、確かにAの存在を感じさせる地もあった。

 「一時、Aは宅配会社で働いていたのですが、そのときは埼玉県E市にいたという話が根強く出ていました。具体的な宅配会社名も出て、働きぶりも聞こえてきましたからね。

 実際、その当時、E市のある小学校では、“Aが近くに住んでいるという情報があり、子供の安全のためにも法務省に情報開示を呼びかけるべきだ”と、PTAが学校に掛け合うという騒動が起きています」(全国紙記者)

 事件から何年経とうとも、世間にとって、Aの存在は、怪物に変わりなかった。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コロナウイルスやインフルエンザから我が身を守る為に必要な事

コロナウイルスやインフルエンザから我が身を守る為に必要な事は
喉の中を冷やさない事と乾燥させない事です

その為には、

@ネックウォーマー(マフラー、スカーフ、バンダナ他含む)で首回りを温める

Aガーゼや布のマスクで口からの呼吸で乾燥した冷たい空気を吸い込まない

B暖かい水分をとって、ガムを噛んで唾液を減らさない

以上3点が最も風邪やウイルスの予防に効果的です

ウイルスの侵入を防ぐ為には、手洗い、マスク、口に入る事を防ぐだけでなく
口から入ってしまったウイルスを肺まで侵入させない事が大事なのです

その辺りの情報が不足しているように思います

日本の医師の認識が足らないように感じています


新型コロナウイルスに「HIV (エイズウイルス)」の
タンパク質が挿入されていることをインド工科大学の科学者たちが発見
さらに「感染しても免疫を獲得できない示唆」を中国当局が示し
事態は新たな局面に転じた

「新型肺炎がHIVウイルスを組み込まれた生物兵器」との
記事紹介ツイートでゼロヘッジが即効で凍結され
アメリカでは抗HIV薬を飲んだ患者が回復し
インドの学者が新型コロナの遺伝子を解析し
実際にHIVの遺伝子が組み込まれてると発表し
最初に遺伝子解析した中国が
何も言ってないっていう流れが怖い

生物兵器とは思って無い
だってこんな扱いにくい物は兵器としては実際には使えない
だけど、兵器を作ろうとして出来た物
もしくは研究の過程で誰かが作った
という推論はほぼ当りじゃないか

その情報を現地の諜報員から取得した米国は
免疫ができない新型肺炎の自国への感染を危惧し
全面的な渡航禁止と中国人の入国を止めた
まずはそんなとこだろうな
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日のつぶやき


posted by РМН at 16:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【これマジ?】夫への「復讐方法」歯ブラシで便器を掃除、犯罪にあたる可能性は・・・!?

【これマジ?】夫への「復讐方法」歯ブラシで便器を掃除、犯罪にあたる可能性は・・・!?

●体調不良→「傷害罪」に
歯ブラシによる便器掃除により、細菌やウイルスが歯ブラシに付着し、その結果、夫の体調が悪化した場合には、傷害罪(刑法204条)に該当する行為と考えられます。法定刑は15年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

●歯ブラシを「損壊」→器物損壊罪に
器物損壊罪(刑法261条)でいう「損壊」とは、判例上、「物質的に器物そのものの形体を変更または滅尽させる場合だけでなく、事実上または感情上その物を本来の目的に供することができない状態にさせる場合を含む」とされています。
したがって、歯ブラシで便器掃除を行う行為は、器物損壊罪にも該当する行為といえます。


「日本一制服が似合う女子」に兵庫県の高校2年生・三原羽衣さん「タイトスカートの制服が着たい」

 日本一制服が似合う男女を決めるコンテスト『第7回日本制服アワード』の授賞式が2日、原宿・ベルエポック美容専門学校で開催され、プロアマ不問の一般公募約3000人から選ばれた、“日本一制服の似合う女子”には、兵庫県出身の高校2年生・三原羽衣さんが選ばれた。

 『日本制服アワード』は、中高生に人気の制服ブランドCONOMiが主催する、イメージモデルのコンテスト。グランプリ・準グランプリに選ばれると、全国で20万部配布されるCONOMiカタログモデル、イメージモデルとして活動できる。

 過去の女子グランプリからは『手裏剣戦隊ニンニンジャー』(テレビ朝日)で、伊賀崎風花 / シロニンジャーに抜擢された矢野優花(第1回)、ミスセブンティーンに選出されたマーシュ彩(第2回)、乃木坂46に加入した中村麗乃(第3回)、『出川澤部の見知らぬ二人が人生交換したら〇〇がわかった』に日本の女子高生代表で出演した齊藤英里(第5回)らが輩出。ティーンタレントの登竜門ともなっている。

 第7回は全国から約3000人の小中高生から応募があり、審査の結果、グランプリ、準グランプリを含む、全23名の受賞者が決定。女性のグランプリには、兵庫県出身の高校2年・三原羽衣さんが選ばれた。

 昨年も同オーディションを受け協賛社の賞に輝いていたが、今年はダンスで動いて体型も絞って挑戦。晴れてグランプリを獲得。「昨年よりもいい賞を獲ることが出来て嬉しかったですし、大好きなランウェイを歩けて楽しかったです。グランプリの白いブレザーはあまり見たことがないものなので、可愛いなと思いました!」と喜びを露わにした。

 三原さんはTikTokでも注目されており「置き撮りといって、スマホを置いて、その前でダンスや手振りをしています」と、まさにイマドキの女子高生。韓国の音楽やファッションが好きだといい「CONOMiさんの最新の制服はタイトスカートで、韓国の高校生みたいで可愛いんです。もっと韓国系の制服を着たい」と夢を語った。
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“使えない中年社員”の特徴は? 人事関係者100人に聞いたリストラ予備軍の実態

“使えない中年社員”の特徴は? 人事関係者100人に聞いたリストラ予備軍の実態

 大企業を中心に、45歳以上に対してリストラの嵐が吹き荒れている。’19年の上場企業の早期退職者募集数は1万人を突破し、年内にリーマン・ショック直後の数を抜くとの予想も。余剰人員をはじき出したい会社と、しがみつきたい40〜50代社員たちの実態とは。

人事関係者100人が証言する我が社の「リストラ予備軍」の姿
「働きアリの法則」という言葉がある。集団のうち2割は一生懸命に働き、6割は普通に働き、残りの2割は怠ける――よく会社組織にも言われる法則だが、今はもはや最後の2割に入れば即「リストラ予備軍」になる時代かもしれない。  かつてのリストラは主に業績悪化⇒人件費削減という構図だった。しかし、現在進行形で進んでいるのは、業績がいいうちに“使えない社員”を切って組織を強化しようという動きだ。そして、そのターゲットになっているのが、人数が多く人件費が高い45歳以上だ。  SPA!本誌は今回「自社に45歳以上のリストラ予備軍がいる」と答えた人事担当者や管理職100人を対象にアンケートを実施。すると「自社のリストラ予備軍の特徴は?」(Q@)という質問に対し、最多だったのは「能力不足でまかせられる仕事がない」という意見だった。 「職級は高いが能力や意欲がイマイチで、取り扱いに困るベテラン社員が多くいる。特に役職定年後だと何をやらせれば有効活用できるのか微妙で、もともとは上司だったりするのでアンタッチャブルな存在になっている」(40歳・金融)

Q@ あなたの会社の「リストラ予備軍」の特徴は?(複数回答)
1位 能力不足でまかせられる仕事がない 50票
2位 就業中に何をしているかわからない 45票
3位 仕事の質に対して給料に割高感がある 39票
4位 目標未達や仕事上の手抜きが目立つ 33票
5位 これ以上出世できないのが公然の事実 28票
6位 職場でのネガティブ発言が多い 24票
7位 若手社員と思考にギャップがある 18票
8位 その人がいなくても仕事が進む 15票
9位 身だしなみに無頓着 9票
10位 キャリア研修などの対象になっている 6票
11位 本業よりも副業に精を出している 3票

対象/人事部署および管理職として勤める男女100人(調査期間:11月18〜21日) ===  
こんなベテラン社員はあなたの職場にもいるはず。人材育成支援企業代表の前川孝雄氏が話す。 「例えば大企業だと社内システムがネットワークですべて繫がっていて、勤怠管理や進捗管理、会議の運営なども全部ネットワークを通じて行われていたりします。使いこなせないと仕事そのものが成り立たないわけです」


リストラ予備軍が生まれる背景は?
 QAで「リストラ予備軍が生まれる背景は?」を聞いた結果でも、やはり「昔からの業務スキルが通用しなくなった」という意見が最多だった。 「今は産業構造が変わって昔の仕事のしかたが通じなくなり、ベテラン社員にとって武器だったはずの経験が、むしろ足かせになっています。大企業にはそんなバブル入社組が多く、これまで通りの退職勧奨では追いつかず、近年の大規模リストラに繫がっているんです」

QA あなたの会社で「リストラ予備軍」が生まれる背景は?(複数回答)
1位 昔からの業務スキルが通用しなくなった 42票
2位 問題社員を放置しがちな社風がある 38 票
3位 給料の高い40〜50代が多すぎる 31票
4位 会社の制度・体制が時代に合っていない 30票
5位 会社の事業や体制が変化した 23票
6位 社員のスキルアップの機会がない 20票
7位 ポスト不足で昇進させられない 17票
8位 合併や統廃合など経営に変化があった 13票
9位 外注や自動化など業務効率化が進んだ 11票
10位 IT化やAI導入で事業部がなくなった 10票
対象/人事部署および管理職として勤める男女100人(調査期間:11月18〜21日) ===
 
また、Q@の2位が「就業中に何をしているかわからない」だったように、戦力外社員たちは仕事すら振られず“社内失業”状態に陥る人も多い。特に中小企業だと大規模リストラをするほどの体力もなく、社内失業状態でも放置せざるを得ないのだろう。 「隣の席の50代社員は、操作方法がわからないのか、よくPCの前で固まっている」(43歳・金融) 「朝から退社するまで何をしているかわからず、誰も気にかけようとしていない」(32歳・メーカー)

OVER45リストラ回避術
社内失業状態で放置されている45歳以上の運命は…
 そんな社員が生まれてしまう裏には会社側の問題もある。人事コンサルタントの平康慶浩氏が話す。 「まず、多くの会社ではいまだに年功序列の給与体系で、40代が一番高くなる形に設計されています。そして、大半の会社では給料が下がる仕組みがない。だからパフォーマンスが低くてもほぼ年齢で給料が決まり、若手と比べてどうしても割高感が出ます。  それを変えたい人事は多いのですが、意思決定をするトップが従来のメンバーシップ型雇用を維持したいがために改革を先送りしてしまった。結果、逆にリストラせざるを得なくなっているのは大いなる矛盾です」  ただ、富士通が今年、上場企業で最多の2850人のリストラを行う一方で中途採用数を倍増させたように、人材の入れ替えの波は待ってはくれない。そのなかで「リストラの影」に怯えながらも会社に居続けようとする人はどのような心境なのだろうか。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ