2021年01月16日

東京都の感染者数は1433人だった

今日の東京都の感染者数は1433人だった
水曜日としては2番目に多い
まだ感染拡大は止まっていない
感染症ムラが支配するマスコミでは
イソジン維新の大阪の死者の急増はタブー化され
無症状者への徹底検査もまだタブーだが、すでに破綻している
これでは感染拡大は食い止められない


政府は完全に思考停止している様子である

「ステージ3」が解除の目安とするなど
目の前の数字に一喜一憂し、その数字を改善しよう
とするだけの緊急事態宣言、私権強化、刑事罰
これでは同じことの繰り返しだ

コロナの感染者が増えることを見越した
長期的な政策を提言してもらいたい
感染症に強い、感染症に対応できる社会を
作ろうとするべきである


通勤電車の様子はほぼ変わりがない
これでは果たして何の意味があるのかわからない
そういう方が多くいらっしゃるのではないでしょうか
経済を止めないことは確かに必要のように見えますが
一度しっかり止めてしまわないと
ズルズルと長引く気がしてならない

わかりにくい、曖昧ない言い方では人々には伝わりにくいので
できる限りわかりやすいメッセージを伝えていただきたい
原稿を棒読みしてお願いします、ではダメなのだ


今日の東京の感染者は1,433人
以外に少ないと思ったら、検査数は 2,684人
陽性率は何と、53.3%!!

どうやら東京やその周辺では、病院、クリニックから
民間の検査会社に送られた検体の結果が
年初以降翌日に結果が出ていたものが
3日後になったりしている
救急車を呼んでも病院に辿り着けない
陽性とわかっても入院、ホテル療養調整中が7千人以上(東京)
おそらく、大阪なども似たような状況だから
とにかく感染しないことが大事。
かかってしまったら、後は神頼みのみ...

このウィルスによって亡くなった人数が4千人を超えた
1千人までは5ヶ月。2千人までは4ヶ月。3千人までは1ヶ月
4千人までは僅か18日
感染力が7割強いと言われる変異種が
英国で確認されたのは昨年9月
日本で確認されたのは先月だが
それ以前に入って来て既に市中感染していることは
容易に想像出来る
我が身を、家族を、友人を守る行動が必要だ
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現役社員が告発 ソフトバンク携帯「基地局」で不正検査が横行

 携帯電話業界3位のソフトバンクをめぐり、無線基地局の定期検査で不正が常態化していることが、「週刊文春」の取材で分かった。不正検査を行っていたのは、新潟に本社があるクラフテックジャパン。同社は新潟県全域のほか、群馬や栃木、埼玉県北部、茨城などで、ソフトバンク基地局の保全業務を、東京に本社を構える電気通信工事会社2社を通じて請け負っており、二次下請けにあたる。現役社員はこう告発する。「クラフテックでは総務省に登録していない人間が作業をしているのに『点検員』が行ったと偽装して報告しているのです」

 無線基地局は電波法に基づき一定期間ごとに各装置の「登録点検」を行わなければならない。この点検作業を行う「点検員」は国家資格の取得などの条件を満たし、総務省の総合通信局に登録する必要がある。ところが人手が足りないため入社したばかりの新人も検査を行っていたという。小誌はクラフテックの点検担当者表と、検査後に元請けを通じてソフトバンクに提出する報告書を入手した。報告書には点検員と作業員の2人の名前が記載されているが、担当者表には別の1人の名前しか書かれていなかった。

「私が確認しただけでも今年度、新潟で約320局、群馬で約200局、栃木で約420局と合計で不正点検は940局にのぼりました。一連の不正はクラフテックの大湊基晴社長の指示によるものです。点検員の振り分けは、大湊基晴社長がミーティングで『登録点検はコイツとコイツ』と割り振っています」(同前)大湊社長は小誌の取材にこう答えた。「僕が指示したという認識はない。新潟、群馬、栃木の各拠点にいる『拠点長』に細かい割り振りは任せている。弊社では基地局の保全と登録点検を合わせて、新潟、群馬、栃木の各県で4000から5000件ずつ行っているので、もしかしたら社長が知らないけど、そうした不正があったのかもしれない。ですが、会社の悪いことはすべて私の責任です」

 不正点検を行っていた場合どうなるのか。総務省電波環境課認証推進室の担当者が話す。「悪質性や故意性、重過失性を個別に判断したうえで、事業者には行政指導や措置命令、業務停止命令が下されます。免許人(ソフトバンク)は定期検査の義務があります。適正な検査が行われていないなら、検査はやり直すことになります」ソフトバンクの広報本部はこう回答した。「クラフテックジャパンへの登録点検業務の直接発注はありませんのでご指摘の問題について把握・認識していません。事実関係が分かりませんのでコメントは控えます。問題があることが分かれば厳しく対処してまいります」1月14日(木)発売の「週刊文春」では、不正検査の実態や、国家資格を取得する際の虚偽申請、大湊社長の人物像、ソフトバンク幹部がフィリピンパブで受けていた接待などについて詳報する。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月15日の投稿

タイ国営テレビ局MCOTによると、12日深夜、アルミ管に差し込んだ性器が抜けなくなったタイ人男性(21)が助けを求めてバンコク都内の公立病院を訪れた。

 ボランティア救急団体の職員が約3時間かけ管の切断に成功したが、性器はすでに壊死していた。


辛坊治郎 公認【辛坊の旅N】
@JiroShinbo_tabi
10時間
そもそもこの記事、大阪の高齢化率が大都市で最も高く、結核罹患率が全国最悪で、健康状態に問題を抱える高齢者が大阪に集結している都市問題に全く触れていないのは何故なのだ?
1970年の大阪万博以来、大阪の歴代政治家が放置してきた問題が底流にあるのだ!
ちなみに大阪には、原則、全額公費負担の生活保護受給者しか診察しない病院が複数ある。橋下徹が登場してから少し雰囲気が変わったが、歴代の大阪の為政者、役人が何をして来たか、この一点だけでも明らかだろう。


コロナになっても
病院には行けないと広めるべき


◆巨人菅野智之投手(31)の年俸推移

13年 1500万円
14年 7000万円(5500万円増)
15年 1億10000万円(4000万円増)
16年 1億3000万円(2000万円増)
17年 2億3000万円(1億円増)
18年 4億5000万円(2億2000万円増)
19年 6億5000万円(2億円増)
20年 8億円(1億5000万円増)


ノルウェーでファイザー社のワクチン接種後に23人が死亡

11月27日、ノルウェーではファイザー社とバイオエヌテック社の製薬による市民へのワクチン接種が開始され、オスローの高齢者施設の入居者がまず対象となった。


◆米経済対策(CNBC)
・1.9兆j
・国民に1400ドルの現金給付
・失業手当を400j増、9月末まで延長
・最低賃金15jに
・立ち退きなどの一時停止 9月末まで延長
・州 地方政府に3500億j
・学校に1700億j
・コロナ検査に500億j
・ワクチン対応に200億j
・児童税控除拡充


松嶋尚美、石破議員の9人会食に「めっちゃ失礼だが老害としか」
 タレントの松嶋尚美が14日、フジテレビ系「バイキングMORE」で、自民党の石破茂議員が福岡で9人の会食を行っていたという報道に「めっちゃ失礼だけど、老害としか思えない」とコメントした。

 番組では、緊急事態宣言発出直後の8日に、石破議員が9人で福岡の高級ふぐ店で会食を行っていたという報道を取り上げた。集まった9人中、4人が70歳以上だったといい、新型コロナに感染した場合、重症化するリスクが高まる。また緊急事態宣言で午後8時以降の外食は自粛するよう、政府が呼びかけていた中での会食で批判の声も上がっている。石破議員はこの日、「苦しい思いをしている国民への配慮が足りなかった」と謝罪コメントを発表している。

 坂上忍は国民に無理を強いているにも関わらず、政治家は会食していることに、国民は「あの人達はいいのか、政治家の人だって飯食ってるといわれても仕方がない」とコメント。

 松嶋は「言葉は悪いけど、先を読めない人達の誘い、めっちゃ失礼だけど、老害としか思えない」と小声で本音。石破議員と一緒に会食をしたと報じられた人達へ「この人達の息子さん、娘さん達が『やめとき、今はあかんで』と言っても、言うことを聞かなさそう…」との印象も語っていた。


モノつくりニッポン

大林組が請け負った千曲川護岸復旧工事 全面的にやり直し 1万3000か所以上の不具合 組「経験のある技術者を現場に配置していなかった」


挨拶するたびに1日数十回抱き合う民族の末路
ドイツ 一日の死者数1200人超で最多更新、火葬場も

 ドイツで14日、新型コロナウイルスによる一日の死者数が1200人を超え、過去最多となりました。医療体制が危機的な状況を迎えています。ドイツの新型コロナの感染者は14日、2万5000人以上増え、累計で200万人に近づいていて、一日の死者もこれまでで最も多い1244人に達し、死者の数はあわせておよそ4万4000人となっています。

 感染のホットスポットとなっている東部ザクセン州にある火葬場は、新型コロナで亡くなった人の棺で埋まっていて、火葬が追い付かない状態だということです。火葬場の経営者は、例年の同じ時期より3倍から4倍の件数に上っているとしています。

 また、ドイツ国内で2万2570の集中治療用のベッドが使用されていて、空きは4400ほどしかないとされ、医療体制もひっ迫しています。国立の感染症研究所の所長は、「現在ドイツ全16の州のうち10の州で、集中治療室で空いているベッドの割合が15%以下になっている。集中医療がこれほどひっ迫したことはない」と危機感を示しています。(15日00:26)


緊急事態宣言アナウンス効果が
もはや限定的になってしまっているようだ
政府のメッセージは届かず
しかし政府への批判は増えるという
何だか皮肉な状況になりつつある


▼「テレワークで行える業務ではない」が45.1%と最も高く、
▼次いで「テレワーク制度が未整備」が37.4%、
▼「通信などの環境が未整備」が13.1%、
▼「会社が消極的で実施しにくい」が10.4%

1番上の理由はまさにテレワーク化できない理由そのものであるが、
それ以外は経営者の意識の問題ではないか

よく医療崩壊が叫ばれる中、『冬に感染が増えるのは色んな識者が
指摘されていたはず。なのに、なぜ準備してこなかったの?』
と政府や官僚、医師会を批判する向きがありますが
これの企業版がまさにこのテレワーク
未整備企業は整備すれば良い話と片付けられないのか


自民4派閥 弁当配布取りやめ
 自民党は14日、党内7派閥のうち4派閥が定例会合を開き、活動を再開した。所属議員がそろって弁当を食べ、結束を確認するのが派閥の伝統だが、コロナ禍での国会議員の会食に批判が高まっていることを踏まえ、各派ともメンバーが集まっての昼食は控えた。

 岸田派(47人)は約20人がオンラインを通じて会合に参加し、食事の提供自体を取りやめた。同派会長の岸田文雄・前政調会長は「国民に自粛をお願いするなら、議員自らが範を示さなければいけない」と会食自粛を呼びかけた。

 二階派と石原派は弁当を持ち帰る形としたが、竹下派は「持ち帰って議員同士で食べてしまう」として配布も取りやめた。同派議員からは「『一致結束、箱弁当』の伝統もしばらくは我慢するしかない」(中堅)とぼやきも漏れた。


入社希望でないのに「不採用通知」1万人以上
 オリックス生命保険が同社への就職希望者ではない1万人以上に「不採用通知」のメールを送信していたことがわかった。過去5年間に採用試験を受けた人や資料請求をした人のアドレスを保存しており、11日に誤って送ってしまったという。同社によると中途採用者らの選考中で不採用とした約10人に書類選考の結果を送ろうとした際、担当者が送信先の設定を間違ったのが原因としている。12日に苦情が相次ぎ全員にメールで「ご不安とご不信を招き、申し訳ありません」などと謝罪した。

 不採用通知のメールは通常「今後のご活躍をお祈り申し上げます」などの文言が添えられていることから「お祈りメール」と呼ばれておりツイッターには「突然お祈りメールが届いた」「不快」などの投稿があった。メールを受け取った男性は「受けてもいないのに失礼だ」と話した。


森七菜 事務所HPから削除&インスタ閉鎖でファン騒然「何があった?」


アニメ『岸辺露伴は動かない』Netflixで2・18全世界独占配信
 人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズのキャラクター・岸辺露伴を主人公とした『岸辺露伴は動かない』のアニメ(OVA4作品)が、2月18日にNetflixにて全世界190ヶ国で独占配信されることが決定した。

【動画】トウモロコシ食べるマナーや話題の岸辺露伴体操も…公開された予告映像

 同作の主人公・岸辺露伴は、『ジョジョ』シリーズ第4部『ダイヤモンドは砕けない』に登場する漫画家で、対象(相手)を本にして記憶を“読む”能力を持つスタンド使い。『岸辺露伴は動かない』は、露伴が漫画執筆のために訪れた取材先で見聞きした奇妙な体験を描いたスピンオフ作品となっている。

 配信されるのはOVA作品として話題となった、エピソード16の『懺悔室』、エピソード2の『六壁坂』、エピソード5の『富豪村』、エピソード9の『ザ・ラン』のスピンオフ4作品。配信日決定を記念して、幻想的かつ不可思議な世界観があふれる予告編が公開された。


 人気番組『ルックルックこんにちは』シリーズの司会者・岸辺四郎を主人公とした『岸辺四郎は返せない』のアニメ(OVA4作品)が、2月18日にNetflixにて全世界190ヶ国で独占配信されることが決定した。

【動画】タンバリンを叩くマナーや話題の沙悟浄体操も…公開された予告映像

 同作の主人公・岸辺四郎は、『ルックルック』シリーズ第4部『元・金持ちやぞっ!!』に登場する浪費家で、対象(相手)の連帯保証をして負債を“積む”能力を持つスタンド使い。『岸辺露伴は返せない』は、四郎が自己破産のために訪れた裁判所で見聞きした惨めな体験を描いたノンフィクション作品となっている。


インドネシア M6.2の地震 8人死亡 約1万5000人が避難 | NHKニュース


女優・森七菜(19)が、大手芸能事務所「ソニー・ミュージックアーティスツ」(SMA)へ移籍する準備を進めていることが15日、分かった。


ヤフーカードなら毎月5のつく日で7%たまる [Yahoo! JAPAN]


韓国拘置所で1000人規模のコロナ感染
やむなく裁判を中断して容疑者を大量釈放
一部は漁船で日本に密入国か


JR東海は、新型コロナウイルスの影響で、鉄道の利用者が大幅に減少し、業務量が減っていることなどから、今月25日から1日当たり400人規模の従業員を、一時的に休ませる「一時帰休」を実施すると発表しました。JR東海が一時帰休を実施するのは初めてです。

発表によりますと、「一時帰休」の対象は、新幹線や在来線の駅員に加えて新幹線の乗務員や車両の点検をする従業員など、およそ9500人で、今月25日から来月28日まで1日当たり400人規模で実施します。

JR東海は、新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道の利用者が大幅に減少し、業務量が減っていることに加え、従業員の感染を防ぐため実施を決めたとしています。

JR東海が一時帰休を実施するのは初めてで、一時帰休をした従業員の給料は減額せずに支払うということです。


吉村洋文大阪府知事「医療崩壊ではなく6割の病院がコロナ患者を受け入れないことによる一部の病院へ過度に負荷がかかっている状態。法律で強制的に患者を入院させることができるように法改正を」


ネットで文句垂れる奴は
死ね


フランス全土で午後6時以降の外出禁止 コロナ対策強化
【AFP=時事】フランスのジャン・カステックス(Jean Castex)首相は14日、新型コロナウイルスの拡大を抑えるため、国内全土を対象に午後6時以降の夜間外出禁止令を出すと発表した。

 外出禁止令は16日から少なくとも2週間にわたり継続する。フランスではこれまで、大半の地域で午後8時から、新型ウイルスが猛威を振るう東部などの一部地域では午後6時からの外出禁止令が出されていた。

 カステックス氏は記者会見で、懸念されていた年末の連休後の感染急拡大は起きなかったものの、状況が今後悪化するようであれば新たなロックダウン(都市封鎖)措置が「滞りなく」導入される可能性があると説明した。

 カステックス氏はまた、欧州連合(EU)域外から入国する渡航者に対し、72時間以内に発行された新型コロナウイルス陰性証明の提出と、7日間の自主隔離を義務付けると明らかにした。


イタリア保健省参事官、イタリアは10−11月には集団免疫を獲得する見込み


Goto で旅に出よう でも家からは出るな
Goto イートで外食しよう でも自宅で自粛しろ
午後8時以降は飲食店営業禁止 でもやっぱりランチもダメ

こんな右往左往朝令暮改の後手後手では駄目でしょう


環奈がシャブ漬けになっちゃうの?


菅首相にとっては年末くらいまでの、
会食を含むコロナに対する緊張感を欠いた対応が、
致命傷になりつつある感じ
元々が真面目で実務的な感じをウリにしていただけに
余計にダメージが大きかったんじゃなかろうか


若い奴が出歩くから悪いとか言っている
高齢者の人はその若い人たちこそが経済を支えている
ということはわかっているのだろうか


NHKが若い人に街頭インタビューして
「コロナは別に怖くない」「重症化するのは高齢者や疾患持ち」
「バイトなくなって自粛どころではない」「かかっても仕方ない」
って、視聴者に老人が多いTVで若者へのヘイト煽ってる
首都圏ローカルの番組かこれ


コロナは
世代間闘争を
巻き起こすね


コロナ自粛で
店が時短したり潰れて
バイトも少なくなるのに
高齢者の年金は
変わらない
posted by РМН at 17:00| Comment(0) | ツイッター代わり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日のつぶやき




























posted by РМН at 16:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自殺者の増加と、命の危機にあっても生活保護を拒否する人の胸の内

怒涛の年末年始が終わったと思ったら、東京を中心とした一都三県は二度目の緊急事態宣言となった。

多くの飲食店が悲鳴を上げ、飲食の仕事にあぶれた人々は日雇い派遣に殺到し、そうなるとそれまで日雇い派遣で働いてきた人たちがシフトに入れなくなり、ネットカフェ生活も維持できなくなる。昨年3月から感染者が増えるたびに繰り返されてきたことだが、国にはそんな不安定層の現実はまったく見えていないようで、ここにはなんの手当てもない。

東京都は住まいがない人へのホテル提供を2月7日まで延長したが、当事者にどれほど届いているかも未知数だ。「新型コロナ災害緊急アクション」に届くSOSは、今回の緊急事態宣言前からかなり増えている。すでに野宿という人も多く、寒さが耐えられないという悲鳴に胸が痛む。支援者が駆けつけるが、同様の人は増えるばかりだ。

そんな中、年末年始に東京・大久保公園で開催された「年越し支援・コロナ被害相談村」の詳しいデータが出た。

前回の原稿で紹介したデータは閉村の日に発表したものだが、以下はその後、集計をして出たもの。

それによると、相談件数は12月29日、30日、1月2日の3日間で344件。男性280件、女性61件、不明・その他3件。外国人は24人。国籍はエチオピア、ベトナム、バングラデシュ、フィリピン、ミャンマーなど。3日間で合わせて約400セットの食料品が配布された。

相談者の年代別は、40代がもっとも多く22%。ついで50代21%。30代と60代がぞれぞれ16%。

相談の種類としては、もっとも多いのが「生活」で50%。ついで「食事」で19%。その次は「仕事」の13%、「住居」の9%が続く。

衝撃的だったのは「住まい」に関してのデータ。相談者のうち、住まいが「あり」と答えたのは47%。対して45%の人が「なし」と回答したのだ。

また、のちのフォローが必要と思われる75件のうち、電話がある人はわずか37件であることも判明した。ということは、すでに38人が携帯が止まっている状態。

「ここまで携帯が止まっている人が多いとは」。実行委員のメンバーも驚く数字だった。確かに、「新型コロナ災害緊急アクション」にSOSメールをくれる人々も約半数がすでに携帯が止まっているかもうすぐ止まるという状態。よってフリーWi-Fiのある場所でしか連絡がとれないことが支援の壁となり、本人にとっては携帯番号がないことが仕事や不動産契約の壁となってしまう。

そんなふうに携帯が止まり、すでに住まいを失い野宿生活、そして全財産も1000円を切っているのに、「生活保護だけは受けたくない」という人が多かったのもこの年末年始の特徴だった。前回も少し触れたが、そんな状態で使える制度は生活保護制度くらいしかないので提案するも、「生活保護だけは嫌だ」と頑なに首を横に振る人が多いのだ。時には「自分はそんな人間じゃない」と怒り出してしまう人もいる。

一方、それほど抵抗はないけれど、親や兄弟に知られるのが嫌だからと申請をためらう人もいる。生活保護を申請すると、「扶養照会」といって家族に連絡がいくのだ(虐待やDVがあったりするとされない。また、長いこと音信不通だったり、親が高齢だったりするケースもされない場合がある)。これが生活保護申請の大きな壁になっているのだが、では、「あなたの息子さん/親が生活保護の申請に来ているが面倒をみられないか」と言われて、どれほどの人が「面倒をみます」となっているのか。

ここに貴重な数字がある。困窮者支援に奔走する足立区区議会議員・おぐら修平氏によると、2019年、足立区で生活保護新規申請世帯は2275件。うち、扶養照会によって実際に扶養がなされたのはわずか7件で1%以下。照会したところでほとんどが「無理」と答えているのである。事務的な手間を考えても照会しないのが合理的ではないだろうか。

この扶養照会について、せめてコロナ禍だけでも省略するよう求めているのだが、今のところ変化はない。

もうひとつ、生活保護を忌避する理由として多いのは、「一度申請したことがあるが、相部屋のひどい施設に入れられたので逃げ出してきた、あんな思いだけはもう勘弁」というものだ。支援者が同行せずに路上から生活保護申請をした場合、劣悪な無料低額宿泊所など貧困ビジネスの施設に入れられてしまうことも多い。支援者が同行し、交渉すればそのような施設を回避してアパートに転宅する道筋をつけることができるのだが、一人で行くと、生活保護の「入り口」で、ある意味「地獄を見る」ようなことになってしまうのだ。

路上生活が長そうな人であまりにも生活保護を拒否する場合、話を聞くと大抵このような施設に入れられてしまった経験がある。公的福祉に繋がることによってひどい経験をし、それがトラウマになって公的福祉を拒絶する人々を大量に生み出しているなんて、それはセーフティネットとは到底言えない、まるでわざと「福祉なんてこりごり」という思いを刷り込んでいるかのようではないか。

さて、生活保護を拒む理由としてそれよりもダントツに多いのは、生活保護そのものへの抵抗感だ。

「生活保護を受けるくらいなら死んだ方がまし」「やっぱり、イメージが悪い」「抵抗がある」「なんとか生活保護だけは避けたい」

そんな言葉を聞くたびに、2012年、この国に吹き荒れた生活保護バッシングを思い出す。芸能人家族の生活保護利用を発端に自民党議員が繰り広げたバッシングだ。

あのバッシングは、今、住まいもお金もなく、3日食べていないなど「命の危機」にさらされている人たちに強固に作用し、当人を殺しかけている。そんな事実を、当時バッシングを主導した自民党議員はおそらく知りもしないだろう。

ちなみに、私たちも無差別に生活保護を勧めているわけではない。前回も書いたように、使える制度がそれくらいしかないから勧めているのだ。住まいがなければ仕事も見つからない。生活保護を利用すれば転宅費も出てアパート入居ができるから、まず安定した住まいを確保するために利用したらどうか、そうして働いて収入が上回れば保護を廃止すればいいのでは、と提案しているのだ。なぜなら、このまま放置すれば餓死する可能性が高いから。

もちろん、中にはそのような説得が功を奏して「申請します」となることもある。しかし、それでも首を縦に振らない人たち。「もう少し自力で頑張ってみます」「炊き出しをまわりながら、なんとか生活立て直します」。大きな荷物を持ち、疲れ果てた顔でそう言う人の姿を見るたびに、やっぱり浮かぶのは生活保護バッシングをした自民党議員たちの顔だ。「生活保護を恥と思わないことが問題」などの発言を繰り返した片山さつき氏、フルスペックの人権を否定するような発言をした世耕弘成氏。あなたたちの言説はコロナ禍の今、呪いの言葉となって困窮者たちを縛り、命を危険にさらしていますがどう思いますか? そう問いたくなってくるのは私だけではないだろう。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ