2011年08月28日

共産党の日刊機関紙「しんぶん赤旗」が存続の危機に立たされている。

共産党の日刊機関紙「しんぶん赤旗」が存続の危機に立たされている。党勢の低迷で
読者数が激減し、年間20億円を超す赤字状態に陥った。政党助成金の受け取りを
拒否する同党は、収入の大半を機関紙の売り上げに頼っており、9月1日から月の
購読料の500円値上げに踏み切る。

 同党は7月の第3回中央委員会総会で「日刊紙が大きな経営的困難を抱え、発行を
続けることが危うくなっている」と公表。志位和夫委員長が「危機打開のため500円
値上げという措置に理解と協力を」と訴えた。値上げは2000年以来で月3400円になる。


蟹工船ブームで共産党員&赤旗購入者が激増したなんて
大嘘だったわけだなwww


共産党の牙城と言われた京都でも、選挙カーから降りてくる選挙運動員は
じいさん、ばあさんしかいない。

しかも、よく聞くと夫婦で退職教師とか退職公務員とか、悠々自適の
プチブルジョアばかりw

そりゃ、没落するのも当然だ。


>9月1日から月の 購読料の500円値上げに踏み切る。

増税や値上げする大企業を、こけ下ろしてきた赤旗が、値上げするとは。
今後、値上げネタは、記載出来ないね。


・収入 【機関紙・書籍等】 214億1135万円
・支出 【機関紙・宣伝等事業費】 160億8270万円

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-12-01/2010120104_01_1.html

(´・ω・`)なんで儲けてるのに値上げすんの?


共産党が政党助成金も貰わんで代々木に立派なビルまで建てちゃったのって
赤旗のすごい収益のおかげと言われてたが、その赤旗が赤字とはねぇ。
まあ共産主義のプロパガンダ紙が21世紀の今日まで利益出してたって方が
不思議かな。


共産党 おそらく党運営費かなりきついんじゃあ
人件費やなにやら、この不景気の最中、他の政党ですら
相当逼迫してるのに共産党だけがウハウハちゅうことはないだろう


共産党風に言えば
共産幹部が貰い過ぎなんじゃない
あと自社ビルが豪華すぎとか
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ