2012年02月28日

禁止されている国からの資金援助やダンピングを重ねて

禁止されている国からの資金援助やダンピングを重ねて今の地位を得たサムスンやLGなどの韓国企業は、各国から「正常な競争ができない」と非難の的になっています。日本でも売られているスマートフォンのギャラクシーなどは「売れば売るだけ赤字」というダンピングでシェアを拡大しているのです。つまり、日本人が韓国企業の製品を買えば買うだけ日本企業が疲弊し、景気が悪化すると言う悪循環なのです。しかも、韓国企業は「あたかも日本製品として売る」ので、米国などでは「サムスンは日本企業」だと思っている人が大半です。つまり、「日本製品の信用度を掠め取り、不当なダンピングで商売をしている」のです。赤字分は政府からの援助金や為替バブルで穴埋めしていたので、痛くもかゆくも無かったのです。米国ではダンピング調査に乗り出しています。



>日本人が韓国企業の製品を買えば買うだけ日本企業が疲弊

それが
どうしたの
そんな事なら
ユニクロだって似たようなもんでしょ 笑
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ