2012年05月30日

原発稼動キャンペーンの一環か

関西電力は28日、和歌山県海南市にある石油火力の海南発電所3号機
(出力60万キロワット)から蒸気が漏れ、停止したと発表した。
管内の電力需給は安定しており、停止による電力不足は生じないという。

関電によると、27日午後8時10分ごろ、巡回中の作業員が配管付近で
水漏れを見つけ、翌28日午前0時過ぎに運転を停止した。配管からの
蒸気漏れが確認されたため、修理する。3号機は4月にも別の配管が損傷して、
6日間停止した。

28日の電力使用率はピーク時(午後1時台)で88%と予想。約260万
キロワットの余裕があるという。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ