2012年06月29日

小澤の役者ぶりに谷垣がまた引っ掛かったって事だね。

743 :闇の声:2012/06/26(火) 23:02:43 呆れたと言うか、まあ驚いたと言うか・・・結果的には野田と小澤の
役者ぶりに谷垣がまた引っ掛かったって事だね。
これで代表選まで消費税の決着を延ばせるだろう。
輿石がなかなかサインをしなかった理由、そして三党協議の責任者に
長妻を持ってきた理由、そして懇談会だか何だかの仕切りを前原に押し付けた理由・・・
前原と長妻、そして岡田・・・こいつら捨て駒だったって事だろ。
野田はこの三人を切って、恐らく代表選で敗れて一旦は退く。
しかしそれはある意味復活の途を切らない形での撤退であり、小澤との談合政治の結果と言える。
前にも書いた様に、野田は一旦は小澤に代表の座を譲るんだろう。
ただ選挙があるから選挙管理内閣的な色合いが強まるので、中間派から誰かを持って来て総理をやらせる。
前にも書いたが馬淵あたりが適任だろう。
党を割ろうが割るまいが、小澤にキャスティングボードを握られた格好であり、反消費税と公務員制度改革を
柱とした第三極を交えた連立政権が総選挙後に発足するんだろうね。
そこでまたマニフェストを守るの守らないの始まるんだろうが、予算執行権と陳情の窓口を一本化すれば小澤は
満足する・・・誰が総理をやろうが関係ない。
この三年間ぐるぐる回りをして時間だけが経過したが、それと同じ事がまた続くだろう。
先行きを見据えた反消費税ではなく、取り敢えずの・・・政局の為の反消費税だから当然政策も付け焼刃だ。
それでも自民党よりはましだと国民は感じるだろうから、まあ目出度し目出度しで政治は滅茶苦茶な素人政治になるよ。

747 :闇の声:2012/06/26(火) 23:15:54 今日の結果は自民党の大敗北だ。
国民の目にはただ消費税を上げたい自民党としか映っていない。
しかも政権亡者の自民党と言う印象も呼び起こしてしまった・・・
結果的に選挙をやっても全く議席回復は望めないだろう。
テレビでひたすら民主批判をやっても党内論議を尽くすのが民主主義だと刎ね付けられる。
三党合意は崩れた訳だが、法案を通してほしければ頭下げて頼みに来いってのが輿石の考えだろう。
滅茶苦茶な党運営と言う煙幕で全てを煙に巻いてしまった民主党・・・しかし、国民が望んだのは
飽く迄反自民であり、その結果は民主党のダメさ加減を伴っているとはいえ、消費税増税案が通らない可能性を
遺した・・・と言うか通さないんじゃないかと言う芽を残した事で、小澤はさすがだになるんだろう。
小澤の正体を知らないからそう言う事が罷り通ってしまう訳だ。
任期満了まで行って自民党は橋下と小澤のサンドイッチ攻撃で消えて無くなるよ。


今日も朝から
創価学会を一生懸命
まるで仕事の様に
擁護してたし 笑
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ