2013年08月26日

エイベックス社長・松浦勝人氏に薬物使用疑惑

エイベックス社長・松浦勝人氏に薬物使用疑惑

松浦氏の薬物使用疑惑と、派手な“女性交遊”生活について、本日(8月21日)発売の
週刊文春(文藝春秋/8月29日号)が報じている。

同誌記事によれば、松浦氏が以前住んでいた南青山の地上3階・地下1階の大豪邸で頻繁にパーティが開催され、
松浦氏はいつも地下1階のダンスクラブで酒を飲むと2階のベッドルームの女性を連れ込み、
行為が終ると部屋の外に置かれた特等席のソファで大麻を吸うのがパターンだったと語る、
元パーティー常連の証言が紹介されている。

また、「松浦さんが常習的に大麻を吸っていることは社内では有名でした」という元エイベックス社員
の証言のほか、松浦氏が以前所有していた“秘密クラブ”で、当時小室哲哉と破局したショックのせいか、
薬物服用で完全に酔った状態でフラフラと全裸で徘徊する華原朋美を、松浦が指差しながら
「小室の彼女をヤッてやったぜ」と自慢する姿を目撃したという衝撃的な証言まで掲載されている。


創業25年を迎えた今年3月の決算で、売り上げ・営業利益ともに過去最高益を達成した大手レコード会社・エイベックスだが、同社の松浦勝人社長の決して表沙汰にはならない女とクスリの“履歴”について、「週刊文春」(文芸春秋)8月29日号が報じている。

 同誌によると、かつて松浦氏は都内のプライベートバーや、音楽プロデューサー・小室哲哉が全盛期に借りていた都内の高級マンション、さらには以前住んでいた都心にある地上3階、地下1階の大豪邸で大麻を吸い、女性を連れ込んでセックスに及ぶ“ドラッグパーティー”を頻繁に行っており、大麻とコカインを常習していたそうだ。さらには、MDMA(合成麻薬)も好きで、懇意にしているヤクザに調達を頼んでいたという。

 松浦氏の素行は同社内でも問題視され、2004年には当時会長だった依田巽氏が松浦氏の素行を徹底的に調査しようとしたところ、アーティストを味方につけた松浦氏がクーデターを起こし、依田氏を会社から放逐。当時は専務だった松浦氏が、自らが社長のイスに座ってしまったというのだ。

「以前は常にラリったような状態で、顔もむくんでいた。そんな状態で浴びるように酒を飲むものだから、泥酔を通り越して昏睡状態に。飲んだ後は側近が抱きかかえて自宅に搬送していたので、業務に多大なる悪影響を及ぼしていたそうです。最近は顔のむくみも以前よりはマシになったようなので、量を減らしているのでは」(レコード会社関係者)

 同誌では同社の看板アーティスト・浜崎あゆみと共に歩んだ半生についても触れている。浜崎は、福岡から上京した売れないアイドルだったが、松浦氏は「ルックスが完璧」と夢中になり、1998年にデビューさせ社運をかけて売り出したところ、大ブレーク。松浦氏は周囲に「俺のオンナ」と吹聴し、同誌には松浦氏の腕に浜崎が絡みつく写真も掲載されている。


疑惑やなしに
常習犯やろ
しょっぴけ


浜崎あゆみ 他 「女とクスリ」 エイベックス社長 松浦勝人 文春 本日発売画像
http://ch-2.biz/img/news_887.jpg
<内容(一部のみ)>
・松浦勝人のプライベート・バー(呼称「並木橋」)(現在は閉鎖)は渋谷区東にあった
・通称”並木橋”は東京で最もセレブが集まる秘密クラブだった
・華原朋美 は以前 ”並木橋”内で全裸徘徊していた
・「小室の彼女をヤッてやったぜ」(松浦 と 千葉(エイベックス・グループ・ホールディングス副社長))
・音楽業界では 松浦勝人と浜崎あゆみ が恋人同士だったことは公然の秘密
・浜崎あゆみ はかつて中洲のクラブで働いていた、当時 松浦氏以外の男性とも二股交際
<全盛期 小室哲哉のシークレット・パーティ>
・常連:TRF globe 安室奈美恵 浜崎あゆみ 華原朋美 HIRO(EXILE) 〜etc〜
・場所:小室が借りていた 港区芝 にある高級マンション内
・「小室さんはいつもラリっていましたね」(パーティの常連)
<安室奈美恵 と SAM との結婚>
・小室哲哉のシークレット・パーティ がきっかけ
・バスルーム内で半裸の安室を羽交い絞めにしているSAMが目撃される
・後に安室 と SAM は”できちゃった結婚”
<hitomi>
・エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役CSO 千葉龍平 の愛人だった
<ドラッグ 薬物>
・松浦勝人 は 大麻 コカイン MDMAなどを常習 / ・”専務”当時 松浦勝人 は社内でも大麻のようなものを吸引
<沢尻エリカ>
・「松浦さんと一緒にハーブ(のようなもの)を吸った」(avex側は事実無根と否定)
<松浦勝人 語録>
・「金は腐るほどある」「女にも不自由したことがない」
・(自分のことを)「暴走族上がりの不良」
・「かかってこい。俺がぶっつぶしてやる」(松浦氏の口癖)
・「ふざけんな。なめんじゃねぇぞ」(松浦氏の口癖)
・「ヤクザだって警察だって、どうにでもなる」(屈強なボディガード帯同)


関東連合

90年代にエイベックスがクラブイベントのセキュリティから運営で雇う
ここで芸能界と接点
そして
バーニング周防がボディガードで雇う
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ