2013年12月31日

世界を敵に回した安倍総理靖国参拝

世界を敵に回した安倍総理靖国参拝
安倍総理の靖国参拝は、世界中から非難を受けており、国連事務総長(韓国人)も当然のように非難をしています。
EUからも批判を受けており、中国は批判のレベルを一段と引き上げ、昨日は副首相級(外交担当)である楊国務委員が以下のような強烈な声明を出してきています。


「誤りを認めて正し、実際の行動で劣悪な影響を取り除くべきである」。
「さもなくば、アジアの隣国と国際社会の信用をさらになくし、歴史の舞台の徹底した敗北者になるだろう」

この発言で注目すべき点は「国際社会の信用を更になくし」という点です。
現在も信用を無くしている中、一段と信用をなくすであろう、と指摘している点です。

これは裏を返せば、中国はそのように仕向けるという意味であり、尖閣問題は争いがありますが、靖国問題は、日本が問題を惹起させた訳であり、中国としては、非常にやりやすいとなります。

別ブログでも指摘しましたが、クリスマス明け直後にこのような大問題を引き起こした安倍総理への非難は
今後益々高まり、世界各国は「日本は常識を知らない国になった」という判断をしかねません。

今は株をあげて表面的に日本経済は持ち直しているように見せており、その仕上げとして、安倍総理は明日の大納会に参加するとのことであり、明日は朝から公的資金等が買いまくり、上昇させて自画自賛をするのでしょうが、世界から安倍総理を見る目は、極めて冷めた目になってきており、危険人物をして世界が判断すれば、
日本は世界で孤立し、ABCD包囲網が再度出来上がることになり兼ねません。

既に日米防衛大臣電話会談がアメリカ側からキャンセルされており、アメリカの怒りが如何にひどいかわかります。

物事はタイミングが一番だと言われますが、今回の靖国参拝は行く時期を誤ったと言えます。


靖国参拝で安倍内閣支持率が51%→82.1%に
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ