2014年02月10日

2月8日の新聞記事の中

きょう2月8日の新聞記事の中で私が一番衝撃を持って受け止めたのは毎日新聞のこの記事である。すなわち財務省は7日、国民の所得に占める税金や社会保険料の割合を示す国民負担率が、2014年度には前年度比1.0%増の41.6%となり、過去最高を更新するという記事だ。さらに、どういう定義なのかは分からないが「潜在的国民負担率」は51.9%となる見込みだという。このような数字で示されると、あらためて可視化できるのだが、私が毎年確定申告をする際の実感としては、これ以上の重い、腹立たしい実感がある。しかも安倍政権になってますます税負担と社会保険料、介護負担が増え、その一方で年金は削減された上に、未納者を処罰してまで取り立てるようになった。その一方で政治家や官僚による税金の無駄遣いと不平等、不合理な配分はとどまるところを知らない。おそらく安倍政権の最大の問題は、の税と社会保障の一体改革の反国民性にあるのではないか。この毎日新聞の記事を各紙は一面トップで大きく取り上げるべきだ。原発再稼働や歴史認識のあまりのひどさに目を奪われがちだが、安倍政権の最大の問題は、株価に踊らされている間に国民窮乏化政策どんどんと進んでいることではないか。このような日本になるとはあの高度成長を謳歌していた日本からは想像できないことだ。すべてはこの国の政治家と官僚の失策の積み重ねである。


やあ
(=^ω^)ノ
まったく雪が降らず


反則じゃ
スケベ顔


マイカーは
スタッドレスのタイヤを
履いているのに
(=^ω^)ノ
残念


どれ
泥棒してくるか
晩飯代かせがんと
ほな


雪が降るなんて
どんだけ裏日本
(=^ω^)ノ
なんだよ


朝4時頃みたら薄っすら雪化粧でも1cm位だった
朝9時頃3cmそれから小降り、これなら大丈夫とおもい。
寒いので遮光式カーテンを閉めていたので外の景色全然見ていなかった
今、外をみたらびっくり。12cm位積っている。


大阪の姉妹都市
足立区で停電
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ