2014年02月20日

原発停止で燃料輸入が増えたせい?貿易赤字の本当の原因と、その対策

1月30日、財務省は2013年の輸出確報・輸入速報を公表した。それによると、輸出は69兆7868億円、輸入が81兆2671億円で、差し引き11兆4803億円の大幅な貿易赤字となった。

わが国では貿易赤字について、「原子力発電所が停まっているのだから、鉱物性燃料の輸入が増えて赤字になるのは仕方がない」といった一種の楽観論(?)が幅を利かしているように見受けられる。しかし、本当にそうなのだろうか。貿易赤字の内容をチェックしてみよう。

◇全原発停止による押し上げ効果は4兆円程度

まず、過去10年間の貿易収支の推移をながめてみよう。

輸出のピークは2007年の83兆9314億円、これに対して輸入のピークは昨年で差し引きの赤字幅も昨年の11兆4803億円が過去最大となった。3年連続の釣瓶落としの状況である。このうち、全原発停止による鉱物性燃料の輸入価額の押し上げ効果は、どのくらいあるのだろうか。

新聞報道(2013.12.18日経Web刊)によると、実は「年間で4兆円程度」(SMBC日興証券の宮前シニアエコノミスト)ということのようだから、仮に原発が再稼働しても、わが国の貿易赤字は11兆円の赤字が7兆円の赤字に減るだけで、史上最高の赤字であることに変わりはない10+ 件。

むしろ、昨年1年では、為替が21.8%も円安に振れているので、原発停止よりも円安効果の方が貿易赤字に与える影響ははるかに大きいことがよく分かる。2012年の輸入価額70兆6886億円を全てドル建てとみなして単純計算すると、21.8%円安になれば、それだけで15兆円ほど赤字が膨れ上がることになる(実際には約11兆円の赤字の増加)。

これに対して、輸出は大幅な円安にも係らず金額ベースで9.5%しか増えておらず、また数量指数では▲1.5%と3年連続の減少となっている。昔のように円安はそれほどの輸出増には繋がらなくなっているのだ。それはなぜだろうか。


【悲報】 日本のGDP成長率、事前予想の半分以下である0.3% アベノミクス大失敗



仮に原発が再稼働しても、わが国の貿易赤字は11兆円の赤字が7兆円の赤字に
減るだけで、史上最高の赤字であることに変わりはない



   ._( ´・ω・)_      親戚の女子中学生に嫌らしい目線をしてしまったせいか 出禁になっている
Y⌒Y|≡(    )≡|Y⌒Y
 ̄l ̄`┳`J─J┳  ̄| ̄
 ̄ ̄.., ,..  ...,. .,..  ̄ ̄,..


【アベノミクス】首都圏で野菜高騰
アベノミクスの影響により、ネギやニンジンなど野菜価格が値上がりしている。アベノミクスで出荷量が激減したことなどが原因で、アベノミクス前に比べ2〜4割ほど上昇した。


駆け込み需要どうなったんだよ
野次馬 (2014年2月18日 02:17) | コメント(8)

アベノミクス、大失敗決定です。GDP成長率が予想の半分。駆け込み需要も期待したほどではないし、いくら円安にしても輸出は増えず、輸入赤字が嵩むだけ。特に、円安は物価高をもたらす。いくら物価が上がっても、景気が良くてあがるわけじゃないので、給料は上がらない。おいら、前から何度も書いているんだが、日本はナニをやっても駄目です。景気なんか、永遠に回復しない。人口が減っていく国の定めだ。人口減に歯止めがかからない以上、何をやっても無駄。細川さんがいい事言ってたじゃん。「脱成長」w 思い切って若者にカネをまわす気がないんだったら、「脱成長」しかないです。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ