2014年06月13日

「加齢臭も好き!」おじさんにときめく″枯れ専女子″急増!座談会でわかった年配男子のモテ力

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

20〜30代の女性の間で「枯れ専女子」が急増しているという。

「枯れ専」とは、読んで字のごとく枯れはじめた「年いった男」にときめくこと。

彼女たちはなぜ、若い人ではなく年配男性に魅力を感じるのか?「枯れ専」になったきっかけは? もう少し突っ込んだところを知るため「自称・枯れ専」女子4人に集まってもらい、座談会を催すことにした。

集まってくれたのは、以下4名。

A子→オタ系女子。疲れたおじさんが可愛いと思ってる。(28歳)
K子→キリッと系女子。枯れ専とまではいかないが、おじさんにときめく。(23歳)
N子→肉食系女子。余裕のあるオシャレなおじ様が大好き。(32歳)
M子→ロック系女子。声フェチで、おじさん声優にときめく。(28歳)

――まずは率直に聞いていいですか? なぜ、おじさんに惹かれるのですか? きっかけは?

A子「私はおじさんの中でもほんとに”枯れてる系”が好きなんです。たとえば中井貴一さん……」

――ドラマの『最後から二番目の恋』とかがきっかけになっていたりしますか?

A子「そこからでもないですが『最後から二番目の恋』はすごく好きでした。鎌倉でイベントがあり、友だちを連れてナマ貴一を見に行ったりしました、しかも最前列(笑)。癒されるんですよね。人生を積み重ねてきた”哀愁”とかがすごく好きで、この人いろんな経験をして、いまこの姿なんだなと思うとキュンキュンきます。私はファザコン気があって、そこからかなとも思います」

――経験して、何か超越した感じの人が好きですか?

A子「そうですね、だからバツイチとかは惹かれる!」

――みなさんおじさん好きで、バツイチとか大丈夫ですか?

全員「大丈夫です」

M子「私はかっこいいことを知っている、でも遊びは終わったおじさんが好きなの」

全員「あ〜」(深くうなずく)

――20代の男子よりも遊んでいる40代、50代のほうが断然、魅力的ということですか?

M「同じ”遊んでいる”でも若い子が遊んでいるのと、おじさんが遊んでいるのと
全然違う感じです。おじさんに遊ばれたい…」

全員「あ〜わかる〜(笑)」

――ちなみにおじさんにどんな遊ばれ方したらキュンときますか?

M子「私の体験でいうと前に仕事で前いやなことがあって……

「メールこんなの送られちゃいました」と上司に報告したら、

「いま、お前どこにいんの?」
「池袋です」
「●●の通りまで来いよ」と言われて…

その場所に行ったら上司がタクシーでバーッと乗り付けて、ご飯食べに連れていってくれて。聞くと大事な飲み会のところを抜けだしてきてくれたみたいで……。1時間ぐらいご飯一緒に食べた後「ちょっと俺戻んないといけないんで」と去っていきました」

A子「え〜かっこいい!そういうのが大人の醍醐味」

K子「そういったエピソードがおじさんになればなるほど、無理がない。若いと「こういうのかっこいい」ってがんばってやってるように見えるけど、おじさんの場合、ちゃんとそれを経験から行動に出していて素直にステキだな、と思える。「タクシーで駆けつける」というのが、またいい」

M子「全然無理がないっていうか、普段タクシーで移動してるんだろうな、って感じなんですよね」

A子「扱いに慣れてる(笑)」

――N子さんはどうですか?

N子「私は弟がいて、若い子ってみんな弟っぽく見えちゃうっていうか」

――同年代でも?

N子「同年代だと話している内容が幼いというか、なんか考えが浅いなと思ってしまう部分があって……。先輩とか年上の男性とか話したりするほうが経験から教えてもらえることが多いし、自分に得るものが大きいと思うようになりました」

――おでかけするのも年上の人が増えたって感じですか?

N子「そうでもないですが、たまに前の会社の部長とか、取引先のえらい人とかとご飯に行くのですが、現実的な視点からいろんなことを教えてくれたりしますね」

――キャリア的にもリスペクトできる人が多いですか?

N子「そうですね、そういう人と一緒にいるほうが楽しいと感じます」

――そういったおじさんたちにキュンときた、ステキだなと思ったエピソードはあります?

N子「こちらに気を使わせることなく、お会計をさらっとすませて帰ったりしたこと(笑)」

――おじさん嗜好、年上嗜好は最初からあったんですか?

M子「その年ごとで、年上が好き、みたいなものはありました。小学生の時に高校生が大人で魅力的に見えたり……」

A子「私も中高生の時は30代でも十分魅力を感じてて、自分の年齢が上がっていくにつれて”30歳、若すぎるよ”といった感じになりました」

――みなさんやっぱり年齢で言えばいちばん魅力を感じるのは40代?50代?

A子「私、けっこう50代ぐらいがいいかな」

M子「40歳超えて、あっそうなんだ、って意識するみたいな」

――30代はじゃあ違う?

M子「30をきゃあきゃあ言うと、もうリアルで……」

全員「そうそう(笑)」

A子「30代中盤でもちょっと若いな、と。普通にかっこい人というか、おじさんとは呼べないな」

――何歳〜何歳までがターゲットですか?恋愛と、憧れみたいなものと

全員「難しい…」


A子「私は恋愛を経たからこそ、若い子は違うなと思って……。上がいい、みたいな理想を描いたのもあるんです」


――憧れる職業イメージとかあるんですか?

M子「私、飲食店やっている人好きです。夜のバーのカウンターにいて、40過ぎてるけどどう見ても格好は若いみたいな(笑)」

K子「私は、職業でいうと大学教授とかいいですね。先生とかインテリ系は枯れ具合と、教養の高さみたいなものがあいまっていい!」

――ちなみにK子さんが「枯れ専」になったきっかけはなんですか?

K子「具体的なエピソードはないですが、みなさん大人だと包容力はあるな、って思うことが多い」

――見た目でいうとお腹出てたり、髪の毛薄くなってたり、顔にシワがあったりする人もいますよね、そういうのは大丈夫ですか?

A子「私、すごい加齢臭が好きなんですよ」

M子「出ました!」

A子「電車とかであの匂いとか嗅げたりすると”今日はよかった”みたいな」

N子「人によるでしょ」

A子「基本的に、後ろ姿の人を嗅いで終わる。なんか、落ち着く。すごく癒されるとはなんか違う、安心感かなたぶん。あるんですよ、くたびれた感が。たぶんK子さんの好みとはちょっと違う。私はちょっとくたっとしているというか、くたびれてるおじさんを見るとちょっとキュンとする。新橋の飲み屋の感じが好きなんですよ、サラリーマンの背広を着たおじさんが疲れたまま飲んでる、みたいなああいう感じすごい好き」

――逆に「これは違う」というタイプじゃないおじさんは?

A子「年いってるのに、見た目がすごい若い人。おじさんならおじさんなりの良さを出してほしい。」

N子「がんばりすぎてるといやですよね。”俺、若作りがんばってる!”みたいな。LEON(雑誌)とかイメージ違う」

A子「違う、違う、盆栽とかいじっていてほしい。かっこつけているおじさんというより自然体で人生を積み重ねてきているおじさんの哀愁みたいなものにすごいときめく、一緒にいたいみたいな……」

M子「若い子のシャキッとしたのより、それなりの年代の人がちゃんとしてたり、その年なりのかっこよさがにじみ出た人が好きなんですよ。その年代なりの”かっこいい”を並べていくと、40代、50代のかっこいいがいちばん惹かれる」

――たとえば芸能人で惹かれる人はいますか?

M子「時代劇が好きなので、役所広司とか高橋英樹とか大好き、『桃太郎侍』ですよ、あと『暴れん坊将軍』の松平健とか(笑)。西島秀俊みたいにキラキラしているよりは、日本男子みたいな人がいい。声優でいうと井上和彦(『NARUTO』はたけカカシ役)、岩田光央(『AKIRA』」金田正太郎役)のラインです。握手会とか何回も行ったりしました」

K子「役所広司さん、私は先日『渇き。』(6月27日公開)という映画で彼を見て、すごく良かったです。役所さんCMだとおちゃめな感じで、翻弄されて困っちゃう役多いけど、映画では暴走して危ないギラギラした父親役を演じていて、役者としてのその振れ幅がかっこいいと思いました」


N子「私は見た目、大杉漣とか佐藤浩市とかスーツが似合う人がすごい好きです」

M子「石原軍団とか?(笑)」

N「それだとちょっとギラギラしてる(笑)……。もうちょっとナチュラルな感じでサラッと着こなしている感じ。でもきちんとしててほしい。シャツとか出ていないでほしい。でもふとした瞬間、がんばってきちっとしてるけど、ポケットとか出てるとかわいいかな、ちょっと好きかも(笑)」

――そういうおじさんって恋愛対象になりますか?

A子「そこが難しい、実際そういう人と恋愛したいって思ってもまだ出会ったことがないから、わからない、たぶん全然大丈夫だと思うんですけど……。現実とのギャップがあるかもと思いながらも、おじさんハントしているところです」

K子「私は全然、アリですね。何歳までかな、60だとさすがに自分の父親より上になっちゃうので、40過ぎから55ぐらいまでならなんとか」

A「ジャッキー・チェンは60歳だからだめ?ジャッキー・チェンかわいいよ」

――A子さんはジャッキーが好きなんですね、彼は年をとったけど、年取ったゆえの魅力が出てきましたね


A子「そうなんです、最近公開した彼の映画『ポリス・ストーリー/レジェンド』では年いった娘に虐げられてさみしげなお父さん役なんですが、それはそれで哀愁感漂う姿にグッときます。若い頃のジャッキーも人気だったけど、いまのジャッキーこそ至高!」

――例えば芸能人でいい年のとりかたしそうだな、と思う人はいますか?

K子「西島秀俊、浅野忠信、オダギリジョーとか、いい感じになりそうですね」

M子「私は高橋大輔とか絶対、いい年のとりかたすると思う」

A子「逆に羽生くん、松田龍平とかは年とらなそうな感じ(笑)」

K子「妻夫木聡もキュートすぎちゃう」

A子「かわいすぎるというか、哀愁ただようおじさんにはならないのかな」

M子「キムタクとか、東とか、郷ひろみは若さを維持しないといけないイケメンだよね」

K子「私たちはちょっと力を抜いている、感じの人の方が好きかな」

N子「そう枯れ、年をとることを楽しんでる人」

A子「逆らっちゃいけないよね、老化にね」

M子「このスーツ、もう着ていいかな、って感じで階段を登っていってほしい」

N子「ナチュラルにアルマーニ選んでる感じ?(笑)」

――おじさんの萌えアイテムとかありますか?

A子「私は家帰ったらスエット着ててほしいな(笑)」

M子「笑ったときに目尻にシワがよってほしい」

K子「白髪とかも嫌いじゃない」

N子「全然あり」

K子「無理して染めなくても、白髪交じりのほうがいい」

N子「あといいもの持っていてほしい。名刺入れとか、時計とか、小物とかもお金かけてる。
なんか「似合いすぎてて気づかない、実はロレックスだった」みたいな。自然で自慢しない感じ」

――いまの若い男子に「こういうふうに年をとっていって欲しい」という要望はありますか?

M子「きれいな日本語大事です」

A子「佐藤浩市とか、若いときにやんちゃしてたから今の空気が出せていると思うのですが、
酸いも甘いもいろんなこと経験してた人のほうがいいですね」

K子「俺も若いときはあんなことあったな、みたいなほうが」

A子「若い時にいっぱい遊んだほうがいいおじさんになるかも」

N子「確かに、やんちゃしてた人のほうが、話とか面白いし、深みやが説得力がある気がします。」

K子「遊んでていい、ってことですね、若いうちは」

M「いまいっぱい遊んどけ」

N「何目線(笑)」

――最後にいまのおじさんたちに言いたいことは?

M子「ありがとう」

K子「癒しをありがとう」

N子「もっと遊びに連れてってください、飲みとかに連れてってほしいと思います」

A子「いいんだよ、それで、そのままでと伝えたい。若い子がいい、って価値観ありがちだけど、実はおじさん好き多いです!!」
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ