2014年06月13日

「500円ブラで十分!」下着も“質より量”の女性が増えている

「500円ブラで十分!」下着も“質より量”の女性が増えている

長く不況が続きすぎたせいか、若い女性の「デフレ化」が進んでいるらしい。
そんな兆候を感じて、「もらってうれしいプレゼント額」から
「結婚相手に望む条件」、「パンツの値段」まで大調査。
自分をバーゲンセールしないためのセルフチェックにもどうぞ!

■2人に1人が「勝負下着を持ってない」

 デフレは女性の下着相場も直撃している。

「今はいているパンツは、セールで一枚980円。
高いのを1枚持つより、枚数があったほうが日常的に使えるし」(26歳・派遣)

 もはや「質より量」という、ファストパンティ時代の到来である。

 買う場所も「ドン・キホーテでイチキュッパの下着を大量に買う」(27歳・イベント)、
「下着を買うなら絶対にしまむら。
予算は上下で2000円以内」(25歳・飲食)、
「ユニクロの安いブランド、GUでブラ562円、パンツ372円なり!」(33歳・百貨店)。
といったように、「こんなにお得!」が重視される。

 世代の垣根を越え、「見えない部分をいかに安く抑えるか」がポイントになっているようだ。

 さらに驚きなのが、勝負下着に対する意識の変化である。
20〜30代未婚女性99人へのアンケートによると
「勝負下着を持っていない」と答えた女性が48人と半分近い。

「男は下着なんてろくに見てないし、まして値段なんてわからないでしょ。
だから安さを優先させちゃう」(27歳・IT)

 それどころか、全体の2割が「穴の開いたパンツをはいている日がある」と答え、
「1日はいたくらいでは洗わない」(7人)というツワモノまで。
パンツは、今や“ただの布きれ”に落ちぶれつつあるのか……?
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ