2014年06月29日

パソナ講演会で飛び出した竹中平蔵氏「平成の福沢諭吉」宣言

「ASKA事件があって、南部(靖之)代表が何を話すのか、社員も注目していたんです」(パソナグループ関係者)

 23日午後、東京・文京区の文京シビックホールでパソナの社員向け講演会が行われた。日刊ゲンダイ本紙は南部代表のほか、竹中平蔵会長も出席、約2時間に及んだ講演会の録音テープを入手した。

「パソナグループの役割って何? 仕事って何? 人を生かす仕事です」

 そう切り出した南部代表は日刊ゲンダイ本紙が伝えた淡路島での事業など、グループ構想について熱く語ったが、結局、36分のスピーチはASKA事件に触れずじまい。

「210人の新入社員も参加し、約1800人収容のホールは9割ほど埋まっていました。南部代表の周りには秘書らしき美女4、5人が、囲んでいました」(参加者のひとり)

■「偉人は常に批判される」

 南部代表の話に社員は熱心にメモを取るなど聞き入っていたという。“熱い会場”を凍りつかせたのが、最後に講演した竹中会長だ。

「マルクス、シュンペーター、アダム・スミスにしても、歴史に偉大な名を残した人たちですけども、あの人たちは当時、それぞれに大変な批判を受けていたということなんです。もうひとつ発見したのは、(彼らが)徹底的に闘ったということ」

 竹中会長は、「これは日本の偉人にも当てはまります」と、もうひとつの勤務先、慶大の創始者・福沢諭吉を例に挙げ、こう続けた。「福沢先生は、実はものすごい批判を受けています。日本で初めて授業料を取ったんです。その時、学問でカネ儲けするとはけしからんと。どうですか、皆さん。いかにもありそうな、しかし悪意に満ちた品のない、いわれなき批判なのではないでしょうか」

 竹中会長は「私がなぜ今こんな話をしているのか。もう皆さんはお察しだと思います」と会場に問いかけると、一気にこうまくし立てた。

「今、パソナグループに対して、そして南部代表や私に向けてもいわれなき批判が送られています。あることないこと言われる。違います。ないことないこと言われます」「こういうときにこそ、ひるまず自信を持って徹底的に闘う姿勢を持って挑んでいかなければいけない」

 自分が福沢諭吉のような偉人だから批判されるとでも言いたげだったが、“人の下に人をつくる”格差社会を広めておきながら、よく言える。


派遣大手パソナからスタッフ、高市政調会長事務所に常駐

 労働行政を所管する田村憲久厚生労働相が大手人材派遣会社「パソナグループ」(南部靖之代表)の接待施設にノコノコ行っていたことが明らかになりましたが、自民党の高市早苗政調会長(衆院奈良2区)の地元事務所に、パソナから継続的にスタッフが派遣されていることが、わかりました。地元事務所は本紙の問い合わせに、「派遣スタッフは1人で、後援会名簿の整理を担当してもらっている」といいますが―。

 パソナからの人材派遣を高市氏自身が認めたのは、安倍首相のお声がかりでスタートした「若者・女性活躍推進フォーラム」という閣僚会議の1回目会合(昨年2月13日)。
絶賛して

 議事録によると、「有識者」の一人として出席したパソナの南部氏が、「企業も正社員雇用という男性優位に働いていた時代から、今は男女雇用平等社会において国際競争力に勝ち得る柔軟な雇用インフラをつくらなければなりません。そのための規制の見直しが必要です」などとのべた後、与党の代表として出席していた高市氏は、次のようにあいさつしました。

 「派遣業界については、パソナの南部会長がいらっしゃるから申し上げるのではないのですが、パソナから継続的に地元事務所に来ていただいておりますけれども、やはり契約がしっかりしている、はっきりしている」

 「こちらの都合で契約を打ち切らざるを得ない場合には次の仕事先を一緒に探すことも含めてやりましょうよとか、両方が安心しながら使える、働けるという関係なのです」

 パソナを絶賛、ヨイショしているのです。

 問題は、派遣元であるパソナへの支出(派遣スタッフの給与)は、どう処理しているのか、ということです。
記載なし

 ところが、高市氏が支部長を務める政党支部(自民党奈良県第2選挙区支部)、高市氏の資金管理団体「新時代政策研究会」の政治資金収支報告書には、パソナとの具体的な金銭上のやりとりを示す記載はいっさい、ありません。

 高市氏の公設第1秘書で、奈良県生駒市の地元事務所に同居する政党支部と新時代政策研究会の会計責任者兼事務担当者の木下剛志氏は本紙の取材に、「パソナへの支出は、政党支部の報告書の人件費としてトータルで計上している。パソナにいくら払っているかということを明らかにすることは、法的に求められていない。タダで働いてもらっているということはない」と説明します。

 第2選挙区支部の政治資金収支報告書(2012年分)によると、人件費は1162万8147円。報告書の人件費は総額記入のため、詳細は不明です。

 これまで企業による政治家への「秘書給与」肩代わりという事実上の献金、ヤミ献金がたびたび問題になってきているだけに、こうしたことはないのか、高市氏側には、くわしく説明する責任があります。


         /::::::::ソ::::::::: :゛'ヽ、
        /:::::::-、:::i´i|::|/:::::::::::ヽ
        /::::::,,、ミ"ヽ` "゛ / ::::::ヽ
       /::::::==       `-::::::::ヽ    | ̄ ̄ │  │ │ |\   │ | ̄ ̄ │
       |::::::::/.,,,=≡, ,≡=、、 l:::::::l   └─┐ ├─┤ │ |  \ │ |── │
       i::::::::l゛.,/・\,!./・\  l:::::::!    __| │  │ │ |   \| |___ o
       .|`:::| :⌒ノ/.. i\:⌒  .|:::::i     ──━━━━━━━━━━━──
       (i ″   ,ィ____.i i    i //       〜すべての国民が苦しむ、日本へ〜
        ヽ    /  l  .i   i /         『俺は嫌な思いしてないから』
        lヽ ノ `トェェェイヽ、/´        ──━━━━━━━━━━━──
        |、 ヽ  `ー'´ /
    /\/ ヽ ` "ー−´/、
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


人気ブログランキングへ